数学の予習でしておきたいこと3つ!問題演習はどこまですべきか解説

数学の予習でしておきたいこと3つ!問題演習はどこまですべきか解説

数学予習アイキャッチ




 

疑問に思っている男子学生

数学は復習が大切っていうけど予習も必要なの?

 

疑問に思っている女子生徒

数学の予習って何をしたらいいの?

 
と悩んでいるあなたに数学の予習方法を紹介しています!

私は学生時代、塾に行かず自力で勉強をして志望校に合格してきました。
(都立高校→慶應義塾大学商学部)
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

自分なりに効率の良い勉強を工夫してきました

 
今回は勉強方法を工夫してきた経験をいかして、数学の予習って何をしたらいいの?といった疑問を解決していきます。

これを読めば数学の予習方法がわかりますし、学校の授業をより理解しやすくなります!

【この記事がおすすめの方】
・数学の予習方法に悩んでいる方
・数学の予習は必要ないか知りたい方
・数学を予習するメリットを知りたい方

数学の復習方法はこちらの記事で解説しています。
 

【合わせて読みたい】





数学の予習でしておきたいこと3つ

ノートと3本のペン

まずは、数学の予習でしておきたいことを3つ紹介します。
 

【数学の予習でしておきたいこと】
  1. 教科書を読んでおく
  2. 公式を覚えておく
  3. 公式の使い方を確認しておく

 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

それぞれ詳しく紹介していきます

 

1.教科書を読んでおく

数学の予習では、教科書を読んでおきましょう。

教科書を読むと授業の流れがわかります。

100%理解する必要はなく、どんな流れで授業が進むのか知っておくだけで大丈夫です。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

公式の証明などは理解しなくても、「こんなこと言ってる~」くらいでOKです

 

  1. 次の授業で扱う公式
  2. 公式の使い方

を読んで確認しておきましょう。

2.公式を覚えておく

教科書を読むだけでなく、もう少ししっかり数学の予習をしたいのであれば、公式を覚えておきましょう。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

ノートに公式をメモしておくのもおすすめです

 
中学校の数学では公式を覚えて使えればテストで平均点を取ることができます。

数学の予習の段階で公式を覚えておけば、学校の授業では公式を使いこなす練習をすればいいだけなので、授業の理解度が上がります。

3.公式の使い方を確認しておく

もっと、数学の予習を完璧にしておきたいのであれば、公式の使い方も確認しておきましょう。

公式を覚えた後、教科書の例題や問題を実際に解いてみましょう。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

例題だと答えも教科書に書かれているので、予習で解答も確認できますね

 
難しい問題を解く必要はなく、教科書の基本的な問題を解いておけば大丈夫です。

公式をどのように使うのかを理解しておけば、授業内にどんどん問題演習を進めることもできちゃいます。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

私も学生時代は数学の授業中にひたすら問題を解いていました

 

数学の予習で問題演習はしておくべき?

クエスチョンマーク

数学の予習で問題演習をするべきなのか、迷っている方もいるのではないでしょうか。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

予習で問題演習をするべきかは、ケースバイケースです

 
どんな場合だと問題演習が必要か解説していきます。

学校の授業で十分な演習時間がもらえるなら必要ない

学校の授業で問題を解く時間を十分に与えてもらっているのであれば、予習の時点で問題を解く必要はありません。

予習の段階で問題を解いても答え合わせしにくいですし、間違えた問題の復習もしにくいです。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

授業内で問題を解いて、間違えた問題は先生に習った方が効率的

 
時間は有限なので、数学の予習で問題演習をするのではなく、その時間を別の科目の勉強や数学の復習に使うのがおすすめです。

授業内の演習時間が足りないなら問題を解いておく

授業内の問題演習の時間が足りなくて問題を解ききれないと感じるのであれば、予習の時点で問題を解いておきましょう。
 

  • 数学教師が予習を前提としていて、授業では問題演習の時間を取らない
  • 授業内の問題演習の時間は短くて解ききる前に解説が始まってしまう

問題を解く前に先生の解説を聞いてしまうと、自分で解いていない問題もできる気になってしまいます。
 

たじみゆ悲しい
たじみゆ

できる気になって本番の試験で解けないのは困ります……

 
その問題を自分は解けるのか、解けないのか、解けないならどこでつまずいたのかを知るためにも授業の前に問題を解いておきましょう。




数学の予習をしておくメリット

勉強している女性

数学は復習が大切と言われていますが、予習をするメリットもあります。
 

【数学の予習をするメリット】
  1. 授業の理解が深まる
  2. 授業内で問題をたくさん解けるようになる
  3. 自分のわからないポイントを知ることができる

1.授業の理解が深まる

数学の予習をすると授業の理解が深まります。

どんな内容を学ぶか把握するので先生の説明を理解しやすくなります。

数学の授業中、公式を覚えるので精いっぱいで慌ただしいと感じている方は数学の予習をしてみると良いですね。

2.授業内で問題をたくさん解けるようになる

 

  1. 公式を覚える
  2. 公式の使い方をマスターしておく

このように、数学の予習をすませておくと学校の授業では問題演習の身に集中できます。

結局のところ、数学の試験では公式を覚えて使いこなし、様々な問題の解き方を覚えておく必要があります。

できるだけ問題演習の量を増やすために授業内の時間も有効活用しましょう。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

授業内の時間を有効活用するなら数学の予習が手っ取り早いです

 

3.自分のわからないポイントを知ることができる

数学の予習をすると自分のわからないポイントがわかります。
 

  1. 予習の段階で理解できないポイント
  2. 自力で解けない問題

これらを把握しておくと授業の集中すべきポイントをつかめます。

自分の苦手な部分を授業内で克服しやすくなるので、テスト前も慌てなくてすみます。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

数学が苦手な方こそ、辛いだろうけど数学の予習に挑戦してみてほしいです

 

数学の予習を短時間で行いたいなら通信教育がおすすめ

勉強をしている女性

数学の予習をした方が良いのはわかるけれど、時間がなくて出来ていない中学生も多いですよね。

数学の予習方法がわからないから予習をしてない中学生もいるでしょう。

数学の予習を短時間で効率よく行うのであれば、通信教育を利用してみるのもおすすめです。

例えば、進研ゼミ中学講座であれば学校の進度に合わせた教材で学習出来て、1回の勉強は15分で終了するように教材が作られています。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

私も学生時代は進研ゼミで勉強していました!

 

\ 無料資料請求はこちらから /

【進研ゼミ中学講座】

 

【合わせて読みたい】

数学の予習をして準備万端な状態で授業に臨もう

数学の予習をすれば、授業の理解もより深まりますし、授業内の問題演習もはかどります。
 

【数学の予習でしておきたいこと】
  1. 教科書を読んでおく
  2. 公式を覚えておく
  3. 公式の使い方を確認しておく

ご自身でできそうな予習から取り入れてみてください。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

数学が苦手で授業についていくので精いっぱいな子こそ、予習をしてみてほしいです!

 
数学の復習方法はこちらの記事で解説しています。
 

【合わせて読みたい】




【科目別】数学カテゴリの最新記事