たじみゆのプロフィール【勉強編】学生時代~塾講師・家庭教師時代の経験まとめ

たじみゆのプロフィール【勉強編】学生時代~塾講師・家庭教師時代の経験まとめ

たじみゆプロフィール勉強編アイキャッチ




 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

こんにちは、たじみゆです!

 

ソラにっこり
ソラ

ソラです!

 
勉強に関する記事が増えてきたので、勉強・受験に特化した私の自己紹介を書いていきます。

【この記事がおすすめの方】
・ブログの勉強カテゴリの記事を読んでくださった方





たじみゆのプロフィール

お花と手帳

まずは簡単に私のプロフィールを紹介します。

詳しいプロフィールはこちらにも書いています!
 

【合わせて読みたい】

 

年齢:29歳
 
職業:専業主婦
 
家族構成:同い年の夫と4歳娘、1歳息子
 
趣味:スポーツアニメ鑑賞・ゲーム

学生時代は下に兄弟がいて、教育費を節約したかったので塾に通わず自分で勉強していました。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

唯一、進研ゼミを受講していました!

 
中学・高校と進研ゼミを使って勉強して高校は都立高校、大学は慶應義塾大学商学部に合格しました。

大学時代は個別指導塾のアルバイト、子供を産んで主婦になってからは家庭教師のアルバイトをしていました。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

今は、下の子が小さいので家庭教師のアルバイトはお休み中です

 
学生時代、塾講師、家庭教師時代の話をもう少し詳しくしていきますね。

一度も塾に通わず都立高校→慶応義塾大学商学部に現役合格

勉強をしている女性

学生時代は、塾に通わず自分で勉強をしてきました。

下に弟と妹がいて塾代を節約したかった、というのが理由として大きいです。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

後、インドア派だったので塾に通う時間が嫌でした……

 
中学生から高校生までどんな学生生活を送っていたのか、どんな勉強をしていたのか紹介します。

1.地元の中学ではいわゆる出来る子

地元の公立中学ではいわゆる勉強が出来る子でした。

特に苦労せず、学校の授業だけ聞いていればテストで高得点も取れていました。

部活は仲の良い友達が入っていた家庭科部でたまにおかし作ったりするくらいのゆるい活動をしていました。

勉強に関して悩みはなかったです。
 

  • 学校の授業
  • 受講していた進研ゼミ
  • 志望校の過去問

以上の受験対策で志望校だった都立高校に合格しました。

2.高校入学後は進学校の中で落ちこぼれる

入学した都立高校は進学校で学校の授業のペースやレベルも高く、落ちこぼれてしまいました。
 

たじみゆ悲しい
たじみゆ

同じくらいの学力の生徒が集まるので今までのようにいかないのはわかっていましたが、辛かったです……

 
中学のときに塾に行かず、自分なりに勉強をしていたので勉強方法そのものも周りの同級生と違ってる気がして悩みました。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

授業の予習・復習方法とか今まで何となくしていたので戸惑いました

 
しかし、どの科目の先生たちも
 

ひらめいているおじいさん

この学校の授業についてこられたら国公立や早慶を狙える

 
と言っていたので、まずは授業についていくこと・この学校の中でも上位レベルになることを目標にしました。

3.授業にくらいつき評定平均を4.8まで上げる

授業に何としてもついていくと決めてからは、中学時代とは比べ物にならないくらい学校の授業の予習・復習を丁寧に行いました。

学校の授業時間も1分1秒でも無駄にしたくないと思っていましたし、風邪で学校を休むなんて論外でした。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

大学受験、終了後に熱を出したり貧血で倒れたりしたので相当気が張っていたんだと思います

 

  • 予習をして、わからない箇所をはっきりさせて授業中先生に質問
  • 授業中に挙手や発言を求められれば積極的に発言
  • 授業中の小テストも毎回、満点を取る気で臨む

部活が忙しく授業に熱心でない同級生や寝ている同級生も多かったので、授業に熱心に参加している私は先生からみても好印象だったんだと思います。

どの先生も質問には丁寧に答えてくれましたし、よく気にかけてくれました。

私自身も、授業中の先生との個別のやり取りは
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

タダで家庭教師してもらっているのと同じ!

