時間を有効活用するバーチカル手帳の使い方・書き方【手帳選びのコツも紹介】

時間を有効活用するバーチカル手帳の使い方・書き方【手帳選びのコツも紹介】

時計




 

OLお手上げ

バーチカル手帳を買ったけど使いこなせない……

 

主婦

バーチカル手帳に予定を書く以外の使い道があるの?

 
本記事では、上記のようにお悩みの方に向けてバーチカル手帳の使い方や書き方を紹介していきます。

時間軸にそって記入できるバーチカル手帳は、時間の決まった予定を管理しやすいですよね。

仕事用手帳などに、バーチカル手帳を使っている方も多いのではないでしょうか。

その一方で時間の決まった予定が少ない方(主婦や会議・出張が少ない仕事の方)の中にはバーチカル手帳を持て余している方もいるかもしれません。

バーチカル手帳は、時間の決まった予定を書く以外にも様々な使い方が可能です。

本記事ではバーチカル手帳のおすすめの使い方や書き方を紹介していきます。

本記事を読めば、バーチカル手帳を活用し、時間を上手に使えるようになりますよ!

【この記事がおすすめの方】
・バーチカル手帳を使いこなしたい方
・バーチカル手帳がスカスカでお悩みの方
・もっと時間の使い方を上手くしたい方





時間を効率よく使えるバーチカル手帳の使い方・書き方

手帳と花

時間を効率よく使えるようになるバーチカル手帳の使い方や書き方を紹介していきます。
 

【バーチカル手帳の使い方・書き方】
  1. 移動時間も含めて記入しておく
  2. 持ち物や必要な準備・乗り物の時刻表もメモしておく
  3. 自分一人で行う作業予定も記入しておく
  4. 起床時間・仕事の開始・終了時間に線を引いておく
  5. その週にやりたいタスクもメモしておく

 
それぞれ解説していきますね。

移動時間も含めて記入しておく

移動が必要な予定は、移動時間も含めて時間軸に記入しておきましょう。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

自分のスキマ時間を把握しやすくなります!

 
バーチカル1 (1)

画像のように、移動時間と予定の開始時刻を記入する線を分けておくと見やすいです。
 

たじみゆ
たじみゆ

私の場合、点線は家を出る時間・実線(もしくは囲み枠)は予定の開始時刻です

 

持ち物や必要な準備・乗り物の時刻表もメモしておく

時間軸に予定を書き込むときには、持ち物や準備しておくこともセットでメモしておきましょう。

バーチカル手帳だけで、予定の段取りができると効率よく動けます。

バーチカル2 (1)

用事に関する必要情報は、バーチカル部分に全て書き込んでおくくらいの意識でもいいかもしれません。

もし書ききれないくらい細かい準備やメモが必要なら、付箋を活用するのも良いと思います。

手帳を効率よく使う付箋アイデアは、以下の記事で詳しく紹介しています。
 

【合わせて読みたい】

 

自分一人で行う作業予定も記入しておく

会議や出張、病院などの時間が決まっている予定だけでなく、自分一人で行う作業予定もバーチカル手帳に記入しておきましょう。

作業にかける時間を確保しやすく、期限ぎりぎりになって慌てて作業するストレスから解放されます。

バーチカル5 (1)
 

  • 書類の作成時間
  • 調べものに集中する時間
  • 趣味の時間
  • 運動する時間

 
生活の中でやっておきたいけれど、ついつい後回しにしてしまう作業をあらかじめ、バーチカル手帳で予約しておきましょう。

起床時間・仕事の開始・終了時間に線を引いておく

起床時間や仕事の開始・終了時間に線を引いておくと、自分が使える時間が可視化しやすいです。

バーチカル3 (1)
 

  • 朝寝坊してしまう人
  • ついついダラダラ残業してしまう人

 
上記に当てはまる方も、バーチカル手帳に線を引いておくと、目標となる起床時間や退社時間を意識しやすくなりますよ。
 

たじみゆ
たじみゆ

私も子供のお昼寝予定時間に線を引いています

 

その週にやりたいタスクもメモしておく

バーチカル手帳に余白スペースがあるなら、その週にやりたいタスクをメモしておくのもおすすめ。

バーチカル手帳で自分の予定を確認しながら、タスクをこなす日を計画できるからです。
 

  • 数週間以上、放置しているタスクがある方
  • 仕事はこなしているけど、プライベートの過ごし方に悩んでいる方

 
上記に当てはまる方は、余白にやりたいことや気になっていることを書いてみて、実際に実行日をバーチカル部分に書き込んでみてください。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

実行日は予定でOK。実行できなかったら別の日に予定を再度入れましょう

 

