【中学生向け】社会の勉強法まとめ|受験・テスト対策

【中学生向け】社会の勉強法まとめ|受験・テスト対策

中学社会勉強法アイキャッチ




 

疑問に思っている男子学生

社会の勉強は何をやったらいいの?
暗記ばかりで大変……

 
と悩んでいるあなたに中学社会の勉強法を紹介しています!

私は元塾講師・家庭教師で今まで様々な生徒の勉強を見てきました。

今回はたくさんの生徒への指導経験がある経験をいかして、中学社会の勉強はどんな風にやったらいいの?といった疑問を解決していきます。

これを読めば社会の勉強法がわかり、成績アップ・偏差値アップを目指せるようになります!

【この記事がおすすめの方】
・中学社会の勉強法がわからない方
・社会が苦手な方
・社会の勉強をもっと効率よく行いたい方





高校受験の社会の勉強法

勉強をしている女性

高校受験では中学1年生から3年生で学んだ内容全てが出題されるので普段の定期テストよりも範囲が広いです。

そのため、効率的に勉強を進めていく必要があります。

また、図表を使った問題や記述問題もあるので、単に丸暗記をするだけでなく、問題演習をして出題パターンをつかむのも重要です。
 

【高校受験の社会の勉強法(時期別)】
・中学3年までは定期テスト対策に集中
・中学3年からは1・2年の総復習
・内申点が出てからは受験対策に集中する

 

【高校受験の社会の勉強法】
1.まとめノートは作らない
2.同じ問題集を何度も解いて勉強する
3.暗記は問題を解きながら行う

高校受験の社会の勉強法を詳しく解説した記事はこちらです。ご参考ください。
 

【合わせて読みたい】
高校受験の社会勉強法まとめ|塾講師・家庭教師経験者が教えます!

中学生向けの社会テスト勉強法

勉強している女性

中学社会のテスト対策のポイントは以下の2つです。
 

  1. 学校授業の復習
  2. テストに出やすい問題を何度も解く

社会は暗記科目なので、重要単語の丸暗記をしてしまいがちですが、覚えた単語がどのような形で出題されるのかもつかんでおきましょう。
 

たじみゆ悲しい
たじみゆ

単語だけの丸暗記では高得点は狙えません……

 
社会のテスト対策でおすすめしない勉強法などもまとめた記事はこちらです。ご参考ください。
 

【合わせて読みたい】




社会が苦手な中学生のための勉強法

エジプトのピラミッド

社会が苦手な中学生は問題演習を繰り返して、
 

  1. 暗記
  2. 問題パターンの把握

を同時進行で行っていくのがおすすめです。

社会が苦手、好きではない状態だとどうしても勉強するのが辛いので、できるだけ短い時間で効果を上げる勉強法を考えていきましょう。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

定期テスト・高校受験それぞれで自分に合う問題集を見つけて何度も問題を解いていきましょう

 
社会が苦手な中学生におすすめの勉強法を紹介している記事はこちらです。
 

【合わせて読みたい】

社会のおすすめ参考書・問題集

本を読んでいる人

社会では単語の暗記と入試などの傾向をつかむために問題演習を繰り返し行いましょう。
 

  1. 重要単語を書き込みながら要点を整理できる問題集
  2. 基礎から入試レベルにまで対応している問題集

の2冊を用意して何度も繰り返し解くのがおすすめです。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

自分に合う問題集を選びましょう

 
中学社会の勉強におすすめの参考書や問題集はこちらの記事で紹介しています。
 

【合わせて読みたい】

また、自分に合う問題集の選び方がわからない場合は通信教育を利用するのも手です。

通信教育であれば、学力や志望校に合った質の高いテキストが自宅に届きます。
 
中学生におすすめの通信教育はこちらの記事で紹介しています。
 

【合わせて読みたい】

社会の勉強を効率よく行いたいなら

映像授業を受けている子供

ここまで紹介していきた社会の勉強法は基本的に自分一人で勉強を進めていくスタイルです。

しかし、
 

  • 社会が苦手でどこから手をつけていいかわからない
  • 高校受験まで時間がないのでとにかく出やすいポイントを効率よく勉強したい
  • 部活や習い事で忙しいから社会の勉強に時間をかけたくない

このような方もいるかと思います。

このような方は自分一人で社会の勉強を進めるよりも、塾や家庭教師、通信教育の力を借りて試験に出る部分を押さえて勉強していくのがおすすめです。

塾、家庭教師、通信教育のメリットとデメリットを紹介します。

1.塾を利用する

塾を利用する場合のメリット・デメリットは以下の通りです。
 

【塾で社会の勉強をするメリット】
・講師に直接教えてもらえる
・学力や志望校に合ったカリキュラムで学習できる

 

【塾で社会の勉強をするデメリット】
・お金がかかる
・通塾に時間がかかる

 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

ご家庭で教育費に余裕がある場合や、社会が本当に苦手で細かく丁寧に教えてもらいたい場合にぴったりです

 
塾を選ぶときのポイントはこちらの記事で紹介しています。
 

【合わせて読みたい】

2.家庭教師を利用する

家庭教師に社会の勉強を教えてもらうメリット・デメリットは以下の通りです。
 

【家庭教師に社会を教えてもらうメリット】
・先生が自宅に来るので通塾の必要がない
・指導期間や内容など柔軟に対応してもらえる

 

【家庭教師に社会を教えてもらうデメリット】
・通信教育よりはお金がかかる
・家庭教師選びをする必要がある

 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

お住まいのエリアに条件の合う家庭教師がいない場合は全国各地から家庭教師を選べるオンライン家庭教師もおすすめです

 

【合わせて読みたい】

3.通信教育を利用する

通信教育で社会の勉強をするメリットは以下の通りです。
 

【通信教育で社会の勉強をするメリット】
・費用が塾や家庭教師よりも安い
・自分のペースで勉強できる
・定期テスト~高校入試対策まで勉強可能

 

【通信教育で社会の勉強をするデメリット】
・自主学習の習慣がない子は教材が溜まってしまいやすい
・自分で解けなかった問題を先生に質問しにくい

 

たじみゆにっこり
たじみゆ

中2までは通信教育で勉強して中3から塾や家庭教師を利用する、なんてパターンもおすすめです!

 

【合わせて読みたい】

暗記と問題演習をすれば社会の成績は上がる!

社会は暗記と問題演習を繰り返せば成績が上がります。

暗記部分の割合が多いので、努力した分だけ、結果に出やすい科目ともいえるでしょう。

試験まで時間がなく、効率よく勉強を進めたいのであれば、
 

  1. 暗記
  2. 問題演習

を同時に行っていくのがおすすめです。

残りの4科目の勉強法はこちらの記事で紹介しています。
 

【合わせて読みたい】




【科目別】社会カテゴリの最新記事