高校受験の英語勉強法まとめ|塾講師・家庭教師経験者が教えます!

高校受験の英語勉強法まとめ|塾講師・家庭教師経験者が教えます!

高校受験英語勉強法アイキャッチ




 

疑問に思っている男子学生

英語が苦手で勉強法がわからない……
入試対策は何をすればいいのかな?

 
と悩んでいるあなたに高校受験の英語の勉強法を紹介しています!

私は元塾講師・家庭教師で今まで様々な生徒の受験指導をしてきました。

今回は元塾講師・家庭教師である経験をいかして、英語の入試対策って何をすればいいの?といった疑問を解決していきます。

これを読めば英語の入試対策で何をすればいいかわかりますし、志望校合格に近づくことができます!

【この記事がおすすめの方】
・英語の入試対策に何をしていいかわからない方
・英語の勉強方法に悩む中学生
・英語の点数が安定せず、受験に不安を感じる方
・入試本番で英語を得点源にしたい方

なお、私は都立高校出身であり、塾講師・家庭教師時代の生徒も都立高校を志望している子が多かったです。

なので、この記事も都立高校をはじめとした公立高校を受験する中学生に向けて書いています。





高校受験の英語の勉強法【時期別】

授業を受けている女子生徒

まずは、中学1年生から3年生まで時期別にやっておきたい入試対策を紹介します。
 

【高校受験の英語の勉強法(時期別)】
  1. 中学3年までは定期テスト対策・苦手を作らない
  2. 中学3年からは1・2年の総復習
  3. 内申点が出てからは受験対策に集中する

 

たじみゆにっこり
たじみゆ

理由と共に解説していきます!

 

中学3年までは定期テスト対策・苦手を作らない

中学1年・2年の間は学校の授業対策やテスト対策を頑張っておくのが大切です。

苦手な単元を作らないようにしましょう。

英語は積み重ねが大事な教科なので、苦手な単元が出来てしまうと、その後の学校の授業にもついていけなくなる可能性が高いからです。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

万が一、苦手な単元ができたら早めに対策しておきましょう

 
英語が苦手な方向けの勉強法はこちらの記事で紹介しています。
 

【合わせて読みたい】

英語の定期テスト対策をするならこちらの記事がおすすめです。
 

【合わせて読みたい】

中学3年からは1・2年の総復習

中学3年生になって、本格的な受験勉強が始まったら中1・中2で勉強した内容の総復習をしていきましょう。

徐々に長文読解の演習量も増やしていきたいです。

それと同時に、中3の2学期で内申点が決まるまでは、学校の授業対策や定期テスト対策もおろそかにしないようにしましょう。

中3の2学期期末試験が終わるまでは、定期テスト対策と受験勉強の両立を目指しください。

内申点が出てからは受験対策に集中する

中3の2学期期末試験が終わってからは受験勉強のみに集中しましょう。
 

  • 単語を暗記する
  • 文法問題を解く
  • 長文読解の演習をする

など今まで行ってきた受験勉強を続けていきましょう。

冬休み以降は志望校の過去問を解いて、入試の傾向に慣れるのも重要です。

高校受験の英語の勉強法【単語・熟語・文法】

ABCと書かれている黒板

続いて、単語・熟語・文法といった各分野ごとの英語の入試対策方法を紹介します。
 

【英語の入試対策(分野別)】
【単語】英単語を見て意味がわかる状態にしておく
【熟語】頻出のものを効率よく覚える
【英文法】問題を解いて覚える
【長文読解】量をこなして読むスピードを上げる
【リスニング】ディクテーションで慣れる

【単語】英単語を見て意味がわかる状態にしておく

単語の暗記をしていくときは英単語を見て意味がわかる状態にしておきましょう。

公立高校の入試では日本語を見て、英単語を書かされる問題はほとんど出題されないからです。

例えば、都立高校の入試では、長文本文などに書かれている英単語を参考にして解答していきます。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

