英検を中学生が受験するメリットって何?高校受験に役立つのか解説!

  • 2020.05.15
  • 2020.06.02
  • 模試
英検を中学生が受験するメリットって何?高校受験に役立つのか解説!

英検中学生アイキャッチ




 

疑問に思っている女子生徒

英検を友達が受けるらしい……
私も受けた方が良いのかな?

 

困っている女性

高校受験対策に英検って効果あるのかな?
実際のところ、どうなのか知りたい

 
と悩んでいるあなたに英検と高校受験の関係や中学生が英検を受験するメリットを紹介しています!
 
私自身、中学生のときに英検準2級を取得しました。

また、塾講師・家庭教師をしていたときの生徒で英検を受験した生徒もたくさんいます。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

保護者から英検受験について相談されることも多かったです

 
今回は中学生のときに英検を受験した経験をいかして、中学生が英検を受験すると高校受験に役立つの?英検受けるとメリットあるの?といった疑問を解決していきます。

これを読めば、自分もしくはお子様が高校受験のために英検を受験するべきかわかります!

【この記事がおすすめの方】
・英検を受験するか悩んでいる中学生
・高校受験に英検取得は役立つのか知りたい方
・子供に英検を受験させるか迷っている保護者

英検を始めとした英語の勉強法についてはこちらの記事で紹介しています。
 

【合わせて読みたい】





英検を中学生が取っても受験にほぼ役立たない

教室

まず、最初に言ってしまいますが、英検を中学生が取得しても高校受験の役にはほぼ立ちません。
 

  1. 公立高校の一般受験では加点されない
  2. 公立高校の推薦入試では加点の可能性あり
  3. 私立高校では級によって優遇される

 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

詳しく解説していきます!

 

1.公立高校の一般受験では加点されない

まず、公立高校の一般受験では基本的に英検を取得していても加点はされません。

公立高校の一般受験では
 

当日の入試の点数+内申点

で合否が決まるからです。
 

ソラ呆然
ソラ

英検の入る余地なし……

 
公立高校の一般受験を狙う子であれば、英検を取得しても直接プラスに働くわけではないと覚えておきましょう。

2.公立高校の推薦入試では加点の可能性あり

公立高校の推薦入試でも英検を取得していたからといって自動的に加点されるわけではありません。

公立高校の推薦入試では、
 

内申点+面接+作文・小論文

によって合否が決められます。(作文・小論文は実施しない高校もあります)

推薦入試でも一般入試と同様に英検合格による加点は記載されていないので、ほとんど意味がないといえるでしょう。

ただし、
 

  • 面接や作文のネタとして英検合格を言える
  • 公立高校の中には英検合格を優れた特技として扱ってくれる場合がある
  • 他の子と同点で競い合ったとき英検取得によって合否を分けるかもしれない

ので全く無駄とは言い切れません。

3.私立高校では級によって優遇される

私立高校の入試では英検の取得級によって優遇されます。

例えば、併願入試の内申点計算の際に、英検3級以上を取得していると内申点に1点追加などの措置をしてくれる高校があります。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

成績を1段階上げるのと同様の効果です

 
私立の併願入試を押さえておけば、本命の公立高校の受験の際に多少プレッシャーが減るのでありがたいですよね。

私立高校入試対策では英検取得は無駄ではありません。
 

たじみゆ悲しい
たじみゆ

とはいえ、内申点に加算される程度で英検を持っていたら即合格となるわけではありません

 

それでも中学生が英検を受験するメリットとは

ABCと書かれている黒板

先ほど、解説したように英検を取っても高校受験に直接役に立つわけではありません。

それでも中学生が英検を取得するメリットはいくつかあります。

確認していきましょう。
 

【中学生が英検を取得するメリット】
  1. 英語学習に自信が持てるようになる
  2. 試験の場に慣れることができる
  3. 私立高校入試で加点をもらえる場合あり

1.英語学習に自信が持てるようになる

英検を取得すると、一定レベルの英語の技能が認められたことになります。

それによって、自分の英語の実力に自信を持てるようになります。
 

  • 英語が得意な子の更なるステップアップ
  • 英語が苦手な子に成功体験を積ませる

上記のように活用すれば、英語の勉強のモチベーションを高められます。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

