受験生の親が子供にしてあげられるサポートまとめ|子供への接し方も紹介

受験生の親が子供にしてあげられるサポートまとめ|子供への接し方も紹介

受験生親アイキャッチ




 

疑問に思っている主婦

いよいよ、子供が受験生!
親はどんなサポートをすればいいのかな?

 
と悩んでいるあなたに受験生の親が子供にしてあげたいサポートを紹介しています!

公立学校に通っている子供にとっては高校受験が初めての受験ですよね。

お子様本人も親御さんも緊張しているかと思います。

親御さんができるのはお子様の受験のサポートのみです。

サポート役に徹して、お子様が正しい方法で勉強できるようにしてあげましょう。

塾講師・家庭教師時代にたくさんの生徒と保護者を見てきた経験をいかして、受験生の親はどんな風に子供をサポートすればいいの?といった疑問を解決していきます。

これを読めば受験生の親が取るべき行動やサポートがわかります!

【この記事がおすすめの方】
・中学3年生の子供を持つ親御さん
・子供が高校受験を控えている親御さん
・子供のためにできる受験サポートを知りたい親御さん





受験生の親が子供のためにしてあげられること

料理

まずは、受験生の親が子供のためにしてあげられることを紹介します。
 

【受験生の親が子供にできるサポート】
  1. 夜食の用意
  2. 教育費の計画を立てる
  3. 勉強環境を整える
  4. 子供に合う勉強方法を見つけてあげる
  5. 子供の頑張りを認めてあげる

 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

程よい距離を保って、サポート役に徹しましょう

 

1.夜食の用意

受験生の親ができるサポートとして代表的なのが夜食の用意です。

受験生は夜遅くまで勉強することも多いですし、塾で帰りが遅くなってしまうときも多いです。

夜遅い時間に食べるのに適したメニューを作ってあげましょう。

特に受験直前は冬で冷えやすいので身体があたたまる夜食メニューを作ってあげたいものですね。

受験生におすすめの夜食はこちらの記事で紹介しています。
 

【合わせて読みたい】

2.教育費の計画を立てる

子供の進学のために、教育費の計画を立てておきましょう。

特に子供が複数人いる場合には、子供それぞれで教育費に差が出てしまわないように十年単位で教育費の計画を立てる必要があります。
 
子供がせっかく勉強を頑張っているのに、望んだ進路に進めないのは避けたいですよね。

ご家庭で納得のいく教育費の計画を立てましょう。

中学生の教育費で押さえておきたいことや教育費の節約方法はこちらの記事で紹介しています。
 

【合わせて読みたい】

3.勉強環境を整える

子供の勉強環境を整えていきましょう。

お子様によって、集中できる環境は異なるので、お子様の特徴を観察してお子様に合う環境を見つけましょう。

例えば、自室では集中できずに勉強がはかどらない子ならリビングで勉強させるのもおすすめです。

リビング学習のメリットやコツに関してはこちらの記事で詳しく書いています。
 

【合わせて読みたい】

4.子供に合う勉強方法を見つけてあげる

勉強環境だけでなく、子供に合う勉強方法も見つけてあげましょう。

今は、塾や家庭教師、通信教育など様々な勉強法が用意されています。

お子様の性格や現在の環境に合った勉強法が見つかれば勉強の効率もモチベーションもアップします。

塾や家庭教師、通信教育は資料請求や無料体験授業もあるので上手に利用していきましょう。
 

【合わせて読みたい】

5.子供の頑張りを認めてあげる

子供の頑張りを親御さんが認めてあげましょう。

特に、初めての受験を経験する子にとって、受験は大きなストレスになります。
 

  • 模試で思うように成績が上がらない
  • 合否まで時間がかかるゴールがみえないような受験勉強

このような状況を辛いと考えてしまう子は多いです。

辛い状況でも頑張っているお子様の頑張りをまずは認めてあげましょう。

親御さんが頑張りを認めず、結果だけを求めてしまうと子供はプレッシャーに押しつぶされてしまいます。
 

たじみゆ悲しい
たじみゆ

もちろん、お子様が勉強せず遊んでばかりなら怒っても良いですが、既に頑張っている場合は必要以上に怒るのはやめましょう

 