自分で一から英語を書く必要があるのは自由英作文のみです

 
単語のスペルを正確に書けるにこしたことはないですが、まずは英単語を見て日本語の意味が分かる単語を増やしていきましょう。

【熟語】頻出のものを効率よく覚える

熟語は覚えようとしてもキリがないので、頻出なものを効率よく覚えていきましょう。
 

  • 受験する公立高校のレベル(共通試験か独自入試か)
  • 滑り止めとして受験する私立のレベル

を参考に、必要な熟語を確実に覚えていきましょう。

他の科目・単元の勉強もあるので短時間で効率よく済ませる意識を持つようにしてください。

単語や熟語の暗記は毎日少しずつ繰り返すのも重要です。

【英文法】問題を解いて覚える

英文法は問題を解いて覚えるようにしましょう。

文法の重要事項を暗記しても、実際の問題で解けなければ意味ないからです。

基礎問題から入試レベルの問題までたくさんの問題を解き、出題パターンに慣れておきましょう。

問題演習のときは、複数の問題集を使うのではなく、1冊の問題集を繰り返し解くのがおすめです。

問題集の効率的な使い方はこちらの記事で紹介します。
 

【合わせて読みたい】

【長文読解】量をこなして読むスピードを上げる

長文読解はたくさんの問題を解いて読むスピードを上げていきましょう。

長文読解は読むスピード以外に問題を解くテクニックも必要になるので、毎日繰り返し勉強して勘を鈍らせないようにしましょう。

読むスピードを上げるために、問題を解くときは時間を測って解くのもおすすめです。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

徐々に読む長文の量を長くしていきましょう

 

【リスニング】ディクテーションで慣れる

リスニングは専用教材を使用するのも良いですが、長文や英文法の勉強時に音声を聞いて英文を書いてみるディクテーションをしてみるのも効果的です。

ディクテーションをするとリスニングに慣れるだけでなく、持っている英語の知識を駆使し、英文を組み立てる能力を養うことができます。

聞き取った音声を元に、英単語や文法など持っている知識を使うのは入試本番のリスニングでも必要な能力です。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

ディクテーションは短時間でも出来ますし、リスニング専用教材でなくてもできるので効率的です

 



都立高校英語の受験対策

問題を解いている子供

都立高校英語の受験対策を紹介します。
 

【都立高校英語の受験対策】
  1. 過去問を解いて傾向を知る
  2. 長文読解は問題文から見る癖をつける
  3. 過去問を解くときは時間を測って解く
  4. 英作文は型を覚える

 

たじみゆにっこり
たじみゆ

都立高校受験生は押さえておきましょう!

 

1.過去問を解いて傾向を知る

都立高校の過去問を数年分解いて入試の傾向をつかんでおきましょう。

入試問題は頻出単元や問題傾向がある程度決まっているからです。

過去問を解いて問題に慣れておきましょう。

また、都立高校と滑り止めの私立高校の入試傾向は若干異なる場合があります。

なので、滑り止め高校の過去問も解いて問題の傾向をつかんでおきましょう。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

私立の一般入試は1月下旬から始まるので冬休み中に過去問を解き始めましょう

 
過去問対策だけでなく、入試に似た問題が出題される模試を受験しておくのも良いですね。

入試対策の模試はこちらの記事で詳しく紹介しています。
 

【合わせて読みたい】

2.長文読解は問題文から見る癖をつける

長文読解は本文からではなく、問題文から見る癖をつけましょう。

都立高校の英語は文章量が多く、本文から読むと時間が足りなくなる可能性があります。

問題文を最初に読んで、どんな内容を聞かれているか把握してから本文を読み進めましょう。

3.過去問を解くときは時間を測って解く

過去問を解くときは時間を測って解くようにしましょう。

都立高校の英語入試は長文の量も多く、問題も多いので時間切れに気を付ける必要があります。

時間配分に慣れておくために、過去問を解く際は時間を測って解いてください。

また、時間がないとついつい大問ごとに区切って過去問を解いてしまいがちですが、出来れば1年分通しで過去問を解いてみてほしいです。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

長時間の集中力も養えますし、問題全体の時間配分も考えられます

 