バーチカル手帳を使いこなした理想の状態

砂浜にいる女性
 

OL

時間管理を上手にしたいから、バーチカル手帳を購入した

 
こんな風に考えている方、結構多いですよね。

しかし時間管理が上手くなるって結構あいまいで、どんな状態だと時間管理が上手くいっているのかわかりにくいと感じました。

そこで本記事では、バーチカル手帳を使ってみて、時間管理が上手くいっている状態をもう少し詳しく解説していきます。
 

【時間管理が上手くいっている状態】
  1. スキマ時間を有効活用できる
  2. 決まった予定だけでなく自分のしたいこともこなせる
  3. 予定やタスクのやり忘れがなくなる
  4. 中・長期の目標に向かって行動できる
  5. 忙しさが可視化できて無駄な焦りやストレスがなくなる

 
それぞれ具体的に解説していきますね。

スキマ時間を有効活用できる

バーチカル手帳を使うと、スキマ時間を有効活用しやすいです。

バーチカル手帳に自分の予定を書き込むと、空いている時間を可視化しやすくなります。

何となく過ごしていたスキマ時間を目に見える形にすることで、有効活用しやすくなるはずです。
 

  • 何となくスマホを見ていた時間に読書をする
  • テレビを観ている時間にストレッチや筋トレをする
  • 金曜の夜は副業を始めてみる

 
こんな風に自分の時間の使い方を少しずつ変えていけるのが、バーチカル手帳を使うメリットのひとつです。

決まった予定だけでなく自分のしたいこともこなせる

バーチカル手帳を使うと、決まった予定だけでなく、自分のしたいこともこなせるようになります。

バーチカル手帳で自分の時間を可視化すれば、趣味や挑戦したいことに取り組む時間を作りやすくなるからです。
 

  • 学生時代やっていたピアノを再開する
  • スキルアップの勉強に使う時間を確保する
  • 家族とゆっくり夕食をとる時間を作る

 
今まで「やってみたいけど時間がない」と思っていたことが、バーチカル手帳を使うことによって実現できるかもしれませんよ。

やりたいことを実現するためには、手帳にやりたいことリストを書いておくのも有効です。

やりたいことリストについては、以下の記事で詳しく書いています。
 

【合わせて読みたい】

 

予定やタスクのやり忘れがなくなる

バーチカル手帳を使いこなせば、予定やタスクのやり忘れもなくなります。
 

  • バーチカル手帳で予定を管理
  • 余白スペースでタスクを管理

 
上記のように手帳を使えば、予定もタスクも一元管理できるからです。

スマホアプリやノート、メモ帳などを使ってみて予定がうまく管理できなかった方は、バーチカル手帳を使ってみるのも良いかと思います。

中・長期の目標に向かって行動できる

バーチカル手帳を使えば、日々の予定やタスクだけではなく中・長期の目標に向かっても行動できます。

実現まで時間がかかる中・長期の目標も、細かく逆算してタスク管理をすれば達成しやすいです。
 

  1. 中・長期目標を短期の目標に細分化する
  2. 細分化した目標やタスクの実行日をバーチカル手帳に書き込む

 
上記の流れなら、無理なく目標達成をしやすいです。
 

  • ハワイ旅行に行くお金を貯めたい
  • 副業で月10万稼げるようになりたい

 
こんな時間がかかりそうな目標も、手帳を使って達成していきましょう。

忙しさが可視化できて無駄な焦りやストレスがなくなる

バーチカル手帳を活用すると、忙しいときに感じる無駄な焦りやストレスがなくなります。

バーチカル手帳を使うと、予定が入っている時間が一目でわかるからです。
 

  • 忙しいときも自分のリフレッシュ時間を確保する
  • 時間に余裕があるときには普段できない家事や仕事をする

 
こんな風に忙しさに合わせた行動を取れるようになります。

忙しいときに自分のケアが疎かになってしまう方や焦ってしまう方は、バーチカル手帳を使ってみてはいかがでしょうか。




自分に合うバーチカル手帳の選び方

自分に合うバーチカル手帳の選び方を5つ紹介していきます。
 

【バーチカル手帳の選び方】
  1. バーチカル部分の開始・終了時刻
  2. 1メモリで表している時間数
  3. メモスペースの有無・量
  4. 大きさ・重さ
  5. 価格

自分に合った手帳を選ぶと、時間管理がしやすくなりますし、手帳を開くのも楽しくなりますよ!

バーチカル部分の開始・終了時刻

バーチカル部分の開始・終了時刻は自分に合うものを選びましょう。大きく分けると以下の2つに分類できます。
 

  • 24時間軸のもの
  • 日中の時間軸のスペースが大きいもの

 
睡眠時間等も含めて、1日の時間管理や記録がしたい方は、24時間軸が用意されているものが良いでしょう。

反対に仕事中など、昼間の時間管理をメインでしたい方は日中の時間軸の記入スペースが大きいものが使いやすいと思います。

1メモリで表している時間数

1メモリで表される時間数も手帳の種類によって異なります。
 

  • 30分
  • 1時間
  • 朝・昼・夜などざっくりとしたバーチカル

 
上記のようにいくつか種類があるので、ご自身にあったものを選びましょう。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

私が使っているypadは、1メモリ30分です。記入スペースも大きく使いやすいですよ

 

