【保存版】ジーナ式育児とは?メリット・デメリットや月齢別スケジュールまとめ

【保存版】ジーナ式育児とは?メリット・デメリットや月齢別スケジュールまとめ

ジーナ式とはアイキャッチ

Advertisement

 
今回はジーナ式とはどんな育児方法なのかについて書いています!
 

たじみゆ悲しい
たじみゆ

育児って大変、中でも寝かしつけに悩まされているお母さんも多いのでは?

 
すやすや眠っている赤ちゃんは可愛い!けどその状態にまでもっていくのが大変でママたちはへとへとですよね。

私も上の子が生まれた時、寝かしつけの大変さに心が折れて藁にも縋る思いでジーナ式育児を試してみました!

その結果、自分ですやすやと寝てくれる寝かしつけトラブルとは無縁な子供になってくれて今では寝かしつけストレスが皆無です!

ジーナ式育児を始めてからは
 

・抱っこで寝かしつけをしないで済む
 
・一人で子供が寝るので背中スイッチの心配もいらない
 
・夜泣きもほとんどしない
 
・日中、赤ちゃんがご機嫌でいてくれる
 
・夜に自分の時間や夫婦の時間が作れる

 
などいいことづくめでした!

育児の中でも悩み上位に入るであろう寝かしつけ、そんな寝かしつけを楽にするジーナ式育児について今回はわかりやすく紹介しています!

POINT

この記事では、
・ジーナ式育児とは何なのか
 
・ジーナ式育児のメリット、デメリット
 
・ジーナ式育児が向いている人、向いていない人
 
・ジーナ式育児の月齢別スケジュールと実践例

を紹介しています。

【この記事がおすすめの方】
・妊娠中の方
 
・ジーナ式育児が気になっている方
 
・子供の寝かしつけが大変で心身ともに疲れている方
 
・子供の夜泣きに悩まされている方
 
・育児も自分の時間も楽しみたい方

Advertisement

目次

ジーナ式育児とは

ジーナ式とは、イギリスのカリスマナニー(ナニーとは住み込みで赤ちゃんのお世話をしてくれるベビーシッター)ジーナ・フォードさんが考えた育児法です。

赤ちゃんの生活スケジュールを整えて自分の力で寝起きできるようになる育児方法です。
 

ソラにっこり
ソラ

ねんねトレーニング(ネントレ)の1つです!

 

ジーナ・フォードさんによるとジーナ式とは
 

赤ちゃんが日中は元気に機嫌よく過ごし、夜は長時間寝るようになるための生活スケジュール

 
です。

具体的には親(世話する人)が授乳や睡眠の時間をコントロールしてあげて生活のリズムを作っていきます。

POINT

ジーナ式を始めると、
・毎日同じスケジュールで過ごすので授乳、睡眠の規則正しい生活習慣が身につく
 
・抱っこやおっぱいなどで寝かしつけをする必要がなくなり子供が自分で寝てくれるようになる
 
・体内リズムの崩れが原因である夜泣きがなくなる
 
・夜の授乳が早くなくなる
 
・夜の眠りが深くなる

 
など親子にとって良いことばかりです。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

1つでも「いいじゃん!」って思った人はジーナ式やってみる価値ありますよ!

 
ちなみに世の中にはジーナ式以外のネントレも数多くあります。

おすすめのネントレ本についてはこちらでまとめています!ご参考ください。

ジーナ式の基本の考え方

ジーナ式には基本的な考え方があります。
 

【ジーナ式の基本】(まずはここだけおさえておこう!)
・寝る時には部屋を暗くする
 
・昼間のうちにその日に必要な授乳量を確保する
 
・授乳と睡眠をセットにしない
 
・朝7時起床、夜19時就寝
 
・赤ちゃんがギャン泣きする前に授乳や寝る準備をする
 
・昼寝の上限時間を守る
 
・月齢別のスケジュールに沿って生活する

 
この基本はジーナ式育児を積極的にしない方(スケジュール通りには生活しない方)にも覚えておいてほしいです。

ジーナ式の基本には赤ちゃんの睡眠、授乳などの生活習慣をよりよくするための方法が詰まっています。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

私も2人目はジーナ式のスケジュール通りには育てていないですがジーナ式のポイントは参考にしています!

 

Advertisement

ジーナ式育児のメリット7つ

1.寝かしつけが楽になる

寝ている赤ちゃん
 


抱っこでとんとんして寝かしつけ……

 


やっと寝たのに背中スイッチで起きちゃった

 


おっぱいを飲まないと寝てくれない……

 
こんな寝かしつけのトラブルから解放されます!

