高校受験の面接でやってはいけないことまとめ【身だしなみ・受け答え】

高校受験の面接でやってはいけないことまとめ【身だしなみ・受け答え】

高校受験面接やってはいけないアイキャッチ




 

疑問に思っている女子生徒

高校受験の面接、緊張する!
やってはいけない失敗を知っておきたい……

 
と思っているあなたに高校受験の面接でやってはいけないことを紹介しています!

高校受験の面接は受け答えの内容自体も大切ですが、それと同じくらい態度や喋り方も重要です。
 

たじみゆ悲しい
たじみゆ

せっかく、良いこと喋れたのに態度で減点される……なんて避けたいですよね

 
塾講師・家庭教師時代にたくさんの生徒に面接練習をしてきた経験をいかして、高校受験の面接でやってはいけないタブーって何?といった疑問を解決していきます。

これを読めば高校受験の面接でやってはいけないことがわかり、面接試験で良い結果を狙えます!

【この記事がおすすめの方】
・高校受験の面接を控えている方
・推薦入学で合格をしたい中学生
・緊張しやすく面接試験に不安を抱えている方

なお、私は都立高校出身で担当してきた生徒も都立高校を志望している生徒が多かったです。

そのため、この記事でも都立高校をはじめとした公立高校を受験する中学生向けに記事を書いています。





高校受験の面接でやってはいけないこと【身だしなみ】

校舎

高校受験の面接でやってはいけないことの中で身だしなみに関するものを紹介します。
 

【高校受験の面接でやってはいけないこと(身だしなみ)】
  1. 制服をきちんと着ていない
  2. 髪がボサボサでだらしない
  3. 姿勢が悪い
  4. 目を見て喋らない
  5. そわそわする

 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

理由と共に詳しく解説していきます!

 

1.制服をきちんと着ていない

制服をきちんと着ていない生徒は面接試験で良い結果は出せないでしょう。
 

たじみゆ悲しい
たじみゆ

わかりやすい減点ポイントです

 
制服をきちんと着るのは面接試験での最低条件です。

あなたにとっては1回の面接試験だったとしても、面接官は何百人もの受験生相手に面接を行っています。

何百人も受験生を見ていて、制服がだらしない子がいたらめちゃくちゃ目立ちます。
 

  • 校則通り制服を着る
  • ほこりなどがついていない清潔感のある見た目を目指す

このあたりに注意してください。

2.髪がボサボサでだらしない

制服はきちんと着ているけれど、髪が乱れていた……って子も結構目立ちます。
 

たじみゆ悲しい
たじみゆ

髪型は自分では見慣れていてわかりにくいですよね

 

  • 長い髪を結んでいない
  • 前髪が長くて目にかかっている

こんな髪型だと場合によっては減点されるかもしれませんね。

自分や家族のような近しい人だと、見慣れていて髪型による印象の判断がつきにくいので、
 

  • 他のクラスの先生
  • 塾で自分を担当していない先生・塾長

などに率直な意見をもらうのもいいですね。

私の話になりますが、中学3年生のとき、前髪を眉毛くらいの長さにパッツンにしていました。

私は
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

目にかかってないから、大丈夫でしょ

 
と考えていたのですが、学校での面接練習時に
 

怒っているおじさん

前髪を分けなさい!

 
と怒られてすごくびっくりしたのを覚えています。

当時はおでこを出したくなかったので、嫌々でしたが当日は言われた通り前髪を分けて面接に臨みました。

3.姿勢が悪い

制服や髪型がちゃんとしていても姿勢が悪いと台無しです。
 

  • 猫背
  • 椅子にふんぞり返って座る

このような姿勢はやめましょう。

学校や塾で面接練習の機会があるかと思いますので、椅子に座る姿勢を何度も繰り返し練習しておきましょう。

練習ではできていても、本番では緊張してしまって普段の座り方が出てしまう場合もあります。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

普段から意識して良い姿勢を心掛けてくださいね

 

