苦手科目の克服方法を丁寧に解説|科目別勉強法・おすすめの通院教育

苦手科目の克服方法を丁寧に解説|科目別勉強法・おすすめの通院教育

苦手科目克服アイキャッチ




 

疑問に思っている男子学生

英語が苦手でどこから勉強していいかわからない……

 

疑問に思っている女子生徒

数学が苦手で自分一人では勉強が辛い……

 
と悩んでいるあなたに苦手科目の克服法を紹介しています!

苦手科目は自分のできるレベルの問題から徐々にレベルアップしていくことが大切です。

苦手科目の勉強は辛いですが、問題演習量を増やして苦手を克服していきましょう。

塾講師・家庭教師時代に様々な生徒に勉強法のアドバイスをした経験をいかして、苦手科目の勉強はどんな風にやればいいの?といった疑問を解決していきます。

これを読めば苦手科目の勉強法がわかり、成績アップを目指せます!

【この記事がおすすめの方】
・苦手科目があって、どんな風に勉強したらいいかわからない中学生
・子供の成績が科目ごとにバラバラで今後の学習が不安な保護者
・高校受験に向けて苦手科目の克服をしたい子





苦手な科目のおすすめ勉強法を紹介

リンゴとノート

まずは、科目ごとに苦手な科目のおすすめ勉強法を紹介します。
 

【苦手科目のおすすめ勉強法】
  • 【英語】単語・熟語・例文暗記でコツコツ勉強
  • 【数学】問題演習を繰り返し解き方を覚える
  • 【国語】基礎の部分を確実にする
  • 【理科】暗記だけでなく問題演習も行う
  • 【社会】テストに出やすい問題をたくさん解く

【英語】単語・熟語・例文暗記でコツコツ勉強

英語が苦手な中学生は勉強量がそもそも足りていない場合が多いです。

中学生になり本格的に英語の勉強がスタートして、覚えることがいっぱいでお手上げ状態の方もいるかもしれません。

中学英語は単語、文法などの暗記をしていくことが重要です。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

文法は問題を解くだけでなく、例文も覚えると様々な問題に対応しやすいです

 
その他、英語が苦手な原因別にそれぞれ対処法を紹介した記事はこちらです。
 

【合わせて読みたい】

【数学】問題演習を繰り返し解き方を覚える

数学が苦手な方は問題演習を繰り返して解き方を覚える必要があります。

問題演習をすると
 

  • 解き方のパターンを覚えられる
  • 解答を書く能力が身につく
  • 計算力が上がる

などのメリットがあります。

数学は問題を解けないと結局のところ、テストの点に結びつかないので自分に合う教材を見つけて問題演習を繰り返していく必要があります。

数学が苦手な方向けに詳しく書いた記事はこちらです。
 

【合わせて読みたい】

【国語】基礎の部分を確実にする

中学生になり国語が苦手になった方の中には、
 

  • 古文
  • 漢文

といった中学で習う新しい範囲に戸惑ってしまってる方も多くいます。

しかし、ほとんどの高校入試では古文や漢文は基礎レベルの問題しか出題されません。

なので、必要以上に身構える必要はなく、基礎を確実に押さえておきましょう。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

古文・漢文は単語や文法など、学校で習うレベルをマスターすれば大丈夫です。

 
古文・漢文の勉強をある程度、完成させた後は、現代文の問題演習を繰り返すのが国語の実力を身につけるコツです。

国語が苦手な方に向けた勉強法はこちらの記事で詳しく書いています。
 

【合わせて読みたい】

【理科】暗記だけでなく問題演習も行う

理科が苦手な中学生はかなり多いです。

理科は暗記科目と思われがちですが、暗記だけで解ける問題は少なく、苦手意識を持つ子が多いようです。

理科の苦手対策は単語の暗記をするだけでなく、問題を解いて解き方を覚えるのがおすすめです。

理科が苦手な方向けの勉強法は以下の記事で紹介しています。
 

【合わせて読みたい】

【社会】テストに出やすい問題をたくさん解く

社会が苦手な方は単純に勉強量が不足している可能性があります。

まずは、社会の勉強時間をもっと増やして重要単語を覚えていきましょう。

重要単語を覚えても得点に結びつかない場合には、問題演習が足りない可能性があります。

覚えた単語がどのように問題で使われるか確認するためにもテストに出やすい形式の問題をたくさん解きましょう。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