受験生の親におすすめしたい子供への接し方

机の上にある紅茶

受験生の親におすすめしたい子供への接し方を紹介していきます。
 

【受験生の親におすすめしたい子供への接し方】
  1. 干渉しすぎない
  2. 子供の決定に口を出さない
  3. 子供と普段からコミュニケーションを取る
  4. 子供の変化に気を配る
  5. 何でも決めつけない

干渉しすぎない

子供に干渉しすぎないようにしましょう。

中学生は反抗期の子も多いので、親の過干渉を嫌がる時期でもあります。

親の過干渉を嫌がり、話を聞いてくれなくなると親子間のコミュニケーション自体が減ってしまいます。

子供の決定に口を出さない

中学生は子供が自立していく時期でもあるので、決定に口を出しすぎないようにしましょう。

特に、勉強に関することはできるだけ子供の意見を参考にしましょう。

中学生くらいになると、子供自身にやる気がないと周りがいくら言っても勉強で結果が出にくいです。

子供が少しでも勉強のモチベーションを上げられるように、子供が決定する機会を増やしましょう。

子供と普段からコミュニケーションを取る

子供と普段からコミュニケーションを取っておきましょう。

中学生は思春期、反抗期の子も多く、親御さんとの会話が少なくなりがちです。

会話が少なくなると子供の変化にも気づきにくくなりますし、子供の考えていることもわかりにくくなってしまいます。
 

困っている女性

最近の会話は小言やお説教しかしてない……

 
こんな風にならないように他愛もない話を普段からしておくことをおすすめします。

子供の変化に気を配る

子供の変化には常に気を配っておきましょう。

もちろん、受験生の親だけでなくどの親御さんもしていることだと思います。

子供の変化にすぐ気づけると子供が巻き込まれているトラブルや子供の悩みごとに気付けます。

中学生くらいのお子様は様々なことに不安や悩みを抱える時期です。

大人からみたら大したことないような悩みも本人にとっては一大事で勉強が手につかない……なんてこともあります。

勉強に支障がでるくらいの心配事に保護者がすぐに気付いて相談に乗ってあげられると良いですね。

何でも決めつけない

子供の言うことや考えを決めつけないようにしましょう。

思春期、反抗期の子供は決めつけられるのをすごく嫌がります。

まずは、子供の話を聞いて意見や考えを受け止めてあげてください。

もちろん、子供ですから甘い考えや論理的に間違っている部分もあるかと思います。

話を聞いたうえで、間違っている部分は指摘してあげましょう。

反抗期の子供への接し方はこちらの記事で紹介しています。
 

【合わせて読みたい】

頑張った努力を認めてあげる

子供が頑張った努力を認めましょう。

受験の場合は合否がはっきりと分かれるので、残念ながら受験に失敗してしまう子もいます。

考えたくはないですが、お子様が受験に失敗してしまったときでもまずは頑張った努力を認めてあげてください。

努力を認めてあげれば、たとえ受験に失敗したとしても、その後の高校生活でまた自分を信じて努力できるようになります。

お子様が受験に失敗してしまったときの対処法はこちらの記事で紹介しています。
 

【合わせて読みたい】

他の人と比較しない

他の子供や兄弟との比較はしないようにしましょう。

受験生は自分自身も常に他の子と比較をしています。

それだけでも辛いのに、親御さんが他の子と比較をしてしまうと余計に辛くなってしまいます。

他の子との比較はお子様の自己肯定感の欠如にもつながるのでやめましょう。




受験生の親は子供のサポートをしてあげよう

受験生の親は子供のサポート役に徹しましょう。

特に公立学校に通っていたお子様にとっては高校受験が初めての受験です。

お子様自信もプレッシャーや慣れない受験勉強を辛く感じているので、出来る限りサポートしてあげて頑張りを認めてあげましょう。

お子様が自分に合う勉強法を見つけていないのであれば、通信教育などお子様に合う勉強法を見つけてあげる手助けをするのも良いですね。
 

【合わせて読みたい】




子供との接し方カテゴリの最新記事