4.英作文は型を覚える

都立高校では毎年、英作文が出題されています。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

毎年、3文書かせて12点満点です

 
部分点ももらえるので、何かしら書かないのはもったいないです。

しかし、何か書こうとして必要以上に試験時間を使って他の問題に時間を使えなくなるのも避けたいです。

都立高校の英作文はパターンが覚えて対応していくのがおすすめです。

都立高校の英作文では3文書かされるので、
 

  1. 自分の主張をする
  2. 1の理由を書く
  3. 補足の1文

の構成で書きましょう。

例えば、平成28年度入試の英作文は以下が出題されました。

平成28年度
あなたは 外国から日本を訪れた人に日本で楽しんでほしいことについて授業で発表することになりました。あなたが外国から日本を訪れた人に日本で楽しんでほしいことを伝統文化に限らず一つ取り上げそれを取り上げた理由などを含めて三つの英語の文で書き表しなさい。
都立高校平成28年度英語入試

これを上記のパターンに当てはめると、
 

  1. I want people from other countries to eat Japanese food.
  2. Beacause Japanese food is delicious and good for our health.
  3. I want them to eat Sushi .

になります。

難しい英語を使う必要はなく、自分の知っているレベルの文章で問題ありません。

都立高校の英作文では文章のうまさや独創力を加点されるのではなく、文法や単語、文の流れにミスはないかを採点する減点方式だからです。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

誰が見てもとりあえず問題はない英作文を書けば点がもらえます

 
そして、近年では長文読解の内容を踏まえた英作文が多いので、長文読解で使われていた表現を使って英作文に対応することも可能です。
 

【都立高校入試の英作文ポイント】
・時間をかけすぎない
・簡単な英文を書こうと意識する
・長文で使われていた表現を流用する

私立高校英語の受験対策

私立高校を受験する方向けに英語の受験対策を紹介します。
 

【私立高校英語の受験対策】
  1. 英単語・熟語の暗記をしっかりと行っておく
  2. 過去問を解い傾向を確認しておく

 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

私立高校が第一志望というより、公立高校の滑り止めとして私立を受験する中学生に向けて書いています

 

1.英単語・熟語の暗記をしっかりと行っておく

私立によっては英単語や熟語など暗記で解ける問題を多く出題している高校もあります。

なので、中学3年生になって受験シーズンに入ってから単語や熟語の暗記は早めに始めておきましょう。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

志望校を決めた段階で滑り止めの過去問もチェックして必要な暗記事項を確認しておきましょう

 
暗記が苦手な方向けにこちらの記事で暗記について詳しく解説しています。
 

【合わせて読みたい】

2.過去問を解い傾向を確認しておく

私立高校と都立高校では入試の傾向が異なります。

なので、第一志望の高校だけでなく、滑り止めの私立高校の過去問も解いて確認しておきましょう。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

冬休みに入ったらすぐに過去問を解き始めましょう!

 

受験対策に不安を感じたら通信教材もおすすめ

勉強をしている女性

英語は塾に通って受験対策をする中学生も多いですよね。

それでも、塾だけで受験対策ができるのか、何を勉強したらいいのかと不安な方も多いですよね。

英語の受験対策に不安を感じるのであれば、通信教育を受講するのもおすすめです。

通信教育であれば、志望校に合った教材で勉強できますし、学習サポートや受験ノウハウも得られます。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

私も学生時代は進研ゼミ中学講座で勉強していました!

 

\ 無料資料請求はこちらから /

【進研ゼミ中学講座】

 

【合わせて読みたい】

【まとめ】高校受験の英語は過去問を見て対策する

英語の高校受験対策では、過去問を解いて志望校の入試傾向をつかむのが大切です。

志望校の過去問を数年分解いて、入試に慣れておきましょう。

英語は積み重ねの教科なので、中1・中2の段階で苦手な単元を作らないようにしておくのも重要です。

残りの4科目の高校受験勉強法はこちらの記事で紹介しています。
 

【合わせて読みたい】




【科目別】英語カテゴリの最新記事