4.目を見て喋らない

面接官の目を見て喋らない子も
 

疑問を持ったおばさん

自分の意見に自信がなさそう……

 
と受け取られてしまうので良くないです。

ただ、面接官の目をずーっと見続けるのも緊張しますよね。
 

たじみゆ悲しい
たじみゆ

面接官が複数人いる場合、視線をきょろきょろしてしまうのも嫌ですし……

 
面接官の目をずっと見るのは辛いので、顔のあたりを見て話しの要所要所で目をしっかりと合わせるのがおすすめです。

5.そわそわする

緊張してしまうと、つい身体を動かしたくなってしまいますがやめましょう。

面接中にもじもじしていると落ち着きのない生徒だと思われてしまいます。
 

  • 身体を揺らす
  • 貧乏ゆすり
  • 手をいじる

これらの動作は面接中はしないようにしてください。

緊張して無意識に出てしまう場合があるので、何度も繰り返し面接練習をして面接に慣れておきましょう。

高校受験の面接でやってはいけないこと【受け答え】

教科書を抱えている女子・勉強

続いて、高校受験の面接でやってはいけないことの中で受け答えに関するものを紹介していきます。
 

【高校受験の面接でやってはいけないこと(受け答え)】
  1. 声が小さい・ぼそぼそ喋る
  2. 質問に対して「わからない」と答える
  3. 1つの質問に対して長々としゃべる
  4. 笑顔がない
  5. あいさつをしない

高校受験の面接での受け答えについてはこちらの記事でも詳しく解説しています!
 

【合わせて読みたい】

1.声が小さい・ぼそぼそ喋る

声が小さい、もしくはハキハキと喋らずぼそぼそと喋るのはNGです。

面接試験を受ける受験生はほとんどの子がハキハキとした受け答えをするので、それが出来ていない子はすごく目立ちます。
 

たじみゆ悲しい
たじみゆ

服装同様にわかりやすい減点要素です

 
それと同時に、声が小さいと面接官が質問の答えを聞き取れない可能性があります。

間違って聞き取られる可能性もあるので、面接ではハキハキと大きな声で話すようにしてください。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

後、緊張して早口になりがちなのでゆっくりと喋るように心がけましょう!

 

2.質問に対して「わからない」と答える

質問をされた際に「わからない」と答えてはいけません。

面接は言葉のキャッチボールをしていく試験です。
 

疑問に思っている男子学生

わかりません

 
と答えてしまうとキャッチボールがあなたで泊まってしまうので、面接官も試験のしようがありません。

完璧にわからなくても分かる範囲で答える方が好印象に繋がりやすいです。

3.1つの質問に対して長々としゃべる

面接で1つの質問に対して長々としゃべるのも避けた方が良いでしょう。

面接はあなたの考えやコミュニケーション能力が問われます。

1つの問いかけに対して長々と回答し、要領を得ないのは
 

疑問を持っているおじさん

コミュニケーション能力に欠けている……

 
と判断されかねません。

1つの質問に対して、1つの解答+簡単な理由・補足で答えていくのが良い答え方です!

4.笑顔がない

面接で笑顔がなくなってしまうのはもったいないです。

どうしても、面接は緊張するので笑顔がなくなり表情がこわばってしまいがちですよね。

しかし、笑顔を見せないまま質問に答えていると、どうしても面接官があなたに対して共感しにくいです。
 

おばさん

この子は自分の考えをハキハキと言えてるな

 
こんな風に面接官に思ってもらうためにも、意識して笑顔を作るようにしてください。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

笑顔がひきつっちゃうのは仕方ないです

 
面接官だって、あなたが緊張しちゃうのはわかっています!

