Webライティングの勉強におすすめ講座

【2022】Webライターで稼げるジャンル7つ!自分の得意分野を見つける方法

作業中の人





Webライターで稼げるジャンルってあるの?

どうせ記事を書くなら高単価のジャンルで書きたい
上記のようにお悩みの方に向けて、本記事ではWebライターで稼ぎやすいジャンルを紹介していきます!

依頼されたジャンルやキーワードの記事を書くWebライターの仕事も、執筆ジャンルによって報酬相場が変わってきます。

例えば、執筆時に専門的な知識が必要になる金融関係や不動産、医療系などのジャンルは高単価の仕事が見つかりやすいです。

Webライターとして稼ぎたい、収入を上げたいと考えるのであれば、稼ぎやすい記事ジャンルの実績や受注を増やしていくのも良いでしょう。

たじみゆ

私も金融ジャンルに絞って仕事を受けるようにしたら、収入がグンと上がりました
本記事では、Webライターで稼ぎやすいジャンルや自分の執筆ジャンルを決めていく方法を解説していきます。

この記事がおすすめな方
  • Webライターで稼ぎやすいジャンルを知りたい人
  • Webライターの収入を上げたい人
  • 文字単価が高い仕事を受けたい人




Webライターで稼げる記事ジャンル

グラフとペン
まずは2022年以降にWebライターの仕事をするのに、おすすめのジャンルを7つ紹介します。

【稼げる記事ジャンル】
  1. 金融
  2. 仮想通貨・NFT
  3. 不動産
  4. 医療
  5. 美容
  6. 転職
  7. ウォーターサーバー

執筆量の差はあれど、どれも経験したことのあるジャンルであり、確かに他のジャンルと比較して条件の良い仕事が多かったです。

ジャンルの詳細や報酬が高くなりやすい理由を詳しく解説していきます。

金融

金融ジャンルのWebライティングは、専門的な知識が必要であり、報酬も高くなりやすいです。

さらに、金融ジャンルといっても下記のように細分化できます。

  • 税金
  • 相続
  • 投資
  • 家計管理

専門的な知識が必要であり「わかりにくい」と敬遠されがちな税金関係や相続関係の記事は単価も高めに設定されている場合が多いです。

たじみゆ

難しくてわかりにくい内容を「中学生でもわかるレベル」にかみ砕いて解説できれば、Webライターとして安定して稼げます
MEMO
税理士やFP等といった金融に関する国家資格を有している場合には、かなり良い条件の仕事が見つかる可能性もあります。

金融ジャンルは自分の生活とも密接に関わる分野ですので、日々勉強しながら仕事を受けていくのも良いでしょう。

仮想通貨・NFT

近年では仮想通貨取引やNFT取引に関する記事も、高単価の案件が多い印象です。

たじみゆ

注目度を集めているジャンルは、募集も多く単価も高くなりやすいです
仮想通貨やNFTは注目を集めている分野とはいえ、まだまだ実際に取引をしたことがある人は多くありません。

