2人育児の寝かしつけのコツ6選|我が家の寝かしつけ方法も紹介

2人育児の寝かしつけのコツ6選|我が家の寝かしつけ方法も紹介

2人育児寝かしつけアイキャッチ

Advertisement

 
今回は2人育児の寝かしつけ方法や寝かしつけを楽にするコツについて書いています!
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

2人育児で悩んだのは寝かしつけをどうするかです

 

たじみゆ悲しい
たじみゆ

うまくいかない時は寝かしつけに数時間かかる時もありました

 
今では生活スケジュールが固定されたのもありそれぞれ寝かしつけは10分程度でスムーズです。

今回は寝かしつけに悩みつつ今のスタイルに落ち着いた経験を元に2人育児の寝かしつけについて書いていきます。

POINT

この記事では、
・時期別2人育児の寝かしつけ実例
 
・2人育児の寝かしつけを楽にするコツ

を紹介しています。

【この記事がおすすめの方】
・2人目を妊娠中のママ
 
・夫の帰宅が遅く1人で2人の寝かしつけをしているお母さん
 
・2人育児の寝かしつけに時間がかかる方
 
・子供の寝かしつけを楽にしたい方

Advertisement

【時期別】私の2人育児寝かしつけ例

子供の成長に合わせて寝かしつけ方法を変えています。

それぞれ詳しく紹介していきます。

1.下の子が新生児期

タオルにくるまれている赤ちゃん

下の子が新生児の時は実家に里帰りをしていました。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

そのため2人の子供を同時に私1人で担当するケースは少なかったです

 
また、下の子は生後2ヶ月まではとにかく泣くなかなか寝ない子だったので寝かしつけをスムーズにしなきゃってプレッシャーは逆にありませんでした。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

身体は辛かったですが、精神的には2人をこれから育てていくんだと頑張る気満々でした

 

2.上の子と下の子別室期【〜2ヶ月】

ベビーベッド

産後1ヵ月で里帰りを終了し実家から自宅へ帰宅しました。

帰宅後は上の子と下の子の寝室を開けて別室で寝かしつけをしていました。
 

寝室1:上の子+私
 
寝室2:下の子+夫

 
1人で2人を寝かしつけしなければいけないのはこの時が初めてでした。
 

たじみゆ悲しい
たじみゆ

この時期が1番辛かったです

 
下の子は新生児期同様にとにかく寝ないし常に泣いている子でした。
上の子も幼稚園生活がスタートしたばかりで甘えることも多くどっちを優先すべきか常に判断に迫られ疲れていました。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

途中から諦めて上の子が起きている時は上の子優先でした

 
下の子はどうせ寝ないと諦めていたのでまず上の子を寝かしつけてしまう。

上の子の寝かしつけ中は下の子はベビーベッドなど安全な場所に寝かせる。

上の子は今までの生活習慣+慣れない幼稚園での疲れで10分程度で寝つくので後は下の子の寝かしつけ。

でもとにかく寝ませんでした。寝かしつけに数時間かかるなんて当たり前。

2人育児だから寝かしつけがうまくいかないとかじゃないな、と判断し下の子の寝かしつけは諦めていました。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

エルゴに抱っこしてテレビ観ながら寝かしつけとかしてた

 

POINT

【下の子が生後2ヶ月までの流れ】
1.上の子寝かしつける
 
2.下の子が何となく寝るまであやし続ける

 

下の子入院後は寝かしつけがめちゃくちゃ楽になった

いつまで続くのかな、なんて思っていたのですが下の子が生後2ヶ月の時に感染症にかかってしまい1ヶ月弱入院してしまいました。

入院生活自体はバタバタしていたし何より心配で思い出すのも辛いです。

それでも入院生活で唯一良かったのは入院中の生活スケジュールは強制的にネントレをしている状態だったことです。

完全介護の病院だったので私も付き添いというより面会扱い。夜は普通に帰宅し、看護師さんに任せていました。

生後2ヶ月なので規則的に授乳はしてもらっていたと思いますが、夜はどれだけ泣いても放置、抱っこで寝かしつけもしなかったみたいです。

看護師さんに「入院前は寝かしつけに数時間かかっていました」なんて言うと驚かれるくらいすんなり寝る子になってきました。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

自分がネントレしたわけじゃないけどやっぱネントレってすごいと思いました

 
退院後は寝る前にミルクをあげてげっぷをさせてベッドに寝かせて「おやすみ」と言えば寝かしつけ完了。

POINT

【生後3ヶ月以降の寝かしつけの流れ】
1.下の子を寝かしつけ(ベッドに置くのみ)
 
2.30分くらい上の子とべったり遊んでから上の子の寝かしつけ

3.下の子がベビーベッド卒業以降も流れは一緒

兄弟

下の子はベビーベッドの柵でつかまり立ちをするようになった時にベビーベッドを卒業しました。

ベビーベッドをいつまで使うのかについてはこちらの記事で詳しく書いています!