自信をつけるためなら、受験シーズンではなく中1・中2で受けておくのがおすすめです

 

2.試験の場に慣れることができる

英検は中学生にとって、学校の定期テスト以外のテストを受けるチャンスです。

中学生が定期試験以外の試験を受けるとなると、
 

  • 英検などの資格試験
  • 模試
  • 高校入試

くらいしか機会がありません。

1番重要である高校入試本番に緊張しすぎないように外部で受ける試験に慣れておきたいところです。

試験に慣れるには回数を重ねるしかないので、模試だけでなく英検も受験して場慣れしておくのも良いですね。

3.私立高校入試で加点をもらえる場合あり

先ほど解説したように私立高校の入試では英検取得による加点がもらえます。

志望している私立高校が後少しで併願優遇をもらえそう、などという場合には英検を取得して内申点の底上げをするのがおすすめです。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

私立高校は高校ごとで入試制度が異なるのでよく確認しておきましょう

 



中学生が英検を受けるデメリット

リンゴとノート

中学生が英検を受験するのはメリットだけでなく、デメリットもあります。
 

【中学生が英検を受けるデメリット】
  1. 英検試験日が定期テストの日程と被りやすい
  2. 3級以上を取得しないと入試での加点はもらえない

 

たじみゆにっこり
たじみゆ

メリット・デメリットを把握してベストな選択をしましょう!

 

1.英検試験日が定期テストの日程と被りやすい

英検の試験日は例年、
 

  • 6月1週目
  • 10月1週目
  • 1月4週目

に行われます。(一次試験の日程です)

しかし、6月・10月の第一週が学校でも定期テストを実施している時期です。

定期テストの日程と英検の試験日程が被りやすいので、どちらの勉強も中途半端になってしまう可能性があります。
 

たじみゆ悲しい
たじみゆ

第3回の1月4週目は定期テストと被りませんが、受験生は受験と被ります……

 
英検を定期テストや受験と被らずに受験したいのであれば、中1・中2の第3回(1月4週目)の試験を受験するのがベストです。

2.3級以上を取得しないと入試での加点はもらえない

私立高校の入試で加点をもらいたいのであれば、3級以上を取得する必要があります。

英検3級のレベルは中学卒業程度です。

そのため、高校受験までに英検3級を取得するとなると学校の授業で習っていない文法や単語も自分で勉強する必要があります。

学校の定期テストや高校受験と被らないように中1・中2で取得しておこうとすると自分で勉強しなければいけない範囲もそれだけ増えます。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

それだけの負担をかけて合格する必要があるかは考えておきたいですね

 

【結論】中1・中2なら英検を受けておいて損はない!

授業を受けている女子生徒
 

疑問に思っている男子学生

英検受験のメリット・デメリットはわかったけれど結局、英検は受験すべきなの?

 
こんな風に迷ってしまう中学生や保護者の方も多いと思います。

中1・中2であれば、受験勉強も本格化していないので英検を受験して損はありません。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

英検を受験するデメリットが受験生と比較して少ないです

 
中1・中2は、受験まで時間があるので、今から5級・4級を受けて受験まで(正確には調査書が出来上がるまで)に3級合格を目指すことも可能です。

反対に、受験生は
 

  • 学校の定期テスト
  • 高校受験対策

の負担が既に大きいので、英検受験対策を加えて負担を増やす必要はありません。
 

たじみゆ悲しい
たじみゆ

内申対策・高校受験対策・英検対策の全てが中途半端になるのが一番怖いです……

 

中学生が英検を受験するときのおすすめ教材

勉強をしている女性

最後に中学生が英検を受験するときのおすすめ教材を紹介します。
 

【中学生が英検を受験するときのおすすめ教材】

 

たじみゆにっこり
たじみゆ

英検の試験は試験日と合格点が決まっているので、質の高い教材で効率よく勉強を進めるのが重要です!

