Webライティングの勉強におすすめ講座

Webライターに向いている人の特徴5つ!【必要スキルや適性の磨き方まとめ】





Webライターになるのって大変?自分に向いているかな?

Webライターに向いている人の特徴を知りたい
上記のようにお悩みの方に向けて、本記事ではWebライターに向いている人の特徴やスキルの磨き方を解説していきます!

Webライターは医師や弁護士と違って資格が必要なく、誰でもなれる仕事です。

とはいえ、継続して仕事を得て安定して収入を稼ぐためには、Webライターとしてのスキルや適性も必要になります。

本記事では、Webライター歴6年目の筆者がWebライターに向いている人の特徴を紹介していきます。

この記事でわかること
  • Webライターに向いている人の特徴
  • Webライターに必要なスキル
  • Webライターのスキルや適性の磨き方




Webライターに向いている人の特徴

パソコンを見ている女性
まずは、Webライターに向いている人の特徴を5つ紹介していきます。

【向いている人の特徴】
  1. 文章を書く・読むのが好き
  2. 一人で作業をするのが苦ではない
  3. スケジュール管理が得意
  4. 文章でのコミュニケーションが得意
  5. 自宅で働きたい人(外で働くのが難しい人)

それぞれ詳しく解説していきます。

文章を書く・読むのが好き

大前提として、Webライターはインターネット上で掲載される記事を書く仕事です。

注意
文章を書くことが苦手、好きではないとWebライターを続けるのは辛いです。

また、Webライティングをするときは自分が執筆する前に丁寧にリサーチを行います。

たじみゆ

執筆する何倍もの量の文章を読むことも多いです
そのため、文章を書くだけでなく読むことも好きな人がWebライターに向いています。

一人で作業をするのが苦ではない

Webライターの多くは業務委託契約であり、一人で作業を進める場合が多いです。

MEMO
オフィスへ出社ではなく、自宅などで作業をする場合がほとんどです。

飲食店や接客業などのように、同僚やお客様とコミュニケーションを取りながら仕事を進めたい人には向いていないかもしれません。

たじみゆ

逆に、仕事中の雑談が苦手な人とかには超おすすめです!

スケジュール管理が得意

Webライターの仕事は、「〇〇の記事を1週間後までに提出」などと納期が決められている場合が多いです。

注意
納期を守れないWebライターは信頼されず、仕事も減ってしまいます。

納期を確実に守れるだけのスケジュール管理能力が必要になります。

  • 予定通り行動するのが得意
  • 計画を立てるのが得意
  • 計画を実行するのが得意

上記に当てはまる人は、Webライターを始めとした在宅ワークが向いています。

文章でのコミュニケーションが得意

先ほど解説したように、Webライターはオフィス出社ではなく自宅などリモート環境で作業をする場合が多いです。

MEMO
顧客によっては、ずっとオンラインでやり取りをする場合もあります。

そのため、メールやチャットなどでコミュニケーションを取れないと、Webライターの仕事をしにくいです。

  • メールやチャットで柔らかい表現ができる
  • メールやチャットで相手に必要な情報を伝えられる
  • メールやチャットで相手の情報を正しく受け取れる

上記に当てはまる人は、Webライターに向いています。

自宅で働きたい人(外で働くのが難しい人)

Webライターの仕事は自宅でもできる仕事です。

そのため、自宅で働きたい人、もしくは何らかの理由で外で働くのが難しい人にぴったりの仕事ともいえるでしょう。

  • 妊娠中
  • 小さい子供を育児中の人
  • 介護中の人
  • 病気などで外で働くのは難しい人
  • 自宅周辺に良い求人がない人

上記の人は、Webライターを目指しても良いかもしれません。

たじみゆ

私も2016年に第一子を出産したのを機にWebライターの仕事を始めました
自宅で働かないといけない理由が強い人ほど、真剣に仕事をするので、結果としてWebライターとしてどんどん成長していける可能性も高いです。

Webライターに必要なスキル

パソコンをしている女性
Webライターは先ほど紹介した適性だけでなく、文章力などのスキルも必要です。

Webライターに必要なスキルは、以下の通りです。

【必要なスキル】
  1. 文章力(中学~高校レベルでOK)
  2. 情報収集力
  3. 執筆ジャンルに関する知識
  4. WebマーケティングやSEOなどの関連知識
  5. 基本的なビジネススキル

それぞれ解説していきます。

文章力(中学~高校レベルでOK)

Webライターは文章を書いてお金をもらう仕事なので、ある程度の文章力が必要です。

MEMO
ただ、小説家やエッセイストのように個性的な文章力が必要なわけではありません。

Webライティングで求められる文章レベルは、以下の通りです。

  • 読者を納得させるための論理的な文章
  • 読者を行動させるための文章(セールスライティング)
  • 読者に最後まで記事を読んでもらう文章
  • Googleなどの検索エンジンで評価される文章(SEOライティング)

