Webライティングの勉強におすすめ講座

Webライターってどんな記事を書く?記事の種類やコピーライティングとの違い





Webライターってどんな記事を書くの?

コピーライティングとは違うの?
上記のようにお悩みの方に向けて、本記事ではWebライターが書く記事の種類をわかりやすく解説していきます!

Webライターって何となく仕事内容のイメージはできるものの実際にどんな記事を書いているのかはよくわからないですよね。

たじみゆ

私も仕事を始めるときには、何の記事を書くのかよくわかっていませんでした
結論から言うと、Webライターはインターネット上にある様々な記事を書いています。

企業が発信しているコラム記事を書くときもありますし、個人ブログやアフィリエイトサイトの記事を代行して作成する場合もあります。

Webライターがどんな記事を書くのか理解しておくと、自分が応募すべき案件もわかるはずです。

本記事ではWebライターがどんな記事を書くのか、どんな仕事に応募すれば良いのか解説していきます。

この記事でわかること
  • Webライターがどんな記事を書くのか
  • Webライター初心者が受注すべき仕事
  • Webライティングとコピーライティングの違い




Webライターってどんな記事を書くの?

会話
「Webライターってどんな記事を書くの?」とWebライターに関して詳しくない知人によく聞かれます。

単純に言うなら、Webライターは「インターネット上にある記事すべて」を書けます。

とはいえ、Webライターの仕事を始めるにあたり、選択肢が多すぎるとどんな案件に応募すれば良いのかわからなくなってしまいますよね。

Webライターの書く記事は、主に以下の7つに分けられます。

【Webライターが書く記事】
  1. 企業が運営するメディアの記事
  2. 個人が運営するメディアの記事
  3. ネットニュースの記事
  4. プレスリリースの記事
  5. 取材記事
  6. セールスレターや広告記事
  7. YouTubeのシナリオ

それぞれ紹介していきますね。

企業が運営するメディアの記事

Webライターの仕事として多いのは、企業が運営するオウンドメディアのコラム記事です。

MEMO
企業は自社への問い合わせやサービスの利用、主賓購入を促すためにメディアを運営している場合が多いです。

例えば「マンションを買いたい!」と思ったときに「新築マンション 中古マンション」などと検索をする人も多いのではないでしょうか。

この検索ワードで上位表示される記事の中には、不動産会社が運営しているメディアの記事も多いです。

企業メディアでは、新築マンションと中古マンションのメリットやデメリットを解説しつつ自社への問い合わせを促します。

企業メディアの多くは自社の社員が記事を書くのではなく、Web制作会社やフリーランスのWebライターに記事を外注しています。

個人が運営するメディアの記事

Webライターが書く記事の中には、個人が運営するメディアの記事もあります。

MEMO
個人ブログやアフィリエイトに掲載する記事を依頼される場合が多いです。

個人で稼いでいるアフィリエイターの中には、月収100万円を超える人もいるほどです。

個人メディアの更新速度を上げる、自分が記事を書かなくても稼げる仕組みを作るためにWebライターに外注している人もいます。

たじみゆ

企業メディアで書きにくいジャンルの記事も、個人経由の依頼なら見つかる場合があります

ネットニュースの記事

インターネット上で読む記事といえば最初にネットニュースを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

