中1・中2の夏休みに勉強すべき内容3選|元塾講師が解説

中1・中2の夏休みに勉強すべき内容3選|元塾講師が解説

中1・中2夏休み勉強アイキャッチ




 

疑問に思っている女子生徒

中1・中2の夏は受験もまだまだだし、遊んでばかりでいいのかな?

 

疑問を持つ女性

部活が忙しいのはわかるけれど夏休みに入ってから子供が全く勉強していない……

 
と悩んでいるあなたに中1・中2の夏休みで勉強しておきたいことを紹介しています!

私は元塾講師・家庭教師で様々な生徒に学習アドバイスをしてきました。

今回は元塾講師・家庭教師である私が中1・中2の夏休みって何をしたらいいの?といった疑問を解決していきます。

これを読めば中1・中2の夏休みで勉強すべき内容がわかり、2学期も好スタートを切ることができます!

【この記事がおすすめの方】
・中学1年生や中学2年生で夏休みを迎える子
・中1・中2の子供を持つ親御さん
・夏休みにどんな勉強をしたらいいか悩んでいる方





中1・中2の夏休みで勉強すべき内容3つ

勉強をしている女性

まずは中1・中2の夏休みで勉強すべき内容を3つ紹介します。
 

【中1・中2の夏休みで勉強すべき内容】
  1. 今までの範囲の総復習
  2. 2学期以降の予習
  3. 自分の苦手な科目・単元

 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

一つひとつ見ていきましょう!

 

1.今までの範囲の総復習

まず、中1・中2の夏休みでは今まで勉強してきた範囲の総復習をしておきましょう。

高校受験では中1・中2で学んだ内容も出題されます。

中学3年生になってから総復習をしても範囲が広く勉強が間に合わなくなる可能性があるからです。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

少しずつ復習をして、中3になって慌てないようにしましょう!

 
英語・数学のように積み重ねが重要になる科目は1学期の復習をしっかりしておくことで、2学期以降の勉強もスムーズに進むようになります。

2.2学期以降の予習

中1・中2の夏休みの勉強では2学期以降の予習もしておきましょう。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

特に普段、部活で忙しくて予習が出来ていない子は夏休みにしっかり予習をしましょう

 
2学期の予習をしておくことで、学校の授業で実際に習ったときに理解しやすくなります。

予習では、100%理解する必要はありません。
 

  • 自分のわからない部分を把握しておく
  • 英単語など調べてわかるものは調べておく

この程度で大丈夫です。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

2学期はこんな内容を学習するんだな~、と確認するくらいで大丈夫です

 
英語と数学の予習方法はこちらの記事で紹介しています。
 

【合わせて読みたい】

3.自分の苦手な科目・単元

中1・中2の夏休みの勉強では自分の苦手な科目や単元を重点的に勉強しましょう。

2ヶ月近くある夏休みは自分で計画を立てて自由に勉強ができる貴重な期間です。

時間にゆとりがあるので、自分の苦手な範囲を学習するのに向いています。

自分一人で苦手な部分の勉強をするのは大変なので、
 

  • 友達数人と勉強会をする
  • 学校の先生にアポを取って質問しにいく

などをするのもおすすめです。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

もちろん、塾、家庭教師を利用している方は担当の講師に聞くのも良いですね

 

中1・中2の夏休みの勉強時間は毎日2時間

目覚まし時計

中1・中2の夏休みの勉強時間は毎日2時間くらいを目標にしてみましょう。

中1・中2の夏休みは勉強時間の長さよりも学習習慣を身につけるのが大切です。

部活や習い事、旅行などで忙しいかと思いますが2時間を目標に勉強を続けてみましょう。

学習習慣を作るのが大切

中1・中2の夏休みの勉強は、学習習慣を作るのが大切です。

学習習慣がないまま、夏休みを過ごしてしまうと2学期に入ってから勉強が大変になってしまいます。
 

  • 学校の授業に集中できない
  • 勉強するのが辛くなり自宅で宿題をしても集中できない

 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

こんな風にならないように夏休みは自宅で勉強し学習習慣を崩さないようにしましょう

 