授乳をしているうちはおっぱいで寝かしつけをしてもその方が楽だしそれでもいいと思われるかもしれません。

しかし、授乳と寝かしつけをセットにしていると卒乳後に子供がすんなり寝てくれなくて困ってしまいます。

ジーナ式育児をすれば子供が一人寝をしてくれるようになるので卒乳後も心配ありません!

2.日中も母子ともにご機嫌に過ごせる

子どもを抱いている女性

ジーナ式育児をすると赤ちゃんは授乳(空腹)も睡眠も満たされた状態になります。

そのため、
 

・お腹が空いてギャン泣き
 
・眠すぎたり疲れすぎたりしてギャン泣き

 
などがなくなります。

こちらがスケジュールに沿って先回りして赤ちゃんのお世話をするので赤ちゃんも泣く必要がなくなりニコニコしてくれる時間が増えます。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

ジーナ式育児をしてからは「構って!」「遊んで!」以外ではほとんど泣かなくなりました

 
赤ちゃんが泣いている時間はママも辛いですよね。

ジーナ式ならそんなママも赤ちゃんも辛い時間を少しでも減らせます!

3.育児中でも自分の時間や夫婦の時間を持てる

ジーナ式育児が軌道に乗ると19時から翌朝7時まで赤ちゃんは寝てくれるようになります。
 

ソラにっこり
ソラ

12時間も続けて寝てくれるのは嬉しい!

 

・自分の趣味を楽しむ
 
・念入りにボディケア、スキンケアをする
 
・細かい部分の掃除やつくりおきなどの家事
 
・ご主人と一緒に晩酌

 
子供が生まれたばかりは難しいとされるこんなこともできちゃいます!

毎日、夜になったら子育てから解放されて自分の時間が持てる。これは育児中の励みになっています!
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

疲れた日でも時計を見て「後〇時間……」とカウントダウンして乗り切っています

 

4.赤ちゃんの泣いている理由を推測しやすい

ジーナ式育児はスケジュール通りに行動するので赤ちゃんの泣いている理由がわかりやすいです。
 

「昼寝から〇時間たってるから眠いんだね」
 
「授乳の時間だからお腹がすいてきたかな?」
 
「起きたばっかで授乳も済んだのに機嫌が悪い。そろそろうんちが出るかな?」

 
こんな風にまだコミュニケーションを取れない赤ちゃんの泣いている理由やぐずっている理由がわかるようになります。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

「なんで泣いているかわからない!」から解放されるのは助かります!

 

5.家事や外出の予定を立てやすい

掃除をしている人
 


子供が起きたら買い物行こう!

 


あれ?思ったより長く寝た……授乳して、おむつ替えたらもう夕方になっちゃう

 
ジーナ式育児で育てていない方でこんな経験ある方もいるのではないでしょうか。

ジーナ式の場合は昼寝の時間は何時から何時と決まっているので外出予定が立てやすくなります。
 


起きたら出かける!

 
ではなく、
 


14時に赤ちゃん起こして授乳だから、15時には家を出られるはず!

 
と計画を立てやすいです。

家事に関しても
 

・掃除機など音の出る家事は赤ちゃんが起きている間
 
・料理など集中したい家事は赤ちゃんの寝ている時

 
などメリハリをつけて動けます。

6.決断疲れを減らせる

赤ちゃんが何で泣いているのかわからない、必死に育児をしていてもこれがベストな選択だったのかわからない

月齢の小さい赤ちゃんのお世話は決断の連続ですよね。
 


今、眠いのかな?寝かしつけする?でも夕方まで寝ちゃうと夜寝てくれないしな~。授乳するにしても眠いと飲まないしどうしよう……

 
こんな風に今何をするのか決め続けると脳が疲れてしまいます。

人間の脳は決断を繰り返しているとストレスがたまったりミスが増えたりしてしまうそうです。

ジーナ式は月齢別のスケジュールが決まっているので、決断回数を減らし決断疲れを回避しやすくなります!
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

私も平日は夫の帰りも遅く一人きりだったのでジーナ式のスケジュールは育児中の相棒や相談相手のような存在でした

 
育児中の決断疲れを減らすには?こちらで書いています!

7.夜泣きをしても自力で寝てくれる

赤ちゃんは大人よりも睡眠が浅く、ささいなことで起きてしまいます。

この時に1人寝ができず、抱っこや授乳などで寝かしつけてもらう習慣の赤ちゃんの場合は泣いてママを呼びます。

これが夜泣きです。

赤ちゃんが泣くので何度も繰り返しママが起きて抱っこもしくは授乳で寝かしつける……睡眠不足になってしまうママも多いと思います。

ジーナ式の習慣が身についている赤ちゃんであれば一人寝ができるので、夜中に目が覚めてしまった時も自分で再び眠りにつくことができるようになります。

そのため、夜泣きはほとんどしなくなり、ママも赤ちゃんも睡眠不足になりません!