5.あいさつをしない

面接で挨拶をしないのは、当然マナー違反であり減点対象になります。

緊張してしまって、入室時の流れや着席時の流れを忘れてしまう場合もあるので身体に覚えさせるくらい何度も練習しておきましょう。

とはいえ、挨拶をしない=即、不合格ということは考えにくいです。

面接で緊張してしまうのは面接官だって承知しています。

緊張によるミスだと判断してもらえる場合が多いので、失敗をひきずらずにその後の受け答えをしっかりとしていきましょう。
 

たじみゆ悲しい
たじみゆ

「挨拶し忘れた~」という考えで頭がいっぱいになってしまい、その後の面接がグダグダになってしまうのは1番避けたいですね

 



高校受験の面接で失敗したらどうする?

クエスチョンマーク

最後に高校受験の面接で失敗した場合の対処法を紹介します。
 

【高校受験の面接で失敗したときの対処法】
  1. 焦らない
  2. 気づいたときからリカバリーする
  3. 緊張するのはみんな同じと考える

1.焦らない

まず、失敗したと気付いても焦らないようにしましょう。

焦ってパニックになってしまい、その後もミスを連発するのが1番ダメだからです。

面接官は何百人と受験生相手に面接をしているので、受験生も見慣れています。
 

たじみゆ悲しい
たじみゆ

正直、あなたがミスした瞬間からミスに気付いた瞬間まで全てバレバレです……

 
ミスを取り繕っても仕方ないです。

焦らず、冷静にその後の面接試験を乗り切りましょう。

2.気づいたときからリカバリーする

面接で失敗したと気付いた時点からリカバリーしましょう。
 

疑問に思っている男子学生

失敗したからもうダメだ……

 

疑問に思っている女子生徒

失敗した!
どうすればいいんだ~

 
こんな風に考えてその後の受け答えが雑になってしまうのは良くないです。

ミスをして減点されたかもしれない、だったらその減点を超える加点をもらって合格してやる!くらいに考えられると良いですね。

3.緊張するのはみんな同じと考える

面接に緊張しているのはあなただけではなく、受験生みな同じです。

もしかしたら、あなたの前に面接を受けた受験生もあなたと同じミスをしているかもしれません。

面接官も受験生が緊張しているのはわかっています。

そして、面接官はあなたを不合格にしようとしている敵ではなく、あなたの考えや人となりを限られた時間で引き出そうとしてくれている味方です。

緊張を必要以上に隠そうとせず、緊張も含めたあなたの気持ちを面接官に伝えましょう。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

緊張するのだって、それだけその高校に合格したいからですもんね

 

受験に向けて最後の追い込みをするなら家庭教師がおすすめ

STUDYのブロック

高校受験で面接が行われるのは、主に推薦入試が多いですよね。

推薦入試では当日の試験がなく、内申点や面接、作文などで合否が決まります。

合格者数が少ない分、倍率が高いのが特徴です。

そのため、推薦入試一本に絞って受験の計画を立てるのはおすすめできません。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

面接対策だけでなく、その後の一般入試対策もしっかりしておきましょう

 
受験直前に最後の追い込みをしたいのであれば、家庭教師を利用するのもおすすめです。

家庭教師の先生の中には受験ノウハウが豊富で、短期間でテストの点数や偏差値を上げてくれる方もいます。

お住まいのエリアに条件の合う家庭教師がいないのであれば、全国各地からぴったり合う家庭教師を探せるオンライン家庭教師もおすすめです。
 

【合わせて読みたい】

面接ではマナーを守ってハキハキと受け答えしよう

高校受験の面接では受け答えの内容だけでなく、基本的なマナーも大切です。

面接でのマナーを押さえておくのは、試験合格のための最低条件ともいえるかもしれません。

とはいえ、慣れない面接試験に緊張してしまう気持ちは面接官もよく理解しています。

面接時の注意点を覚えるために、面接練習を繰り返すのも重要です。

そして、面接試験では、マナーを守ることだけに神経を使いすぎず、ハキハキと自分の気持ちを伝えるようにしましょう。

面接でよく聞かれる質問を知りたければこちらの記事もおすすめです。
 

【合わせて読みたい】




面接対策カテゴリの最新記事