Web上で掲載される文章は無料で読めるものが多いので、読者の離脱率が高く最後まで読んでもらいにくいのが特徴です。

「何だか難しそう」と思われる文章は読まれにくい可能性があるので、中学生でも理解できる文章がWebライティングで求められます。

たじみゆ

難しい文章や上手い文章が書けないからWebライターを諦めるのはもったいないです

情報収集力

Webライティングを行うときには、記事の内容をリサーチしなければなりません。

たじみゆ

自分の知っている情報だけで、記事を書ききれるケースはほとんどありません
そのため、文章力だけでなく以下のリサーチ能力も必要になります。

  • インターネットで必要な情報を検索する
  • わからないことを自分で調べる
  • 信頼できる公的機関などから必要な情報を調べる

執筆ジャンルに関する知識

金融や不動産、美容系など執筆ジャンルの専門性が高い場合には、ジャンルへの知識も必要です。

執筆ジャンルに関する知識に加えて、以下も理解できていると読者に共感してもらえる記事が書きやすくなります。

  • 初心者が理解しにくいポイント
  • 難しい専門用語の意味
  • 初心者や読者が手っ取り早く知りたいと考える情報

たじみゆ

執筆ジャンルと想定読者の理解を深めると、良い記事を書きやすいです

WebマーケティングやSEOなどの関連知識

Webライティングを行う際には、WebマーケティングやSEOなどの関連知識もあった方が良いです。

MEMO
SEOとは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンで記事を上位表示させることです。

Webライティングは記事を執筆、投稿するのがゴールではなく、記事を読んだ読者が狙った行動(問い合わせや購入)をしてくれるのがゴールです。

そのため、WebマーケティングやSEOの知識を活用して、記事を見つけて読み行動する導線作りをするWebライターが喜ばれます。

基本的なビジネススキル

Webライターは自宅で働きやすい職業ですが、完全に自分一人で仕事を完了できるわけではありません。

MEMO
クライアントや記事の入れ込み担当者などとやり取りをするためのコミュニケーションスキルが必要です。

また、記事を書くときにはパソコンを使用するのがほとんどなので、基本的なパソコンスキルもあった方が良いでしょう。




Webライターの適正・スキルを磨く方法

勉強
Webライターの適正やスキルが現時点で「あまりないなぁ」と感じる場合でも、毎日の生活の中で磨いていけるのでご安心ください。

【Webライターの適正やスキルの磨き方】
  1. Webライティングの仕事を受注してみる
  2. ブログを運営してみる
  3. Webライティングの本を読んでみる

それぞれ詳しく解説していきます。

Webライティングの仕事を受注してみる

Webライティングは「習うより慣れろ」です。

勉強をしてインプットをするのも大切ですが、それ以上に実際に仕事を受注してアウトプットしていくと身につきやすいです。

たじみゆ

未経験者歓迎の仕事や丁寧なレギュレーション、FBがある仕事に応募してみましょう

ブログを運営してみる

Webライティングの仕事を受注するだけでなく、自分でブログを運営してみるとライティング力や関連知識を身につけられます。

  • Webライティング力
  • SEO
  • Webマーケティング力
  • Webディレクション力(サイト設計など)

ブログを通じてWebライティングの仕事も受注しやすくなりますし、ブログ自体の収益化も目指せるのが魅力です。

Webライティングの本を読んでみる

Webライティングに関する知識が少し身についてきたら、本を読んで体系的な知識を身につけてみるのもおすすめです。

インターネットでもWebライティングは勉強できますが、本は体系的に知識がまとまっているので、これまで学んだ内容の整理にも役立ちます。

Webライティングの勉強におすすめの本は、以下の記事で紹介しています。

「向いているかも」と思ったらチャレンジするのもアリ!

本記事で紹介したWebライターに向いている人の特徴は、以下の通りです。

【向いている人の特徴】
  1. 文章を書く・読むのが好き
  2. 一人で作業をするのが苦ではない
  3. スケジュール管理が得意
  4. 文章でのコミュニケーションが得意
  5. 自宅で働きたい人(外で働くのが難しい人)

ただ、上記に当てはまらない人でも、Webライターを目指せます。

Webライターは初期費用もほとんどかかりませんし、誰でも気軽に始められます。

少しでも興味がある、試してみたいと考えた人はチャレンジしてみるのもおすすめです。

たじみゆ

本ブログでも、Webライターになる方法や収入アップのコツを紹介していきます




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です