ベビーベッドを卒業してからは上の子も下の子も同じ部屋で寝ています。
 

【ベビーベッド卒業後の部屋割り】
寝室1:夫+上の子+下の子
 
寝室2:私

 
寝る場所は変わりましたが寝かしつけの流れ自体は変わりません。

下の子も退院後も規則正しい生活を続け生活スケジュールはばっちりなので寝る時間になったらベッドに連れていきます。

ベッドに連れていったら「おやすみ」と言って私は退室。

完全に寝つくまでもぞもぞと動いているみたいなのでベビーセンサーはオフのままにしておきます。
(オンにしておくと下の子が動きすぎて誤作動した時に下の子が音で起きちゃうから)

そして、30分くらい上の子と過ごしてから上の子と寝室に行きます。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

上の子には寝室に入る時は下の子を起こさないようにお願いをしています

 
万が一下の子の寝相が悪くて床や上の子のスペースに行ってしまっていないか下の子の居場所を確認しながら上の子と横になり上の子の寝かしつけをします。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

下の子は寝相があまり悪くなくたいてい置いた場所で寝ています

 
ほぼ動いていないように見えますが仰向けに寝かせてもうつ伏せになって寝ているので少しは動いているんだと思います。

上の子が寝るまでは10分程度なので上の子の希望通り手を繋いで寝付くのを待ちます。

2人が完全に寝たら布団をかけベビーセンサーのスイッチをオンにして私は退室します。

その後は2人の寝相が悪くないか問題がないか1時間から2時間おきに1回程度確認をします。
 

POINT

【ベビーベッド卒業後の寝かしつけの流れ】
1.下の子をベッドに置く
(ベビーセンサーはオフ)
 
2.上の子との時間を過ごす
 
3.上の子寝かしつけ
 
4.私は退室
(ベビーセンサーをオンにする)

 
このようにどちらの子も寝付きが良く寝かしつけの時間が短く済んでいます。

なので、2人育児ですが寝かしつけに苦労している気持ちはありません。

後述しますが寝かしつけを楽にするならとにかく赤ちゃんの生活スケジュールを作ってしまうのが大切です。

Advertisement

2人育児の寝かしつけを楽にするコツ6つ

2人育児の寝かしつけを楽にするためのコツを6つ紹介していきます。

1.生活スケジュールを固定する

目覚まし時計

子供に睡眠習慣を身につけさせるために生活スケジュールを固定します。

ジーナ式育児が可能であればジーナ式育児通りのスケジュールをするのがおすすめです。

ジーナ式育児は低月齢からやるのが効果的とされていますが月齢が進んでから取り入れても効果はあります。

ジーナ式に関しては【改訂版】カリスマ・ナニーが教える 赤ちゃんとおかあさんの快眠講座で書かれています。
 

ソラにっこり
ソラ

2020年1月20日に改訂版が出版されたのでこれから買うなら改訂版がおすすめ!

 

私もジーナ式について詳しく記事にしています。ご参考ください。

ジーナ式が難しい場合でも赤ちゃんの生活のリズムを作ってあげましょう。
 

・起床時間
 
・授乳の時間
 
・寝かしつけの時間
 
・沐浴の時間
 
・昼寝の時間

 
これらの時間を毎日一定にすると赤ちゃんも次第にそれに合わせて生活ができるようになります。

私も下の子は上の子の幼稚園のスケジュール上ジーナ式育児では育てていません。

それでもスケジュールを意識して生活しています。

育児中のスケジュールの作り方についてはこちらで詳しく書いています。

2.時間をずらして寝かしつけをする

寝ている赤ちゃん

2人同時に寝かしつけをしてうまく寝てくれたらとてもらくちんですよね。

しかし、それはなかなか難しいです。

昼寝時間が短くなり夜寝る習慣が整っていれば可能かもしれませんが、やはり寝付く瞬間はある程度静かな環境を作る必要があります。

2人同時に寝かしつけをすると片方が寝ようとしているのに片方は動いている(しゃべっている)などといった状況になりやすいです。

それを避けるために1人が完全に寝てからもう1人を寝かしつけするのがいいかなと思います。

3.寝る直前のミルクをやめてみる

哺乳瓶

既に離乳食の2回食がスタートしている場合は思い切って寝る前のミルクをやめてみるのもおすすめです。

ミルクを飲むと赤ちゃんが寝てくれやすく感じますが
 

ミルク→睡眠

 
という悪い入眠儀式へとつながってしまいます。

結果として今は良くても断乳後など寝かしつけで苦労する、夜泣きにつながるなどの可能性があります。

夕食を食べ食休みを軽くしてから就寝の流れを作ってみてください。

ミルクに頼らず寝かしつけができるようになると寝かしつけにかかる時間も短くなるケースが多いです。

4.上の子と2人きりの時間を作る

シャボン玉と親子
 

・できるだけ上の子優先にしよう
 
・お兄ちゃん(お姉ちゃん)だからって言わないようにしよう

 
赤ちゃん返り防止のため、または上の子の成長のためにこんな風に意識しているママも多いと思います。

しかし、意識していてもどうしても上の子に我慢をさせてしまう時ってないですか?
 

