中学生のテスト対策を完全解説|科目別勉強法・計画の立て方

中学生のテスト対策を完全解説|科目別勉強法・計画の立て方

中学生テスト対策アイキャッチ




 

疑問に思っている男子学生

中学に入ってから定期テストが始まったけどうまく勉強できない……

 

疑問に思っている女子生徒

内申点対策のために、定期テストの点を上げたい

 
と悩んでいるあなたに中学生のおすすめテスト対策方法を紹介しています!

中学生に入り、定期テストが始まりどんな風に対策を立てたらいいかわからない子も多いです。

定期テストは範囲が広いのできちんと対策を立てて臨む必要があります。

塾講師・家庭教師時代にたくさんの生徒にテスト対策をアドバイスした経験をいかして、テスト対策って何をどんな風にすればいいの?といった疑問を解決していきます。

これを読めば中学生におすすめのテスト対策法がわかり、テストで高得点を狙えるようになります!

【この記事がおすすめの方】
・定期テスト対策に何をしていいかわからない中学生
・テストで高い点数を取りたい中学生
・テスト勉強の計画を立てるのが苦手で焦ってしまう中学生
・子供にテスト対策のアドバイスをしたい保護者





中学生の定期テスト勉強法

問題を解いている子供

中学生におすすめの定期テスト勉強法を科目ごとに紹介していきます。
 

【おすすめの定期テスト勉強法】
  1. 【英語】教科書本文を覚えてしまう
  2. 【数学】学校のワークを何度も解き直す
  3. 【国語】暗記部分を完璧にしておく
  4. 【理科】暗記だけでなく問題演習もしておく
  5. 【社会】暗記が多いので効率的に勉強

【英語】教科書本文を覚えてしまう

英語のテスト勉強は教科書本文を全て覚えるようにしましょう。

教科書本文には
 

  • 単語・熟語
  • 文法

などの重要表現が詰まっているからです。

教科書本文を完璧に覚えて理解しておけば、テストで高得点を取ることができます。

英語のテスト勉強で何をしたらいいかわからない方は教科書本文を覚えましょう。

他には学校のワークも解いておくとテストに出やすい問題がわかります。

英語のテスト勉強法はこちらの記事でも詳しく紹介しています。
 

【合わせて読みたい】

【数学】学校のワークを何度も解き直す

数学は学校で配布されたワークや問題集を何度も解き直すようにしましょう。

1回だけ解いただけでは、解けなかった問題の復習ができずテストの点数は上がりません。

テスト当日まで間違えた問題を何度も解き直し、問題の解き方を覚えてしまいましょう。

数学の場合、市販の問題集や参考書を活用するより学校のワークを完璧にしていた方が点数が取れます。

数学のおすすめテスト勉強法はこちらの記事で紹介しています。
 

【合わせて読みたい】

【国語】暗記部分を完璧にしておく

国語のテスト勉強は漢字や重要単語、文法などの暗記部分を完璧にしておきましょう。

暗記部分に関しては勉強すればするほど得点に結びつくからです。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

国語が苦手な子も暗記だけは完璧にしておきましょう

 
暗記部分以外は教科書やノートを見直し、学校のワークや通信教育の教材などで出やすい問題を確認しておくと良いですね
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

進研ゼミのように学校の教科書に対応した教材であれば、テスト対策を効率的に進められます

 

\ 無料資料請求はこちらから /

【進研ゼミ中学講座】

 