夜泣きに関してはこちらで更に詳しく書いています!

また、夜泣き同様に寝かしつけトラブルに発生しやすい後追いに関してはこちらで詳しく書いています。

Advertisement

ジーナ式育児のデメリット5つ

上の子をジーナ式育児で育ててみて私が感じたデメリットを紹介します。

1.周りの理解が得にくい

海外では小さいうちから自分の部屋で一人で寝る一人寝が当たり前になっています。

しかし、日本では赤ちゃんと同じ部屋で寝る、赤ちゃんを親が寝かしつけてあげる文化が主流です。

ジーナ式育児の寝かしつけ方法は日本の従来の子育てから見ると
 

・スパルタ
 
・赤ちゃんを泣かせている
 
・赤ちゃんを放置している

 
などと思われる場合も多いです。

一緒に子育てをするご主人や孫を可愛がってくれる両親・義両親の理解が得られないとジーナ式育児を実践するのは大変かと思います。

2.検診などの外出予定に困らされる

集団検診や予防接種の時間が昼寝の時間とかぶってしまう時はどうしたらいいのか頭を悩ませていました。

実際にはそんなことはなかったのですが、
 

たじみゆ悲しい
たじみゆ

せっかく身についてきたジーナ式のリズムが崩れたらどうしよう……

 
と不安に感じたりもしていました。

月齢の低い赤ちゃんの時は睡眠も授乳も小刻みで外出のタイミングがつかみにくかったです。

3.寝かしつけスキルが身につかない

ジーナ式育児は親が積極的に抱っこなどで寝かしつけをしません。

そのため、スケジュールが乱れる等で赤ちゃんが上手に寝られずに眠くてギャン泣きを始めると何をしたらいいかわからなくなります。
 

たじみゆ悲しい
たじみゆ

上の子をジーナ式で育てたので下の子が産まれた時は2人目育児なのに寝かしつけスキル0

 
背中スイッチも押しまくるし、どれくらい抱っこしてればいいの?こんな泣くなんて具合悪いんじゃないの?と心が折れまくりました。

4.スケジュールが乱れると対応できない

一度、スケジュールが乱れると手に負えません。

少しのズレは調整できてもスケジュールが狂いすぎて赤ちゃんがギャン泣きをしだすと泣くのに疲れて眠るまでギャン泣きに付き合わないといけません。
 

・お腹がすきすぎた時
 
・疲れすぎた時

 
こんな時は諦めて夜の就寝まで付き合う必要があります。

そして、ジーナ式育児をしているお母さんはおそらく夜泣きもあまり対応経験がないのでその日起きるかもしれない夜泣きにもびくびくしちゃいます。

5.自宅のベッド以外で寝てくれなくなる

ベビーベッド

ジーナ式では赤ちゃんにベビーベッド=眠る場所と覚えさせます。

ベビーベッドに連れていくと一人で寝てくれるのは嬉しい限りですが、その一方でベビーベッド以外では寝られなくなる赤ちゃんも多いです。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