  • 仮想通貨取引所の口座開設の流れ
  • 仮想通貨取引の流れ
  • NFTに関する初心者向け情報
  • 仮想通貨やNFTの最新情報

上記を初心者向けに書くことができれば、十分にWebライティングの仕事を受注できるはずです。

たじみゆ

執筆実績が作れない場合には、自分でブログを作って仮想通貨やNFT関連の記事を書いてみるのも良いですね

不動産

金融ジャンル同様に不動産関連の記事も、単価が高めに設定されている場合が多いです。

そして不動産ジャンルの記事も以下のように細分化できます。

  • 不動産売買
  • 立ち退き・競売(不動産や債務トラブル)
  • 不動産投資

どれも異なる専門的知識が必要なので、似た記事の受注を積み重ねれば自分の専門性を高められるはずです。

注意
ただ、不動産ジャンルの記事は宅建等の有資格者が優遇される場合も多いです。

そのため、不動産業界経験者や宅建保有者等が仕事に応募してみるのが良いでしょう。

医療

医療系のライティングは薬機法(旧:薬事法)を遵守して記事を書く必要があるので、報酬単価が高めに設定されています。

MEMO
薬機法とは医薬品等の製造・広告方法を定めている法律です。

例えば、薬機法では効用や効果の記載方法や口コミの掲載方法が細かく決められています。

たじみゆ

薬機法を考慮できるWebライターは重宝されます

美容

薬機法は医薬品だけでなく、化粧品や香水等にも適用されます。

MEMO
そのため、薬機法を遵守できるWebライターは医療系だけでなく美容系のライティングも受注可能です。

医薬品や医療系の記事は、医師や看護師等の有資格者が記事を書くことも多いので、医療系の資格がない人は美容系の記事を書いてみるのも良いでしょう。

転職

転職系は広告費が高い傾向があるので、記事の執筆単価も高くなりやすいです。

MEMO
人事経験者や転職経験者、特定の業界経験者等のように、自分の経験を活かしたライティングができるのも魅力です。

転職系のジャンルの仕事を増やしたいのであれば、転職希望者向けの記事を書くだけでなく、採用担当者や企業向けに記事を書けると仕事の幅を広げられます。

採用担当者向けの記事を書ければ、採用代行企業のオウンドメディア等の記事も書けるようになります。

ウォーターサーバー

アフィリエイト激戦区であるウォーターサーバーも、ライティングの報酬単価が高かったです。

  • アフィリエイト激戦区=広告予算が高い
  • 広告予算が高い=記事単価も高くなる

最初にウォーターサーバーの機種や特徴をリサーチする必要がありますが、一度覚えてしまえばスラスラ記事を書けるようになります。

たじみゆ

他にもクレジットカード等のように、アフィリエイト激戦区のジャンルは条件が良い場合が多いです

Webライターで稼ぎやすい記事ジャンルの特徴

本とパソコン
執筆ジャンルを絞れば、自分の専門性を高められ、収入を上げやすくなります。

さらに執筆ジャンルを選ぶときには、稼ぎやすいジャンルを選ぶのがおすすめです。

【稼ぎやすい記事ジャンルの特徴】
  1. 専門性が高い分野
  2. 需要が高くなりつつある分野
  3. 広告費が高い分野

たじみゆ

自分でジャンルを選ぶときにも、ご参考ください

専門性が高い分野

専門性が高い分野は、記事を書けるWebライターも少ないですし、リサーチにも時間がかかるので報酬が高く設定されています。

  • 金融
  • 不動産
  • 医療
  • 美容

上記のように「ちょっと難しそう」と敬遠されがちなジャンルこそ、勉強して自分の執筆ジャンルにしてしまうのもおすすめです。

需要が高くなりつつある分野

注目度を集め需要が高くなっている分野も、記事の需要が高くなっているので記事単価が高くなりやすいです。

  • 仮想通貨
  • NFT

上記のように、流行の分野はWebライティングの募集件数も多いので、仕事量が少なくて困るといった事態もなくせるはずです。

広告費が高い分野

広告費が高い分野は記事に支払う報酬もその分用意できるので、報酬が高くなりやすいです。

逆に言うと、広告費が安い分野はどんなに専門性が高く記事の質が良くても報酬が頭打ちになってしまいます。

  • 転職
  • ウォーターサーバー
  • クレジットカード

上記のように、アフィリエイト激戦区とされるジャンルは、自分でブログを運営する以外にもライターとして稼ぐことも可能です。




Webライターの執筆ジャンルを決める流れ

パソコン
Webライターとして安定して稼ぎたいのであれば、執筆ジャンルをある程度絞り、自分の専門性を高めていくのがおすすめです。

自分の執筆ジャンルを決めていく流れは、以下の通りです。

【執筆ジャンルを決める流れ】
  1. まずはジャンルを問わず仕事を受けてみる
  2. 得意分野かつ稼げるジャンルを1~2個選ぶ
  3. 得意分野の勉強と受注を続ける

