中学理科のおすすめ参考書を紹介|塾講師・家庭教師経験者が教えます

中学理科のおすすめ参考書を紹介|塾講師・家庭教師経験者が教えます

中学理科参考書おすすめアイキャッチ




 

疑問に思っている女子生徒

中学生用の理科の参考書が欲しいけどどれを選んだら良いかわからない!

 

疑問を持つ女性

子供に参考書を買いたいけれど、おすすめはどれ?

 
と悩んでいるあなたに中学理科のおすすめ参考書を紹介しています!

私は学生時代、塾に通わず自分で勉強して志望校に合格してきました。
(都立高校→慶應義塾大学商学部)

また、塾講師や家庭教師も経験していたので、教材選びには自信があります。

今回は元塾講師・家庭教師である私が中学理科のおすすめ参考書ってどれ?といった疑問を解決していきます。

これを読めば中学理科のおすすめ参考書が見つかり成績が上がります!

【この記事がおすすめの方】
・理科の勉強法に悩んでいる中学生
・理科を得意にしたい中学生
・理科の参考書を探している方

なお、私は都立高校出身で塾や家庭教師で教えた生徒も都立志望の子がほとんどでした。

なので、この記事も都立高校を始めとした公立高校を受験する中学生向けに書いています!





中学生のおすすめ理科参考書【定期テスト対策】

コーヒーとノート

まずは、定期テスト対策におすすめの理科の参考書を紹介していきます。
 

【定期テスト対策におすすめの理科参考書】

 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

それぞれの特徴を紹介します

 
理科のおすすめテスト勉強法はこちらの記事で紹介しています。
 

【合わせて読みたい】

1.中学理科 (マイスタディガイド)

中学3年間で学ぶ内容が1冊におさまっている参考書です。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

1冊におさまっているとかさばらないし使いやすい!

 
フルカラーでわかりやすく要点がまとめられているので、
 

  • 授業の予習・復習
  • 定期テスト対策
  • 長期休み中の総復習
  • 高校受験対策の総復習

に使用できます。

ただ、問題集ではなく、参考書なので中学理科 (マイスタディガイド)を使って暗記した後、問題演習をする必要があります。
 

たじみゆ悲しい
たじみゆ

中学理科 (マイスタディガイド)だけを使って、理解した気になって問題を解かないのはNGです

 

2.教科書ガイド

教科書ガイドは定期テスト対策におすすめの参考書です。

学校で使われている教科書の補足・詳しい解説が書かれています。

教科書の問題の答えや解説も書かれているので、自分のペースで勉強を進めることができます。

大きな書店でないと手に入らないことが多いので、確実に入手したいのであれば、インターネット通販で購入するのがおすすめです。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

自分の学年・学校で使用している教科書を確認してから買いましょう

 

3.学校で配布されているワーク

学校で配布されているワークは定期テスト対策にぴったりの教材です。

学校で配布されたワークの問題を参考にして学校の先生はテストの問題を作っているからです。

そのため、学校のワークでは定期テストに直結する問題を解くことができます。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

市販の参考書をあれこれ買う前にまずは、学校のワークを極めましょう

 
学校のワークを解くときは何度も繰り返し解くのがおすすめです。

問題集の効率的な使い方はこちらの記事で紹介しています。
 

【合わせて読みたい】

中学生のおすすめ理科参考書【高校受験対策】

勉強をしている女性

続いて、高校受験対策におすすめの理科の参考書を紹介します。
 

【高校受験対策におすすめの理科参考書】

 

たじみゆにっこり
たじみゆ

それぞれ詳しく紹介していきます!

 
高校受験の理科の勉強法はこちらの記事で解説しています。
 

【合わせて読みたい】

1.中学 自由自在問題集 理科

中学 自由自在問題集 理科は高校受験対策として、中学3年間の総復習をするのにおすすめの教材です。
 

  • 重要単語や要点を書き込みながら暗記することができる
  • 理解度診断テストで問題形式で知識を定着できる
  • 高校入試予想問題で入試に近いレベルも解くことができる

このように重要単語の暗記~入試対策まで中学 自由自在問題集 理科だけでステップアップしていくことが可能です。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

公立高校の入試であれば、中学 自由自在問題集 理科1冊を何度も解き直せば受験対策はばっちりです

 

2.中学総合的研究問題集 理科 改訂版

中学 自由自在問題集 理科だけでは物足りず、もっと問題を解きたいのであれば中学総合的研究問題集 理科 改訂版がおすすめです。

問題量が多いので、何度も繰り返し解けば様々な問題に対応できるようになります。
 

  • トップ公立校合格を狙っていて理科で高得点を狙いたい
  • 苦手な単元の問題演習量を増やしたい

方におすすめです。

3.志望校過去問

理科の問題集だけでなく、志望校の過去問を解くようにしましょう。

過去問は1度解いて終わりではなく、何度も繰り返し解くようにしてください。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

問題と答えを覚えちゃうくらい解いてOKです

 
各高校や都道府県で入試の出題傾向は決まっているので、過去問を繰り返し解いて問題傾向や出やすい範囲を確実にマスターしましょう。

志望校の過去問を解くだけではなく、入試によく似た問題が出題される模試を受験して試験慣れしておくのも大切です。

模試についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。
 

【合わせて読みたい】




一問一答式の問題集はおすすめできない

教科書の山

中学生向けの理科の参考書や問題集の中には一問一答形式のものがありますが、あまりおすすめできません。
 

疑問に思っている女子生徒

理科は暗記教科だから、英単語や漢字のように一問一答で暗記するのが効率よくないの?

 
塾講師や家庭教師時代も生徒にこのように質問されていましたが、理科の入試では重要単語が一問一答形式でそのまま出題されることはまずありません。

重要単語も実験や観察問題の中で問題の1つとして聞かれることが多いので、試験と同じ形式の問題に慣れておく必要があります。
 

たじみゆ悲しい
たじみゆ

一問一答形式では単語を覚えても入試に対応できない場合があります

 
一問一答形式で暗記をするのも、もちろん無駄ではありませんが、基本の勉強は問題演習だと覚えておきましょう!

参考書を複数冊買うなら通信教育の方がお得

電卓とコイン

今回、中学生向けに理科のおすすめ参考書を紹介してきましたが、どの参考書も1,000円以上するものばかりです。

1科目あたり数冊の問題集×5科目分を揃えるとなるとまとまったお金が必要になります。

各科目の参考書を複数冊揃えるくらいなら、通信教育を受講するのもおすすめです。

通信教育であれば、参考書では得られない学習サポートや受験情報も教えてもらえます。

中学生向けの通信教育はこちらの記事で紹介しています。
 

【合わせて読みたい】

【まとめ】自分に合う参考書で効率よく勉強しよう

中学生向けの参考書は自分に合ったものを選ぶのがおすすめです。

自分で気に入った参考書を見つけられれば、勉強のやる気も上がりますし、効率も上がります。

今回紹介した参考書を元にして、自分に合うものを選んでみてください。

残りの4科目のおすすめ参考書はこちらの記事で紹介しています。
 

【合わせて読みたい】




【科目別】理科カテゴリの最新記事