高校受験の数学の勉強法まとめ|塾講師・家庭教師経験者が教えます!

高校受験の数学の勉強法まとめ|塾講師・家庭教師経験者が教えます!

高校受験数学勉強アイキャッチ




 

疑問に思っている男子学生

入試対策で数学の勉強は何をしたらいいのかな?
塾に通うだけでOK?

 
と悩んでいるあなたに高校受験の数学の勉強法を紹介しています!

私は元塾講師・家庭教師で今まで様々な生徒の高校受験対策をしてきました。

今回は元塾講師・家庭教師である経験をいかして、高校受験対策で数学は何を勉強すればいいの?といった疑問を解決していきます。

これを読めば数学の受験対策方法がわかりますし、志望校合格に近づくことができます!

【この記事がおすすめの方】
・数学の入試対策でどんな勉強をしていいかわからない方
・数学の勉強法に悩んでいる方
・数学が苦手で高校受験が不安な方
・数学を入試の得点源にしたい中学生

なお、私は都立高校出身で、塾講師・家庭教師時代の生徒も都立高校を志望している学生が多かったです。

なので、この記事も都立高校をはじめとした公立高校を志望している中学生に向けて書いています。





高校受験の数学の勉強法【時期別】

数式が書かれている黒板

まずは時期別にやっておきたい高校受験対策を紹介していきます。
 

【数学の高校受験対策(時期別)】
  1. 中学3年までは定期テスト対策・苦手を作らない
  2. 中学3年からは1・2年の総復習
  3. 内申点が出てからは受験対策に集中する

 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

それぞれ、理由と共に解説していきます

 

中学3年までは定期テスト対策・苦手を作らない

中1・中2の段階では定期テスト対策を頑張って苦手な単元を作らないことが重要です。

数学は積み重ねの教科であり、苦手な単元が出来てしまうとその後の勉強にもついていけなくなってしまうからです。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

もし、苦手な単元が出来てしまったらできるだけ早く対策をしておきましょう

 
数学が苦手な方向けの勉強法や定期テスト対策法はこちらの記事で紹介します。
 

【合わせて読みたい】

中学3年からは1・2年の総復習

中学3年生になって、本格的な受験勉強がスタートしてからは中学1・2年の総復習を始めていきましょう。

数学は積み重ねの教科ですし、勉強しないとすぐに勘が鈍ってしまいます。

なので、受験勉強が始まってからはできるだけ毎日数学を勉強する時間を作ってください。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

塾などで宿題が出る場合にはまとめてやるのではなく、日割りにして宿題をこなしましょう

 
そして、中3の2学期の成績が内申点になるので、中3の2学期期末試験が終わるまでは学校の定期テスト対策にも力をいれましょう。

内申点が出てからは受験対策に集中する

中3の2学期期末試験が終了し、内申点が出てからは受験対策に集中しましょう。

今まで続けてきた総復習を引き続き行い、問題演習の量も増やすようにしてください。

冬休み以降は、
 

  • 滑り止めの私立高校入試対策
  • 志望校の過去問演習

にも取り組むようにしましょう。

高校受験の数学の勉強法【計算・関数・図形】

問題を解いている子供

続いて、計算(方程式なども含む)・関数・図形のそれぞれの分野ごとに数学の受験対策方法を紹介します。
 

【数学の入試対策(分野別)】
【計算】途中式を書くクセを付ける
【関数】問題を解くときは自分でグラフを描く
【図形】何度も同じ問題を解いてパターンをつかむ

 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

分野ごとに効率の良い勉強法を続けるのが大切です

 

【計算】途中式を書くクセを付ける

計算問題や方程式の受験対策では、問題を解くときに途中式を書くクセをつけましょう。

数学が苦手な子ほど、手を動かしたがらず、暗算で問題を解ききろうとする傾向があります。
 

  • 計算ミスをしやすい
  • 途中式を書くより計算に時間がかかる
  • 答えを見直すときになぜ、その答えになったかわかりにくい

途中式を書かずに暗算で計算しようとすると上記のようなデメリットがあります。

なので、普段から問題を解くときに途中式を書くクセをつけましょう。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

関数や図形問題を解くときにも途中式を書きましょう

 

【関数】問題を解くときは自分でグラフを描く

関数の問題解くときには自分でグラフを描きながら問題を解きましょう。

模試や都立高校の入試では問題用紙にグラフが描かれていますが、その場合は問題を解きながら必要な情報をグラフに書き込むようにしましょう。

関数はグラフを実際に書いてみると問題のイメージをしやすくなります。
 

疑問に思っている女子生徒

グラフを描くのに時間がかかる……

 
という子がいますが、グラフを描くのも慣れです。

必要な情報をつかみ、要点をとらえたグラフを短時間で描くのは練習が必要です。

だからこそ、普段の問題演習のときに関数問題ではグラフを描く習慣づけをしましょう。

【図形】何度も同じ問題を解いてパターンをつかむ

図形は得意・不得意がわかれる範囲であり、都立高校入試でも正答率が低い分野です。

図形が得意な子も不得意な子も、問題演習を増やして、解き方のパターンを覚えておきましょう。

問題集を解くときは複数の問題集を活用するよりも1冊の問題集を何度も繰り返し解くのがおすすめです。

1冊の問題集を繰り返すことによって、最初は解けなかった問題の解答パターンも覚えられるようになります。

問題集の効率の良い使い方はこちらの記事で紹介しています。
 

【合わせて読みたい】




都立高校数学の受験対策

教室

最後に都立高校数学の受験対策を紹介します。
 

【都立高校数学の受験対策】
  1. 過去問を解いて傾向を知る
  2. 全体の時間配分をつかむ
  3. 正答率の高い問題を確実に解く

 

