愛妻家で家族ファーストな夫ができるまで!6つのコツまとめました

愛妻家で家族ファーストな夫ができるまで!6つのコツまとめました

愛妻家夫アイキャッチ

Advertisement

今回は夫を愛妻家にするコツについて書いています!
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

突然ですが、私の夫は愛妻家です!

 

・出張のたびにお土産
 
・毎週2回コンビニでお菓子やアイスなどのお土産を買ってくる
 
・週末は夫のおごりでご飯
 
・私の希望はほぼ通る
 
・家事と育児に協力的
 
・毎晩、寝る前はマッサージ

夫と結婚して幸せだな、としょっちゅう思います。夫が私に優しくしてくれるからか娘も私に優しいです。

そんな幸せな夫婦関係ですが、結婚当初から夫は愛妻家だったわけでも家事や育児に積極的なわけではありませんでした。

POINT

この記事では、
・愛妻家で家族ファーストの夫ができるまでの流れ
 
・夫を愛妻家や家族ファーストにするコツ
 
・愛妻家の夫を持つデメリット

について紹介しています!

 

【この記事がおすすめの方】
・夫に家事育児を協力してほしい妻
 
・夫が何考えているかわからない奥様
 
・夫の優しさを感じることができない妻

 

Advertisement

愛妻家の夫ができるまで

まずは時系列で私の夫が愛妻家になるまでを紹介します。
 

ソラにっこり
ソラ

夫を愛妻家にしたい人必見!

 

1.一緒にいて気が楽だった恋人時代

手をつないでいる恋人同士
夫といると気楽でずっと長い時間一緒にいることも平気でした。
 

たじみゆ悲しい
たじみゆ

それまで付き合っていた恋人とは土日の両方会うなんて考えられなかったです

 

ソラ悲しい
ソラ

デート中なのに一人になりたいなんて考えることもあったんでしょ

 
しかし、夫とはそれこそ金曜日の夜から日曜の夜までずっと一緒にいても楽しかったのでこの人と結婚したいと思いました。

恋人時代は夫は会社の寮暮らし、私は実家暮らしだったので互いに楽しいことをだけをしてるだけですみました。

2.家事の価値観がずれていた新婚時代

そして結婚。2人での生活が始まりました。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

結婚して娘を産むまでは共働き

 

ソラ呆然
ソラ

それでも家事はほぼたじみゆがしていたんだよね

 
そもそも私は母親が潔癖症でずっと専業主婦だったので家事のハードルが高かったです。

それに対して、夫は家事なんて気づいた方がやればいい、というスタンス。

「結婚とは恋人同士の延長である」と考えていた夫と、「結婚して家族になったからにはきちんと生活せねば」とがちがちになっていた私。
 

たじみゆ悲しい
たじみゆ

揉めることもしょっちゅうでした

 

家事がそんなに大切か!と夫から言われることもありました。しかし、それでも生活していくにつれ、お互い妥協する部分が出てきました。
 

私は家事をきちんと毎日こなさなくても生活ができること
 
夫は家事をこまめにやればそんなに大変ではないこと、私は家事が終わった状態でのんびりしたいこと

を理解しあい、ちょうどいい暮らしができるようになっていきました。

とはいえ、正社員の共働きでしたが夫の方が残業もあったため、私は家事のほとんどをしていました。
 

たじみゆ
たじみゆ

朝は夫の方が出社が遅いのに「お皿くらい洗ってよ」なんて考える時もありました

 

POINT

家事分担に疑問はあったが、私自身のキャパに余裕があったので毎日穏やかだった

3.第一子出産と産後クライシス

子どもを抱いている女性
子どもを産み、会社を退職し私は専業主婦になりました。

専業主婦になり自分のやるべきことが家事と育児になったことで再び私の中で家事のハードルが上がってしまいました。
 

たじみゆ悲しい
たじみゆ

おまけにお金を稼いでいないことへの罪悪感もわいてしまいました

 

・慣れない育児
 
・産後の体調不良、気持ちの落ち込み
 
・環境の変化
(退職、引っ越し)

これらが重なり、ただ毎日辛いと思っていました。

辛いと思うだけならまだしも、私はその辛い気持ちを夫への怒りへと変化させてしまいました。

毎日仕事を頑張っている夫に対し、

・何も環境が変わらない夫へのうらやましさ
 
・2人で私の退職を決めたのに義両親の「産休取ればいいのに」に対し、何も反論してくれなかったこと
 
・夫婦の会話が少ないこと

 
この3点をひたすら責め続けました。
 

たじみゆ悲しい
たじみゆ

この時のことは辛くてあまり覚えていません

 

ソラ悲しい
ソラ

まさに産後クライシス

 
夫も家事や育児に協力してくれていましたが、私が夫のしてくれた事ではなくしてくれなかった事ばかりを見ていたのでうまくいきませんでした。

4.産後クライシス回復と第二子妊娠

夫へ理不尽な怒りをぶつける、という時期からどうやって回復したのかは正直あまり覚えていません。

劇的な変化があったのではなく、徐々に夫への嫌な気持ちや怒りが薄れていきました。

夫を怒らないようにしようと考えると怒ってしまった時に落ち込むので
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