上の子も2歳近くにならないとベビーカーでは寝ませんでした

 
ショッピングモールなどで赤ちゃんがベビーカーでぐーぐー寝ている間に優雅にカフェや買い物を楽しむ、なんていうのは難しいですね

Advertisement

ジーナ式が向いているのはこんな人

上の子をジーナ式で育ててみてジーナ式は向いている人、向いていない人がいると感じました。

ジーナ式が向いていると感じた人の特徴をまとめました。
 

・寝かしつけの時間がとにかく苦痛な人
 
・睡眠の質を確保したい人、睡眠不足だと体調を崩す人
 
・毎日同じスケジュールが苦ではない人
 
・1人目のママ
 
・時間に余裕のある専業主婦、もしくは1歳や1歳半まで育休を取る人
 
・パートナーがジーナ式に理解のある人
 
・義両親や両親が育児に積極的に関わってこない人

 
ジーナ式が向いているかは親の性格にもよりますが環境による要因も大きいです。

例えば、産休のみとって職場復帰したい人は保育園のスケジュールがジーナ式に対応してくれずジーナ式が難しいかもしれません。

良くも悪くも自分のペースで育児ができる人(逆にいうと1人で乗り切らないといけない)はジーナ式に向いています。

寝かしつけが辛い、自分の睡眠も確保したい人はジーナ式のメリットが大きくなるのでジーナ式に向いています。

逆にジーナ式が向いてない人

逆にジーナ式が向いていない、導入のハードルが高い人も紹介します。
 

・自分の睡眠の質が悪くなっても体調を崩さないタフな人
 
・寝かしつけのストレスをあまり感じない人
 
・毎日規則正しく決められた生活が苦手な人
 
・2人以上子供がいるママ
 
・産休後、すぐに職場に復帰しなければいけない人
 
・パートナーなど周囲がジーナ式に理解のない人
 
・義両親や両親が育児に口を出してくる人

 
これらの特徴にあてはまる人=ジーナ式がおすすめできないわけではありません。

ただ、これらの特徴にあてはまる人はジーナ式のデメリット部分が大きくなってしまうかもしれません。

ジーナ式も万能ではなくメリットとデメリットがあります。

ジーナ式のデメリットがメリットを上回る人は無理してジーナ式で育てるのではなく自分に合った方法で育児をした方が良いでしょう。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

逆に言うとこれらの人でも環境を整えればジーナ式の導入は可能です!

 

ソラにっこり
ソラ

自分に合った育児をすることが大切です!

 
例えば、私の母は私を含め子供3人産みましたが3人ともよく寝る子だったので、3ヶ月ほどで夜通し寝てくれるかつ寝かしつけもせず親が寝る時一緒に寝室に連れていくだけだったようです。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

こんな赤ちゃんならわざわざジーナ式をやらなくても寝かしつけストレスはないですよね

 
ジーナ式育児のメリット・デメリットをよく吟味して自分に合うか考えてみましょう。

Advertisement

月齢別ジーナ式スケジュールまとめ

目覚まし時計
ジーナ式では月齢別に決まったスケジュール通りに毎日行動する必要があります。

ここでは、
 

・ジーナ式の月齢別スケジュール
 
・ジーナ式で育てた上の子の実践例
 
・ジーナ式で育ててない下の子の生活スケジュール

 
を紹介、比較しています。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

ジーナ式で育ててない下の子もジーナ式の基本の考え方は参考にしています!

 
記事を書いている私自身もジーナ式の本質部分だけでもかなり育児中役立つなと日々実感しています!

むしろ、ジーナ式のスケジュールを採用していない2人目の方がジーナ式に書いてあることは本当だなぁと感じる機会が多いです。
 

・ジーナ式の実践例を知りたい方
 
・ジーナ式をしようか迷っている人
 
・2人目以降のジーナ式に迷っている人
 
・ジーナ式って結局意味ある?と疑問の人
におすすめの内容となっています!

生後1か月目のスケジュール(生後5週~8週目)

ジーナ式育児とジーナ式じゃない育児の1ヶ月の記録(5週~8週)

生後2か月目のスケジュール(生後9週~12週目)

ジーナ式育児とジーナ式じゃない育児の2ヶ月目の記録(9週~12週)

生後3か月目のスケジュール(生後13週~16週目)

ジーナ式育児とジーナ式じゃない育児の3ヶ月目の記録(13週~16週)

生後4か月目のスケジュール(生後17週~20週目)

ジーナ式育児とジーナ式じゃない育児の4ヶ月目の記録(17週~20週)

生後5か月目のスケジュール(生後21週~24週目)

生後6か月目のスケジュール(生後25週~28週)

生後7か月目のスケジュール(生後29週~32週)

生後8か月目のスケジュール

準備中!2019年12月更新予定!

生後9か月目のスケジュール

準備中!2019年12月更新予定!

生後10か月目のスケジュール

準備中!2020年1月更新予定!

生後11か月目のスケジュール

準備中!2020年2月更新予定!

生後12か月目のスケジュール

準備中!2020年3月更新予定!

生後1歳以降のスケジュール

ジーナ式は1歳以降どうするの?娘2歳半のスケジュールを紹介!

Advertisement

【まとめ】少しでも気になるなら試してみよう!

ジーナ式は始めるのにハードルが高いように感じますが、とりあえず1週間だけでも試してみる価値あります!

最初は確かに赤ちゃんも泣くし心が折れそうになるかもしれません。

それでも赤ちゃんの生活習慣を早めに整えてあげるのはメリットが大きいです。

ジーナ式に関して疑問点があればお気軽にお問い合わせください!

わかる範囲でお答えします!

こどもちゃれんじに資料請求をすると体験教材と知育DVD、無料プレゼントが全員にもらえます!資料請求は無料です!
 
<<2018年4月2日~2020年4月1日生まれのお子さまの場合>>
おむつ替えシートやおもちゃ箱になるLOGOSマルチレジャーシート
<<2018年4月1日より前に生まれたお子さまの場合>>
レジャーシートやバッグ、プレイマットになるLOGOSマルチレジャーシート+年齢別知育DVD+体験教材

 
\無料プレゼントをもらう!資料請求はたったの3分/
【こどもちゃれんじ】
 


ジーナ式育児・睡眠カテゴリの最新記事