たじみゆにっこり
たじみゆ

都立高校を受験する中学生は押さえておきましょう!

 

1.過去問を解いて傾向を知る

都立高校を受験する際には過去問を数年分解いて入試傾向をつかみましょう。

入試問題はそれぞれ傾向や出やすい単元がある程度決まっています。

問題パターンや頻出単元に慣れておくために過去問を何度も解いて慣れておきましょう。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

問題と解き方を覚えるくらい何度も解きましょう

 
また、都立高校と私立高校では問題の傾向が異なる場合があります。

なので、滑り止め私立高校の過去問も必ず解くようにしてください。
 

ソラにっこり
ソラ

私立の入試は1月から行われるので、冬休み中に過去問を解いておきましょう

 
受験生の冬休みの過ごし方はこちらの記事で詳しく紹介しています。
 

【合わせて読みたい】

また、過去問を解くだけでなく入試に似た問題が出題される模試を受験しておくのも良いですね。

模試についてはこちらの記事で詳しく解説しています。
 

【合わせて読みたい】

2.全体の時間配分をつかむ

都立高校の入試では問題数が多いので全体の時間配分をつかんでおくようにしましょう。

都立高校の数学入試は例年、以下の構成となっています。
 

  • 大問1:独立小問集合(全46点)
  • 大問2:式の利用(全12点)
  • 大問3:関数(全15点)
  • 大問4:平面図形(全17点)
  • 大問5:空間図形(全10点)

大問1の小問集合の配点がほぼ半分で高いですが、大問3~5の問1や問2の問題も比較的易しいので得点したいところです。

例えば、大問1の小問集合に時間を使いすぎてしまった場合には、大問3~大問5を解く時間がなくなってしまう可能性もあります。

時間があれば解けた問題を時間切れで解けなくなってしまうのはかなりもったいないですし、そこが合否の分かれ目になる可能性もあります。

時間を測りながら過去問を解いてみて、大問ごとにどれくらいの時間をかけて解くのか計画を立てておきましょう。

3.正答率の高い問題を確実に解く

都立高校の数学入試では正答率の高い問題を確実に正解していく子が合格します。

都立高校の数学の入試問題は平均点が大体55点から60点程度です。

そして、問題の難易度にはばらつきがあります。
 

たじみゆ悲しい
たじみゆ

小問集合は比較的易しいですが、大問4・5の問2などは難しいです……

 
なので、全ての問題の正解を目指すよりは自分が解ける問題をミスなく解ききることが必要です。

証明問題や作図問題では部分点がもらえるので、解答欄を埋める姿勢も大切です。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

落ち着いて、問題全体を確認して解ける問題から解いていきましょう

 

私立高校数学の受験対策

図書館の本棚

滑り止めとして私立高校を受験するときには、冬休み中に過去問を解き始めて、滑り止めの入試対策も行っておきましょう。

私立高校の入試は都立高校入試と傾向が異なる場合があります。

そして、3学期が始まると願書を出しに行ったり直前模試を受けたりと忙しいので、冬休みの段階で余裕をもって過去問対策をするのがおすすめです。

受験対策に不安を感じたら通信教材もおすすめ

勉強している女性

数学は塾に通って受験対策をする中学生も多いと思います。

しかし、塾だけで受験対策はばっちりなのか不安な方も多いのではないでしょうか。

数学の受験対策に不安を感じるのであれば、通信教育を受講して問題演習の量を増やすのもおすすめです。

通信教育なら志望校に合った質の高い問題で追加の学習をすることができます。

他科目の教材も届きますし、学習サポートや受験テクニックも得られます。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

私も学生時代は進研ゼミ中学講座で勉強をしていました

 

\ 無料資料請求はこちらから /

【進研ゼミ中学講座】

中学生のおすすめ通信教育はこちらの記事で紹介しています。
 

【合わせて読みたい】

【まとめ】高校受験の数学は問題を何度も解いて対策

高校受験対策で数学は問題を繰り返し何度も解いて、解答力を身につけていきましょう。

問題を解くときは
 

  • 同じ問題集の問題を何度も解く
  • 時間を測って本番の入試を意識して解く

のが重要です。

実際の入試に慣れるために過去問演習や模試の受験をするのも効果的です。

残りの4科目の高校受験勉強法はこちらの記事で紹介しています。
 

【合わせて読みたい】




【科目別】数学カテゴリの最新記事