もちろん、ネットニュースに書かれている記事もWebライターが書いています。

新聞やニュース番組で紹介された記事の内容をもとにWeb向けに仕上げる仕事もありますし、自分で記事の立案や取材をしてニュース記事を書くWebライターもいます。

プレスリリースの記事

ニュース記事と似ていますが、プレスリリース記事を書くWebライターもいます。

プレスリリースの書き方によっては、新聞やメディアなどでさらに取り上げられる可能性もあり、非常に重要な仕事です。

たじみゆ

反応が良いプレスリリースを書けるWebライターは、重宝されますよ

取材記事

Webライターの仕事はオンライン上で完結する仕事も多いですが、一方で自分で取材した内容をもとに記事を書くライターもいます。

取材記事はインターネットや書籍で情報収集をするだけでなく、Webライターがインタビュアーとして話を聞かなければなりません。

たじみゆ

コミュニケーション能力や必要な情報を聞き出し、記事にまとめ上げる能力が必要になります

セールスレターや広告記事

商品の購入やサービスの利用を直接的に促すセールスレターや広告記事を書くWebライターもいます。

MEMO
商品やサービスに興味がない人、そもそも商品やサービスの存在すら知らない人に興味を持たせ、魅力を伝える文章が求められます。

文章力はもちろんですが、マーケティング知識も必要になるので、Webライティングの仕事の中でも報酬が高めです。

YouTubeのシナリオ

近年、Webライターの仕事として増えつつあるのがYouTubeのシナリオを書く仕事です。

MEMO
「YouTubeでの発信を始めたい」と考える人が増えているのに合わせて、シナリオライターの需要も増えてきています。

SEOライティング同様にキーワードを指定されてシナリオを書く、解説動画のシナリオを作成するなどの仕事が多いです。

YouTubeのシナリオ作成の仕事は、再生数や視聴者の評価など反応がわかりやすいのが特徴です。

また、将来的に動画コンテンツは増えていくと予想されるので、YouTubeのシナリオライターの経験を早い段階で積んでおくのも良いでしょう。

Webライティングとコピーライティングの違い

パソコン
なお、Webライター初心者が混同しがちですが、Webライティングとコピーライティングは全くの別物です。

  • Webライティング:Web上に掲載されている記事を書く
  • コピーライティング:商品やサービスのキャッチコピーを書く

すごくざっくりした表現になりますが、両者の仕事内容はこんなにも違います。

もちろん、Webライティングとコピーライティングの両方を仕事としている人もいます。

ただ、それぞれの仕事に求められるスキルには違いがあるので、初心者の場合はWebライターを目指す場合が稼ぎやすいです。

たじみゆ

Webライターの場合、マニュアル通りかつ論理的な文章を書ければ、毎月数万円は稼げます




Webライターが書く記事ジャンル

パソコンに向かう女性
Webライターの仕事をしていると知人に話すと「何の記事書くの?」「どんなジャンルの記事書くの?」とよく聞かれます。

「Webライターはどんな記事を書くの?」という質問の答えと同じで、Webライターはインターネット上にある様々なジャンルの記事を執筆可能です。

金融や美容、医療に育児など普段目にするインターネット上のコラム記事やニュース記事はWebライターが書いています。

とはいえ、Webライターとして稼ぎやすい執筆ジャンルは、ある程度決まっています。

稼ぎやすいジャンルは、以下の通りです。

  • 金融
  • 仮想通貨・NFT
  • 不動産
  • 医療
  • 美容
  • 転職
  • ウォーターサーバー
「安定して月10万円稼ぎたい」などのように目標金額があるなら、上記のジャンルでの執筆経験を増やすことを目指してみましょう。

稼ぎやすい執筆ジャンルについては、以下の記事でも詳しく紹介しています。

Webライター初心者は企業メディアでの記事執筆を目指そう

タブレットとパソコン2台

本記事の冒頭でも解説しましたが、Webライター初心者は企業メディアでの記事執筆をまずは目指しましょう。

企業メディアでコラム記事を書けるようになれば、Webライターとしての経験も積めますし、毎月安定した金額を稼ぎやすくなります。

企業メディアでの記事執筆がおすすめな理由は、以下の通りです。

【企業メディアの記事執筆がおすすめな理由】
  1. 他の仕事より予算が多め
  2. 継続案件につながりやすい
  3. マニュアルを用意している場合がある
  4. 記事のフィードバックをしてもらいやすい
  5. 契約関係がしっかりしている

それぞれ詳しく解説していきますね。

他の仕事より予算が多め

企業メディアでの執筆は、個人からの依頼よりも予算が豊富な場合が多いです。

  • メディアや記事の改善につながる提案が通りやすい
  • 評価が上がれば単価を上げてもらえる

上記のメリットがあります。

私も複数のクライアントと仕事をしていますが、メディアを運営している企業に直接依頼されている仕事が1番報酬が高いです。

継続案件につながりやすい

企業が運営するメディアは、予算もある程度用意されていて、目標となる記事数やPV数がわかりやすく設定されている場合も多いです。

MEMO
そのため、仕事が途切れることなく毎月〇記事などのように依頼をもらいやすいです。

たじみゆ

Webライターとして安定して稼ぎたい人にぴったりです

マニュアルを用意している場合がある

企業メディアは、商品やサービスの購入を促すだけでなく、自社のブランディング強化の役割も担っています。

MEMO
メディアの内容や記事レベル、表現を統一するためにも、細かくマニュアルが設定されているケースが多いです。

「マニュアルに従うのは面倒」と思われるかもしれませんが、Webライター初心者でもマニュアル通りに書けばある程度のレベルの記事が書けるメリットがあります。

たじみゆ

マニュアルの意図を自分で理解できるようになれば、Webライターのスキルアップにも繋がります

記事のフィードバックをしてもらいやすい

継続依頼をもらいやすい、メディアに掲載された記事は企業のブランディングに繋がることから、企業メディアでの執筆はフィードバックをもらえる機会が多いです。

MEMO
自分が書いた記事に関してフィードバックをもらえれば、次回以降はさらに改善できます。

たじみゆ

自分の文章のクセや論理的に飛躍している箇所を無料で指摘してもらえるのは、かなり勉強になりますよ!

