塾の選び方7つを解説【中学生向け】元塾講師が解説

塾の選び方7つを解説【中学生向け】元塾講師が解説

塾選び方アイキャッチ




 

困っている女性

中学生の子供が勉強しないので塾に通わせたい……
塾を選ぶときのポイントってあるのかな?

 
と悩んでいるあなたに中学生向けの塾の選び方を紹介しています!

私は元塾講師・家庭教師で今まで様々な生徒に勉強法のアドバイスをしてきました。

今回は塾講師・家庭教師の経験をいかして、中学生が塾を選ぶときのポイントって何?といった疑問を解決していきます。

これを読めば中学生向けの塾の選び方がわかりますし、成績も上がりやすくなります!

【この記事がおすすめの方】
・中学生向けの塾選びに迷っている方
・塾に通いたいけれどどんな塾に通えばいいか迷っている方
・中学生の子供が勉強をしないので悩んでいる保護者

なお、私は都立高校出身で、塾講師や家庭教師時代の生徒も都立高校を志望している生徒が多かったです。

なので、この記事も都立高校をはじめとした公立高校を志望する中学生と保護者に向けて書いています。





塾の選び方7つを解説【中学生・高校受験向け】

電卓とコイン

まずは中学生向けに塾を選ぶときのポイント7つを紹介していきます。
 

【塾選びの7つのポイント】
  1. 講師の質・相性
  2. 塾のレベル
  3. 受講費
  4. 家からの距離
  5. 授業の曜日・時間帯
  6. 合格実績
  7. 知り合いや友達の有無

 

たじみゆにっこり
たじみゆ

具体的に解説していきます!

 

1.講師の質・相性

まず、塾を選ぶときはその塾に在籍している講師の質や相性を確認しましょう。

講師の質や相性がお子様と合えば、お子様のやる気も保ちやすく、成績も上がりやすくなるからです。

塾の多くは無料体験授業を行っているので、無料体験授業でお子様と講師の相性を確認しましょう。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

実際に授業を受けたお子様の意見も聞いてみてください

 

2.塾のレベル

塾のレベルも塾選びのポイントの1つです。

塾のレベルというとできるだけレベルの高い塾に通わせたい、と思うかもしれません。

しかし、難関校を目指すわけでもないのにハイレベルの塾に通わせてもオーバースペックですし、お子様の志望校に合ったレベルの指導を行ってくれない可能性があります。

お子様の現時点での学力や志望校に合った塾に通わせるのが重要です。

塾のレベルは合格実績を見たり、使用している教材を確認すれば大体わかります。

同じ中学の子が既に通っている塾であれば、通っている子の成績で塾のレベルを把握することもできますね。

3.受講費

家計のことを考えると塾の受講費も塾を選ぶときの重要なポイントです。

塾の受講費を比べるときは単純に1時間あたりの授業料を比較するのではなくトータルで比較しましょう。
 

  • テキスト・テスト代
  • 施設利用料
  • 講習ごとの費用

塾に通うとなると授業料だけでなく、上記のお金がかかります。

トータルで毎月どれくらいかかるのか、長期休みの講習ではどれくらいかかるのかを計算して家計を圧迫しすぎないかのシミュレーションをしておきましょう。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

塾を決めてから、お金が理由で塾を変更するのはお子様にとってもデメリットなので、無理せず通える塾を選ぶように意識しましょう

 
中学生の教育費や節約方法はこちらの記事で詳しく書いています!
 

【合わせて読みたい】

4.家からの距離

塾の選び方で家からの距離はついつい忘れがちになってしまうので気を付けましょう。

塾に通い始めると高校受験が終了するまでその塾に通い続けるパターンも多いです。

長期休みの講習時や高校受験間近は頻繁に塾に通うことになると思います。

塾が家から遠いとそれだけ通塾に無駄な時間がかかってしまいます。
 

たじみゆ悲しい
たじみゆ

女の子の場合、塾の帰りが遅くなるのも心配

 
時間のロスや通塾時のリスクを減らすためにも通いやすい距離にある塾を選びましょう。

塾からの帰るときに道が暗すぎないか、人通りはあるかなどの確認も保護者とお子様でしておきましょう。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

危ないから、塾が終わった後親が迎えに行くとしても近い塾の方が楽です

 

5.授業の曜日・時間帯

塾を選ぶときには授業の曜日や時間帯もチェックしておきましょう。

帰宅部や忙しくない部活に所属していて、時間にゆとりがある中学生なら良いですが、部活や習い事で忙しい中学生はそもそも塾に通う余裕があるかも考えておく必要があります。
 

  • 授業の時間と部活の時間が被ってしまう
  • 自分の都合の良い曜日は担当講師が休みで授業をしてもらえない

このような場合は塾を変えた方が良いです。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

高校受験までずっと通うとなるとストレスなく通える曜日や時間帯を選んでおきたいですね

 

6.合格実績

塾を選ぶ際には合格実績も意識しておきましょう。

塾の合格実績を見れば、塾のレベルがわかりますし、お子様のモチベーションアップにもつながります。

特に、お子様が絶対に通いたいと考えている高校があるのであれば、その高校への合格実績がある塾を選ぶと良いですね。

とはいえ、合格実績はあくまで過去のデータですし、塾のおかげというよりもその子の実力や努力で合格した可能性もあります。

合格実績はあくまでデータとして考えて、合格実績だけで塾選びをしないようにしましょう。
 

ソラ
ソラ

どちらの塾に通うか悩んだときに確認するくらいでも良いかも

 

7.知り合いや友達の有無

塾を選ぶときには既にその塾に通っている知り合いや友達がいるかも確かめておくと良いですね。

知り合いがいた方がモチベーションアップになる子もいれば、逆に友達などがいない環境で自分のペースで学習を進めたい子もいるからです。

お子様は知り合いや友達がいた方が勉強がはかどるのか普段の様子を見て判断しましょう。

友達と一緒に励ましながら勉強を頑張ってくれるなら良いですが、友達と一緒にダラダラ勉強してしまうのは避けたいので、塾を選ぶ前に必ずチェックしておきましょう。

塾を選ぶときに考えておきたいポイント

授業を受けている女子生徒
 

ひらめいている女性

中学生の子供を塾に通せたい!

