中学生を勉強でやる気にさせる方法は成功体験!親ができることを紹介

中学生を勉強でやる気にさせる方法は成功体験!親ができることを紹介

中学生勉強やる気にさせるアイキャッチ




 

怒っている女性

小学生のときは言うことを聞いてくれたけど最近は全然、話を聞いてくれないし勉強もしてくれない……

 

困っている女性

毎日、部活ばかりで勉強をしないので子供の高校受験が不安

 
と悩んでいるあなたに中学生をやる気にさせる方法を紹介しています!

中学生は小学校時代と違い本格的になった勉強に戸惑う時期です。

部活動も始まり、思うように勉強のやる気が出ない子も多いです。

中学に入学し、勉強・部活・人間関係などで悩む子の解決法はこちらの記事で紹介しています。
 

【合わせて読みたい】

そんな中学生をやる気にさせて勉強させるには成功体験を積ませるのが重要です。

塾講師・家庭教師時代にたくさんの生徒の勉強をみてきた経験をいかして、中学生に自分から勉強してもらう方法ってあるの?といった疑問を解決していきます。

これを読めば中学生をやる気にさせる方法がわかり、子供の成績も上がるようになります!

【この記事がおすすめの方】
・中学生の子供にもっと勉強をさせたい方
・子供の成績が落ちてきてこのままでは学校の勉強についていけなくると不安な方
・子供が自分から勉強をしてほしいと思っている方





中学生を勉強でやる気にさせる1番の方法は成功体験

教科書を抱えている女子・勉強

まず、中学生を勉強でやる気にさせる1番の方法は成功体験を積ませることです。

勉強の成功体験とは単純でテストで良い結果を取らせることです。
 

  1. 勉強を頑張る
  2. その結果、テストで良い点を取る
  3. 努力は無駄にならないとわかり、また勉強を頑張る

この好循環が出来上がれば、自分から勉強する子になります。

なので、お子様にもっと勉強をしてほしい、やる気を出してほしいと考えている保護者はどうやってお子様に最初の1回の成功体験を積ませるかを考えていきましょう。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

もう少し詳しく理由を説明していきます

 

1.勉強しても意味ないという考えを打ち消す

勉強で成功体験を積めば、勉強しても意味ない(結果が出ない)という考えを打ち消します。

自分から勉強をしない子の多くは
 

疑問に思っている男子学生

勉強なんかしたって意味ない……

 
と考えている場合が多いです。

確かに、結果が出ない努力をするのは大人だって辛いですよね。

こう考えている子でも正しい勉強方法を教えてあげれば結果はついてきます。

結果がついてくると自然に勉強なんて意味ないという考えは消え、徐々にもっと上を目指せるようになってきます。

2.勉強を頑張れば結果が出ると知ってもらう

成功体験のおかげで、勉強を頑張れば、きちんと結果が出ることを子供たちが理解します。

頑張れば、良い結果が出ることを知ってると努力をしている最中も悩みや迷いがなくなります。

素直な気持ちで勉強できるので、集中力も上がりもっと勉強した内容が身につくようになります。

まずは、正しい勉強をして結果を出させることを保護者は意識していきましょう。

中学生を勉強をやる気にさせるために親ができること

コーヒーとノート

続いて、具体的に親御さんが子供にしてあげられるサポート内容を紹介していきます。
 

【子供の勉強のために親ができること】
  1. 勉強環境を整える
  2. 子供に合う勉強法を見つけてあげる
  3. 子供に干渉しすぎない

先ほども書きましたが、子供が勉強でやる気を出すには成功体験を積ませるのが1番です。

成功体験を積ませるために、親御さんは子供が正しい勉強法を見つけるための手助けをしてあげましょう。

1.勉強環境を整える

子供が勉強に集中しやすいように、勉強環境を整えてあげましょう。

お子様によって、静かな環境で集中できる子、逆に雑音があった方が集中できる子など様々です。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

お子様が集中できる環境を見つけましょう

 
子供が自室では勉強に集中できないのであれば、リビングで学習をさせるのもおすすめです。

リビング学習のメリットやコツについてはこちらの記事で詳しく書いています。
 

【合わせて読みたい】

2.子供に合う勉強法を見つけてあげる

子供に合う勉強法を見つけてあげましょう。

最近は塾や家庭教師、通信教育など様々な学習方法が用意されています。

お子様の性格や今の生活に合う勉強法を一緒に選んであげられると良いですね。

例えば、厳しい部活動に所属しているお子様を勉強させたいからといって塾に通わせるのはおすすめできません。
 

たじみゆ悲しい
たじみゆ

既に予定がキツキツなのに、塾に通わせても成果が出にくいです……

 
このように部活が忙しい子なら短時間で効率よく勉強できる通信教育がおすすめです。
 

【合わせて読みたい】

お子様に合う勉強法を見つけてあげましょう。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

お子様の意見も参考にしましょう

 

