高校受験の志望校の決め方を知りたい方へ|志望校選びの7つのポイント

高校受験の志望校の決め方を知りたい方へ|志望校選びの7つのポイント

高校志望校決め方アイキャッチ




 

疑問に思っている女子生徒

高校の志望校選びで悩んでる……

 

主婦疑問

志望校を選ぶときって何を基準にするのが良いの?

 
と悩んでいるあなたに高校受験の志望校の決め方を紹介しています!

公立学校に通っている中学生にとっては、高校受験が初めての受験となる場合が多いです。

志望校を決める基準がわからず迷ってしまう中学生や保護者も多いですよね。

志望校選びは優先順位をご家庭で決めて選んでいくのがおすすめです。

今回は塾講師や家庭教師時代に生徒の進路相談に乗った経験をいかして、志望校はどうやって決めればいいの?といった疑問を解決していきます。

これを読めば志望校の決め方がわかり、高校受験に対するモチベーションも上がります!

【この記事がおすすめの方】
・志望校の決め方に悩んでいる中学生
・子供の志望校選びが心配な保護者
・志望校選びが不安で選ぶ基準を知りたい方

なお、私は都立高校出身で塾講師・家庭教師時代に教えていた生徒も都立高校を志望している子が多かったです。

その経験を踏まえて、都立高校をはじめとした公立高校を受験する中学生向けにこの記事も書いています!





【結論】高校の志望校の決め方には決まった正解はない

教科書を抱えている女子・勉強

まず、最初に言っておきたいのが高校受験の志望校選びに決まったやり方はありません。
 
誰もが納得する志望校選びの方法は存在しません。
 

疑問に思っている男子学生

じゃあ、どうやって志望校選びをすればいいの?

 
志望校選びは偏差値や学校のタイプ、部活動など様々な要素を優先順位付けして行っていくのがわかりやすくおすすめです。

この後、志望校を選ぶときに使える7つの要素を紹介していきます。

受験するお子様本人やご家庭の事情に合わせて、各要素の優先順位を決めて最終的に受験する高校を選んでいきましょう。

高校受験の志望校の決め方7つ

校舎

高校受験の志望校選びに使える基準を7つ紹介していきます。
 

【高校受験の志望校選びに使える基準】
  1. 偏差値
  2. 公立・私立・国立など学校のタイプ
  3. 部活動や行事など学校生活
  4. 説明会や文化祭で感じた高校の雰囲気
  5. 自宅から通いやすいか
  6. 大学への進学実績・指定校推薦枠
  7. 学校の校風

 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

まずはこの基準のどれを志望校選びに優先するかご家庭で考えていきましょう

 

1.偏差値

志望校選びで偏差値を基準に考えるご家庭も多いです。
 

  • 合格可能性が高い
  • 入学後も高校の勉強についていきやすい

自分と偏差値の合う高校を受験すると上記のメリットがあります。

特に、高校に入学してからの授業は生徒の偏差値(学力)に合わせた内容になります。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

偏差値の高い高校ほど、ハイレベルな大学に合格しやすい授業をしてくれるともいえますね

 
第一志望校を選ぶときだけではなく、滑り止めの高校を選ぶときにも偏差値は重要です。
 

困っている女性

滑り止めのつもりで受けたのに落ちてしまった……

 
なんてならないように、滑り止めは確実に受かりそうな偏差値の高校を選びましょう。

そもそも、自分の偏差値がわからない……なんてならないように模試を受験して自分の偏差値を知っておくのも重要です。

模試についてはこちらの記事でも詳しく紹介しています。
 

【合わせて読みたい】

2.公立・私立・国立など学校のタイプ

高校のタイプには大きく分けて3つあります。
 

  • 公立
  • 私立
  • 国立

それぞれメリット・デメリットがあるので自分に合う学校を選びましょう。

学校のタイプによって異なる部分に学費があります。

都道府県によっては私立高校授業料の無償化が行われていますが、無償化の範囲はあくまでも授業料です。
 

  • 部活動にかかるお金
  • 学校行事にかかるお金
  • 教材費や制服代

などには別途お金がかかります。
 

オッケーマークの女性

私立授業料無償だから私立に行っても大丈夫

 
こんな風に安易な気持ちで志望校を決定しないでくださいね。

また、学校のタイプは上記の他にも
 

  • 共学校
  • 男子校
  • 女子校

などの分け方もわかりますし、ミッション系の学校か専門的な内容を学べる学科かなどの分け方もあります。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

自分に合う高校のタイプを選びましょう

 

3.部活動や行事など学校生活

部活動や行事なども志望校を決める理由となります。
 

小さいときから野球をやっていて、高校に入っても野球部で頑張りたい。
可能であれば、強豪校に進学したい

こんな風に考えている子は野球部の強い高校を選ぶ必要がありますね。

他にもその学校にしかない学校行事なども志望校決定の理由になります。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

自分はその高校に入学したら何をしたいのか考えてみましょう!

 

4.説明会や文化祭で感じた高校の雰囲気

説明会や文化祭で高校に行ってみて感じた雰囲気で志望校を決めるのもおすすめです。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

2つ志望校が合ってどちらを第一志望にするか悩んでいるときなんかは雰囲気で決めるのもいいですね

 
説明会や文化祭で高校に行ってみると様々なことがわかります。
 

  • 校舎や設備
  • 生徒の雰囲気
  • 先生と生徒の距離感

高校に足を運ぶ際にはこういったこともチェックできるといいですね。
 

ひらめいている女子学生

この高校なら楽しい高校生活を送れそう!

