【中学生向け】理科の勉強法まとめ|受験・テスト対策

【中学生向け】理科の勉強法まとめ|受験・テスト対策

中学生理科勉強法アイキャッチ




 

疑問に思っている女子生徒

中学生の理科の勉強法が知りたい……
テスト対策と高校受験対策ではやることが違うのかな?

 
と悩んでいるあなたに中学生の理科の勉強法を紹介しています!

私は元塾講師・家庭教師で今まで様々な生徒の勉強をみてきました。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

単に指導科目を教えるだけでなく、勉強法のアドバイスもしてきました!

 
今回は様々な生徒に指導してきた経験をいかして中学生は理科の勉強をどんな風にしたらいいの?といった疑問を解決していきます。

これを読めば理科の勉強法がわかり、成績アップ・偏差値アップを目指せるようになります!

【この記事がおすすめの方】
・中学生で理科が苦手な方
・理科の勉強法に悩んでいる方
・定期試験では点が取れているが高校受験が不安な方





高校受験の理科の勉強法

問題を解いている子供

理科の高校受験対策は以下のように勉強をするのがおすすめです。
 

【時期別・理科の勉強法(高校受験)】
・中学3年までは定期テスト対策に集中
・中学3年からは1・2年の総復習
・内申点が出てからは受験対策に集中する

 

【高校受験の理科の勉強法】
・まとめノートは自分で作らない
・同じ問題集を何度も繰り返し解く
・丸暗記では高得点が取れないと知っておく

高校受験の理科の勉強法は問題を何度も解いて出題パターンに慣れていきましょう。

内申点が出るまでは学校のテスト対策と受験勉強の両立をするのも重要です。

高校受験の理科の勉強法はこちらの記事で詳しく紹介しています。
 

【合わせて読みたい】

中学生向けの理科テスト勉強法

中学生の理科は範囲が広く、高校受験対策で一から勉強するのは大変です。

なので、毎回の定期試験対策をしっかりと行い、苦手な単元・分野を作らないようにしておきましょう。
 

【中学生の理科のテスト勉強法】
・授業ノートやプリントの見直し
・学校のワークを解く
・教科書ガイドを読む
・市販の問題集があるなら使用する

基本的には学校の授業で行った内容を復習しましょう。

そして、学校のワークなどを何度も解きテストの出題パターンに慣れていくのが重要です。
 

たじみゆ悲しい
たじみゆ

単語の丸暗記だけでは高得点を狙えないので注意してください

 
理科のテスト勉強はこちらの記事で詳しく書いています。
 

【合わせて読みたい】




理科が苦手な中学生のための勉強法

銀色の振り子

理科は暗記科目でありながら、計算問題や実験・観察問題など思考力が問われる部分もあり、苦手と感じる中学生が多いようです。
 

【理科が苦手な方向けの勉強法】
【定期テスト対策】学校のワークを何度も解く
【入試対策】頻出単元を中心に問題を解きまくる

中学理科の苦手克服は何度も問題を解いて、出題パターンに慣れるしかありません。

簡単な問題から、徐々に入試レベルの問題まで解けるようにたくさんの問題を解くようにしてください。

理科が苦手な方向けの勉強法はこちらの記事で詳しく書いています。
 

【合わせて読みたい】

理科のおすすめ参考書・問題集

本とノートと勉強

理科を勉強するときには市販の参考書や問題集を活用するのもおすすめです。

定期テスト対策や入試対策など目的に合わせて、自分に合う参考書を見つけられるといいですね。
 

  • 要点を整理して書き込むタイプの問題集
  • 入試に近いレベルの問題集

を活用すれば定期テスト~入試にまで対応可能です。

中学理科のおすすめ参考書や問題集はこちらの記事で紹介しています。
 

【合わせて読みたい】

理科の勉強を効率よく行いたいなら

教科書を抱えている女子・勉強

これまで紹介してきた方法は理科を自分で勉強するときにおすすめの勉強法です。
 

  • 試験まで時間がない場合
  • 部活や習い事で勉強時間の確保が難しい場合
  • 理科が苦手で1人で勉強を進められない場合

しかし、このような状況で理科の勉強を効率よく行いたい方もいると思います。

塾や家庭教師などを上手に活用して、理科の勉強を行う方法を紹介します。

1.塾を利用する

中学生で理科の勉強を効率よく行うなら塾に通うのがおすすめです。

塾の場合は学力や志望校に合ったカリキュラムで学習できて身につきやすいです。

しかし、費用がかかってしまうのや通塾に時間がかかるのがデメリットですね。

自分に合う塾の選び方はこちらの記事で紹介しています。
 

【合わせて読みたい】

2.家庭教師を利用する

塾に通うのは費用や時間の負担が大きいと感じるのであれば、家庭教師を利用してみましょう。

家庭教師は先生が自宅に来てくれるので通塾に時間は必要ないですし、費用も塾より節約できます。

中3の2学期以降など短期集中で理科の家庭教師を利用されるご家庭も多かったです。

家庭教師の選び方はこちらの記事で紹介しています。
 

【合わせて読みたい】

3.通信教育を利用する

 

疑問に思っている男子学生

塾や家庭教師に習うほどじゃないけれど、
自分で市販の問題集で勉強するのは難しい……

 
このような方は通信教育を利用するのがおすすめです。

通信教育であれば、学校の進度や志望校のレベルに合った教材で勉強できます。

通信教育の場合、わからない部分を先生に質問できないのがデメリットですが、質問を受け付けている通信教育もあるのでそういったサービスを利用しましょう。

中学生におすすめの通信教育はこちらの記事で紹介しています。
 

【合わせて読みたい】

 

たじみゆにっこり
たじみゆ

無料資料請求をしてみて、自分に合うか確かめてみるのがおすすめです!

 

ソラ
ソラ

資料請求後もしつこい勧誘などは一切ないのでご安心ください

 

理科は問題演習の繰り返しが重要

理科は暗記科目と思われがちですが、単語の暗記だけでなく問題演習を繰り返し行い出題パターンをつかむ必要があります。

自分の学力や試験に合った問題集を活用して、問題の解き方を覚えていきましょう。

残りの4科目の勉強法はこちらの記事で紹介しています。
 

【合わせて読みたい】




【科目別】理科カテゴリの最新記事