成績の良い子の親の共通点7つ|成績が良かった私が親にしてもらって嬉しかったことも紹介

成績の良い子の親の共通点7つ|成績が良かった私が親にしてもらって嬉しかったことも紹介

成績の良い子親アイキャッチ




 

疑問を持つ女性

子供の成績を上げたいんだけれど、親として何ができる?

 

困っている女性

つい、中学生の子供に勉強についてガミガミ言ってしまう……

 
と悩んでいるあなたに成績の良い子の親の共通点を紹介しています!

私は学生時代、塾に行かず自力で勉強して志望校に合格してきました。
(都立高校→慶應義塾大学商学部)
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

いわゆる成績の良い子でした

 
高校・大学の友人の親や家族関係を見て感じた、成績の良い子の親に共通している部分を紹介します。

この記事を読めば成績の良い子にするために親ができることがわかり、子供も自分から勉強するようになります。

POINT

この記事では、

  1. 成績の良い子の親の共通点7つ
  2. 成績がよかった私が親にしてほしかったこと・されて嬉しかったこと

を紹介しています。

【この記事がおすすめの方】
・子供の成績を上げたい親御さん
・中学生の子供にもう少し勉強をしてほしい親御さん
・子供にガミガミと勉強しなさいというのが辛い親御さん





成績の良い子の親の共通点7つ

成績の良い子の親の共通点を7つまとめました。
 

【成績の良い子のの親の共通点7つ】
  1. 勉強をする目的を理解させている
  2. リビング学習をさせている
  3. 子供の意思を尊重してくれる
  4. 勉強しなさいと言わない
  5. 親子仲・家族仲が良い
  6. 子供の話をよく聞いている
  7. 勉強方法について細かく口を出さない

 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

私の親もいくつか当てはまる部分があります

 

1.勉強をする目的を理解させている

授業を受けている女子生徒

成績の良い子の親は勉強をする目的を理解させている親が多いです。

勉強をする目的、大学に行く目的などを明確にしていればしているほど、子供が自分から学習するようになります。

目の前の問題しか見えていなくて、ただやみくもに
 

怒っている女性

勉強しなさい!

 
と子供に注意してもなかなか子供はその通りにはしてくれないですよね。

それよりも、
 

オッケーマークをしている女性

勉強すれば将来の選択が広がる

 
 

笑顔の女性

将来、良い暮らしをしたいなら勉強は必要

 
と言われてきた子が高校・大学の友人では多かったです。

大学の友人では
 

笑顔の男性

父親に「無知は罪」と教わってきた

 
と言っている子がいました。

そこまで突き詰めなくても良いと思いますが、勉強から逃げがちな子供に勉強をしないとどうなるのかを教えてあげられると良いですね。

子供が勉強なんて意味ないと言っていて困っている方にはこちらの記事もおすすめです。
 

【合わせて読みたい】

2.リビング学習をさせている

映像授業を受けている子供

成績の良い子はリビング学習をしている割合が多いです。

偏差値の高い高校・大学の友人はリビング学習をしている子が多く、あまり偏差値が高くない塾の教え子たちは自室で学習している子が多かったです。

リビング学習のメリットは多々ありますが、リビングで子供が集中できる家庭環境がトータル的に子供の成績を伸ばしやすいんだと思います。
 

  • 子供の勉強に興味を持ってあげられる親御さん
  • リビングで落ち着いて勉強できる住宅環境
  • 子供も必要以上に親を煙たがっていない親子関係

これらがそれぞれ、良い影響をもたらしてリビング学習をしている子の成績を伸ばすのではないでしょうか。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

私もリビング学習派でした!

 
全ての子がリビング学習に向いているとは思いませんが、自室で勉強していて集中できていないようであればリビングで学習させてみてください。

リビング学習のコツやメリットはこちらの記事で紹介しています。
 

【合わせて読みたい】

3.子供の意思を尊重してくれる

成績の良い子の親は子供を信頼していて、様々な決定を子供に任せているケースが多いです。

子供を信頼し、子供を尊重することで子供に責任感が芽生えて自分のやるべきこと(勉強)も自然とやりだすのだと思います。

私は元々の性格もあるのかもしれませんが、超放任主義で育ちました。

親子仲に問題はなかったのですが、妹が私と12歳差で生まれたのが放任主義の理由だと思います。

私の高校受験のときに、妹が3歳直前で手が離せず、受験の手続きや志望校決定など諸々の決定を自分でしました。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