 
そんな風に思える高校が見つかるといいですね。

5.自宅から通いやすいか

自宅から通いやすいかも志望校の決め手になります。

特に中学までは公立の学校に通っている子の場合は、高校生になって初めて交通機関を使って通学するようになる子も多いです。

高校の3年間、問題なく通えそうな距離、通学路かどうかを確認しておきましょう。

また、電車やバスなどの交通機関を使わないで通えるかも考えておくのがおすすめです。
 

  • 部活の朝練
  • 学校行事

などで朝早く通わなければいけない日があるかもしれません。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

私の高校の話しですが、野球部は朝練の時間が早く、電車の本数が少ないので自転車通学をしている子が多かったです

 
電車やバスではなく、自転車通学をしたらどれくらいでいけるのかも考えておくといいですね。

6.大学への進学実績・指定校推薦枠

志望する高校を選ぶときには大学への進学実績や指定校推薦枠も調べておきましょう。
 

疑問に思っている男子学生

高校受験で頭がいっぱいでその先のことなんか考えられない……

 
こんな風に思ってしまいがちですが、重要なポイントです。

偏差値の高い大学への進学者数が多い高校であれば、授業の内容もレベルが高く生徒の進学意識も高いことが予想できます。
 

たじみゆ悲しい
たじみゆ

学校や周りの友達が大学進学に熱心でない中、大学受験を目指すのは想像以上に大変です……

 
また、指定校推薦枠とは大学が高校に推薦枠を提供している制度です。

全国各地の受験生と競う大学受験と違って高校内のみでの競争となるので、比較的簡単に大学進学ができる場合も多いです。

指定校推薦枠は公表していない高校が多いですが、説明会にて担当者に尋ねてみるのもいいですね。

7.学校の校風

学校の校風も志望校を決める際には確認しておきましょう。

高校によって校風が大きく違うからです。
 

  • 生徒が自立していて自由な校風
  • 文武両道で学校行事や部活動が盛んな高校
  • クラス替えが3年間ない高校

その学校の特色を押さえて志望校選びをしましょう。

校風は学校行事や部活動だけでなく、普段の学校生活にも影響があります。

校風に賛同して生徒が集まっているからです。

学校生活や友人生活にモロに影響するので、自分の納得する校風や良いと感じる校風の高校を選びましょう。




高校受験の志望校選びで注意しておくこと

手を挙げている女性

高校受験で志望校選びをするときに注意しておくことをまとめました。
 

【高校受験で志望校選びの際に注意しておくこと】
  1. 保護者と子供で納得のいく志望校選びをしよう
  2. 大学受験やその先の進路も視野に入れよう
  3. 友達と志望校を合わせるのはやめよう

1.保護者と子供で納得のいく志望校選びをしよう

志望校を決めるときには保護者と子供で納得のいく志望校選びをしましょう。

高校に進学するのはお子様本人ですが、授業料を負担してくれたり高校生活をサポートしてくれるのは保護者です。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

それぞれが納得する進学先選びが重要

 
また、家庭の事情で進学先が絞られてしまう場合もあるでしょう。

その場合でも、お子様と保護者の双方が納得できるように話し合いを重ねるのがベストです。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

その高校に受かりたい!とお子様が思える志望校だと勉強にも身が入りやすいです

 

2.大学受験やその先の進路も視野に入れよう

高校受験で頭がいっぱいになりがちですが、大学受験やその先の進路も視野に入れましょう。

高校生活の3年間も大切ですが、お子様の人生はその先の大学生活や就職してからも続いていきます。
 

  • 自分が将来なりたい職業
  • 自分が将来したい暮らし
  • 逆に自分がしたくない仕事・暮らし

を考えて、目標の通過点となるような高校を選べると良いですね。

3.友達と志望校を合わせるのはやめよう

友達と志望校を合わせるのはやめましょう。

友達とは偏差値や目標も違うはずですし、高校3年間その友達に縛られてしまう可能性もあります。

たまたま、友達も同じ志望校で一緒に頑張るならいいですが、友達がいるからという理由で志望校を決めるのはやめましょう。

それにあまり考えたくはないですが、友達と一緒に受験したとしても一緒に合格できるとは限りません。
 

たじみゆ悲しい
たじみゆ

あなたは受かったけど、友達は落ちた(もしくはその逆)なんてなったら志望校選びそのものが無駄になってしまいます

 

志望校は決まったけど偏差値が足りないときは

本とノートと勉強

志望校選びは今回紹介した7つの要素に優先順位を付けて決めていくのがおすすめです。

しかし、中には
 

疑問に思っている女子生徒

絶対行きたい高校があるのに偏差値が足りない……

 
と悩んでしまう場合もあるかと思います。
 

  • 志望校は決まったけれど偏差値が足りない
  • 志望校のレベルが高くて受験が不安

こんなときには自分一人で受験勉強を進めるのではなく、家庭教師を利用するのもご検討ください。

家庭教師であれば、お子様が志望校に合格するために最善の勉強法を教えてくれます。

お住いのエリアに条件の合う家庭教師がいなければ、全国各地からぴったり合う家庭教師を探せるオンライン家庭教師もおすすめです。
 

【合わせて読みたい】

高校受験の志望校選びは様々な角度から行おう

高校受験の志望校は簡単に決めず、様々な角度から高校を分析して決めましょう。

自分の条件や希望に100%合う高校が見つからないかもしれません。

その場合は今回の記事で紹介した7つの要素で優先順位を立てて1番条件に合う高校を志望校にするのも良いでしょう。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

お子様と保護者で納得して決めた志望校なら、きっと楽しい高校生活が送れます

 
志望校は決まったけれど、高校受験が不安……という方は家庭教師を利用してみるのもおすすめです。
 

【合わせて読みたい】




志望校選びカテゴリの最新記事