ソラ悲しい
ソラ

我慢まで行かなくても上の子に気を遣わせちゃってる時はしょっちゅうある

 

・下の子が起きている時は細かいおもちゃでの遊びは我慢する
 
・下の子にお気に入りのぬいぐるみやおもちゃを貸してあげる
 
・下の子が起きていると単純にママを独占できる時間が少ない

 
3歳の娘は0歳の弟に大してかなり優しく幼稚園から帰宅後はずっと2人で遊んでいます。

娘がすすんで弟と遊んでくれているので娘本人も楽しいんだと思います。

しかしそれでも上記のような我慢や気遣いをさせている部分はどうしてもあります。

なので、私は下の子を先に寝かせて上の子との時間を確保しています。

上の子との時間は
 

・勉強(こどもちゃれんじなど)
 
・お絵かき
 
・下の子が誤飲しそうな小さいおもちゃで遊ぶ
 
・ままごと

 
など下の子が「今日はこれ!」と言ったことにとことん付き合っています。

それぞれの子供の寝る時間や子供の月齢によっては難しいかもしれませんが、上の子とママだけの時間も意識して作ってみるのがおすすめです。

5.家事は子供が起きている間に済ませる

掃除をしている人

2人育児って疲れます。

上の子のみを育てていた時の
 

・何となく不安な気持ち
 
・やることがあまりなくて自分がダメになるような感覚
 
・これいつまで続くの?って先が見えない感覚

 
といったメンタル部分の不安はあまりないですが身体がとにかく疲れます。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

子供が寝たら少しでも身体も心も休めたいです

 
2人の寝かしつけが終わったらママは自分の時間を過ごせるように家事は子供が起きている時にガンガン済ませちゃいましょう。

私の場合は3歳差で上が女の子、下が男の子の姉弟ですが大体7、8ヶ月過ぎくらいから徐々に2人で遊んでくれる時間が増えてきました!
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

今では上の子は私より下の子と遊ぶのがうまいです

 
子供同士で遊ぶ時間が増えたのをいいことに
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

ママはお皿洗うね~

 
などと家事をどんどん済ませています。

子供の寝る時間までに家事を済ませておけば子供が寝た後はママは自由な時間を過ごせますし子供と一緒に寝落ちしてしまっても大丈夫です。

6.上の子を一人遊び可能にしておく

塗り絵をしている子ども

下の子の寝かしつけをする間、寝る準備をする間に上の子が一人遊びできるようにしておきましょう。

一人遊びをしててもらう、一人で過ごしてもらう時に考える手段がおもちゃやおやつだと思います。

しかしおもちゃの種類によっては大きな音が鳴るものがあり、下の子の寝かしつけの最中に遊んでほしくないものもあります。
 

ソラ
ソラ

おやつも夕食後の寝る前にあまり食べてほしくはないですよね

 
静かに一人遊びを楽しめる子ならいいですが、そうじゃない場合は知育DVDを観ててもらうのがおすすめ。

子供向けの知育DVDなら静かにしててもらえますし、その間にお勉強もしててもらえます。

下の子が生まれるとどうしても一人で過ごしてもらう、上の子にちょっと待っててもらう時間が増えるので下の子が生まれるのを機にこどもちゃれんじを始めるのもおすすめです。

年少さんの年齢対象のこどもちゃれんじほっぷであればDVDは1ヶ月分で30分程度なので区切りもつけやすいです。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

下の子の寝る準備して寝かしつけしてって時に上の子に観ててもらうのもおすすめ

 
知育DVDであればママも
 

「上の子放置しちゃってる」
 
「TVぼーっと観させちゃってる」

 
こんな罪悪感を感じることなく下の子対応や家事ができちゃいますよ。

Advertisement

2人育児の寝かしつけを制すれば自分時間を作れる!

2人育児の寝かしつけはハードルが高いように見えますがうまくいくと自分の時間を作れます。

私も2人とも7時前には寝てしまうので毎日数時間自分の時間が確保できています。
 

POINT

【2人育児の寝かしつけを楽にするコツ】
・生活スケジュールを固定する
・時間をずらして寝かしつけをする
・寝る直前のミルクをやめてみる
・上の子と2人きりの時間を作る
・家事は子供が起きている時間に済ませちゃう
・上の子が一人遊びできるようにしておく
(おすすめは【こどもちゃれんじ】

今回紹介した寝かしつけのコツを参考に2人の寝かしつけをスムーズにして自分の時間を作ってみてください!




2人育児カテゴリの最新記事