数学の復習方法を学校授業・模試等シーン別に解説|元塾講師が紹介

数学の復習方法を学校授業・模試等シーン別に解説|元塾講師が紹介

数学復習アイキャッチ




 

疑問に思っている男子学生

数学は復習が大切っていうけれど、結局何をしたらいいの?

 
と悩んでいるあなたに数学の復習方法を紹介しています!

私は学生時代は塾に行かず、自力で勉強し志望校に合格してきました。
(都立高校→慶應義塾大学商学部)
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

自分なりに効率の良い勉強法を工夫してきました

 
今回は学生時代に勉強法を工夫していた経験をいかして、数学の復習って何をしたらいいの?といった疑問を解決していきます。

これを読めば数学の復習方法がわかり、数学のテストで高得点を目指せるようになります!

【この記事がおすすめの方】
・数学の復習方法に悩んでいる方
・数学が苦手で成績を上げたい方

数学の予習方法はこちらの記事で紹介しています。
 

【合わせて読みたい】





成績が上がる数学の復習方法【学校授業】

授業を受けている女子生徒

まずは、成績を上げるために行う学校授業の数学の復習方法を紹介します。
 

【学校授業の数学の復習方法】
  1. 授業で習った範囲の問題演習をひたすらやる
  2. わからない部分は教科書・ノートを見直す
  3. 間違えた問題は印をつけておく

 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

これさえやっておけば、定期テスト前に慌てなくてすみます

 

1.授業で習った範囲の問題演習をひたすらやる

まずは、その日の授業で習った範囲の問題を解きましょう。

数学は問題演習をしないと身につかないからです。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

問題を解いて、公式を自分で使えるようにしておきましょう

 

  • 教科書の問題
  • 学校で配布されたワーク
  • 市販の問題集

などを活用してできるだけ、たくさんの問題を解いてください。

数学の参考書選びで悩んだらこちらの記事がおすすめです。
 

【合わせて読みたい】

2.わからない部分は教科書・ノートを見直す

数学の復習をしていて、わからない部分があれば教科書やノートを見直しましょう。

教科書やノートを見直せば解ける場合には、問題演習の量が足りなくて学んだ内容を自分で使いこなす段階にまで進んでいません。

教科書やノートを見直して要点をつかんだ後はもっとたくさんの問題を解きましょう。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

教科書やノートを見てもわからなかったら、早めに先生に質問しにいきましょう

 

3.間違えた問題は印をつけておく

数学の復習をしているときに間違えた問題には印をつけておきましょう。

後から、間違えた問題を解き直すときに間違えた問題をわかりやすくするためです。
 

  1. 問題を解く
  2. 間違えた問題に印をつける
  3. 印のついた問題をもう1度解く
  4. また、間違えた問題に印をつける

この繰り返しで間違えた問題を何度も解き直せば、数学の成績がぐんぐん上がります。

偏差値が上がる数学の復習方法【模試編】

問題を解いている子供

続いて、模試などを受けたときの数学の復習方法を紹介します。
 

【模試受験時の数学の復習方法】
  1. もう一度問題を解き直す・自己採点
  2. 解答・解説を見て自分と合っているか比較
  3. 間違えた問題は専用ノートにまとめておく

高校受験対策で模試を受けるときはこちらの記事もご参考ください。
 

【合わせて読みたい】

1.もう一度問題を解き直す・自己採点

まず、模試が終わって帰宅したらもう一度問題を解き直してみましょう。

同時に、模試の自己採点もしてください。

当日、問題を解き直すことで
 

  • 制限時間や緊張が原因で解けなかった問題
  • 苦手な単元で解けなかった問題
  • 単純なケアレスミス

などのように自分の失点原因がわかります。

模試を解いてすぐ復習すると、試験中の状況も思い出しやすくなるので復習の効果も上がります。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

成績を上げるには、間違えた問題や苦手な単元を減らしていくしか方法はないです

 