 
こんな風に考える前に考えておきたいポイントを紹介します。
 

【塾を選ぶときに考えておきたいポイント】
  1. 塾と家庭教師はどっちがいいの?
  2. 塾と通信教育はどっちがいいの?
  3. 集団塾と個別指導塾はどっちがいいの?

 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

やみくもに塾に通わせるのではなく、他の学習方法とも比較してから塾を選びましょう

 

塾と家庭教師はどっちがいいの?

塾に通わなくても家庭教師に来てもらう方法もあります。

家庭教師の場合、先生が自宅に来てくれるので通塾にかかる時間をなくせます。

費用も塾より安く済む場合が多いです。

塾と家庭教師の違いやそれぞれ向いている子を紹介した記事はこちらです。ご参考ください。
 

【合わせて読みたい】

また、お住いのエリアに良い家庭教師がいない場合には、全国各地からお子様に合う家庭教師を探せるオンライン家庭教師がおすすめです。
 

【合わせて読みたい】

塾と通信教育はどっちがいいの?

塾に通わなくても通信教育で勉強する方法もあります。

通信教育の場合、自宅に教材が届いていつでも学習できるのがメリットです。
 

  • 部活で忙しく通塾が難しいお子様
  • 自分のペースで学習できる子

には通信教育がにおすすめです。

塾だと受講する科目ごとに費用が掛かりますが、通信教育の場合は受講すると自動的に5科目分の教材が届くのも嬉しいポイントです。

塾と通信教育の違いやそれぞれ向いている子はこちらの記事で紹介しています。ご参考ください。
 

【合わせて読みたい】

中学生におすすめの通信教育はこちらの記事で紹介しています!
 

【合わせて読みたい】

集団塾と個別指導塾はどっちがいいの?

中学生向けの塾は集団塾と個別指導塾に分かれています。

それぞれメリットとデメリットがあるので、お子様の学力や性格に合った塾を選びましょう。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

基本的には、集団塾がおすすめです

 
集団塾と個別指導塾の違いやおすすめの生徒はこちらの記事で紹介しています。ご参考ください。
 

【合わせて読みたい】




塾選びで失敗しないようにするために

教科書を抱えている女子・勉強

最後に塾選びで失敗しないようにするためのコツを紹介します。
 

【塾選びで失敗しないコツ】
  1. 無料体験授業を受ける
  2. すぐには結果を求めない
  3. 子供の意見も取り入れる

 

たじみゆにっこり
たじみゆ

お子様に合った塾を見つけるのにはどれも大切ですよ~

 

1.無料体験授業を受ける

塾選びで失敗しないようにするために無料体験授業は必ず受けましょう。

無料体験授業をやっていない塾でも
 

疑問を持つ女性

無料で授業を見学したり体験授業を受けたりは難しいですか?

 
と聞いちゃってOKです!

保護者からの上記の質問に対して、頭ごなしに否定する塾は通い始めてからも塾のルールを押し付けてくる可能性が高いです。

無料体験授業では、
 

  • 授業の質
  • お子様と講師の相性
  • 無料体験授業後のフィードバック

を見ておきたいですね。

2.すぐには結果を求めない

塾に通い始めてからの話になりますが、塾側にすぐ結果を求めないようにしましょう。

塾に通い始めてからお子様の成績が上がりだすまで、数ヶ月かかることもよくあります。
 

たじみゆ悲しい
たじみゆ

塾に通い始めてぐに結果が出る場合は、お子様が今まで全く勉強していなかった場合だけです

 
塾に通い始めたばかりは、お子様も講師もお互い歩み寄りながら勉強を行っています。

お子様も講師も互いのやり方をつかむまでに少し時間がかかります。

理想を言えば通塾後、初の定期試験や模試はなく、2回目、3回目の結果で塾の効果を判断してほしいです。

すぐに結果を求めすぎて、
 

困っている女性

この塾は通っても意味ない

 
と見切りをつけてしまうとお子様と講師の信頼関係にも関わるので保護者の方は少し見守りましょう。

3.子供の意見も取り入れる

塾を選ぶときは保護者のみで決めたり条件のみで決めたりするのではなく、お子様の意見も取り入れるようにしてください。

結局のところ、お子様が勉強に対してやる気を出さなければ、どんなに良い塾に通わせたとしても効果が出にくいからです。

最終的に学力が伸びるかどうかはお子様次第であり、塾も保護者もそのサポートしかできません。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

お子様のやる気がアップしそうな塾を選んであげましょう

 

【まとめ】子供に合う塾を選ぶのが大切

塾の選び方を紹介してきましたが、今回した選び方を参考にしてお子様が気に入った塾を選んであげるのが大切です。

お子様が気に入った塾であれば、勉強のやる気もアップし、成績も上がりやすくなります。

塾を選ぶときはお子様も塾選びに参加できるように無料体験授業を受けて保護者とお子様で意見を交換するのもおすすめです。

また、塾だけにとらわれず家庭教師や通信教育などの他の学習方法と比較をしてみるのも重要です。
 

【合わせて読みたい】




塾の選び方カテゴリの最新記事