説明会出席も願書出しに行くのも一人
寂しい、不安というより自分もその方が楽だと思っていました

 
あれこれ構わず、たじみゆの決めたことに間違いはない、と背中を押してくれた両親に感謝しています。
 

たじみゆ悲しい
たじみゆ

私は娘や息子が大きくなったとき、そこまで子離れできるか不安です……

 

4.勉強しなさいと言わない

成績の良い子の親はガミガミと勉強しなさいと言わない傾向にあります。
 

  • 子供が元々自分で勉強をするので勉強しなさいと言う必要がない
  • 勉強しなさいと言わないことで子供も気持ちよく勉強できる

どちらが理由かはわからないので、勉強しなさいと言わなかったら、即子供の成績が上がるわけではないと思います。

ただ、中学生・高校生と子供がある程度大きくなってからは、いつ勉強するかは子供に任せてあげて欲しいです。
 

怒っている女性

勉強しなさい

 

怒っている女子生徒

今、やろうと思ってたのに!

 
こんな言い争いをした後はムシャクシャして勉強の効率も落ちてしまいます。

勉強しなさい、と小言は我慢して定期テストの成績などで子供の勉強量の判断をしましょう。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

結果で判断するからね、と子供に伝えておくと良いと思います

 

5.親子仲・家族仲が良い

成績の良い子は親子仲、家族仲が良いケースが多いです。

高校・大学の知り合いは男女問わず、その日に学校であったことを親に細かく話すと言っている人が多かったです。

親子間・家族間で会話が多いので、子供に変化があったときに親がすぐに気付けるのではないでしょうか。

家庭が自分の居場所であると安心感を持てるのも重要ですね。

親御さんは子供が勉強をしなくて不安でヤキモキしてしまうかと思います。

それでも、小言をぐっと我慢して子供が過ごしやすい環境、安心できる環境作りをしてみてください。

また、個人的な感想ですが、高校・大学の友人(偏差値の高い友人)の両親は夫婦仲も良好であるケースが多いです。

世帯年収と子供の学力の関係もあるので、単純に家計に余裕があるからかもしれませんが、子供も大きくなったし両親は2人で旅行していると言っている友人が多かったです。

6.勉強方法について細かく口を出さない

問題を解いている子供

成績の良い子の親は子供の勉強方法について細かく口を出していない場合が多いです。

細かい部分は子供に任せて、親は子供が方向性を間違えないように見守っているだけの方がうまくいきます。
 

  • だらしない姿勢で勉強している
  • 勉強しながら音楽を聴いている
  • 朝、遅く起きて深夜勉強している

子供の勉強方法に文句を言いたくなるかもしれませんが、我慢しましょう。

あくまでも、今回はぐっと我慢して結果を見てから口を出してください。

私は中学1年の2学期頃から勉強方法を親に口出しされなくなりました。

中1の1学期は定期テスト前にあまりに私が勉強していなくて怒られていました。
 

たじみゆ悲しい
たじみゆ

私としては、「学校の授業聞いて、わかってるのにこれ以上何を勉強するの?」と思っていたので両親とよく揉めていました

 
「定期テストの結果を見て、判断するからね」と母が言うのに、試験勉強に口を出してくるので当時は本当にイライラしていました。

子供のやる気をなくしてしまうので、親御さんは小言の言い過ぎは注意した方が良いです。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

有言実行。結果で判断すると決めたら過程には口出ししないようにしましょう

 

7.子供の話をよく聞いている

成績の良い子の親は子供の話をよく聞いています。

子供の話をよく聞くと子供の変化に気づきます。

子供の変化にすぐ気づけると勉強以外で心配事やトラブルを抱えたときにすぐにわかります。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

やはり、家庭を安心できる場所にしてあげてほしいです

 
私の話ですが、学校の話だけではなく、今授業で扱っている範囲について興味を持ってくれるのが嬉しかったです。

英語が苦手な母が
 

困っている女性

こんなの全然わからない……習った記憶すらない

 
というのも面白かったし、
 

オッケーマークの女性

因数分解覚えてる!やらせて!