 
と考えてめっちゃ得した気分になっていました。

クラスメートは私のことをガリ勉だと思っていたと思います。

大学生や社会人になってから同窓会で会うたびに
 

眼鏡の女性

意外と明るいね!

 
と言われます笑

4.高1から目指していた慶応義塾大学商学部に合格

徐々に学校の授業にもついていけるようになり、模試の成績も上がりました。

先生の言っていた
 

ひらめいているおじいさん

この学校の授業についてこられたら国公立や早慶を狙える

 
は嘘じゃないと感じ、また自分の勉強法にも自信がついたので、そのまま自分で勉強を続けて第一志望だった慶応義塾大学商学部に合格しました。

大学受験が終わってからは燃え尽き症候群のようになるくらい嬉しかったです。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

今でも、大学受験で失敗する夢は見ちゃいます

 

大学時代は個別指導塾でアルバイト

勉強している女性

大学時代はずっと個別指導塾でアルバイトをしていました。

最初は大学生になって浮かれて、飲食店やアパレルなどでバイトをしていたのですが、体力がないので塾講師に落ち着きました。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

個別指導塾は集団塾ほどじゃないけど時給も高いし、座って授業できるし最高!

 
自分で計画を立てて受験勉強をしてきた経験をいかして、担当生徒の学習スケジュールを立てたり、担当科目以外の勉強も見たり楽しかったです。

生徒は中学生・高校生が多かったです。
(私は中学受験を経験していないので小学生の生徒は断っていました)

塾講師はブラックバイト、といわれてしまうかもしれませんが、授業以外でも
 

  • 担当生徒の保護者と面談
  • 授業計画・授業の報告の書類作成
  • 担当生徒の長期休暇の学習計画を立てる

このようなことも講師の仕事だったので、生徒のことを考えつつ、効率よく作業する楽しみもありました。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

後、塾講師のアルバイトは大学生が多いので、サークルみたいなノリでした

 

主婦になってからは家庭教師のアルバイト

勉強している子供

社会人になってからは教育とは関係のない仕事をしていました。

子供を産んで勤めていた会社を退職してから、家庭教師の紹介会社に登録して不定期で家庭教師をしています。
(今は、下の子が小さいので家庭教師の仕事をお休みしています)

家庭教師の生徒は中学生や高校生、社会人など年齢層が幅広く、様々な経験ができました。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

塾よりも家庭教師の方が保護者との距離も近くなるので、責任が重い分面白さもあります

 
家庭教師時代は主婦の経験もいかして、保護者の方にも信頼してもらえるような家庭教師を目指していました。

モットーは「子供と保護者両方に寄り添える講師」

電卓とコイン
 

  • 自分で勉強してきた学生時代
  • 大学時代の塾講師
  • 主婦になってからの家庭教師
  • 今やっている勉強に関する記事の執筆

これらの経験を通じて、私は「子供と保護者両方に寄り添える講師」になりたいと考えています。

中高生にとって勉強とはその後の将来を左右する大切なものです。

それと同時に保護者の方にとっては教育費と家計のバランスもあり、コストを気にせず教育をかけるのが難しい面もあります。

ブログを通じて、その子やそのご家庭にとって、最高にコスパの良い勉強方法を見つけられるお手伝いが出来たらいいなと考えています。

子供のやる気を引き出し、保護者の方も家計の中でバランスを取りやすい勉強方法を発信していくのが目標です!
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

公立高校への合格を目指している中学生・その保護者向けの記事を書いています!
ここまで読んでいただきありがとうございました

 

自己紹介カテゴリの最新記事