それぞれ解説していきます。

まずはジャンルを問わず仕事を受けてみる

Webライターの仕事を始めたばかりの初心者は、まずはジャンルを気にせず仕事の量をこなすことを意識してみましょう。

自分がどんな記事を書けるかわからない場合や仕事になかなか採用されない場合には、体験談を書く仕事に応募してみるのがおすすめです。

体験談の書き方については、以下の記事で詳しく解説しています。

クラウドソーシング内で仕事を請け、評価が集まってきたら徐々にジャンルを絞っていきましょう。

得意分野かつ稼げるジャンルを1~2個選ぶ

Webライターとして1~2ヶ月くらい仕事をしていると、自分の得意なジャンルや好きな記事ジャンルを見つけられるはずです。

  • 何だか記事が書きやすい
  • 記事のリサーチ時間が短くてすむ
  • クライアントからの評価が高かった

こんなジャンルは、自分の得意なジャンルかもしれません。

自分の得意分野かつ稼ぎやすいジャンルの記事が1~2個見つかれば、そのジャンルに特化していきましょう。

得意分野の勉強と受注を続ける

記事ジャンルを絞り特化していくときには、基本的に勉強と仕事の受注を繰り返すだけです。

たじみゆ

継続案件を受注できれば、新しい仕事を探す手間も省けます
さらに、これまで執筆した経験を活かせば、同ジャンルでもっと条件の良い仕事を見つけられる可能性もあります。
ここまでくれば、自分で「〇〇ライター」と肩書をつけて名乗っても良いかもしれません

ソラ

Webライターが執筆ジャンルの勉強をする方法

本棚
最後にWebライターが執筆ジャンルの勉強をする方法を紹介していきます。

たじみゆ

執筆ジャンルの勉強をすれば、リサーチ時間も短くなりますし、記事の質も上がるはずです!
【勉強方法】
  1. 本を読んでみる
  2. 資格を取ってみる
  3. ブログを運営してみる

それぞれ解説していきます。

本を読んでみる

執筆ジャンルについて体系的に学びたいのであれば、そのジャンルの本を読んでみるのがおすすめです。

インターネット検索やYouTubeで情報が無料で手に入る時代ですが、体系的に学ぶのであれば情報がまとまっている本で勉強するのが効率的です。

MEMO
全く新しいジャンルの勉強をするのであれば、入門~初心者向けにあたる本を3冊程度読めば、概要をつかめるはずです。

たじみゆ

体系的に理解できているジャンルは、執筆時に細かいリサーチを行うときも効率的に情報を探せます

資格を取ってみる

執筆ジャンルに関する資格を取るのも、自分の専門性を高めるのにおすすめです。

MEMO
資格を取得する際には、その分野に関する勉強をしますし、合格後は自分の実績のひとつとしてアピールできます。

例えば、お金に関する資格であるFPを取得すれば、知識が身につくだけでなく「FP保有者」として記事を書けるようになります。

たじみゆ

金融や不動産、医療系等のように専門的な知識が必要なジャンルにおすすめの勉強法です

ブログを運営してみる

勉強した内容を自分でアウトプットしたいのであれば、ブログを運営してみましょう。

MEMO
ブログ記事を書くときには、当然そのジャンルの勉強をしますし、勉強した内容を記事にする際に理解も深められます。

作成したブログは自分のポートフォリオとしてアピールできますし、ジャンルによってはブログ自体で収益化もねらえます。

Webライターとして稼ぐなら執筆ジャンルも意識しよう

Webライターとして安定して稼ぐのであれば、執筆ジャンルにこだわっていくのがおすすめです。

本記事で紹介したWebライティングで稼ぎやすいジャンルは、以下の通りです。

【稼げる記事ジャンル】
  1. 金融
  2. 仮想通貨・NFT
  3. 不動産
  4. 医療
  5. 美容
  6. 転職
  7. ウォーターサーバー

ジャンルにこだわらず記事を書いていた人は、自分の得意分野かつ稼ぎやすいジャンルに絞っていくことを意識してみると良いですよ。

ただ、特定ジャンルに特化したWebライターになるのであれば、その分野に関する勉強も必要です。

たじみゆ

本を読む、資格を取る等のように、自分で積極的に勉強していきましょう!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です