2.解答・解説を見て自分と合っているか比較

自己採点をして、模試の点数や解き直した際の点数を出すだけでなく、解説までしっかりと読みましょう。

解説を読むときには自分の解き方と比較をしてください。
 

  • 解説と解き方が違うのにまぐれで正解している問題はないか
  • 解説では自分の解き方よりもシンプルでミスしにくい解き方をしていないか

このように確認をしましょう。

解説通りのシンプルでミスしにくい解き方を身につけられれば、問題を解くスピードも上がり試験時間に余裕がうまれます。

3.間違えた問題は専用ノートにまとめておく

試験時や解き直し時に間違えてしまった問題は専用のノートにまとめておきましょう。

自分が間違えた問題だけを集めたノートを作ることによって、自分専用の問題集を作れます。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

自分が間違えた問題や苦手な問題が集まっているので効率よく勉強できます

 
この後、自分専用の問題集の作り方を紹介します。

自分専用の問題集の作り方はコチラの記事でも詳しく書いています。
 

【合わせて読みたい】




数学の復習で活用したい自分専用問題集の作り方

コーヒーとノート

数学は間違えた問題の復習をして解き方を覚える必要があるので、自分専用の問題集を作って勉強するのが効率的です。
 

【自分専用問題集の作り方】
  1. 間違えた問題を左ページに書き写す
  2. 右ページに解説を書く
  3. 自分専用問題集を使って何度も問題を解き直す

1.間違えた問題を左ページに書き写す

まず、間違えた問題を左ページに書き写しましょう。

問題文が長い場合やグラフや図形を使っている場合は問題のコピーを貼ってしまうと楽です。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

時短できるところは時短しましょう!

 
この他にも勉強時の時短テクニックをこちらの記事で紹介しています。
 

【合わせて読みたい】

2.右ページに解説を書く

左ページに書いた(貼った)問題の解説を右ページに書きましょう。

解説を書くときは解説のコピーを貼るのではなく、自分の頭で考えながら解説を書いていくのがおすすめです。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

自分で考えながら書くことによって頭に入りやすくなります!

 
問題集や模試の解説では足りないと思った部分は自分がわかるようにメモや説明を加えておきましょう。

人に教えられるくらい丁寧に解説を書くのがポイントです!

3.自分専用問題集を使って何度も問題を解き直す

2の工程までで自分専用問題集は完成ですが、自分専用問題集を作った後は何度も問題を解き直しましょう。

自分専用問題集は自分の間違えた問題と解説が書かれていて持ち運びもしやすいです。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

模試の会場に持っていき、試験直前に読み込むのもいいですね

 

数学の復習を短時間で行うなら通信教育がおすすめ

STUDYのブロック

数学の復習は問題演習をとにかくたくさんする必要があります。

しかし、どんな問題を解いていいかわからない方もいたり、どこから勉強していいかわからない方もいますよね。

部活や習い事で忙しく、今回紹介した方法で数学の復習をするのが難しい場合もあるでしょう。

数学の復習を効率よく行いたいなら通信教育を利用するのがおすすめです。

例えば、進研ゼミ中学講座であれば、学校の進度に合わせた教材で勉強ができますし、テストや受験に出やすい問題を使って勉強できます。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

私も学生時代は進研ゼミで勉強をしていました

 

\ 無料資料請求はこちらから /

【進研ゼミ中学講座】

 

【合わせて読みたい】

【まとめ】数学の復習は問題演習をたくさん行おう

数学は予習よりも復習が大切と言われています。

これは復習で問題演習を行い、公式を使いこなせるようになっておく必要があるからです。

数学の復習では問題演習をたくさん行い、解けなかった問題を1問でも多く解けるようにするのが大切です。

数学の予習方法はこちらの記事で紹介しています。
 

【合わせて読みたい】




【科目別】数学カテゴリの最新記事