【合わせて読みたい】

国語のおすすめテスト勉強法はこちらの記事で紹介しています。
 

【合わせて読みたい】

【理科】暗記だけでなく問題演習もしておく

理科は暗記科目と思われがちですが、覚えた単語がそのまま出題されるわけではありません。
 

  • 実験・観察問題
  • 記述式問題
  • 計算問題

このように様々な問題形式で問われるので、問題演習をして出題パターンに慣れておきましょう。

そのため、単語の暗記だけではなく学校のワークや市販の問題集などを活用して問題をたくさん解いておくのがおすすめです。

理科のおすすめ参考書、おすすめテスト勉強法を紹介した記事はこちらです。
 

【合わせて読みたい】

【社会】暗記が多いので効率的に勉強

社会は暗記科目であり、範囲も広い場合が多くテスト勉強が大変かと思います。

範囲が広いので、全範囲をくまなく勉強するのは大変ですが、効率よく勉強しましょう。

暗記効率を上げるために重要単語を書き込み要点を整理しながら学習できる書き込み式の問題集なども活用してみてください。

そして、理科同様、テストで問われる問題形式に慣れておくために様々な問題を解いておくのも大切です。

社会のおすすめ参考書やテスト勉強法はこちらの記事でまとめています。
 

【合わせて読みたい】

中学生のテスト対策で意識しておくこと

勉強をしている女性

中学生のテスト対策で意識しておくことを紹介します。
 

【中学のテスト対策で意識しておくこと】
  1. まとめノート作りに時間をかけすぎない
  2. テスト前以外の勉強も大切
  3. テスト返却後は間違えた問題を復習

 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

これらのことを意識しておくだけでも、テストの点が上がりやすくなりますよ

 

1.まとめノート作りに時間をかけすぎない

テスト勉強の際にはまとめノート作りに時間をかけすぎないようにしましょう。
 

  • まとめノートを作るだけで満足してしまう
  • まとめノートを作るのに時間がかかりすぎてしまう

まとめノート作りにはこのようなデメリットがあります。

確かにまとめノートを作ると重要部分の暗記もしやすくなります。

しかし、暗記と問題演習に時間を使うためにまとめノート作りをテスト前に一からやるのはやめましょう。

普段、授業を受けるときにノートの取り方を工夫して、テスト前にまとめノートとして使えるノート作りをしておくのがおすすめです。

ノートのきれいな取り方やまとめ方はこちらの記事で紹介しています。
 

【合わせて読みたい】

2.テスト前以外の勉強も大切

テスト前に慌てて勉強するのではなく、普段から勉強をしておきましょう。

定期テストは範囲が広いのでテスト前に全て復習しようとしても難しい場合が多いです。
 

困っている女性

テスト勉強終わらなかった……

 
こんな状態でテストを受けても良い点が取れないのは当たり前ですよね。

普段から予習・復習をして、テスト前に慌てないようにするのが大切です。

そして、自主学習だけでなく、授業中も集中しましょう。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

授業を聞いた段階である程度勉強を終わらせてしまう意識を持つと良いですね

 
部活が忙しい方向けに部活と勉強の両立方法も以下の記事で書いています。ご参考ください。
 

【合わせて読みたい】

3.テスト返却後は間違えた問題を復習

テスト本番が終わったとき、テストは終わったと安心しきっていませんか?

しかし、テスト返却後も間違えた問題を復習して苦手を克服していきましょう。

本来のテストの目的は自分の出来ている部分と出来ていない部分をはっきりとさせることです。

定期テストが返ってきたら間違えた問題の復習をして同じ問題を二度と間違えないようにしていきましょう。

そうすれば、今回の定期テストではミスをしたかもしれませんが、
 

  • 次回以降の定期テスト
  • 模試
  • 高校入試

などでは同じ箇所をミスしなくなります。
 

たじみゆ悲しい
たじみゆ

今回もミスして、次回以降もミスするのはもったいない……

 



