テスト勉強をする中学生におすすめの勉強法【数学】繰り返し問題を解くだけで点数は上がる

テスト勉強をする中学生におすすめの勉強法【数学】繰り返し問題を解くだけで点数は上がる

テスト勉強中学生数学アイキャッチ




 

疑問に思っている女子生徒

テスト勉強をしているけれど数学はどんな風に勉強したらいいの?

 

疑問に思っている男子学生

数学の公式が暗記できているかってどうやって確かめたらいいの?

 
と悩んでいる方に数学のテスト勉強のやり方を紹介します!

中学生になると定期テストがあり、どんな風に勉強したらよいか戸惑う場合も多いですよね。

私は学生時代、塾に行かず自力で勉強をして志望校に合格してきました。
(都立高校→慶應義塾大学商学部)

塾講師や家庭教師も経験してきてテスト勉強の計画を立てるのも得意です。

今回は塾に行かず勉強を続けてきた私が中学生の数学のテスト勉強は何をしたらいいの?どうしたら高得点が取れるの?といった疑問を解決していきます。

これを読めば数学のテスト勉強の方法がわかりますし、数学の成績も上がります!

POINT

この記事では、

  1. 中学生の数学のテスト勉強のやり方
  2. 中学生の数学のテスト勉強のコツ・ポイント

を紹介しています。

【この記事がおすすめの方】
・中学生で数学のテスト勉強をどんな風に進めるか悩んでいる方
・子供に勉強方法のアドバイスをしてあげたい親御さん
・数学の成績を上げたい方





中学生の数学のテスト勉強はシンプルに問題を解くだけでOK

勉強をしている子供

中学生の数学のテスト勉強はシンプルに問題を解くだけでOKです。
 

【中学生の数学のテスト勉強のやり方】
  1. 学校のワークをノートに解く
  2. 間違えた問題に印をつける
  3. 印のついた問題を繰り返し何度も解く

問題を解くだけといっても解き方にコツがあるのでもう少し詳しく紹介します!

1.学校のワークをノートに解く

中学生が数学のテスト勉強をする場合、基本的に学校の問題集やワークを解くだけで大丈夫です。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

ワークや問題集をテスト終了後に提出する場合も多いですよね

 
ただ、ここで気を付けてほしいのがワークや問題集は直接書いて解かず、ノートや裏紙などに解いてください。

別紙に問題を解くことでその問題集を何度も繰り返し使えるようになります。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

繰り返し間違えた問題を解くことで自分の苦手が克服できて高得点を狙える!

 
問題集に直接書き込んで、1回しか問題を解けないようにするのは避けてください。
 

ワーク・問題集の提出を求められているのであれば、

  • ノートに解いてノートごと提出する許可をもらう
  • 提出日ぎりぎりまでノートに解いて最後ワーク・問題集に書き込む

などの工夫をしましょう。

2.間違えた問題に印をつける

問題を解いたら間違えた問題に印をつけておきましょう。

印をつけておくと間違えた問題を把握しやすく2回目、3回目は間違えた問題だけ解くことができます。
 

  • 何回目で間違えたのか
  • 何回同じ問題を間違えたのか

を把握するためにも、間違えた問題に印をつけるときには解いた回数に応じてペンの色や印のつけ方を変えるのがおすすめです。

3.印のついた問題を繰り返し何度も解く

自分が間違えた問題(印がついている問題)を繰り返しときましょう。

印のついた問題は現段階で自分がミスした問題です。
 

1周目:問題を全部解く
2周目:1周目で間違えた問題のみ解く
3周目:2周目で間違えた問題のみ解く
4周目:3周目では間違えた問題のみ解く

テスト直前:問題集を提出するために全ての問題を解き答えを直接書き込み

こんな流れで勉強を進めていくのがおすすめ。

間違えた問題のみを解き続けることで時短になり、自分のわからない部分だけピンポイントで学習できます。
 

たじみゆ悲しい
たじみゆ

毎回、全部の問題を解くのは時間がかかるのでおすすめしません

 

中学生の数学のテスト勉強のコツ・ポイント

勉強している子供

中学生の数学のテスト勉強のコツ・ポイントを紹介します。

1つからでも試せるので数学の成績を少しでも上げたい、テストで高得点を取りたい方はマネしてみてください!
 

