あなたにぴったりの手帳の選び方まとめ|おすすめ手帳も紹介

あなたにぴったりの手帳の選び方まとめ|おすすめ手帳も紹介

手帳の選び方




 

主婦

自分に合う手帳がわからない

 

閃いている女性

手帳の選び方を知りたい

 
本記事では上記のようにお悩みの方に向けて、自分に合う手帳の選び方やおすすめ手帳を紹介していきます。

手帳は様々な種類があるので、自分に合う手帳を見つけるのが大切です。
 

たじみゆ泣き
たじみゆ

手帳が合わないと使っている途中で飽きちゃうこともあります……

 

たじみゆ
たじみゆ

毎日使う手帳が使いにくいのは嫌ですよね

 
本記事では手帳の選び方、おすすめ手帳を解説していきます。

手帳を買っても続かないとお悩みの方は「手帳が続かない原因5つ!自分に合った手帳を見つける方法」もご参考ください。
 

【合わせて読みたい】

 

【この記事がおすすめの方】
・手帳選びに悩んでいる方
・手帳の選び方を知りたい方
・手帳を使って時間管理を上手にしたい方
・手帳を買うも1年使い切ることができない方
・おすすめ手帳を知りたい方





手帳の選び方5つ

手帳

まずは手帳の選び方を5つ紹介していきます。
 

【手帳の選び方】
  1. フォーマット
  2. サイズ・重さ
  3. 始まり月
  4. 価格帯
  5. 色・見た目

 
手帳選びは自分で譲れないポイントや優先順位を決めると、選びやすくなります。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

本記事を読みながら「自分が手帳選びで重視したいこと」を考えてみてくださいね

 

フォーマットで選ぶ

手帳の中身「フォーマット」で選ぶのは、手帳選びの定番ともいえるでしょう。

フォーマットが違えば書き込みスペースの量や予定の管理方法が変わってきます。

手帳のフォーマットは、主に以下の種類があります。

 

たじみゆにっこり
たじみゆ

自分が手帳に何を書きたいのか整理すると、フォーマットを決めやすいです

 
手帳に書くことに悩んだ方は、「手帳に書くこと・アイデア40個まとめ【手帳に書くことがないなんてもう言わせない】」の記事もおすすめです。
 

【合わせて読みたい】

 
各フォーマットの特徴、使い方やおすすめ手帳は以下の記事で詳しく紹介しています。
 

 

サイズ・重さで選ぶ

手帳のサイズや重さも毎日の使いやすさを決める重要な要素です。

重くて大きいと持ち歩きしにくいですし、小さすぎると書き込むスペースが小さい、書き込みにくい可能性があります。
 

  • 毎日、手帳を持ち歩くのか
  • 手帳を持ち歩くときの鞄の大きさ
  • 手帳を開く、書く場所は主にどこか

 
例えば私の場合、自宅で手帳を開く、書き込む場合が多いので書き込みやすいA5サイズ以上の手帳が好きです。

始まり月で選ぶ

手帳選びの際には、始まり月も意識しておきましょう。
 

たじみゆ泣き
たじみゆ

せっかく買った手帳がすぐに使えないのはがっかりですよね……

 
手帳は主に以下の月に始まります。
 

  • 1月
  • 4月
  • 秋(10月が多い)
  • 12月

 
また始まり月が決まっていなく、自分で日付を書き込む日付なし手帳もあります。
 

  • 手帳を何月から使い始めたいのか
  • 自分が忙しい時期はいつか

 
上記を意識して始まり月を選びましょう。
 

ソラ
ソラ

忙しい時期に手帳を切り替えるのは避けた方が良いです

 

たじみゆ泣き
たじみゆ

ダブルブッキングや予定のドタキャンリスクが上がります……

 
各始まり月の手帳のメリットやデメリット、おすすめ手帳は以下の記事で紹介しています。
 

 