部活・帰省・旅行などの予定とバランスを取る

部活・帰省・旅行など夏休み中も予定が詰まっている中学生も多いかと思います。

その場合は勉強以外の予定とバランスを取りながら勉強の計画を立てていきましょう。
 

  • 部活が午前or午後のみの日は部活がない時間に図書館に行って勉強する
  • 旅行中や帰省中は勉強しない代わりに前後で多めに勉強する

こんな風にメリハリをつけて勉強ができると良いですね。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

塾や家庭教師などを利用している場合はこれらの勉強と自主学習のバランスを取るのも重要です

 
部活と勉強の両立方法はこちらの記事でも紹介しています。
 

【合わせて読みたい】




中1・中2の夏休みを成功させるコツ

ノートと3本のペン

最後に中1・中2の夏休みを成功させて、2学期以降も勉強に集中しやすくするためのコツを紹介します。
 

【中1・中2の夏休みを成功させるコツ】
  1. 夏休み開始時に計画を立てる
  2. 課題だけでなく自主学習もする
  3. 2学期最初にテストがあるなら対策を
  4. 生活スケジュールを崩しすぎない
  5. 夏休みの教材選びに迷ったら通信教材もおすすめ

1.夏休み開始時に計画を立てる

夏休みが始まる前に勉強を含めた夏休みの計画を立てておきましょう。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

部活や旅行などの予定が分かったときに立てておくとスムーズです

 
夏休みが始まってから計画を立てようとするとついつい先延ばしになってしまいダラダラと過ごしてしまうからです。

夏休みが始まる前に計画を完成させておけば夏休み開始と共に計画を始められます。

2.課題だけでなく自主学習もする

学校の課題、塾や家庭教師の課題だけでなく自主学習もしておきましょう。

特に自分の苦手な科目・単元は一人ひとりで違うので、自分に合った対策をする必要があります。

自分一人でどんな勉強をしていいかわからない場合は月額1,980円で小4~高3までの全授業動画が観られるスタディサプリを利用するのもおすすめです。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

会員向けに問題集もPDFで無料配信されているので、授業動画+問題演習ができます

 
例えば、夏休みの7月・8月だけ受講しても1,980円×2ヶ月=3,960円なので市販の問題集くらいの価格で5科目全ての勉強ができちゃいます。

ちなみにスタディサプリ中学講座には月額1,980円のベーシックコースと月額9,800円の個別指導コースがあります。

夏休みの学習フォロー目的であれば、スタディサプリベーシックコースで十分です。

スタディサプリベーシックコースについてはこちらで詳しく書いています。
 

【合わせて読みたい】

3.2学期最初にテストがあるなら対策を

2学期最初に学校で実力テストや課題テストがあるならしっかり対策をしておきましょう。

テストはどれだけ自分が理解できているかを確かめられるので、きちんと勉強して臨みたいところです。

夏休み中ずっとテスト勉強対策をする必要はないので、2学期が始まる1、2週間くらい前から対策をしておきましょう。

学校課題で出された内容の実力テストがある場合には、課題の問題集などに最初から書き込まないようにして繰り返し勉強できるようにしておきましょう。

効率の良い問題集の使い方はこちらの記事で紹介しています。
 

【合わせて読みたい】

4.生活スケジュールを崩しすぎない

夏休み中も生活スケジュールを崩しすぎないようにしましょう。

夏休みは学校が休みで朝、早く起きなくてもいいのでついつい朝寝坊・夜更かしをしてしまいがちです。
 

  • 朝寝坊・夜更かしをしない
  • 3食きちんと食べる

このような生活を意識しておきましょう。

体力も落ちてしまいますし、2学期が始まってからの生活に支障が出るので、極端に生活スケジュールを崩さないようにしましょう。

運動部や活動熱心な部活に所属している中学生は比較的、昼間の予定が多く生活スケジュールを崩しにくいです。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

その場合、部活と勉強の両立に力を入れましょう

 

5.夏休みの教材選びに迷ったら通信教材もおすすめ

夏休みにどんな勉強をしていいかわからないと悩んだら通信教材を利用するのもおすすめです。
 

  1. 学校の進度に合った勉強が出来るので予習・復習にぴったり
  2. 通信教育独自の模試も用意されていて自分の実力がわかる
  3. 質の高い問題を多く解くことができる

通信教育はこのような特徴があり、夏休み中の自主学習にも向いています。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

塾の夏期講習よりも必要を節約できるのも嬉しいです!

 
通信教育は無料体験教材もあるので、気になったものをいくつか資料請求してみるといいですね。

中学生向けのおすすめ通信教育はこちらの記事で紹介しています!
 

【合わせて読みたい】

中1・中2の夏を攻略して2学期は好スタートしよう

中1・中2の夏休みに自分で勉強をすることができれば、2学期以降の授業も理解しやすくなります。

テストで高得点を取りやすくなるので2学期以降、勉強を頑張りたいと思っている方は夏休みの過ごし方を工夫しましょう。

中1・中2の夏休みの勉強を頑張れば、2学期は好スタートをきることが可能です。

どんな教材を使用して勉強を進めるか悩んだら通信教育の利用も検討してみてください!
 

【合わせて読みたい】




夏休みカテゴリの最新記事