塾と通信教育ってどっちが良い?中学生にベストな選択を紹介

塾と通信教育ってどっちが良い?中学生にベストな選択を紹介

塾・通信教育アイキャッチ




 

疑問を持つ女性

中学生の子供の勉強が不安だから塾に行かせるか通信教育をやらせるか迷っている……
高いけど塾に行かないとだめかな?

 
と悩んでいるあなたに中学生には塾と通信教育のどちらがおすすめなのかを紹介します!

塾と通信教育はどちらもメリット・デメリットがあるので、お子様やご家庭によってベストな学習方法を選ぶ必要があります。

私自身は塾に行かず、通信教育(進研ゼミ)のみで志望校に合格しました。

また、塾講師として様々な生徒の勉強を見てきたので、塾の実情に関してもわかります。

今回は塾と通信教育って結局どっちがいいの?塾じゃなきゃだめなの?といった疑問を解決していきます。

これを読めば、お子様は塾と通信教育のどちらが向いているのかわかります!

【この記事がおすすめの方】
・塾と通信教育のどちらを受講するか迷っている方
・今まで塾も通信教育もしていなかったけれどこの先の受験が不安な方
・塾と家庭教師の違いを知りたい方





【結論】子供の個性によってベストな学習方法は違う

授業を受けている女子生徒

どの中学生にも合うベストな学習方法は存在しません。

子供によって合う学習方法と合わない学習方法があります。
 

  • 現時点での学力
  • 志望校のレベル
  • 子供の性格
  • 学習習慣が身についているか

これらの要素によって向いている勉強法が変わってきます。

この後、塾と通信教育の特徴やメリット・デメリットを解説するのでお子様の様子を思い浮かべながら読み進めてください。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

どっちの学習方法が向いているかな?と考えてあげてくださいね

 

集団塾の特徴

教室

まず、集団塾の特徴を見ていきましょう。
 

  • 個別指導塾よりも受講料は安い
  • 周りの生徒と切磋琢磨しながら勉強できる

 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

メリット・デメリットを詳しく見ていきましょう

 

集団塾のメリット

集団塾のメリットは以下の3点です。
 

  1. 目的に合ったカリキュラムに沿って学べる
  2. 個別指導塾より受講料は安い
  3. 周りの生徒と切磋琢磨しながら勉強できる

集団塾は目的別にコースが決められていて、コースに合ったカリキュラムに沿って授業が進みます。
 

  • 公立校合格を目指したコース
  • 難関校合格を目指したコース

 

たじみゆにっこり
たじみゆ

お子様の目的に合ったコースを選べば効率よく学べますね

 
そして、集団塾の月謝は個別指導塾よりは安いです。

集団塾の平均受講料が毎月20,000円から40,000円なのに対し、個別指導塾は25,000円から60,000円くらいかかってしまいます。
(授業の回数や時間にもよります)
 

ソラ
ソラ

費用は抑えたい、でも塾に通いたいって子には集団塾が良いですね

 
集団塾は学校の授業のように同じコースを受講している生徒と一緒に授業を受けるので、ライバル意識や仲間意識が芽生えるのも魅力です。

集団塾のデメリット

集団塾のデメリットは以下の2つです。
 

  1. 授業についていけない場合のフォローが少ない
  2. 友達に会うのが通塾の目的になるケースもある

集団塾の場合は先生1人に対して10人から20人程度の生徒が一斉に授業を受けるケースが一般的です。

学校の授業のように進むので、授業の内容についていけない生徒は置いてかれてしまいます
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

わからない部分は授業の前後に先生に聞きに行く必要があります

 
そして、集団塾の場合、塾で友達が出来ると勉強よりも友達に会いに行くのが目的となってしまう子供もいます。

友達に会いつつも勉強してくれれば良いですが、保護者には自習をしていると言って、友達とおしゃべりしている生徒も中にはいます。

集団塾が向いている子

集団塾が向いている子の特徴は以下の通りです。
 

  • 志望校や通塾目的がはっきりしている子
  • 周りに同じ目的を持つ子がいた方がやる気が出る子
  • わからない部分は先生に積極的に質問できる子

より、集団塾に向いている子をイメージしやすいように生徒の具体例も紹介します。
 

【集団塾が向いている子の具体例】
中学3年生。サッカー部を引退後、集団塾に通い始めた。
部活のように塾でも仲間ができてやる気が出ている。

 

【集団塾が向いている子の具体例】
中学3年生。部活は美術部。
中学1年生の時点で志望校が決まっていて何が何でもその高校に合格したいと思っている。
真面目で努力家。




個別指導塾の特徴

問題を解いている子供

続いて、個別指導塾の特徴を見ていきましょう。
 

  • 生徒一人ひとりに合ったカリキュラムを作成してくれる
  • 受講料が高い

 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

メリット・デメリットを詳しく見ていきましょう

 

