勉強したくないと中学生が感じる原因5つ|親の取るべき対応も紹介

勉強したくないと中学生が感じる原因5つ|親の取るべき対応も紹介

勉強したくない中学生アイキャッチ




 

疑問を持つ女性

子供が中学生になってから勉強を嫌がる……

 
と悩んでいるあなたに中学生が勉強を嫌がる理由と対処法を紹介しています!

私は元塾講師・家庭教師で今まで様々な生徒に勉強法のアドバイスをしてきました。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

生徒のモチベーションを上げる方法も色々試してきました

 
今回は生徒の様々なモチベーションアップ方法を試してきた経験をいかして、勉強したくない中学生に対してどうしたらいいの?といった疑問を解決していきます。

これを読めば中学生が勉強したくない原因がわかり親が取るべき対応法もわかります!

【この記事がおすすめの方】
・子供が中学生になって、勉強したくないと言って悩んでいる保護者
・子供が勉強を嫌がるので高校受験が不安な方





勉強したくない中学生によくあるパターンと対処法

教科書の山

勉強したくない中学生によくあるパターンと対処法を紹介します。
 

【勉強したくない中学生によくあるパターン】
  1. 勉強がとにかく嫌い
  2. 勉強方法がわからない
  3. 部活と勉強の両立ができない
  4. 1人で勉強しても集中できない
  5. 勉強の他に心配事がある

1.勉強がとにかく嫌い

勉強がとにかく嫌いだから、勉強したくないと考える中学生は多いです。

勉強が嫌いな中学生は、勉強に関して成功体験を積み重ねていない場合がほとんどです。
 

たじみゆ悲しい
たじみゆ

成功体験がないと、勉強をしても楽しいとは思いにくいです

 
勉強したくない状態から抜け出すには、成功体験をしてもらって勉強って少し楽しいかも、と思ってもらうことが必要です。

【対処法】成功体験で勉強=楽しいと思ってもらう

勉強が嫌いだから勉強したくないと考えている中学生には、成功体験を積み重ねてもらって勉強の楽しさをわかってもらいましょう。

勉強の成功体験とはシンプルでテストで良い点数を取ることです。
 

  1. 勉強を頑張る
  2. 努力が実を結びテストで良い点を取れる

自分の努力は無駄じゃなかった、勉強したら成果が出るんだ、と気づいた中学生は以前よりも勉強を好きになります。

私も塾講師時代、勉強へのやる気が薄い生徒に対しては短期間でテストの成績を上げることを目標にしていました。

短期間で生徒の成績を上げると、生徒からも
 

笑顔の男性

この先生についていけば、勉強できるようになるかも……

 
と思ってもらえるので、その後の指導もうまくいきます。

勉強のモチベーションを上げるならシンプルに勉強してテストの点数を上げるのが効果的です。

2.勉強方法がわからない

勉強方法がわからず、何から始めて良いかわからないので勉強したくないという中学生もいます。

中学生は小学校時代にはなかった定期テストも始まり、自主学習で何をしたら良いかわからない子も多いです。

勉強方法がわからないとこの先の中学生活や高校受験でも困りますので、できるだけ早く対処しておきましょう。

【対処法】勉強法から教えてくれる塾・家庭教師を利用

勉強方法がわからないから、勉強したくないと答える中学生に対しては勉強法も指導してくれる塾や家庭教師を見つけましょう。

塾や家庭教師は指導科目の内容だけを教えてくれるイメージですが、個別指導塾や家庭教師の場合は自主学習の方法や勉強法そのもののアドバイスをしてくれる講師もいます。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

お子様に合う塾や家庭教師を見つけましょう!