契約関係がしっかりしている

企業メディアでの執筆は対企業との仕事になるので、業務委託契約や秘密保持契約などもしっかり結んでもらえる場合が多いです。

信頼できる相手と仕事をしたい、契約内容をハッキリさせて仕事をしたい人にも、企業メディアでの執筆はおすすめです。

企業メディアの仕事をもらう方法

パソコンに向かう女性
最後に企業メディアで執筆する仕事をもらう方法を3つ紹介していきます。

【仕事をもらう方法】
  1. クラウドソーシングで応募する
  2. 執筆したいメディアに直接問い合わせてみる
  3. ブログを運営してみる

クラウドソーシングで応募する

Webライター初心者であれば、まずはクラウドソーシングに登録して仕事に応募してみましょう。

  • 〇〇関係のメディア
  • 企業のオウンドメディア

上記のように書かれている場合、企業メディアに掲載される記事を執筆できる可能性が高いです。

なお、Webライター向けの求人が多く掲載されているクラウドソーシングは下記の通りです。

たじみゆ

利用料は無料なので、すべてに登録しておくと良いですよ!

ただし、クラウドソーシングで記載されている求人情報には、掲載先のメディアを掲載されていないケースも多いです。

そのため、自分が記事を書いてみたいメディアが決まっている場合には、この後紹介する方法を試してみましょう。

執筆したいメディアに直接問い合わせてみる

自分が記事を書きたいメディアが決まっている場合には、メディアや運営会社の問い合わせ先に直接連絡をしてみましょう。

  • 自己紹介
  • ポートフォリオ
  • 過去の執筆実績

上記を添えれば、メディア担当者が興味を持って返信をしてくれる場合があります。

ただし、Webライターを募集していないメディアも当然あるので、必ず返信が返ってくるわけではありません。

たじみゆ

当たって砕けろ!の精神で応募してみましょう
応募時には先方の担当者の手間も考慮して、低姿勢で問い合わせをするのも大切です

ソラ

ブログを運営してみる

自分が興味を持っているもしくは得意なジャンルのブログを作成して、ブログからのお問い合わせ経由で仕事をもらえる場合があります。

ブログのジャンルやPV数によっては、そもそもWebライターとして働かなくてもブログ自体で収入を得られる可能性もあります。

ブログを通じて、そのジャンルで有名になれば、Webライターとしての経験が浅くても高単価で依頼を受けられる場合もあるでしょう。

ただし、ブログが育ちアクセスを集めるまでには半年~1年以上の時間がかかります。

たじみゆ

少し気が長いので、他の方法と並行しながら行うのがおすすめです

【まとめ】Webライターの案件は多岐にわたります!

Webライターについて詳しくない人に「仕事あるの?どんな記事書くの?」と聞かれる場合も多いです。

Webライターは極端な話、インターネット上にある記事なら、何でも書けます。

【Webライターが書く記事】
  1. 企業が運営するメディアの記事
  2. 個人が運営するメディアの記事
  3. ネットニュースの記事
  4. プレスリリースの記事
  5. 取材記事
  6. セールスレターや広告記事
  7. YouTubeのシナリオ

上記のように、企業メディアでコラム記事を書けますし、取材記事やYouTubeのシナリオだって書けちゃいます。

自分の書きたいジャンルや目指したい方向性によって、応募する仕事を選んでいきましょう。

仕事を始めたばかりのWebライターは、まずは企業メディアでの執筆を目指すのがおすすめです。

たじみゆ

企業メディアなら継続依頼も受けやすく、安定収入を得やすくなりますよ
企業メディアでの執筆を目指す人へ
企業メディアで執筆を目指すなら、直接応募するのも良いですが、クラウドソーシングやフリーランス向けの求人サイトに登録しましょう。
 
自分で一つずつメディアを探す必要がないので効率的ですし、求められているスキルも明らかになっているので応募しやすいです。
 
Webライターにおすすめの求人サイトやクラウドソーシングは、下記の通りです。
 

 
すべてのサイトに登録して、自分に合う求人に出会う確率を少しでも上げましょう!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です