【中学生向け】国語の勉強法まとめ|受験・テスト対策・予習・復習

【中学生向け】国語の勉強法まとめ|受験・テスト対策・予習・復習

中学生国語勉強法アイキャッチ




 

疑問に思っている女子生徒

国語の問題はなんとなく解いてるから勉強法がわからない!
このままで高校受験、乗り切れるのかな?

 
と悩んでいるあなたに中学国語の勉強法を紹介しています!

私は元塾講師・家庭教師で今まで様々な生徒に勉強法のアドバイスをしてきました。

今回はたくさんの生徒に勉強法のアドバイスをしてきた経験をいかして、中学国語の勉強法ってどんな風にやるのがおすすめ?といった疑問を解決していきます。

これを読めば国語の勉強法がわかり、国語の試験で高得点を狙えるようになります!

【この記事がおすすめの方】
・国語が苦手な中学生
・国語の勉強法がわからなくて困っている中学生
・国語の試験の点数にムラがあって今後が不安な方





高校受験の国語の勉強法

STUDYのブロック

高校受験の国語の勉強では問題演習を繰り返し行い、入試の傾向に慣れておくのが大切です。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

問題集や過去問を何度も繰り返し解いて試験に慣れましょう

 
また、公立高校を第一志望にしている場合でも滑り止めの高校の過去問も必ず解くようにしてください。

公立高校と私立高校の入試傾向が違う場合があるからです。

国語の高校受験対策はこちらで詳しく書いています。
 

【合わせて読みたい】

中学生向けの国語テスト勉強法

授業を受けている女子生徒

国語の定期試験対策は以下の4ステップで勉強していきましょう。
 

【国語のテスト対策4ステップ】
1.漢字・単語の暗記
2.学校のワークを解く
3.授業ノートを何度も読む
4.教科書ガイドがあれば読む

国語の定期テスト対策では暗記部分とそれ以外(長文読解)を分けて勉強していきましょう。

漢字や単語は繰り返し勉強を行い確実に得点できるようにして、暗記以外の部分は重要ポイントを見直して自分なりに理解しておくのが重要です。

国語のテスト対策についてはこちらの記事で詳しく書いています。
 

【合わせて読みたい】




国語が苦手な中学生のための勉強法

コーヒーとノート

国語が苦手な方は国語の中でも特にどの部分が苦手なのか分析しましょう。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

直近のテストや模試を見直して苦手部分を見つけましょう

 
そして、苦手な部分ごとに対策を立てていくのが苦手克服への近道です。
 

【国語の苦手克服法】
【漢字・単語】毎日とにかく繰り返し暗記
【現代文】問題を先に読む・時間配分をマスター
【古文】授業の内容を完璧にする
【漢文】基礎の学習に力をいれておく

中学生の国語で古文・漢文は基本的な部分しか出題されないので、最低限の暗記や問題演習を済ませたら長文読解対策に時間を使うようにしてください。
 

たじみゆ悲しい
たじみゆ

全分野をまんべんなく出来るようにするのは効率が悪いです……

 
中学国語が苦手な方向けの勉強法はこちらの記事で紹介しています。
 

【合わせて読みたい】

国語のおすすめ参考書・問題集

教科書の山

国語の参考書や問題集を選ぶときには、
 

  • 漢字・単語の暗記用
  • 定期テスト対策用
  • 高校受験対策用(現代文・古文・漢文)

と目的をはっきりさせておきましょう。

目的や自分に合う問題集を用意して、何度も繰り返し学習していくと良いですね。

国語のおすすめ参考書や問題集はこちらの記事で紹介しています。 
 

【合わせて読みたい】

国語の勉強を効率よく行いたいなら

教科書を抱えている女子・勉強

これまで紹介してきた国語の勉強法は基本的に自分一人で勉強を進めていくスタイルです。

しかし、
 

  • 国語が苦手で自分では勉強を進められない
  • 受験で必要なテクニックを効率よく学びたい
  • 部活や習い事で忙しいの短時間でポイントを押さえて勉強したい

このような場合は自分一人で国語の勉強をするよりも、塾や家庭教師、通信教育で国語の勉強をしていく方が良いでしょう。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

塾、家庭教師、通信教育で国語の勉強をする場合のメリット・デメリットをそれぞれ紹介します

 

1.塾を利用する

塾を利用して国語の勉強をする場合のメリット・デメリットは以下の通りです。
 

【塾で国語を勉強するメリット】
・塾の先生に直接、問題を解くテクニックを習える
・学力や志望校に合ったカリキュラムで効率よく学べる

 

【塾で国語を勉強するデメリット】
・費用がかかってしまう
・通塾に時間がかかる

 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

国語は英数よりも塾に通う優先度が低くなりがちです。
そのため、塾で国語を習うのは比較的、時間とお金に余裕がある場合におすすめです

 
塾選びのポイントはこちらの記事で詳しく書いています。
 

【合わせて読みたい】

2.家庭教師を利用する

家庭教師を利用する場合のメリット・デメリットは以下の通りです。
 

【家庭教師で国語を勉強するメリット】
・マンツーマンで質の高い指導を受けられる
・自宅に家庭教師の先生が来るので通塾が不要

 

【家庭教師で国語を勉強するデメリット】
・通信教育よりも費用がかかる
・家庭教師の指導レベルや条件に差があるので合う講師を見つけにくい

 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

ご近所に条件の合う家庭教師がいない場合には全国各地から家庭教師を探せるオンライン家庭教師もおすすめです

 
家庭教師の選び方は以下の記事で書いています。
 

【合わせて読みたい】

3.通信教育を利用する

通信教育を利用して国語の勉強をするメリット・デメリットは以下の通りです。
 

【通信教育で国語を勉強するメリット】
・塾や家庭教師より費用を抑えられる
・自分のペースで学習できる
・定期テストから入試対策にまで対応可能

 

【通信教育で国語を勉強するデメリット】
・疑問点を先生にその場で確認しにくい
・解答を講師や先生に添削してもらいにくい

 

たじみゆにっこり
たじみゆ

記述式の問題演習もしたい場合には、添削課題のある通信教育が向いています

 
中学生向けのおすすめ通信教育はこちらの記事で紹介しています。
 

【合わせて読みたい】

国語は問題を解くテクニックを身につけよう

国語は漢字などの暗記も重要ですが、それ以上に問題を解くテクニックが必要になります。

問題を解くテクニックを身につけないと模試や試験のたび、点数にムラが出てしまい入試本番に不安を残してしまいます。

志望校の入試に似ている問題を繰り返し解いて、問題を解くコツを身につけていきましょう。

残りの4科目のおすすめ勉強法はこちらで紹介しています。
 

【合わせて読みたい】




【科目別】国語カテゴリの最新記事