自分が一人でまずは毎日楽しもう

 
と考えることも夫婦仲を良くするきっかけだったのかもしれません。

そして、産後クライシスが回復してきてその後第二子を妊娠することができました。

第二子妊娠の時は前回の時のようにならないように私自身が
 

・無理をしない
 
・自分を甘やかす、夫に怒るのではなく甘える
 
・夫に依存しないで自分ひとりで楽しむ

ということを意識して生活しました。

私のメンタルが安定していたからか夫との仲も良く夫も家事育児に協力的でした。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

私に1人の時間を作るために義実家に夫と娘で帰省してくれる、なんて時もありました

 
父子帰省のメリットやコツについてはこちらの記事で詳しく書いています!

5.第二子出産後の今が一番協力的!

手をつないでいる家族
そして、二人目を出産後の今が一番、家事や育児に協力してくれているなと感じます。

育児に関しては一通りできますし、家事に関しても週末やる予定の細かい部分の掃除なども家事のスケジュールやリストを見て勝手にやってくれます。

私もたまに心身ともに疲れていると
 

たじみゆ
たじみゆ怒り

なんでこんな遅くまで仕事してるの?早く帰ってきてよ!私のこと心配してよ!

 
なんて考えてしまいますが、基本的には
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

今日も夫が仕事頑張ってて、家族みんな健康だから私も幸せ

 
と考えています。

言葉の少ない夫も私のことを気遣って「家事も育児もお疲れ様」とよく口にしてくれるようになりました。

Advertisement

愛妻家の夫を作るために私がやったこと6つ

結婚生活を続けていく中で愛妻家へとなった夫。妻である私も夫に家事育児を協力してもらうといくつか工夫をしてきました。

1.夫婦関係に関する本を読みまくる

葉っぱを挟んでいる本
何かわからないことがあれば専門家の書いた本を読んで勉強するのが私のスタイル。

夫婦仲を良くする本も読みました。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

娘を抱っこしながら図書館で夫婦仲に関する本を借りる私、他人から見ると少し心配ですね

 
何冊か読んでいてどの本にも共通して書かれていることを実行してみました。

他には自分の悩みと一致している部分なども参考にしました。

本で学んだことは
 

・男の人には意見しない(男性が自分で決めた、考えたという方向に持っていく)
 
・男の人が何も言わない=不満がない

などでした。私の夫は口数が少ないのでやきもきしていましたが本を読んで安心しました。

2.自分自身で楽しいことを見つける

ポップコーンを食べている女性
夫に対して依存をし、期待をしすぎることで口出しの数が多くなったり態度がきつくなるのではないかと考えました。

夫が仕事を頑張っているから私が一人で楽しむことができると考えるようにしました。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

ゲームに映画、アニメなど夫がいない間に楽しもう!

自分一人で楽しむことができるようになると夫の口数が少ないことも夫が仕事熱心で帰りが遅くなることも気にならなくなりました。

気にならないと私の夫への態度も優しくなります。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

むしろ、仕事が大変だねといたわる気持ちが芽生えました!

 

POINT

自分自身で楽しむことができるようになり、夫への依存が減った!

育児中でも一人の時間やリフレッシュの時間を持つのは大切です。育児中の1人の時間の必要性や作り方についてはこちらで記事にしています。

3.夫にしてほしいことは具体的にお願いする

 

たじみゆ
たじみゆ怒り

男の人って色々気が利かない!

 
こんな風に私も以前は思っていました。

しかし、夫に言わなくても気づくことを求めて裏切られるよりも夫に具体的にお願いをしてやってもらった方がずっと楽!

私の夫は何をしたらいいかわからない、今の家の状況で何から手伝ったらいいかわからない状態でした。

なので、具体的に「〇〇お願い」ということで夫も何を手伝ったらいいかわかりスムーズに動いてくれるようになりました。

男の人は女の人が具体的に要望を伝えないとその要望の存在にすら気づいていないことが多いです。

4.良いところや嬉しいことはオーバーに伝える

 

たじみゆにっこり
たじみゆ

喜び上手は愛され上手!

  
これ、友達とかにも「嬉しいって嘘つくの?」と聞かれますが、嘘をつくわけではないんです。

例えば、夫が何かお土産を買ってきてくれた時。わかりやすく数字で表現すると30嬉しいとします。

オーバーに喜ぶというのは30嬉しいところを50嬉しいと伝えてあげるんです。

50嬉しいって夫に伝えて夫がその姿を見て喜んでまたお土産買ってきてくれたら嬉しいじゃないですか。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

オーバーに伝えた分は今後への投資もしくは喜びの前払い!

 
具体的に言って嬉しかったところを伝えるのもおすすめ。
 

・チョコはビターよりも甘いのが好きだから嬉しい
 
・あなたがお皿洗ってくれたからキッチンが片付いてて嬉しい!

 

たじみゆにっこり
たじみゆ

どこが嬉しかったか伝えると次も同じ行動を取ってくれます!