価格帯で選ぶ

手帳はあくまでもスケジュール管理や目標管理のために使うものです。

高すぎて使うのがもったいないと感じる価格帯の手帳はやめた方が良いかもしれません。

ただ手帳は毎日使うものでもあります。

せっかく手帳を使うのであれば、毎日使ってモチベーションが上がるものを使いたいですよね。
 

  • 高すぎて使うのがもったいない手帳は避ける
  • 毎日使いたくなるお気に入りの手帳を見つける

 
上記を意識して手帳を選びましょう。

色・見た目で選ぶ

手帳を使って毎日ワクワクできるように、お気に入りのデザインや色の手帳を選べると良いですね。

ただビジネスシーンで手帳を使う場合、職場の方や取引先に見られてびっくりされない手帳にしておく必要もあります。

失敗しない手帳選びの流れ

文房具と本

続いて失敗しない手帳選びの流れを紹介していきます。
 

【手帳選びの流れ】
  1. 手帳を使う目的・シーンを考える
  2. 手帳選びで譲れないポイントを忌める
  3. 候補の手帳を見使えて使い方を計画する
  4. 売り切れないうちに購入
  5. 自分好みにカスタマイズしていく

 
それぞれの流れを詳しく解説していきますね。

手帳を使う目的・シーンを考える

まずはどんな目的、どんなシーンで手帳を使いたいのか考えてみましょう。

手帳を使う目的によって、選ぶべき手帳が変わってくるからです。
 

【手帳を使う目的と手帳選びの例】
  • 時間が決まった予定を管理したい:バーチカル手帳
  • 1日のTodoリストを作りたい:ブロック手帳
  • 育児日記として使いたい:1日1ページ手帳

 
自分が手帳に書きたいことを整理してみると良いと思います!

手帳に書く内容のアイデアは「手帳に書くこと・アイデア40個まとめ【手帳に書くことがないなんてもう言わせない】」の記事でも詳しく紹介しています。ご参考ください。
 

【合わせて読みたい】

 
また手帳を使う目的や職業別に手帳の使い方を紹介している記事もあります。よろしければどうぞ。
 

 

手帳選びで譲れないポイントを決める

手帳を使う目的が決まって着たら、手帳選びの中で譲れないポイントを決めましょう。

全て自分の希望を満たす手帳はなかなか見つからないので、譲れないポイントに絞り残りは妥協するのもおすすめです。
 

【手帳選びで譲れないポイントの例】
  • 営業職で手帳を持ち歩くので薄くて軽いバーチカル手帳が欲しい
  • 自分のテンションが上がるお気に入りデザイン・色の手帳が欲しい
  • 予定だけでなくアイデアも書き込める手帳が欲しい

 
譲れないポイントを3つ程度出せば、購入する手帳を大分絞り込めるかと思います。

候補の手帳を見つけて使い方を計画する

候補の手帳を見つけたら購入前に1度、手帳の使い方を計画してみましょう。
 

  • 文房具店などで手帳の中身を実際に見て計画を立てる
  • 手帳の公式HPで手帳の中身を確認する
  • SNSなどで購入したい手帳を紹介している投稿を探す

 
手帳の中身を確認して各ページの使い道を決めたら、購入しちゃいましょう!
 

たじみゆ
たじみゆ

買う前に計画を立てておくと、手帳選びに失敗する可能性を減らせます!

 

売り切れないうちに購入

購入する手帳を決めたら、売り切れないうちに購入しちゃいましょう。

手帳の多くは在庫が残ってしまうことを避けるため、追加生産をしていません。
 

たじみゆ泣き
たじみゆ

売り切れた手帳を購入するのは難しいです

 
確実にほしい手帳を手に入れるために、大型文具店やインターネットですぐに購入するのがおすすめです。

自分好みにカスタマイズしていく

手帳を購入したら自分好みにカスタマイズしていきましょう。

手帳を自分仕様に整えていくと、手帳を毎日使うのが楽しくなります。
 

  • 手帳に合うペンを購入する
  • ペンホルダーや手帳に入るサイズの定規を購入する
  • 手帳と一緒に使うシールやマステを用意する

 
インスタなどのSNSで他の方の手帳の使い方を参考にしてみるのも良いかと思います。




【目的別】おすすめ手帳3選

最後にどうしても手帳選びに悩んだ方向けに、おすすめの手帳を3つ紹介していきます。
 

【おすすめ手帳】

 
それぞれ特徴を紹介していきますね。

複数の予定を一目で管理したい方は「yPad」

 

