テスト勉強をする中学生におすすめの勉強法【社会】

テスト勉強をする中学生におすすめの勉強法【社会】

テスト勉強社会中学生アイキャッチ




 

疑問に思っている女子生徒

社会のテスト勉強って何をしたらいいの?
とにかく暗記すればいいのかな?

 
と悩んでいるあなたに社会のテスト勉強法を紹介しています!

私は元塾講師・家庭教師で今まで様々な生徒に勉強法のアドバイスをしてきました。

今回は様々な生徒への指導経験をいかして、中学社会のテスト勉強は何をしたらいいの?といった疑問を解決していきます。

これを読めば社会のテスト勉強法がわかり、社会の定期テストで高得点を狙えます!

【この記事がおすすめの方】
・社会のテスト勉強で何をしたらいいのかわからない中学生
・テスト勉強に時間をかける割に点数が伸びない中学生
・社会のテストの点数をもっと上げたい方





中学生の社会のテスト勉強でやっておくこと5つ

本とノートと勉強

まずは、中学生の社会のテスト勉強でやるべきことを紹介していきます。
 

【中学生の社会のテスト勉強でやるべきこと】
  1. 授業ノートやプリントの見直し
  2. 教科書を読んで流れをつかむ
  3. 資料集を読んで重要な図表を確認しておく
  4. 学校のワークを何度も解く
  5. 重要単語を書き込むタイプの問題集があれば利用する

 

たじみゆにっこり
たじみゆ

それぞれ詳しく解説していきます!

 

1.授業ノートやプリントの見直し

まずは、学校の授業ノートや配られたプリントの見直しを行いましょう。

定期テストは授業を行う先生とテストを作る先生が同じなので、授業でやった内容がテストに出る可能性が高いです。
 

  • 授業ノートをきれいに取る
  • プリントに書き込むときはオレンジペンを使用する

このように授業の段階でテスト対策をしやすいように工夫しておきましょう。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

まとめノートを作らなくて良くなるので時短につながります

 

2.教科書を読んで流れをつかむ

学校の教科書を読んでテスト範囲全体の流れをつかんでおきましょう。

社会は取り扱う内容が幅広いので、授業では教科書をじっくり読み込むことをしない場合が多いからです。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

まずは、自分で教科書を読んでざっくりとでも流れを把握してください

 
例えば、歴史は教科書を読むと時代の流れや重要なポイントをつかむことができます。

3.資料集を読んで重要な図表を確認しておく

教科書だけでなく、資料集にも目を通しておきましょう。

社会の試験では図やグラフを活用した問題もたくさん出題されます。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

資料集を見ておけば、あらかじめ出やすいグラフや図を予想できます

 
資料集で図表を確認しておくと重要単語も暗記しやすくなるメリットがあります。

4.学校のワークを何度も解く

学校で配られたワークは何度も解くようにしてください。

学校の先生もワークを参考にして定期試験を作成しているからです。

問題を解くと重要単語も覚えやすくなるので、ワークは試験までに何度も解きましょう。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

問題集に直接書き込まず、ノートに問題を解くのがおすすめ

 
問題集の効率的な使い方はこちらで紹介しています。
 

【合わせて読みたい】

5.重要単語を書き込むタイプの問題集があれば利用する

要点を書き込みながら整理できる市販の問題集を持っていれば活用しましょう。

テストまでに繰り返し解けば、重要単語を覚えやすくなります。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

どうしても、読むだけでは暗記しにくいので問題を解きながら手を動かして単語を覚えていきましょう

 
社会のおすすめ参考書や問題集はコチラの記事でも紹介しています。
 

【合わせて読みたい】

社会のテスト勉強で押さえておくこと【分野別】

エジプトのピラミッド

続いて、社会のテスト勉強で押さえておくポイントを分野別に紹介します。
 

【社会のテスト勉強のポイント(分野別)】
  1. 【地理】グラフや図表を使った問題演習を行う
  2. 【歴史】全体の流れをつかむために年表を作成する
  3. 【公民】授業で扱った時事ネタを復習しておく

 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

出やすい問題を意識しながら勉強するのが大切です

 

【地理】グラフや図表を使った問題演習を行う

地理はグラフや図表を使った問題が多いので、同じ形式の問題をたくさん解きましょう。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