 

POINT

・喜びを伝える時にはオーバーかつ具体的に
 
・どんな奥さんなら喜ばせてあげたいって思われるか考えてみよう!

5.夫の好きなところ・嫌いなところを紙に書いてみる

ペンとノート
 

ソラ
ソラ

嫌いなところなんて書いたら余計、嫌にならない?

 

たじみゆにっこり
たじみゆ

嫌いなとこまで書くメリットが2つあります!

 

【夫の嫌いなところまで書くメリット】
1.嫌いなところに対して対策を考えられる
 
2.夫が嫌いなんじゃなく夫の〇〇な部分が嫌と思える

夫の存在そのものが嫌、どうにもならないと考えている方は少ないと思います。

特にこの記事を読んでいる方はどうにかして夫を好きになりたい、夫にも自分のことを気遣ってほしいと感じている方が多いのではないでしょうか。

そういった方にとって夫にも好きな部分と嫌いな部分があると知ることで冷静になれます!

例えば、夫の「話したことをすぐに忘れる」ことが嫌だとします。
 

今まで漠然と夫を嫌いになったと感じていた

好きと嫌いを分析してみた
(おおらかな部分は好き。話を忘れる、聞いていないところが嫌)

覚えておいてほしいことはLINEや紙に書いて伝える
反対に夫の大らかなところは好き!夫が嫌いになったわけではない

 

たじみゆにっこり
たじみゆ

こんな風に具体的な対策を考えたり夫の好きな部分を思い出すことができます!

 

ソラにっこり
ソラ

どんな人にも長所と短所があるもんね

6.自分が夫にしてあげたことを口にする

 

たじみゆ
たじみゆ怒り

夫は私がしてることや気遣いを感謝してくれない!

こんな風に怒ってる時間ってすっごく無駄です。私もまだまだ修行中ですができるだけ怒る時間を減らしたいと思ってます。

この場合、怒りの原因は「夫が感謝の気持ちを表現してくれないこと」です。

なので、明るくサッパリと夫に感謝してほしい、労ってほしい気持ちを伝えちゃいましょう!

 

たじみゆにっこり
たじみゆ

あなたが職場でかっこよく見えるようにアイロンかけ頑張ってるの!

 

たじみゆにっこり
たじみゆ

今日も心折れそうなくらい育児大変だったけど料理も頑張ったの。おいしいって言って!

 
家事スキルが高いもしくはマメな男性でない限り、女性がしている細かい気遣いに気付く男性は少ないです。

いつ気付くのかとやきもきしてイライラするくらいなら、気遣いの気持ちを口にしちゃいましょう!

 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

コツは明るくサッパリ言うこと。ネチネチ言うと嫌味になっちゃうからね!

 

Advertisement

愛妻家の夫を持つデメリット

意外と思われるかもしれませんが、愛妻家の夫にもデメリットはあります。

 

ソラ
ソラ

何事も行き過ぎると困る、ということですね

 

1.自己管理する必要がある

 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

付き合ってる時から夫に何か禁止されたことない気がする

 

私の意見は大体通ってしまうので、自分の欲望には自分で戦うしかありません。

 
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

(ダイエット中なのに)甘いもの食べたーい

 
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

新しい服やゲームがほしいなー

 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

子どもと遊ぶのだるいからひきこもりたいなー

 

こんな欲望を夫にそのまま伝えても「オッケー!たじみゆのしたいようにして!」と返ってくるでしょう。

 

ソラ
ソラ

甘いもの食べたいに関してはコンビニで何か買ってきてくれる可能性すらある

しかし、本能のまま行動すればダイエットには失敗するし、お金は使っちゃうし、子どもの発育に悪影響が出るかもしれません。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

夫がストッパーにならない分、ストイックに自己管理しないといけません

 

2.夫が妻に依存する可能性がある

夫も私もゲームが趣味です。

夫はFPSなどオンラインメインのゲーム、私は1人でコツコツとやるシミュレーションゲームが好きです。

お互い趣味があるので夫が私に依存していると感じたことはあまりありません。

しかし、夫がやっていたゲームが終わった時などはどこかに行きたがったり私に今何をしてるのか聞いてくる時があります。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

多分、趣味がないともっと私に依存してくる

 
ずっと一緒にいる夫婦だからこそ、程よい距離感で互いに依存しすぎることは避けたいです!

夫の妻への愛が強すぎて依存していると感じたら夫に趣味を見つけてもらいましょう。

Advertisement

【まとめ】夫を愛妻家にして毎日を楽しくしよう

やっぱり、夫に優しくしてもらったり感謝の気持ちや労いの気持ちを持ってほしいですよね。
 

POINT

・私の夫のように徐々に愛妻家になる夫もいる
 
・夫に愛妻家、家族想いになってもらうには妻の努力や態度も大切
 
・愛妻家も行き過ぎるとデメリットがあるので程々がおすすめ

 

たじみゆにっこり
たじみゆ

夫に普段から優しくしてもらい私は幸せです!

 



夫婦関係カテゴリの最新記事