家庭教師と通信教育ってどっちが良いの?特徴・併用はアリかナシか解説

家庭教師と通信教育ってどっちが良いの?特徴・併用はアリかナシか解説

家庭教師通信教育アイキャッチ




 

疑問を持つ女性

中学生の子供に家庭教師をつけるか通信教育をするか悩んでいる……
どっちが効果が出るのかな?

 
と悩んでいるあなたに家庭教師と通信教育のどちらがおすすめなのかを紹介しています!

家庭教師も通信教育もそれぞれメリットとデメリットがあるのでお子様に合った勉強方法を選んであげるのが大切です。

私は塾講師・家庭教師を経験して様々な生徒を見てきて勉強法のアドバイスも行ってきました。

今回は塾講師・家庭教師経験者である私が家庭教師と通信教育ってどっちがおすすめなの?といった疑問を解決していきます。

これを読めばお子様には家庭教師と通信教育のどちらが合うのかわかります!

【この記事がおすすめの方】
・中学生の家庭教師と通信教育選びで迷っている方
・中学生の子供に合う勉強方法を探している方
・家庭教師と通信教育の違いを知りたい方





【結論】どの勉強法も向き・不向きがある

STUDYのブロック

結論を最初に言ってしまうとどの生徒にもぴったり合う完璧な勉強法はありません。

家庭教師と通信教育もそれぞれメリットとデメリットがあります。

メリットとデメリットをそれぞれ把握してお子様にぴったり合う学習方法を見つけましょう。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

お子様の様子を考えながら本記事を読んで、ベストな学習方法を探しましょう

 

家庭教師の特徴

コーヒーとノート

家庭教師の特徴は以下の通りです。
 

  • 自宅で先生に授業をしてもらえる
  • 受験ノウハウやサポートが得にくい

 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

メリットとデメリットをそれぞれ詳しく見ていきましょう

 

家庭教師のメリット

家庭教師のメリットは以下の2つです。
 

  1. お子様に合った先生を探せる
  2. 先生に自宅で勉強を教えてもらえて自宅での学習習慣が身につく

家庭教師の場合はお子様の学力や志望校、性格に合った先生を選べます。

家庭教師との相性が良ければよいほど授業の質も高くなり子供のやる気も上がります。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

家庭教師を選ぶときには妥協は禁物です

 
家庭教師の選び方はこちらの記事でも紹介しています。
 

【合わせて読みたい】

そして、家庭教師の場合は自宅で先生に直接勉強を教えてもらえます。

自宅で勉強を教えてもらうことによって、お子様が1人のときでも自宅で勉強する習慣が身につきます。

家庭教師のデメリット

 
家庭教師のデメリットは以下の2つです。
 

  1. 受験ノウハウやサポートが得にくい
  2. 通信教育よりはお金がかかってしまう

家庭教師の場合、あくまでも指導科目や勉強法の指導が中心で受験ノウハウやサポートはあまり充実していません。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

受験ノウハウはデータがそろっている塾や通信教育が豊富に持っています

 
初めてのお子様の高校受験の場合には少し不安かもしれません。

そして、家庭教師にお願いした場合、通信教育を受講するよりはお金がかかってしまいます。

例えば、中学3年生で週2で1回あたり2時間の授業を家庭教師にお願いしたとします。(1ヶ月8時間)

家庭教師の時給が1,500円だとしても、
1,500円×8時間=12,000円
かかります。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

家庭教師に自宅まで来てもらう場合には交通費も別途かかります

 
中学生向けの通信教育の多くは毎月の受講料が大体5,000円~10,000円程度と考えると家庭教師の方がお金がかかってしまいます。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

家庭教師の時給1,500円も相当低く見積もって計算しています

 

ソラ
ソラ

実際に、家庭教師にお願いしたとき時給がもっと高いケースも十分に考えられます

 

家庭教師が向いている子

家庭教師が向いている子の特徴は以下の通りです。
 

  • 自分一人では勉強ができないので誰かと一緒に勉強したい子供
  • 受験直前でわからない部分はすぐに先生に聞いて解決したい子供
  • 勉強内容だけでなく、勉強方法のアドバイスもしてもらいたい子供

より、イメージしやすいように家庭教師が向いている生徒の具体例も紹介します。
 

【家庭教師が向いている子の具体例】
中学3年生で成績はオール4。
模試でも成績は良く志望校も合格圏内に入っている。
受験直前の追い込みとして家庭教師に依頼をしたい。

 

【家庭教師が向いている子の具体例】
中学2年生で成績は3が多め(科目によっては2や4もある)
自分1人だととにかく勉強をしないので一緒に頑張ってくれる先生が欲しい
部活は卓球部でそれほど厳しくない




通信教育の特徴

勉強している子供

続いて、通信教育の特徴を見ていきましょう。
 

  • 自分のペースで学習できる
  • 問題を解いててわからない部分の質問はすぐには解決しない

 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

メリット・デメリットをそれぞれ見ていきましょう

 

通信教育のメリット

通信教育のメリットは以下の2つです。
 

  1. 家庭教師と比較して受講料が安い
  2. 自分のペースで勉強できる

中学生向けの通信教育は月謝が5,000円~10,000円程度が一般的です。

家庭教師に毎月支払う授業料よりも安くおさまるパターンが多いです。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