問題を解きながら、重要単語を覚えていくのもおすすめです

 
社会が苦手な子におすすめの勉強法はこちらの記事でも紹介しています。
 

【合わせて読みたい】

苦手科目を克服するときのポイント

コーヒーとノート

続いて、苦手科目を克服するときのポイントを解説していきます。
 

【苦手科目を克服するポイント】
  1. 自分ができる問題から解き始める
  2. わからない部分にまでさかのぼって学習する
  3. 問題演習に時間をかける

1.自分ができる問題から解き始める

苦手科目を克服したいときには焦って、むやみやたらと問題を解いてしまいがちですが、自分が確実に理解できる部分から始めましょう。
 

疑問に思っている男子学生

こんな問題解けても入試では役に立たない……

 
こんな風に思ってしまうような簡単な問題からでも良いです。

自分が確実に理解できるレベルの問題から解き始めて徐々にステップアップしていきましょう。

自分がどこまで理解しているのかわからない場合には、学校の教科書に書いてある問題から解き始めるのもいいですね。

2.わからない部分にまでさかのぼって学習する

苦手科目は、自分がついていけなくなった範囲までさかのぼって学習をしていきましょう。

特に英語や数学など積み重ねが重要な科目は、学年の枠を飛び越えてでも自分がわからなくなった単元から勉強をスタートさせましょう。

苦手のきっかけとなった単元から勉強しないと結局、完全に苦手克服をすることができないからです。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

苦手を放置すればするほど、苦手克服に時間がかかるので早めの対策がおすすめです

 

3.問題演習に時間をかける

苦手科目は勉強がはかどらない分、問題演習に割く時間が少なくなっている場合もあります。

問題演習の量を増やさないとどうしても苦手克服はできません。

自分の学力に合う問題集を用意して何度も繰り返し問題を解くようにしましょう。

最初は解けなかった問題も徐々に解けるようになるはずです。

問題集の効率的な使い方はこちらの記事で紹介しています。
 

【合わせて読みたい】




苦手科目の克服におすすめの通信教育ランキング

問題を解いている子供

最後に苦手科目の克服におすすめの通信教育をランキング形式で紹介します。
 

【苦手科目の克服におすすめの通信教育ランキング】

 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

理由と共に特徴を紹介していきます

 

1.スタディサプリ



 

【スタディサプリの特徴】
・学年問わず授業動画見放題
・個別指導コースであれば、担当コーチの習熟度チェック・学習計画付き

スタディサプリはお子様の学年に関係なく、小4から高3までの全学年の授業動画が観放題のサービスです。

学年をさかのぼって自分の苦手科目を復習できるので、苦手克服にぴったりです。

そして、スタディサプリにはベーシックコースと個別指導コースの2種類があります。

個別指導コーチであれば、担当コーチに学習計画と習熟度チェックを毎週行ってもらえます。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

英語の苦手科目をするための勉強計画を立ててほしい、などの要望にも応えてもらえます!

 
担当コーチにはチャット形式でわからない問題の質問もできるので、苦手科目の克服を1人でやりきる自信がない方にもぴったりです。
 

\ 14日間無料体験実施中 /

中学講座

 

【合わせて読みたい】

2.進研ゼミ中学講座



【進研ゼミ中学講座の特徴】
・授業対策・テスト対策・入試対策の全てが可能
・添削課題「赤ペン先生」で自分のできていない部分を確認できる

進研ゼミ中学講座は、授業対策から高校入試対策まで全てフォロー可能です。

お子様の学力や志望校のレベルに合わせたテキストで学習を進めていくことができます。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

今の自分に必要な教材で学べるのは魅力的です

 
そして、進研ゼミの添削課題「赤ペン先生」で毎月、自分の理解度をチェックできます。

赤ペン先生は人に採点してもらえるので、記号問題だけではなく記述式の問題にも対応しています。
 

\ 無料資料請求はこちらから /

【進研ゼミ中学講座】

 

【合わせて読みたい】

3.スマイルゼミ



【スマイルゼミの特徴】
・専用タブレットを使って学習状況を記録してもらえる
・AIによる勉強サポートでスモールステップで学習できる

スマイルゼミは専用タブレットで学習できる通信教育です。

専用タブレットでは学習記録をつけてもらえます。

学習記録や得点結果をもとにして、効率の良い勉強方法をアドバイスしてもらえます。

また、AIが問題の正答率を見て、確実に理解できる問題からスモールステップで学習していくことも可能です。
 

\ まずは、無料資料請求 /

◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育

 

【合わせて読みたい】

【まとめ】苦手科目を克服して得意にしちゃおう

苦手科目を克服するには自分がつまずいた単元までさかのぼって復習していくのが大切です。

問題演習量が少ない場合もあるので、自分ができるレベルの問題から問題演習を繰り返すのも重要です。

自分一人で勉強するのが不安であれば、苦手克服におすすめの通信教育を利用するのもおすすめです。
 

【苦手科目の克服におすすめの通信教育ランキング】




成績アップカテゴリの最新記事