 
とノリノリで問題を解いてきた記憶もあります。

いくつになっても、子供は親が自分に対して興味を持ってくれると嬉しいです。

子供の話をよく聞いて、勉強・学校・趣味などに関心を持ってあげてください。

余談ですが、子供の話をよく聞いている親は塾や家庭教師との連携も取りやすいです。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

子供の話をよく聞いていると、塾に通いだしたときも成績が上がりやすいですよ

 
反抗期の子供への接し方はこちらの記事で紹介しています。
 

【合わせて読みたい】

成績が良かった私が親にしてほしかったこと・されて嬉しかったこと

続いて、私が学生時代に親にしてほしかったこと、されて嬉しかったことを思い出して紹介していきます。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

自分で言うのも照れますが、中高の成績はほとんど5でした。
実技に4があるくらい

 

1.勉強をしている私を認めてほしかった

教科書の山

親にもっと望むことがあるとすれば、学生時代、勉強している私を認めてほしかったです。

塾にも行かず、自宅で勉強している私を母はたびたび
 

怒っている女性

勉強ばかりしてればいいと思って!
もっと、家のことをして!

 
と叱ってきました。

確かに、私も勉強しかしていなくて家の手伝いをしていなかったので、母も文句を言いたかったのだと思います。

それでも、勉強だけしてればいいと思っていたわけでもないし、塾に行かない分、家計に貢献していると思ってました。

私が家計に貢献している、勉強をしなさいと叱らなくて良い子供で楽だった、と親が気づいてくれたのは弟や妹が中学生になり塾に通いだしてからでした。
 

笑顔のおばあさん

あのときのあんたは塾に行かない分、毎月数万お金を稼いでたのと同じ!

 
今でこそ、こんな風に言いますが当時、もっと認めてほしかったです。

私の場合は勉強でしたが、子供が打ち込んでいるものに対して否定的な言葉をかけすぎないでほしいです。

2.私が自立するのを認めてくれた

あれこれ口うるさく言わず、私が自立していくのを認めてくれたのは嬉しかったです。

私は学生時代も今も親の手を焼かせず自分で生きている姿を見せるのこそ親孝行と思っています。

親も同じ考えでいてくれるみたいで嬉しいです。
 

  • 進路決定
  • 就職先決定
  • 結婚相手を決めるとき

人生の節目のタイミングで私の選択に口を挟まないでくれたのは嬉しかったです。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

本当に何でも自分で決めていました。

 
決めた後で報告するので親も口を挟む余地がなかったのかもしれません。

3.勉強以外のフォローをたくさんしてくれた

机の上にある紅茶

勉強は自分で勝手にしてきましたが、それ以外の生活面でのフォローはたくさんしてもらいました。
 

  • お小遣い
  • 私の好きな献立を作ってくれる
  • 寒いだろうからとカイロを持たせてくれる
  • 夜道は危ないからとバイトの送り迎えをしてくれる

 

笑顔の女子学生

好き勝手生きてるのに、過保護に世話されてるよね~

 
とよく友人から言われていました。

勉強に打ち込める環境、他に何も心配しなくて良い環境を両親は作ってくれていたと思います。

私も自分の子供のために、子供が何かを頑張りたいときは頑張れる環境づくりをしてあげたいです。




子供を成績の良い子・勉強ができる子にしたいなら通信教材がおすすめ

子供を成績の良い子・勉強ができる子にするには子供に口出ししすぎず後ろから見守ってあげる姿勢が大切です。

親のできることは環境を整えることだけ、くらいに思っている方が良いかもしれませんね。

とはいえ、中学生になり勉強がどんどん難しくなっていくのに子供が勉強を頑張っていないと不安になりますよね。

そういったときは環境づくりの一環として、効率よく学習が進められる通信教材を受講してみるのもおすすめです。

進研ゼミなら1回15分で完了するように作られているので子供も達成感を味わいやすくなります。

中学生向けのおすすめの通信教材はこちらの記事で詳しく紹介しています。
 

【合わせて読みたい】

成績の良い子の親は子供を後ろから見守っている

成績の良い子の親は子供に口出ししすぎず、子供を後ろから見守っているケースが多いです。

子供が自分でやる気を出して勉強できるようにする環境を作っていきましょう。

小言を言いたくなるときはぐっと我慢して、定期テストの結果などを見て勉強量が足りているかの判断をするのもおすすめです。

子供の勉強量が足りない、勉強法が間違っていると感じるときは塾や家庭教師、通信教育の力を借りるのも効果的です。
 

【合わせて読みたい】




子供との接し方カテゴリの最新記事