 

1.参考書+過去問

英検を受験するなら、受験する級の参考書(教本)と問題集を使って勉強をするのが基本のやり方です。

過去問は試験日まで何度も解いて、できるだけ多くの問題を解けるようにしておきましょう。

2.進研ゼミ中学講座



進研ゼミ中学講座を受講している方は追加受講費不要で、英検対策の教材を受講できます。

進研ゼミ中学講座の英検対策は学校の授業ではフォローしきれない範囲の英検対策を行ってくれます。
 

  • 専用タブレット
  • パソコン・タブレット
  • スマホ

などで学習ができます。

紙学習ではなく、インターネットで音声を聴きながら学習できるので、
 

  1. ライティング
  2. リーディング
  3. スピーキング
  4. リスニング

の4技能をバランスよく鍛えることができます。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

既に進研ゼミを受講している方や進研ゼミの受講を検討している方におすすめです

 

\ 無料資料請求はこちらから /

【進研ゼミ中学講座】

 

【合わせて読みたい】

3.スマイルゼミ



スマイルゼミでは月額2,980円から英語プレミアムコースで英検対策ができます。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

月額2,980円は12ヶ月一括払いした場合で毎月払いだと3,980円です

 
スマイルゼミの英検プレミアムコースでは英検5級から2級までに対応可能です。

スマイルゼミの英語プレミアムコースのメリットは以下の通り。
 

  • 専用タブレットで4技能をしっかり学べる
  • お子様のレベル・目標に合う問題で学べる

スマイルゼミの専用タブレットはお子様の学力や間違えた問題を記憶して、お子様が徐々にステップアップできるレベルの問題を出題してくれます。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

進研ゼミと違って有料コースなのが残念ですが、英語の塾に通うことを思えば安いですね

 

\ まずは、無料資料請求 /

◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育

 

【合わせて読みたい】

4.スタディサプリ



スタディサプリは月額1,980円で小4~高3までの授業動画が見放題のサービスです。

授業動画も学校の授業対策だけでなく、英検合格を目的とした授業動画も用意されています。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

英検対策の動画も月額料金の中に含まれています

 

ソラにっこり
ソラ

追加料金なしで英検対策の動画を見られるんだね!

 
英検対策の授業動画を見てわからない部分は学年別の授業動画を見て復習することもできるので、自分のペースで学習を進めたい子にぴったりです。

料金も進研ゼミやスマイルゼミと違って毎月1,980円からと安いので、参考書や過去問を買うくらいの気持ちでスタディサプリを1ヶ月試してみるのもいいですね。

14日間の無料体験もあるので、英検直前対策をするだけなら無料体験でもOKです。
 

\ 14日間無料体験実施中 /

中学講座

 

【合わせて読みたい】

5.家庭教師

家庭教師を利用すれば、英検対策に特化した先生から指導を受けられます。

これまで、紹介してきた英検の勉強方法は教材を見ながら自分で学習を進めていく必要があります。

しかし、英語が苦手な中学生や準2級など難易度の高い英検を受験する場合は1人で試験対策をするのが不安ですよね。

きめ細やかな英検指導を受けたいのであれば、家庭教師がおすすめです。

家庭教師であれば、塾よりも費用を抑えやすいですし、英検までの期間限定での指導も受けやすいです。

お住いのエリアに英検に特化した家庭教師がいないのであれば、全国各地から先生を探せるオンライン家庭教師で先生を探すのもいいですね。
 

【合わせて読みたい】

メリット・デメリットを考慮して受験するか判断しよう

中学生が英検を受験するのはメリットとデメリットがあるので、お子様に合った選択をしてあげましょう。

特に受験生であれば、
 

  • 受験勉強の負担が既に大きい
  • 英検を取得しても直接的に高校受験にプラスに働かない

ことを考えると英検を必ずしも受ける必要はありません。

反対にお子様が中1・中2であれば、
 

  • 英語の実力に自信を持てる
  • 外部試験に慣れやすくなる

などメリットが大きいので、5級・4級などを受験して徐々にステップアップしていくと良いでしょう。

英検は範囲が広く、学校の授業で扱わない範囲もあるので教本や通信教育、家庭教師を上手に活用して効率的に学習を進めていくのが大切です。

英検を始めとした英語の勉強法についてはこちらの記事で紹介しています。
 

【合わせて読みたい】




模試カテゴリの最新記事