冬休みにしておきたい勉強内容まとめ【中学生向け】元塾講師が解説

冬休みにしておきたい勉強内容まとめ【中学生向け】元塾講師が解説

冬休み勉強アイキャッチ




 

疑問に思っている女子生徒

冬休みは短いし、中1・中2は勉強しなくても良いよね?

 

疑問に思っている男子学生

ついに中3の冬休みで受験直前って感じだけど何を勉強したらいいのかな?

 
と思っているあなたに冬休みに勉強すべき内容(学年別)を紹介しています!

私は元塾講師・家庭教師で今まで様々な生徒に対して勉強のアドバイスをしてきました。

今回は元塾講師・家庭教師である私が冬休みってどんな勉強をしたらいいの?勉強時間の目安は?といった疑問を解決していきます。

これを読めば学年に合った中学生の冬休みの勉強時間がわかり、3学期や受験に対応しやすくなります!

【この記事がおすすめの方】

・冬休みの過ごし方や勉強について悩んでいる中学生
・冬休み、子供がダラダラしていて心配な保護者
・中3の冬休みは何を勉強したらいいか知りたい方





冬休みに勉強すべき内容【中3受験生】

STUDYのブロック

まずは、中3受験生向けに冬休みに勉強すべき内容を紹介します。
 

【中3受験生が冬休みに勉強すべき内容】
  1. 私立高校の入試対策
  2. とにかく問題を解きまくる
  3. 過去問に取り組みはじめてもOK

塾や家庭教師で行う勉強内容と重複しているかもしれませんが、どれも重要なので時間のある限り取り組んでいきましょう!

1.私立高校の入試対策

中3受験生が冬休みにしておくべきことは私立高校の入試対策です。

私立高校の一般入試は1月下旬から2月上旬に行われます。

3学期が始まってから私立高校の入試対策をしようとしても時間が足りないので冬休み中に私立高校の入試対策をしておきましょう。
 

たじみゆ悲しい
たじみゆ

3学期に入ってからは学校もありますし、願書提出に行ったりとバタバタで時間がないです

 
受験する私立の数が増えれば増えるほど、私立受験対策も大変になるので、計画を立てて勉強を進めましょう。

2.とにかく問題を解きまくる

冬休み中の勉強はとにかく問題を解きまくりましょう。

入試まで時間がないので、問題を解く力を身につけていく必要があります。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

単語の暗記なども問題を解きながらしていくのがおすすめです

 
問題を解くときは何度も間違えた問題を繰り返し解けるように、直接問題集に書き込まないようにしましょう。

効率的な問題集の使い方はこちらの記事で紹介しています。
 

【合わせて読みたい】

3.過去問に取り組みはじめてもOK

私立高校・公立高校共に過去問を解き始めてもOKです。

冬休み中に過去問を解き始めてOKというと、
 

疑問に思っている男子学生

過去問は試験の直前に解かなくていいんですか?

 
という生徒がいますが、過去問こそ何度も繰り返し解いて自分で解けるようにしておく必要があります。

例えば、過去問を入試前日に解いて得点が合格者最低点に全然届いていない場合、入試までの時間がなくて対策の立てようがないですよね。

それに対して、冬休みなど早い段階で過去問を解き始めれば、過去問で間違えた部分の対策をする時間があります。

冬休みに勉強すべき内容【中1・中2】

勉強している女性

続いて、中1・中2向けに冬休みに勉強すべき内容を紹介します。
 

【中1・中2が冬休みに勉強すべき内容】
  1. 2学期の復習
  2. 3学期の予習
  3. 学校の宿題は計画的に

塾などの冬期講習と自主学習を合わせて上記の3つを行っていきましょう。

1.2学期の復習

まず、中1・中2の冬休みには2学期で勉強した内容の復習を行ってください。

冬休みは夏休みと違って期間が短いので中学校生活で学んできた内容の総復習をする時間はありません。

直前の2学期で学んだ内容の復習だけでいいのできっちりと行っておきましょう。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

2学期で学んだ内容がしっかり身についていれば3学期以降の授業もスムーズに受けられます

 
英語と数学の復習方法はこちらの記事で紹介しています。
 

【合わせて読みたい】

2.3学期の予習

冬休みの勉強では2学期の復習と合わせて、3学期の予習もしておきましょう。

3学期は1学期や2学期と違って定期テストが1回しか行われない場合が多いです。

3学期に行われる学年末テストは他の定期テストと比較して範囲が広くなりがちなので、予習をして効率よく勉強を進めていきましょう。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

定期テスト対策を見据えた予習をしておくのがベストです

 
英語と数学の予習法はこちらの記事で紹介しています。
 

【合わせて読みたい】

3.学校の宿題は計画的に

冬休みに学校から課題が出されている場合は計画的に行いましょう。

冬休みは期間が短いですし、年末年始を挟むので予定がある中学生も多いと思います。

年末年始の家族や友人との予定も楽しみつつ、メリハリをつけて勉強をするためにも学校の課題に取り組む計画を立てておきましょう。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