 
塾と家庭教師の違いやそれぞれが向いている子について書いた記事はこちらです。
 

【合わせて読みたい】

3.部活と勉強の両立ができない

部活と勉強の両立が難しく、体力的にも限界で勉強したくないと言う中学生は多いです。

中学生になり、部活動が本格化して心身ともに疲れている子もたくさんいます。
 

たじみゆ悲しい
たじみゆ

塾の教え子で野球部に所属していた子で授業中、トイレで寝てしまう子がいました

 
特に中学生は成長期でもあり、成長速度や身体の出来具合も個人差が大きい時期です。

本人にとっては部活と勉強の両立が思っていたよりも難しいのかもしれません。

部活と勉強の両立に悩む方にはこちらの記事もおすすめです。
 
部活と勉強の両立ってどうやるの?今からできる両立方法5つまとめ

【対処法】短時間で勉強できる通信教育を利用する

部活と勉強の両立が難しく、どうしても長時間勉強をするのが難しいのであれば、短時間で勉強が完了する通信教育を利用するのもおすすめです。

例えば、進研ゼミ中学講座であれば、1回15分で勉強が完了するように教材が作られています。
 

ソラにっこり
ソラ

部活で疲れているときにも15分ならできそう!

 

\ 無料資料請求はこちらから /

【進研ゼミ中学講座】

 

【合わせて読みたい】

4.1人で勉強しても集中できない

1人で勉強していると集中力ができなくて、勉強したくないと考えている中学生もいます。

勉強をしていても、気が散ってしまい、勉強がいつまでたっても進まないので、勉強したくないと考えてしまいます。

【対処法】勉強計画・実行のフォローをする

1人で勉強しても集中できない子は集中出来る環境づくりと勉強計画を立てるフォローをしてあげましょう。
 

  • どこまで勉強したらいいのか
  • 勉強のゴールはどこか

がわかっていない中学生は勉強をしてもゴールの見えないマラソンを走らされているような気分になってしまいます。

塾や家庭教師、通信教育などを利用して勉強計画を立てるのと、計画を実行するフォローをしてあげましょう。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

今日、やるべきことをはっきりさせれば集中力も上がります!

 

5.勉強の他に心配事がある

勉強したくないと訴える中学生の中には勉強よりも心配事があって勉強に手がつかないケースがあります。
 

  • クラスや部活内のトラブル
  • 思春期や成長期ゆえの悩み

などを抱えている場合もあります。

勉強したくないと言う以外にもお子様がサインを出していないか気にかけてあげましょう。

【対処法】子供のトラブルに気づいてあげる

中学生は多感な時期であり、大人からみたら些細な問題でも本人にとっては大きな悩み事となってしまう場合もたくさんあります。

何か心配事やトラブルがあって、お子様が勉強したくないと言っている場合には保護者の方が気付いてあげましょう。
 

怒っている女性

そんなこと心配しないでとにかく勉強しなさい!

 
大人から見たら小さな問題だったとしても、このような言葉をかけず、まずはお子様の気持ちを受け入れてあげましょう。

その上で、保護者が介入すべき問題か確かめ、勉強に集中しやすい環境を作ってあげることが大切です。
 

たじみゆ悲しい
たじみゆ

極論になってしまいますが、いじめで学校が辛い子に向かって「高校行くために勉強頑張れ!」なんて言ってもその子には響かないですよね……

 
勉強したくない、勉強なんて意味ないと子供が言ったときはこちらの記事もご参考ください。
 

【合わせて読みたい】

勉強したくないと子供に言われたときの親の対処法

授業を受けている女子生徒

最後に勉強したくないと子供に言われたときの親の対処法を紹介します。
 

【勉強したくないと子供に言われたときの親の対処法】
  1. 小言を言いすぎない
  2. 勉強しない場合のリスクを伝える
  3. 子供の自主性に任せる

 

たじみゆにっこり
たじみゆ

子供と保護者の間に立つことが多かった家庭教師時代に気付けたものばかりです!
ご参考ください

 

