高校受験の模試で結果が悪いときはどうすればいい?元塾講師が解説!

  • 2020.05.07
  • 2020.06.02
  • 模試
高校受験の模試で結果が悪いときはどうすればいい?元塾講師が解説!

高校入試直前アイキャッチ




 

疑問に思っている女子生徒

高校受験対策に模試を受けたけど結果が悪かった……
どうしたらいいの?

 

困っている女性

子供の模試の結果が悪いけれど志望校のランクを下げるべき?

 
と悩んでいるあなたに模試の結果が悪いときに志望校のランクは下げるべきなのかを紹介しています!

私は元塾講師・家庭教師で今まで様々な生徒に勉強法のアドバイスをしてきました。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

塾講師・家庭教師の立場で生徒の志望校選びのアドバイスをする機会も多かったです

 
今回は元塾講師・家庭教師経験者である私が模試の結果が悪かったときって志望校のランクを下げるべきなの?といった疑問を解決していきます。

これを読めば模試の結果が悪かった時の受け止め方がわかり、志望校のランクを下げるかの判断ができるようになります!

【この記事がおすすめの方】
・高校受験対策で模試を受けて結果が悪かった
・模試を受けて結果が悪く志望校のランクを下げるか悩んでいる中学生
・子供の模試の結果が悪く高校受験が心配な保護者





模試で結果が悪くても志望校を下げなくて良い場合

ノートと3本のペン

まず、模試で結果が悪くても志望校を下げなくて良い場合を解説します。
 

【模試で結果が悪くても志望校を下げなくて良い場合】
  1. まだ受験まで時間があるとき
  2. 子供が絶対にその高校に通いたいと考えている
  3. ご家庭の経済状況に余裕があるとき

 

たじみゆにっこり
たじみゆ

理由とともに解説していきますね!

 

1.まだ受験まで時間があるとき

まず、模試を受けた時期が中3の2学期など受験まで時間があるときは志望校のランクを下げる必要はありません。

子供の学力や志望校との実力差にもよりますが、中3の冬休みや3学期に追い込みをすれば間に合うケースが多いです。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

必要以上に落ち込まず、今まで以上に勉強を頑張っていきましょう

 

2.子供が絶対にその高校に通いたいと考えている

子供自身が絶対にその高校に通いたいと考えている場合には志望校のランクを下げる必要はありません。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

安全圏で行ける高校ではなく、今の第一志望校に子供は行きたいと考えているからです

 
私も中学生のときは行きたい高校がはっきりと決まっていたので、模試の成績が悪くても志望校を下げる気は全くありませんでした。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

実技が苦手で内申点もそれほど良くありませんでしたが、志望校を下げる気にはなりませんでした

 
私のように
 

オッケーマークをしている男子学生

絶対その高校に行きたい!

 
とお子様が強く考えているなら保護者の方も応援してあげてほしいです。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

私の両親は「志望校下げたら?」とは全く言わなかったので感謝しています

 

3.ご家庭の経済状況に余裕があるとき

ご家庭の経済状況に余裕があるときは志望校のランクを下げる必要はありません。

もっと、具体的にいうとお子様が滑り止めの私立に通うことになったとしても、
 

困っている女性

ちょっとお金がかかるけれど仕方ない……

 
と考えられるご家庭であれば、志望校のレベルは下げる必要がありません。

このようなご家庭の場合、
 

  1. 受かったらラッキーな公立高校
  2. 実力相応の私立高校
  3. 確実に受かるであろう私立高校

の3校を受験するのでも良いでしょう。

中学生の教育費やその後の進路の教育費に関してはこちらの記事で解説しています。
 

【合わせて読みたい】

模試で結果が悪くて志望校のランクを下げた方が良い場合

電卓とコイン

模試の結果が悪いときに志望校のランクを下げた方が良い場合を紹介していきます。
 

【志望校のランクを下げた方が良い場合】
  1. 受験まで時間がなく合格可能性が低いとき
  2. 子供もその志望校に特別こだわりがないとき
  3. 公立高校以外の進学は避けてほしい場合

 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

こちらも理由と共に解説していきます!

 

1.受験まで時間がなく合格可能性が低いとき

受験まで時間がなく、合格可能性も低いときは志望校のランクを下げてもいいかもしれません。

しかし、合格可能性が低くても0%ではないので、ご家庭やお子様に余裕があれば、受験をしてほしいというのが塾講師側の意見です。
 

たじみゆ悲しい
たじみゆ

受験をしなければ、合格可能性は0%なわけだし……

 
目安としては1月に受けた模試が合格可能性が40%以下だったら志望校の変更を検討するのも良いかもしれません。

とはいえ、高校受験は最後まで何があるかわからないので、受験ぎりぎりの模試で合格可能性が低かった、だけを理由に志望校のランクを下げるのはやめてほしいです。

2.子供もその志望校に特別こだわりがないとき

受験するお子様自信が志望する高校にそれほどこだわりがないのであれば、志望校のランクを下げてもいいと思います。

お子様本人にやる気がないとどうしても受験最後の追い込みの時期に頑張り切れず、偏差値が上がりにくいです。

そのため、模試の結果が悪いときとあまり状況が変わらず高校受験が残念な結果に終わってしまう可能性があります。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

お子様も保護者もランクを下げて良いと思うなら下げてしまうのもアリです

 
高校の志望校選びをし直すときにはこちらの記事もご参考ください。
 

【合わせて読みたい】

3.公立高校以外の進学は避けてほしい場合

最後に、公立高校以外の進学は家庭の事情で避けてほしいなら、模試の結果を見て必要に応じて志望校のランクを下げましょう。

公立高校と私立高校では3年間の学費に大きく差が出るからです。

都道府県によっては、私立高校学費の実質無償化が行われていますが学費以外の教材費や行事の費用なども私立の方がかかります。
 

  • お子様に兄弟がいて1人だけに教育費を使えない場合
  • 家計を見る限り高校は公立高校に行ってもらわないと困る場合

この場合はお子様に事情を説明し、レベルを下げることも検討しましょう。




【結論】志望校のランクを下げるかはケースバイケース

本とノートと勉強

家庭教師をしているご家庭で
 

疑問を持つ女性

公立高校の志望校を下げるべきでしょうか?