3.子供に干渉しすぎない

中学生は思春期、反抗期である子も多いのであまり干渉しすぎないようにしましょう。

子供に干渉しすぎると嫌がられてしまい、大事なことを言ったときも相手にされなくなる可能性があります。

口を出すラインを決めておいて、そのラインを超えないのであれば子供の好きなようにさせてみるのも良いでしょう。

反抗期の子供への親の接し方はこちらの記事で詳しく書いています。
 

【合わせて読みたい】




中学生を勉強でやる気にさせる親の接し方

勉強をしている女性

中学生を勉強でやる気にさせる親の接し方を紹介していきます。
 

【中学生を勉強でやる気にさせる親の接し方】
  1. 勉強しろとガミガミ言わない
  2. 子供に計画をさせる
  3. 普段からコミュニケーションを取る
  4. 将来の話をしておく
  5. 頑張りや結果を認めてあげる

 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

親も人間なので、常にこんな風に接するのは無理かもしれませんが、意識だけはしておきましょう

 

1.勉強しろとガミガミ言わない

子供に勉強しろとガミガミ言わないようにしましょう。
 

怒っている女性

勉強しなさい!

 
こんな風に言ったところで結局、やらない子はやらないんですよね。

中学生ともなると自分の意思で勉強できない子は徐々に授業についていけなくなります。

ガミガミ言っても子供は聞かないし、親御さんもストレスを感じてしまうのでやめた方が良いです。

小言を頻繁に言うよりは、
 

ひらめいている女性

次のテストで〇点以上を取ってね
取れなかったら塾に行くとか今後の勉強法を考えよう

 
と結果に対して約束を取り付けてしまいましょう。

結果で判断すると約束した後はあれこれ口を出さないようにしてくださいね。

子供の叱り方についてはこちらの記事で紹介しています。
 

【合わせて読みたい】

2.子供に計画をさせる

中学生は親離れ、子離れの時期でもあります。

勉強の計画などは親があれこれ言わず、子供自身にやらせましょう。

勉強の計画を自分でできるようにならないと、高校や大学に進んでから結局困ってしまうからです。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

今のうちに勉強のやり方を身につけた方が得

 

  • 子供が計画を立てられない
  • 子供の計画がずさん

こんなときには子供の許可を得てからサポートをするか、一度テストの点数などの結果を見てから判断しましょう。

親のサポートを子供が受けたがらない場合はスタディサプリの個別指導コースを利用してみるのもおすすめです。

スタディサプリの個別指導コースなら、担当コーチによる習熟度チェックと学習計画作成を毎週してもらえます。
 

\ 14日間無料体験実施中 /

中学講座

 

【合わせて読みたい】

3.普段からコミュニケーションを取る

不安から子供とコミュニケーションを取っておきましょう。

子供と話す機会を増やしておくと、それだけ子供の変化にも気づきやすくなります。

中学生は勉強以外の悩みも多い時期です。

もしかしたら、心配事があって勉強どころではないのかもしれません。

子供の変化にすぐ気づいて何かあったらサポートしてあげられるように普段から会話をしておきましょう。

4.将来の話をしておく

何気ない会話だけでなく、将来の話も子供とできると良いですね。

中学生は勉強が大切なのはわかっているけれど、どんな風に今の勉強が将来につながるかイメージしにくい年代でもあります。

なので、お子様が今努力している勉強がどんな風に将来に繋がっていくのかを話してあげましょう。

規模の大きい話をしなくても、
 

  • ご両親が大学で学んだ勉強
  • 高校・大学時代の思い出
  • 今の仕事の話

などをするだけでも良いですよ。

5.頑張りや結果を認めてあげる

子供の頑張りや結果を認めてあげましょう。

保護者の方は子供を心配する気持ちでついついダメな部分に目を向けてしまいがちです。

しかし、子供自身は何よりも親御さんに自分を認めてほしいと思っています。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

褒めることも大切です

 
そして、結果だけを褒めるのではなく、まずは頑張った内容や過程を認めてあげてくださいね。

子供をやる気にさせるには成功体験が何より大切

中学生は勉強も本格的になってきて、やる気が出にくい時期でもあります。

勉強でやる気を出させるには、結局のところ、テストで良い点を取ってもらって成功体験を積ませるしかありません。

親御さんは子供がテストで良い点を取るためのサポート役に徹しましょう。

子供が正しい勉強法で良い結果を出せるように学習環境を整えてあげるのが大切です。

子供に合う学習方法を見つけてあげられると良いですね。

お子様がどんな勉強をしたらいいのか悩んでいたら家庭教師や通信教育の利用を検討してみるのも良いですね。
 

【合わせて読みたい】




子供との接し方カテゴリの最新記事