【おすすめポイント】
  • 左ページがバーチカル、右ページがガントチャートタイプの手帳
  • 週間ページの後に見開きの方眼メモページもあり
  • 複数の予定を同時進行で管理したい方にぴったり
  • ガントチャート項目はファミリーカレンダーやハビットトラッカーにも使える
  • 日付フリー手帳なので購入した日から使える

 
yPadは左ページがバーチカル、右ページがガントチャートタイプの手帳です。

週間ページの後に見開きの方眼メモページもついているので、アイデアやメモ、日記なども書き込めます。

2020年まで毎年1冊新しい版が販売されていましたが、2021年は販売されないようです。
 
あなたにぴったりの手帳の選び方まとめ|おすすめ手帳も紹介
 
ただしyPadは日付なし手帳なので、2020年に販売されたyPad0を購入すれば問題なく使えます。

yPadの特徴や使い方は「yPadの2022年最新版は出ない!?これまでのものはネットで購入できる?」でも詳しく書いています!
 

【合わせて読みたい】

 

たくさん書き込みしたい方は1日1ページの「SUNNY手帳」

 

【おすすめポイント】
  • 日付なしの手帳なので自由なペースで使える
  • 左ページに時間軸がついているのでバーチカル手帳にもなる
  • 方眼タイプなので絵や図も描きやすい
  • ページ番号が振られているので、内容を後から見つけやすい

 
SUNNY手帳はいろは出版から販売されている手帳です。

デイリー手帳の他にはウィークリーやマンスリーもありますが、デイリー手帳は日付フリーの手帳です。

ページの左部分に時間軸が記載されている方眼ノートが365Pついています。

1日1ページで使えば1年間使えますし、忙しい時期のみ複数ページ使うことも可能です。

スケジュール・タスク管理の両方をしたい方は「CITTA手帳」

 

【おすすめポイント】
  • マンスリー、週間バーチカル、ガントチャート付の手帳
  • ワクワクリストで自分のやりたいことを管理できる
  • 目標管理から毎日のスケジュール管理まで実現できる手帳

 
CITTA手帳は学生時代から手帳が大好きだった青木千草さんが開発した手帳です。

1冊の手帳の中にマンスリー、バーチカル、ガントチャートがあるので、複数の予定も管理しやすいです。
 

  • マンスリーには家族の予定
  • バーチカルには自分の細かいスケジュール
  • ガントチャートはハビットトラッカー

 
こんな風にしっかりと書き込む内容を整理しておくと、使いやすくなりますよ。

【まとめ】自分に合った手帳を選ぼう

手帳には様々な種類があるので、自分に合った手帳を選ぶのが何より大切です。

自分にぴったりのお気に入り手帳を見つけられると、毎日が楽しくなりますし、目標管理もしやすくなります。
 

ソラ
ソラ

本ブログでもおすすめ手帳や手帳術を紹介していきます!

 

たじみゆにっこり
たじみゆ

皆様が自分に合う手帳を見つけられることを願っています

 
お気に入りの手帳を見つけた方には、以下の記事もおすすめです。
 

【合わせて読みたい】

 



フォーマット 特徴
バーチカル 時間軸付きで予定の管理がしやすい
ブロック Todoリストが作成しやすい
ガントチャート 複数のタスクを同時進行で管理できる
レフト 予定だけでなくメモも書ける
1日1ページ 日記や趣味のノートなど自由に使える