1.小言を言いすぎない

勉強したくないと中学生の子供が訴えたときは、すぐに反応して小言を言いすぎないようにしましょう。

小言を言ったとしてもお子様が勉強を頑張るようになる可能性は低いからです。

どうして、勉強をしたくないのか理由を知るためにも一旦はお子様の話を聞いてあげましょう。

お子様が思春期や反抗期真っただ中で、保護者の方と会話してくれない場合には塾講師や家庭教師などに理由を探ってもらうのもおすすめです。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

保護者からしたら辛いかもしれませんが、年の近い塾講師や家庭教師には本音を話してくれるケースもあります

 
反抗期の子供への接し方はこちらの記事で紹介しています。
 

【合わせて読みたい】

2.勉強しない場合のリスクを伝える

勉強したくない中学生に対しては淡々と勉強しない場合のリスクを伝えるのも有効です。

中学生ともなると、本当は勉強しなきゃいけないことはわかっている場合が多いからです。
 

  • 勉強しないと良い高校に入れない
  • 良い高校に入れないと大学や就職でも困る
  • 就職で上手くいかないと年収が低く、将来したいことができないかもしれない

親御さんがお子様や家族のために維持している今の生活も学生時代に勉強してきたからだと伝えるのも良いですね。

良いか悪いかは置いておいて、今の日本では学歴社会です。

将来の選択肢を少しでも増やすために勉強は必要であると伝えましょう。

3.子供の自主性に任せる

 

  • 小言を言わない
  • 勉強しないリスクを伝える

ここまで行っても勉強しない中学生は勉強をしません。
 

たじみゆ悲しい
たじみゆ

結局のところ、本人のやる気次第です

 
子供の自主性に任せて必要以上の口出し・手出しはやめましょう。

例えば、子供が部活と勉強の両立ができていなくて、今後の勉強が不安なのであれば
 

エプロンをつけている主婦

次のテストの点数で部活と勉強の両立ができているか確認するからね
できていなかったら、塾に通うとか部活を減らすとか今後の対応を考えよう

 
こんな風にお子様に伝えてしまってOKです。

そして、上記のように伝えたら、テストの結果が出るまではお子様にとやかく言わないようにしてください。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

自分で計画して結果を出すまでをお子様に体験させてみてください

 
お子様も1度自分でやってみると、納得して保護者や塾の指示に従ってくれる場合も多いです。




勉強したくない中学生にはオンライン家庭教師もおすすめ

映像授業を受けている子供

中学生は難しい時期であり、保護者の方が勉強しなさい!と言っても反発してきますよね。

保護者の方も反発されて腹が立つ気持ちと子供の将来が不安な気持ちで辛いかと思います。

保護者の方がいくら言ってもお子様が勉強しないのであれば、オンライン家庭教師を受講するのもおすすめです。

オンライン家庭教師であれば、全国各地からお子様に合う家庭教師を探せます。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

年の近い家庭教師だと、子供が頼れるお兄さん・お姉さんと思ってくれて素直に意見を聞き入れてくれる場合も多いです

 
オンライン家庭教師でお子様にぴったり合う先生を探して、勉強のやる気をアップさせましょう。

オンライン家庭教師についてはこちらの記事で紹介しています。
 

【合わせて読みたい】

【まとめ】勉強したくない原因は子供によって違う

勉強したくない原因は子供一人ひとりで違います。
 

【勉強したくない中学生によくあるパターン】
  1. 勉強がとにかく嫌い
  2. 勉強方法がわからない
  3. 部活と勉強の両立ができない
  4. 1人で勉強しても集中できない
  5. 勉強の他に心配事がある

お子様が勉強したくないといっている理由を考えてお子様に合った対処法を取るのが重要です。

勉強したくない状態が続いて、高校受験に間に合わなくなる前に適切な対応をしていきましょう。

もし、自分一人での勉強方法に悩んでいる場合には塾や家庭教師を利用してみるのも良いですね。
 

【合わせて読みたい】




子供との接し方カテゴリの最新記事