【中学生の数学のテスト勉強のコツ・ポイント】
  1. 苦手分野は自分で解説ノートを作ってみる
  2. 解説にメモをすると時短になりおすすめ
  3. テスト勉強中も途中式や解答を丁寧に書く
  4. 1つの問題に時間をかけすぎない
  5. 応用問題は解き方を覚えてしまう

1.苦手分野は自分で解説ノートを作ってみる

問題集ノート見開き

苦手分野や繰り返し解いてもどうしても間違ってしまう問題は自分で解説ノートを作ってみるのがおすすめです。

私は左ページに間違えた問題、右ページに問題の答えや解説をまとめた自分専用の問題集を学生時代に作っていました。
(画像の問題は英語ですが、数学も同様に作っていました。)

間違えた問題数が多いとノート作りが大変で時間がもったいないので、何周か問題を解いてみてどうしても解き方が覚えられない、わからないといった問題のみまとめると良いと思います。

2.解説にメモをすると時短になりおすすめ

自分専用の問題集を作る時間が惜しいときには解説にメモを書き込むと時短になるのでおすすめです。

解説を読んで理解できるときもあれば、解説の内容がわかりにくく一度読んだだけでは理解できないものもありますよね。

一度読んだだけでわからなかった解説に自分なりに補足説明や書き込みを加えることで、解説の内容が頭に入ってきやすくなります。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

自分が誰かにその問題の解き方を教えられるくらい丁寧に解説にメモを書き込んでみましょう

 
テスト直前には自分で追加の書き込みをしたオリジナル解説を見直せば短時間で復習ができます。

3.テスト勉強中も途中式や解答を丁寧に書く

テスト勉強中も途中式や解答を丁寧に書きましょう。

テスト勉強中は採点するのも自分だし、時間が惜しくて途中式や解答を雑に書いてしまうかもしれません。

しかし、テスト勉強中も丁寧に途中式や解答を書くことで間違えた問題の見直しもしやすいですし、わかりやすい解答を書く練習にもなります。

数学の場合、途中式をきちんと書いていると部分点がもらえる場合もあります。

解ききれなかった問題や少しだけミスをしてしまった問題で部分点を稼ぐためにも、答案は誰が見てもわかるように書く必要があります。

テスト本番だけきちんと答案を書こうとしても、慣れていないと難しいです。
 

たじみゆ悲しい
たじみゆ

時間が足りなくて焦ってしまうかもしれません

 
なので、テスト勉強の段階で誰が見ても途中式の流れがわかる解答作りの練習をしておきましょう。

4.1つの問題に時間をかけすぎない

テスト勉強中は1つの問題を解くのに時間をかけすぎないようにしましょう。

テスト勉強中に1つの問題に時間をかけるのは以下のデメリットがあります。
 

  • テスト勉強の計画に遅れが出る
  • 決められた時間内で問題を解く練習ができない

試験本番は制限時間が決められていて時間内に全ての問題を解く必要があります。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

解けるはずだったのに時間が足りなくて解けなかったという状況は避けたいです!

 
テスト勉強で1つの問題に時間をかけると単純に解ける問題の量が減るだけではなく、テスト本番でも時間内でスピーディに解くことができなくなってしまいます。

学校の定期試験の場合、解き方を暗記すれば高得点を取れるのでしばらく考えてわからない問題は解説を見て解き方を覚えるようにしましょう。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

思考力が問われる応用問題でないなら、パッと見て解き方がわからなければ解説を確認、でも良いです

 

5.応用問題は解き方を覚えてしまう

中学生の数学のテスト勉強で応用問題を解けないと悩んでいるのであれば、解き方を暗記してしまいましょう。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

私も数学は得意でしたが、文系人間なので完全に暗記に頼っていました

 
試験範囲の問題集の解き方を全て暗記していたら満点は無理でも高得点を取れるはず、こんな風に考えてひたすら応用問題は解き方を覚えていました。

解き方を覚えているだけで実力が身につくかは不安になるかと思いますが、結果として私は定期試験だけでなく模試でも数学で高得点が取れていたので解き方の暗記は無駄ではないと思います。

応用問題の解き方を覚えるときには途中で紹介した自分専用の問題集を作る方法がおすすめです!

自分専用の問題集の作り方はコチラの記事でも詳しく紹介しています。
 

【合わせて読みたい】




中学生のテスト勉強を効率よく行いたいなら通信教材がおすすめ

中学生の数学のテストで良い点を取りたいのであれば、試験範囲の問題を繰り返し解くのが大切です。

学校のワーク・問題集を解き続けるのでも問題ないですが、解く問題の量を増やしたい・良問をたくさん解きたいと考えるなら通信教材の受講もおすすめです。

進研ゼミ・スマイルゼミは定期試験対策が充実していて、テストに出やすい問題をたくさん解くことができます。

中学生向けのおすすめの通信教材はこちらの記事で詳しく紹介しています。
 

【合わせて読みたい】

中学生の数学で高得点を狙うならとにかく問題を解く

中学生が数学のテスト勉強をするときにはとにかく問題を解いてください。

難しい問題を解く必要はなく、学校で配布された問題集や同レベルの問題を解くのがおすすめです。

同じ問題を繰り返し解いて自分の苦手をつぶしていけば高得点を取れるようになります。

残りの4科目のテスト勉強法はこちらの記事で紹介しています。
 

【合わせて読みたい】




【科目別】数学カテゴリの最新記事