学校の宿題+自主学習の計画を立てられたらいいですね

 



中学生の冬休みの勉強時間

砂時計

中学生の冬休みに必要な勉強時間は学年ごとに異なります。
 

  • 塾に通っている中3受験生
  • 塾に通っていない中3受験生
  • 中1・中2生

に分けて解説していきます。

塾に通っている受験生は塾+2~3時間

塾に通っている受験生は塾の授業とは別に毎日2、3時間は勉強するようにしましょう。

個別指導塾に通っていて塾の授業が毎日2、3時間しかないのであれば、自主学習の時間をもっと増やしても構いません。

塾に通っているから、受験対策は完璧で自主学習は必要ないと考えるのではなく、自宅や塾の自習室でも勉強をするようにしましょう。
 

  1. 塾の宿題
  2. 塾の授業の予習・復習
  3. その他、自分で必要だと思った勉強

 

たじみゆにっこり
たじみゆ

何をしていいかわからなかったら自習中にどんな勉強をすべきか、塾の先生に相談してみてください!

 

塾に通っていない受験生は5時間以上

塾に通っていない受験生は、毎日5時間以上を目標に勉強しましょう。

記事の冒頭で紹介した、
 

  • 私立高校入試対策
  • 問題演習
  • 過去問対策

などをしておきましょう。

自分一人で学習を進めているとついつい、得意科目の勉強ばかりしてしまいがちなので、あらかじめ学習計画を立てておくのも大切です。

塾に通っていない受験生は生活スケジュールが乱れがちなので、勉強する時間帯も決めておきましょう。

中1・中2は毎日2時間を目標にしよう

中1・中2の生徒は毎日2時間を目標に勉強してください。

帰省や旅行中は無理して勉強する必要はありません。

毎日2時間の勉強は冬休み中に全く勉強をしないと3学期の授業が始まったときスムーズに対応できなくなるからです。

学習習慣を壊さないように毎日計画的に勉強を進めましょう。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

部活がある場合は部活と勉強のの両立も目指しましょう

 

冬休み中の生活で気を付けたいこと

朝食

最後に冬休み中の生活で気を付けたいことを紹介します。
 

【冬休み中の生活で気を付けたいこと】
  1. メリハリをつけて生活する
  2. 生活スケジュールを崩しすぎない
  3. 勉強方法に悩んだら通信教材がおすすめ

 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

冬休みは短いので心も身体も緩めすぎないようにしましょう

 

1.メリハリをつけて生活する

学校が休みだからといって、だらだらしすぎずメリハリをつけて生活しましょう。
 

  • 勉強する
  • 家族や友人と過ごす
  • 部活をする
  • 趣味の時間を楽しむ

バランスを取りつつ、一つひとつの物事に集中して行いましょう。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

勉強するときは「今から勉強する!」と気持ちを切り替えて集中すると効率も上がります

 

2.生活スケジュールを崩しすぎない

冬休み中も生活スケジュールを崩しすぎないようにしましょう。

生活スケジュールを崩してしまうと3学期が始まってから辛いです。

風邪やインフルエンザもはやる時期なので免疫力を保つためにも規則正しい生活を心がけましょう。

3.勉強方法に悩んだら通信教育がおすすめ

冬休み中の自主学習で何をしたらいいのか迷ったら通信教育を受講するのもおすすめです。

通信教育であれば、学年や学力に合わせた教材が届くので自宅で効率よく勉強できます。

冬休み中の自主学習におすすめの通信教育はスタディサプリです。

スタディサプリは月額1,980円で小4~高3の全授業動画が観放題でコスパが良いです。

自分で必要な授業を見て学習できるスタイルなので、
 

  • 自分の苦手な部分
  • 2学期の復習
  • 3学期の予習

などを効率よく学習できます。

まだ、一度もスタディサプリに登録したことがない方向けの14日間の無料体験も用意されています。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

冬休み中だけ無料体験するのもおすすめです!

 
スタディサプリについてはこちらで詳しく紹介しています。
 

【合わせて読みたい】

冬休みは短いので生活スケジュールを崩さないように

冬休みは夏休みと違って短いので生活スケジュールを崩しすぎないようにしましょう。

そして、短い冬休みを無駄にしないように勉強する内容を絞って効率よく学習を進めるのが重要です。
 

【中3受験生の場合】
・私立高校入試対策
・問題演習
・過去問を解いてみる

 

【中1・中2の場合】
・2学期の復習
・3学期の予習
・学校の課題

上記に絞って学習をしてみましょう。

冬休みにどんな勉強をしていいかわからなかったら通信教育を利用してみるのもおすすめです!

通信教育の無料体験教材を活用するだけでも充実した冬休みが過ごせそうですね。

中学生向けのおすすめ通信教育はこちらの記事で紹介しています。
 

【合わせて読みたい】




冬休みカテゴリの最新記事