地図を使った問題も多いので資料集や地図帳を見ておくのも重要です

 
学校のワークだけでは問題演習が不十分だと感じるのであれば、市販の問題集や通信教育を利用すると良いですね。
 

【合わせて読みたい】

【歴史】全体の流れをつかむために年表を作成する

歴史はテスト範囲全体の流れをつかむのが重要です。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

単語ごとの暗記も大切だけど時代の流れや繋がりも同じくらい大事です

 
試験範囲全体の流れをつかむために、自分で簡単な年表を作ってみましょう。

ノートに年表を書いても良いですが、紙に書いて机の周りに貼っておくとテストまで繰り返し確認できて便利です。

ただし、年表づくりに時間をかけてしまうと他の科目の勉強や問題演習の時間が足りなくなってしまいます。

あくまで、時代の流れを整理するための年表なので時間をかけずにササッと作ってしまいましょう。

【公民】授業で扱った時事ネタを復習しておく

公民は授業内で先生が触れていた時事ネタがあったらしっかりと復習しておきましょう。
 

  • 政治に関する話題
  • 経済ニュース
  • 諸外国とのニュース

などが定期試験で問われるケースもあります。

そして、定期試験の中であなたの意見を書かされる可能性もあります。

簡単にでいいので、授業で時事ネタを扱っていた場合には自分の意見も言えるようにしておきましょう。




中学生の社会のテスト勉強でやってはいけないこと

手を挙げている女性

中学社会のテスト勉強でやってはいけないことをまとめました。
 

【中学社会のテスト勉強でやってはいけないこと】
  1. まとめノート作りに時間をかけすぎる
  2. 重要単語のみを丸暗記する
  3. 一夜漬けで暗記しようとする

 

たじみゆ悲しい
たじみゆ

この勉強法だとテストの点数が伸びにくいです……

 

1.まとめノート作りに時間をかけすぎる

まとめノート作りに時間をかけないようにしましょう。

社会の場合、暗記科目なのでついついテスト前にまとめノートを作成しがちです。

しかし、まとめノートには以下のデメリットがあります。
 

  • まとめノート作りに時間がかかってしまう
  • まとめノートを作っただけで満足してしまう

まとめノートを一から作るのは時間の無駄なのでやめましょう。

試験前にまとめノート作りに時間を費やさないように、普段の授業で定期テストを意識したノート作りができると良いですね。
 

  • 学校の授業ノートを丁寧に書く
  • 教科書や資料集の図表のコピーをノートに貼る
  • 配布されたプリントにはオレンジペンで書き込む

このような工夫をしておけば、試験前にはまとめノートが出来上がっている状態なのでスムーズに勉強できます。

2.重要単語のみを丸暗記する

社会は暗記科目なので重要単語をとにかく暗記してしまう子がいますが、それだと点数は伸びにくいです。
 

たじみゆ悲しい
たじみゆ

平均点は取れるかもしれませんが、高得点は狙えません……

 

  • 図表や地図などの資料を使った問題
  • 記述問題
  • いくつかの単元が組み合わさった問題

このような問題は重要単語の暗記だけでは解答できません。

重要単語を覚えるだけではなく、単語がどのような形で出題されるのかも押さえておく必要があります。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

問題演習をたくさんして出題パターンに慣れておきましょう

 

3.一夜漬けで暗記しようとする

社会の試験範囲は広いので一夜漬けでは暗記が大変です。

テスト範囲が発表されてから、計画を立ててコツコツと取り組んでいきましょう。

仮に今回は一夜漬けで定期試験をクリアできるかもしれません。

しかし、高校受験では中学1年生から中学3年生で学んだ内容全てが試験範囲となるので一夜漬けは不可能です。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

高校受験を見越して、今のうちに社会の勉強方法を身につけておきましょう

 
暗記が苦手な方にはこちらの記事もおすすめです。
 

【合わせて読みたい】

社会のテスト勉強を効率よく行うなら通信教育がおすすめ

勉強をしている女性

社会のテスト勉強は暗記事項もたくさんあり、時間がかかって大変ですよね。

まとめノートを自分で作らない場合、どこから勉強していいかわからない方も多いのではないでしょうか。

社会のテスト勉強を効率よく行い、成績を上げたいなら通信教育で勉強するのがおすすめです。

例えば、進研ゼミ中学講座であれば、定期テストに出やすい問題で勉強をすることができます。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

私も学生時代は進研ゼミで勉強をしていました

 

\ 無料資料請求はこちらから /

【進研ゼミ中学講座】

 

【合わせて読みたい】

社会のテスト勉強は毎日コツコツ暗記していこう

社会のテスト勉強は範囲が広いので、計画を立ててコツコツと行いましょう。

社会は暗記科目なのでついつい単語の暗記に気を取られがちですが、覚えた単語がどのように出題されるのかを確認するために問題演習も行いましょう。

学校の授業で学んだ内容を確認しながら、問題演習を繰り返せばテストで良い成績を取れるはずです。

残りの4科目のおすすめテスト勉強はこちらの記事で紹介しています。
 

【合わせて読みたい】




【科目別】社会カテゴリの最新記事