家庭教師の場合はテキスト代や外部模試の料金が別途かかりますが、通信教育ならテキスト代や模試代も受講料に含まれています

 

そして、通信教育はいつでも勉強できるので、お子様が自分のペースで勉強できます。

部活や習い事が忙しくて予定が決まりにくくても、通信教育なら隙間時間を有効に使ってコツコツ勉強を進められます。

通信教育のデメリット

通信教育のデメリットは以下の2つです。
 

  1. 問題を解いててわからない部分の質問はすぐには解決しない
  2. 勉強しない子供の場合、教材が溜まるだけ

通信教育は教材が届いてお子様が自分で学習を進めていきます。

そのため、問題を解いて付属の解説を読んでもわからない部分はすぐに解決することができません。
 

たじみゆ悲しい
たじみゆ

受験直前やテスト直前だとちょっと不安ですね……

 
受講者の質問に答えてくれるサービスが用意してある通信教育もありますが、家庭教師のように目の前にいる先生にすぐ質問するよりも回答は遅れます。

そして、通信教育の場合、お子様が勉強をしないタイプの場合、教材が溜まる一方で受講費が無駄となってしまいます。

お子様が自分一人では勉強ができないタイプの場合には、通信教育はおすすめできません。

通信教育が向いている子

通信教育が向いている子の特徴は以下の通りです。
 

  • 自分のペースで勉強できる子
  • 部活や習い事が忙しくて隙間時間を有効に使いたい子
  • 既にある程度、学力が身についていて解説を読めば理解できる子

通信教育が向いている生徒の具体例も紹介します。
 

【通信教育が向いている生徒の具体例】
学校の成績は4と5(得意教科のみ5)
公立校合格を目指していて推薦入試も視野に入れている
学校のテストや内申点を意識しつつ受験対策をしたい

 

【通信教育が向いている生徒の具体例】
中学2年生で部活はテニス部。
週末は試合や練習もある。
真面目な性格で自宅で効率よく勉強をしたいと考えている

家庭教師と通信教育の比較表

ノートと3本のペン

家庭教師と通信教育選びに迷っている方向けに比較表を作成しました。

家庭教師 通信教育
部活が忙しい子
教育費を節約したいご家庭
自分一人では勉強がはかどらない子 ×
自分のペースで学習したい子
受験ノウハウが欲しい子 ×

 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

お子様・ご家庭の状況に合った学習方法を選びましょう

 

家庭教師と通信教育の併用はおすすめ!

勉強している女性

家庭教師の通信教育の併用はおすすめです!

理由を解説していきますね。

理由1.受験ノウハウは通信教育からもらえる

両方を併用した場合、受験のサポートは通信教育にしてもらえます。
 

  • 通信教育はテキストや模試・受験情報
  • 家庭教師は担当科目の指導

通信教育と家庭教師で役割分担をしやすくコスパが良いです。

家庭教師の授業の際にも通信教育の教材を使って勉強できるので、家庭教師との授業のテキスト選びに迷わなくなります。

理由2.疑問点はすぐに家庭教師に聞ける

家庭教師と通信教育を併用すると通信教育で自主学習したときの疑問点も家庭教師の授業で聞けるので疑問や苦手が解決しやすいです。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

やはり、先生に直接教えてもらう方が通信教育のメールやチャットの質問サポートより理解しやすいです

 
家庭教師の授業中に疑問に感じた問題の類題を出題してもらって、より質の高い授業にすることもできます。

受験生の場合、通信教育のみで勉強を進めていると疑問に感じたり不安になったりも多いので、定期的に家庭教師の先生に見てもらえるのは大きなメリットです。

お金がかかってしまうのが難点

家庭教師と通信教育の併用はどうしてもお金がかかってしまうのが難点です。

家庭教師と通信教育を併用した場合、受講料の合計金額を考えると個別指導塾に通った方が安く済む場合もあります。
 

困っている女性

通信教育を受講したけれど、1人じゃやりきれないから家庭教師をお願いしよう

 
こんな風に安易に考えるのではなく、併用する際は塾など他の学習方法とも比較してみましょう。

中学生の教育費やその語の進学での教育費はこちらの記事で紹介しています。
 

【合わせて読みたい】

おすすめの通信教育・家庭教師

中学生におすすめの通信教育は進研ゼミです。
 

  1. 学校授業のフォロー
  2. 定期テスト対策
  3. 受験対策

質の高い教材によって、これら3つ全ての勉強ができます。
 

【合わせて読みたい】

但し、難関校合格を目指している場合はZ会がおすすめです。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

Z会は問題の難易度が高いのでフォローとして家庭教師をお願いするのもアリです

 

【合わせて読みたい】

家庭教師はお住いのエリアで条件に合う先生が見つからない場合には全国各地から家庭教師を探せるオンライン家庭教師がおすすめです。
 

【合わせて読みたい】

【まとめ】子供が伸びる勉強法を見つけよう

家庭教師と通信教育にはそれぞれメリットとデメリットがあります。

メリットとデメリットを把握して、お子様やご家庭に合った勉強法を選ぶことが重要です。

勉強はお子様本人のやる気も重要なポイントなので保護者のみで決めるのではなくお子様の意見も取り入れるのも大切です。

家庭教師選びや通信教育選びに迷った方にはこちらの記事もおすすめです!
 

【合わせて読みたい】




家庭教師の選び方カテゴリの最新記事