 
といった相談をよくされました。

しかし、家庭教師はあくまでも勉強面から見たアドバイスしかできません。
 

  • 模試の結果
  • 普段の勉強の様子
  • 成績の伸び具合

を見てアドバイスをして、最終的にはこれまで記事で紹介したケースを説明しご家庭に決断を委ねていました。

お子様と保護者で納得のいく志望校選びをするのが重要です。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

塾や家庭教師はご家庭の決断を全力でサポートしていきます!

 

高校受験の模試で結果が悪いときの対処法・考え方

教科書の山

最後に高校受験対策で受けた模試の結果が悪いときの対処法や考え方を紹介します。
 

【模試で結果が悪いときの対処法・考え方】
  1. 入試本番でなくて良かったと考える
  2. 受験した模試のレベルは適切だったか振り返る
  3. 今回間違えた問題や単元は学習し直す

 

たじみゆにっこり
たじみゆ

模試の結果をどう受け止めて対処していくかが重要です!

 

1.入試本番でなくて良かったと考える

 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

〇〇ちゃん、これ本番じゃなくて良かったね~

 
塾や家庭教師の生徒で模試の結果が悪かったときにはこう言っていました。
(もちろん、教師として生徒の成績を伸ばせなかった反省をした後で)

模試の結果が悪いときに必要以上に落ち込んでしまい、自信を失くしてしまうのは1番避けたいです。

もし、お子様が模試の結果に落ち込んでいたら、本番でなくて良かったとアドバイスしてあげてください。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

模試での失敗なら入試本番までに挽回可能です!

 

2.受験した模試のレベルは適切だったか振り返る

模試の結果が悪いときに確認してほしいのですが、受験した模試のレベルは適切でしたか?

受験する高校のレベルに合っていない模試の場合、志望校判定の結果が正確に出ないケースもあります。
 

  • 自校作成入試を行っている都立を受験するのに都立Vもぎを受けた
  • 私立志望なのに都立Vもぎを受けた
  • 都立志望なのに私立Vもぎを受けた

例えばこのようなケースでは結果が正確に出にくいです。

模試は、受験する高校のレベルに合わせた問題を用意しています。

そのため、自分の受験する高校のレベルに合う模試を受験する必要があります。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

結果が良すぎたときも模試のレベルは合っていたか確認しておきましょう!

 
私の学生時代の話になりますが、私は自校作成入試の都立高校志望でした。

都立自校作成対策もぎは10月以降でないと実施しないので、夏までは都立Vもぎを受験していました。

都立Vもぎの問題は教科書レベルで易しく、成績もよかったので安心していました。

しかし、都立自校作成対策もぎを10月に受けて、問題が難しくて成績が一気に落ちた経験があります。
 

たじみゆ悲しい
たじみゆ

成績が落ちたというより都立Vもぎの成績が良すぎた……

 
このように模試のレベルが合わないと合格可能性や偏差値が正確に出ないので注意しましょう。

3.今回間違えた問題や単元は学習し直す

模試で間違えた問題や苦手が判明した単元は必ず学習し直してください。

模試を受けると模試で出題された範囲の得意・不得意がはっきりとわかります。

不得意な単元は復習をして、受験本番までに苦手を克服しておきましょう。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

模試で間違えた問題をまとめておくのもおすすめです!

 
私は問題集や模試で間違えた問題をまとめたオリジナル問題集を作っていました。

オリジナル問題集の作り方はこちらで紹介しています。
 

【合わせて読みたい】

高校受験の模試の結果が悪くて今後の勉強に悩んだら

映像授業を受けている子供

模試の結果が悪くて、今後の勉強法に悩んだときは効率の良い勉強法を見つけて、今まで以上に勉強していきましょう。

高校受験本番まで時間に余裕がないので効率よく勉強して偏差値を上げる必要があるからです。

自分一人でどんな勉強をして良いかわからないときにはオンライン家庭教師や通信教育を受講するのもおすすめです。

オンライン家庭教師ならお子様に合う家庭教師を全国各地から探せますし、通信教育なら、高校受験に特化した質の高い教材が自宅に届きます。
 

【合わせて読みたい】

高校受験の模試で結果が悪くても落ち込みすぎない

高校受験対策で模試を受ける方は多いと思いますが、結果が悪くても落ち込みすぎないようにしましょう。

落ち込んでいる時間ももったいないですし、その時間を苦手克服に使うべきです。

模試の結果が悪かったら本番でなくて良かった!と考えて、模試で間違えた問題を二度と間違えないようにしていきましょう。

模試を受験して勉強方法に悩んだときは通信教育やオンライン家庭教師の利用を検討してみても良いですね。
 

【合わせて読みたい】




模試カテゴリの最新記事