個別指導塾のメリット

個別指導塾のメリットは以下の2つです。
 

  1. 生徒一人ひとりに合ったカリキュラムを作成してくれる
  2. わからない点はその場で先生に質問できる

個別指導塾では生徒の学力や志望校に合ったカリキュラムを作成し、それに沿って授業を進めてくれます。
 

ソラにっこり
ソラ

学校の授業や集団塾の授業についていくのが大変な子でも安心

 
また、個別指導塾は先生が側で見ながら授業をしてくれるので、わからない点はその場で先生に質問できます。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

内気で先生に自分から質問できない子にもぴったりです

 

個別指導塾のデメリット

個別指導塾のデメリットは以下の2つです。
 

  1. 受講料が高い
  2. 生徒に合わせすぎた授業になりがち

まず、個別指導塾は集団塾や通信教育よりも受講費が高額です。
 

【毎月の受講料】
個別指導塾:約25,000円~60,000円
個別指導塾:約20,000円~40,000円
通信教育:約5,000円~10,000円

 

たじみゆ悲しい
たじみゆ

個別指導塾は通う曜日を増やしたり科目を増やしたりするとポンと授業料が跳ね上がります……

 
受講料に見合った成果が出るのかは考えた方が良いですね。

そして、個別指導塾は生徒に合わせたカリキュラムを作成してくれる一方で生徒に合わせた授業になりがちです。
 

  • 自主学習が足りなくて授業内で復習する
  • 宿題をやってこなかったので、授業内で宿題をやる

こんな風に、生徒のペースに合わせた学習となってしまい、本来の目標(志望校合格)に向かっていけない生徒もいます。
 

たじみゆ悲しい
たじみゆ

講師側も努力はしますが、難しいですね

 

生徒が宿題をやってこない

授業の質が下がり、テスト等で結果を出せない

講師に対しての保護者・生徒からの信頼が得られない

信頼できないから宿題をやってこない

特にこんなループに入ってしまうと、講師としても改善が困難です。

個別指導塾が向いている子

個別指導塾が向いている子の特徴は以下の通りです。
 

  • 先生に自分から質問するのが苦手な子
  • 学校の授業や集団塾の授業にはついていくのが難しい子
  • 自分のペースで少しずつ学習していきたい子

個別指導塾が向いている子の具体例も紹介します。
 

【個別指導塾が向いている子の具体例】
中学2年生。美術部で性格は内気。
学校でも先生になかなか質問できず、苦手な英語の勉強は遅れがち。

通信教育の特徴

勉強している子供

通信教育の特徴を見ていきましょう。
 

  • 塾より受講料が安い
    自分で勉強できないタイプは効果が出にくい

 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

メリット・デメリットを詳しく確認していきましょう

 

通信教育のメリット

通信教育のメリットは以下の2つです。
 

  1. 塾より受講費が安い
  2. 自分のペースで学習できる

通信教育は塾よりも費用が安いです。

中学生向けの通信教育の受講料は月額平均5,000円から10,000円程度です。

集団塾の月謝は20,000円から40,000円、個別指導塾は25,000円から60,000円程度と考えるとかなり経済的です。

そして、通信教育は教室に通う必要がなく自分の好きな時間に学習できます。

部活や習い事で忙しい子や決まった時間・曜日に塾に行くのが難しい子にぴったりです。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

多くの中学生向け通信教育は1回15分~30分で学習が完了するように作られています

 

通信教育のデメリット

通信教育のデメリットは以下の2つです。
 

  1. 自分で勉強できないタイプは効果が出にくい
  2. わからない部分があってもすぐに質問できない

通信教育は教材が毎月届き自分のペースで学習を進めていくスタイルが多いです。

そのため、自分一人だとついつい怠けてしまって勉強しなくなる子は教材が溜まってしまう一方で効果が出ません。

そして、通信教育は先生に直接勉強を教えてもらうわけではないので、勉強していてわからない点があってもすぐに質問・解決はできません。
 

  • 学校の先生に聞く
  • 通信教育の質問サービスを利用する

などの方法で疑問を解決する必要がありますが、勉強したその場で聞けないのが難点です。

スタディサプリ個別指導コースであれば、担当コーチにチャット形式で気軽に質問ができるので、質問の多い生徒はスタディサプリ個別指導コースを利用するのもいいですね。
 
スタディサプリ個別指導コースについてはこちらの記事で詳しく書いています!
 