テスト対策の計画の立て方

コーヒーとノート

テスト勉強の計画を立てるときのコツを紹介していきます。
 

  • テスト範囲発表~テスト1週間前まで
  • テスト1週間前からテスト2日前まで
  • テスト前日

テスト勉強期間を上記のように分けて計画の立て方やおすすめの勉強法を紹介します。

テスト勉強の計画の立て方はこちらの記事でも紹介しています。ご参考ください。
 

【合わせて読みたい】

テスト範囲発表~テスト1週間前まで

テスト範囲が発表されてからテスト1週間前くらいまではテスト範囲の確認と全体の暗記をしていきましょう。
 

  • テスト範囲の見直し
  • ノートに補足や追加の資料を加えてまとめノート作り
  • 学校の問題集を1回解いてみる

などの勉強がおすすめです。

学校や部活によってはまだ、部活を行っている場合もあるかと思います。

テスト勉強の計画を立ててメリハリをつけて勉強していきましょう。

テスト1週間前からテスト2日前まで

テスト1週間前からテスト2日前までは細かい部分の暗記や問題演習を繰り返していきましょう。
 

  • テストに出やすい部分
  • 自分の苦手な部分

これらを中心に勉強していくのがおすすめです。

問題集はノートや別紙に解くようにして何度も繰り返し使えるようにしましょう。

問題集の効率的な使い方はこちらの記事で紹介しています。
 

【合わせて読みたい】

テスト前日

テスト前日は時間が限られているので、ポイントを絞って勉強しましょう。
 

  • テストに出やすい部分
  • 覚えにくい部分

などを勉強するのがおすすめです。

テスト前の休み時間に見直すためのメモを用意するのも復習になるのでおすすめです。

また、考えたくないですがテスト前日にも関わらず勉強が進んでいない場合には全範囲を勉強するのは諦めて、単元や範囲を絞って勉強しましょう。

テスト前日にやっておくべき勉強やしてはいけない勉強はこちらの記事で紹介しています。
 

【合わせて読みたい】

中学生のテスト対策におすすめの通信教育ランキング

STUDYのブロック

最後に中学生のテスト対策におすすめの通信教育をランキング形式で紹介していきます。
 

【テスト対策におすすめの通信教育】

 

たじみゆにっこり
たじみゆ

気になるものがあったら資料請求や無料体験がおすすめです

 

1.進研ゼミ中学講座



 

【進研ゼミ中学講座の特徴】
・テストに出やすいポイントを押さえた教材で勉強できる
・実技4教科を含めた9科目対応

進研ゼミ中学講座は学校の教科書と進度に合った問題で学習できます。

テスト前にはテストに出やすい予想問題集が届くので、出やすいポイントに絞って学習することが可能です。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

普段、部活で忙しい子にもおすすめ

 
そして、実技4科目を含めた9教科に対応しているので、実技のペーパーテスト対策もできちゃいます。
 

\ 無料資料請求はこちらから /

【進研ゼミ中学講座】

 

【合わせて読みたい】

2.スマイルゼミ



 

【スマイルゼミの特徴】
・苦手な部分と出やすい部分を効率よく学べる
・実技4教科を含めた9科目対応

スマイルゼミは専用タブレットを使って勉強ができる通信教育です。

タブレットを使って学習データを記録するので自分の苦手な部分を集中的に勉強することができます。
 

  • テストに出やすい部分
  • 自分の苦手な部分

これらの問題を専用タブレットが出題してくれるのでスマイルゼミの問題を解いているだけでテスト対策ができちゃいます。

そして、スマイルゼミも実技含めた9教科に対応しています。

専用タブレットを使ってカラー映像を使ったわかりやすい教材で実技科目の勉強ができるので効率的です。
 

たじみゆニュートラル
たじみゆ

実技科目は内申点を計算する上でも重要な部分です

 
スマイルゼミで実技のペーパーテスト対策をしっかりしましょう
 

\ まずは、無料資料請求 /

◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育

 

【合わせて読みたい】

3.スタディサプリ




 

【スタディサプリの特徴】
・テスト範囲の授業動画を繰り返し見放題
・個別指導コースであれば、テストの学習計画も立ててくれる

スタディサプリは小4から高3までの全授業動画が観放題の学習システムです。

自分の見たい授業動画を繰り返し見れるので、テスト勉強にも向いています。

また、スタディサプリには担当コーチによるサポートが得られる個別指導コースも用意されています。

個別指導コースでは担当コーチが学習計画作成・習熟度チェックを毎週してくれます。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

自分でテスト勉強の計画を立てるのが苦手な子にもぴったりです

 

\ 14日間無料体験実施中 /

中学講座

 

【合わせて読みたい】

【まとめ】自分なりのテスト対策法を見つけよう

中学生になると定期試験が始まり、広いテスト範囲の勉強を計画的に進めていく必要があります。

どんな風に計画を立てて、どんな勉強をするのか戸惑ってしまう子も多いかと思います。

テスト勉強法や計画の立て方に悩む子は今回、紹介した方法を参考に自分なりの勉強法を見つけていきましょう。

テストに出やすいポイントを絞って効率よく勉強したいのであれば、通信教育を利用するのもおすすめです。
 

【テスト対策におすすめの通信教育】

勉強計画の立て方カテゴリの最新記事