【合わせて読みたい】

 

メモスペースの有無・量

余白にタスクやメモを書き込みたい方は、バーチカル軸の余白やメモページの量も確認しておきましょう。

バーチカル手帳の余白が大きいと、タスクやメモも書き込みしやすいです。

一方で余白やメモ欄が大きいと、手帳も大きくなりやすいのでサイズや重さとのバランスも考える必要があります。

大きさ・重さ

手帳を持ち歩く機会が多い方は、大きさや重さにも気を配りましょう。

大きい手帳は外で開きにくいですし、持ち歩くのも重いです。

反対に自宅や職場のデスクでのみ手帳を開く方は、多少大きめの手帳でも問題ないかと思います。
 

ソラ
ソラ

小さい手帳は書き込みしにくい

  

たじみゆ
たじみゆ

書き込み量や自分の字の大きさも考慮してみてください

 

価格

手帳は種類によって100円ショップで買えるものから1万円近くかかるものもあり、価格帯が大きく異なります。

多機能な手帳やおしゃれな手帳は、そこそこの値段がします。

 

たじみゆ
たじみゆ

自分が手帳にいくらくらいまでなら出せるのか、考えておくと良いでしょう

 

  • コスパの良い手帳を買ってガシガシ書き込みたい
  • 高めの手帳を買ってモチベーションを上げたい

 
自分の手帳の使い方に合う値段の手帳を選ぶと良いですよ。

おすすめのバーチカル手帳3選

私が使っている、気になっているおすすめのバーチカル手帳を3つ紹介していきます。

【おすすめのバーチカル手帳】

 
それぞれ特徴を紹介していきます。

yPad

 

【おすすめポイント】
  1. 左ページがバーチカル、右ページがガントチャートタイプの手帳
  2. 日付なし手帳なのでいつからでも使用できる
  3. メモページも58ページついている

 
yPadはiPadとほぼ同じサイズの手帳です。
 

たじみゆ
たじみゆ

iPadと違いアナログで管理する目的で開発・デザインされた手帳

 
左ページがバーチカル手帳、右ページがガントチャートとなっている少し珍しいフォーマットとなっています。
 

  • 左ページで自分の予定や忙しさを可視化
  • 右ページで各プロジェクトや計画の進行状況を管理

 
上記のように予定・プロジェクトの同時管理がしやすいのが魅力です。
 

  • 複数のプロジェクトを同時進行で進める人
  • 主婦のように家族みんなの予定や自分の仕事、家事の予定を管理する人

 
上記の方にぴったりの手帳かと思います。

日付なし手帳なのでいつからでも使用できますが、最新版は毎年9月中旬に発売されています。
 

【合わせて読みたい】

 

created by Rinker
朝日新聞出版
¥2,818 (2021/09/18 17:38:35時点 Amazon調べ-詳細)

CITTA手帳

 

【おすすめポイント】
  1. マンスリー、バーチカル、プロジェクトシートなど用途によって使い分けできる
  2. ワクワクリストもついていて自分のやりたいことを実現しやすい
  3. 毎年変わるカバーのカラーが可愛い

 
CITTA手帳は、ヨガスタジオを運営している青木千草さんが開発した手帳です。
 

  • 見開き12ヶ月分の年表
  • 見開き2ヶ月分マンスリー
  • 見開き2ヶ月分のガントチャート
  • 見開き1週間のウィークリー

 
上記がついていて、仕事用とプライベート用で書き分けることもできそうです。
 

たじみゆ
たじみゆ

バーチカル部分は24時間軸なので、夜勤がある方や朝活をしたい方にも向いています

 

SUNNY Weekly

 

【おすすめポイント】
  1. 1日が3分割されたゆるいバーチカル手帳
  2. 下半分はメモページなので計画やアイデアを書き込める

 
時間軸がはっきりとしていないバーチカル手帳をお探しの方にSUNNY Weeklyはぴったりです。

1日の中で予定が少ない方やバーチカル手帳とセットで使えるメモスペースが欲しい方にも使いやすいと思います。
 

たじみゆ
たじみゆ

メモページも141ページと多いので、たくさん書き込みをしたい方におすすめの手帳です

 

【まとめ】バーチカル手帳で時間を有効活用しよう

バーチカル手帳は、時間軸にそって記入ができる手帳です。

自分の予定や作業時間を可視化しやすく、スキマ時間を見つけやすいのが魅力です。
 

  1. タスクの洗い出し・リストアップ
  2. バーチカル手帳にタスクの実行日を書き込む

 
上記の流れができれば、時間の決まっている予定だけでなく、自分のやりたいことや目標に取り組む時間も作れます。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

自分に合ったバーチカル手帳を見つけてみてください!

 
本記事で紹介したおすすめのバーチカル手帳は、以下の3つ。

【おすすめのバーチカル手帳】

読者の皆様がバーチカル手帳で、自分の時間を有効活用できることを願っています。

【合わせて読みたい】

 



手帳術カテゴリの最新記事