【合わせて読みたい】

通信教育が向いている子

通信教育が向いている子の特徴は以下の通りです。
 

  • 自分のペースで勉強できる子
  • 部活や習い事が忙しい子
  • 自宅での学習習慣が身についている子
  • 自分の好きなときに効率よく勉強を進めたい子

通信教育が向いている生徒の具体例は以下の通りです。
 

【通信教育が向いている生徒の具体例】
中学1年生で部活は演劇部。
部活が忙しいときと暇なときの差が激しいので自分のペースで学習できる通信教材を利用することに決めた

 

【通信教育が向いている生徒の具体例】
成績はオール4の中学2年生。
勉強も嫌いではなく、自宅でも学習をしている。
受験シーズンに入るまで、このまま、成績を落とさないようにしたい

塾と通信教育の比較表

電卓とコイン

塾(集団・個別)と通信教育の特徴をまとめた比較表です。

集団塾 個別
指導塾
通信
教育
ライバルと一緒に勉強したい子 ×
難関校合格を目指している子 × ×
先生に細かく質問をしたい子 ×
自分一人では勉強を進められない子 × ×
部活や習い事が忙しい子 ×
自分のペースで勉強したい子 × ×
教育費を節約したい子 × ×

塾と通信教育の併用はあり

STUDYのブロック

塾と通信教育の併用は状況によってはおすすめです。

理由を具体的に解説します。

理由1.塾と通信教育で目的を分けられる

塾と通信教育で目的をしっかりと分けられる場合は併用して受講するのもおすすめです。
 

  • 塾では難関校合格に向けて勉強する
  • 通信教育では定期試験対策を効率よくする

こんな風にそれぞれ目的を分けられるなら、塾と通信教育を併用しても良いでしょう。
 

ソラ呆然
ソラ

ただし、両方の課題をこなすのはかなり大変です

 

理由2.塾で受講しない科目を通信教育で学べる

塾で受講しない科目を通信教育で学べば教育にかけるお金を節約できます。

例えば、苦手な英語のみ個別指導塾に通ってそれ以外の科目は通信教育で勉強する、などの方法も可能です。

塾でたくさんの授業や科目を受講すればするほど時間とお金がかかるので、自分でできる勉強は通信教育を利用するのが効率的です。

ただし中途半端になるならどちらかに絞るべき

塾と通信教育の併用は状況によってはおすすめできますが、目的がわからなくなったりどちらも中途半端になったりするのであればおすすめできません。

中途半端になってしまったら、どちらかをやめて片方のみの学習方法に絞るべきです。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

高校受験を見据えると塾のみに絞るご家庭が多いです

 
とはいえ、5科目全てを塾に頼って勉強するとかなりお金がかかるので、自分で勉強する範囲と塾で勉強する範囲を分けておくのは重要です。

通信教育のみなら進研ゼミがおすすめ

勉強をしている女性

中学生が通信教育のみで勉強を進めるのであれば、進研ゼミ中学講座がおすすめです。

おすすめの理由は以下の3つです。
 

  1. 実技も含めた9教科のテスト対策が可能
  2. 毎日の授業対策~受験対策まで網羅している
  3. 受験ノウハウ・教材の質が高く全体的にバランスが良い

進研ゼミ中学講座はとにかくバランスの良い通信教育です。

中1・中2までは授業対策・定期テスト対策を中心に苦手分野を作らない教材となっています。

そして、中3になるとお住いの都道府県の受験に対応した専用教材が届きます。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

ベネッセの持つ豊富な受験ノウハウやこれまでの経験が教材の魅力です

 
進研ゼミ中学講座についてはこちらの記事で詳しく書いています。
 

【合わせて読みたい】

塾と併用ならスタディサプリがおすすめ

映像授業を受けている子供

塾と併用するのであればスタディサプリがおすすめです。

おすすめの理由は以下の2つです。
 

  1. ベーシックコースは月額1,980円からと他の通信教育より圧倒的に安い
  2. 小4~高3までの5科目の授業動画が見放題

まず、塾と併用するならできるだけ通信教育の価格は抑えておきたいです。

スタディサプリのベーシックコースは月額1,980円で全授業動画が見放題とコスパが良いので塾と併用するのに向いています。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

塾で国数英を勉強して、理社だけスタディサプリなんて使い方もできます

 
ちなみにスタディサプリ中学講座には月額9,800円の個別指導コースもありますが、塾と併用するなら個別指導コースは必要ありません。

自分に必要な単元・科目の動画を観られるスタディサプリは、カリキュラムに沿って授業が進む集団塾との併用にぴったりです。

スタディサプリベーシックコースは以下の記事で詳しく紹介しています。
 

【合わせて読みたい】

子供にとってベストな学習スタイルを見つけよう

どんな学習方法にもメリットとデメリットがあるのでお子様に合うベストな学習方法を見つけてあげるのが大切です。

お子様の現在の学力、志望校のレベル、学習習慣などを考慮しながらこれだ!と思う方法を見つけてあげましょう。

塾や通信教育の多くは無料体験も実施しているので、気になった講座はまず無料体験してお子様と相性をチェックしてみるのもいいですね。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

お子様がやる気を出すのが何より大切なので、お子様の意見も尊重してあげてください

 
塾や通信教育選びに迷う方はこちらの記事がおすすめです。
 

【合わせて読みたい】




塾の選び方カテゴリの最新記事