Webライティングの勉強におすすめ講座

WebライターはTwitterやらなきゃダメ?メリット・デメリットについて

Twitter





WebライターはTwitterやるべきなの?

今持っているアカウントとは別に専用アカウントを作るべき?
上記のようにお悩みの方に向けて、本記事ではWebライターがTwitterをやるメリットとデメリットについて解説していきます!

結論から言うと、Webライターは仕事を獲得するチャンスを増やすためにもTwitterをやるのがおすすめです。

Webライター専用のTwitterアカウントを用意すれば、Webライター仲間とのつながりも作れます。

ただし、Twitterをやり過ぎて仕事の時間がなくなるのは本末転倒なので、Twitterとの付き合い方には注意が必要です。

本記事ではWebライターがTwitterをやるメリットとデメリットを解説していきます。

たじみゆ

なお、私もWebライター用のTwitterアカウントを持っています(@tajimiyu_writer)。
よろしければ、フォローしてください!

この記事がおすすめな方
  • WebライターがTwitterをやるメリットとデメリットを知りたい人
  • WebライターがTwitterで仕事を獲得するコツを知りたい人
  • Webライターとしてもっと稼ぎたい人




WebライターがTwitterをやるメリット

twitter
WebライターがTwitterをやるメリットは、かなり多いです。

主なメリットは、以下の7つです。

【メリット】
  1. 仕事をTwitter経由で探せる
  2. 仕事のノウハウを探せる
  3. 記事執筆の情報収集にも役立つ
  4. メンターを見つけられる
  5. 仕事仲間や気の合う人を見つけられる
  6. noteやポートフォリオを紹介できる
  7. 短い文章でまとめる練習になる

それぞれ詳しく解説していきますね。

仕事をTwitter経由で探せる

Webライター用のTwitterアカウントを作成すれば、仕事の獲得チャンスを増やせます。

  • Webライター用のアカウントにDM等で依頼が来る
  • Webライターを募集するアカウントやツイートを探せる

具体的には、上記のように仕事を探せます。

たじみゆ

クラウドソーシングやフリーランス向けの求人サイト等以外からも仕事を探せるようになりますよ

仕事のノウハウを探せる

Twitter上には、WebライターやWebディレクターやアフィリエイター等といった様々な職種の人がいます。

MEMO
様々なスキルを持った人が自分の得意分野に関して発信をしているので、今の自分に合ったノウハウも探しやすいです。

たじみゆ

大量のノウハウや情報を無料で入手できるのはTwitterならではですよね
しかも、Twitterは140字以内に情報がまとまっているので、スキマ時間で効率よく情報収集ができますよ。

記事執筆の情報収集にも役立つ

Twitterは自分が記事を書くときの情報収集にも役立ちます。

特に、口コミや感想、最新情報系はGoogleやYahoo!等で検索するよりも、Twitterを確認した方が調べやすいです。

たじみゆ

記事のジャンルや収集したい情報にもよりますが、検索エンジンとSNSを使い分けられるとリサーチの精度やスピードを上げられます

メンターを見つけられる

先ほど解説したように、Twitter上には様々な人がいます。

MEMO
そのため、自分よりちょっと先輩の位置にいるメンターも見つけやすいです。

フリーランスや在宅ワーカー、副業を頑張っている人はまだまだ少ないです。

注意
なので、リアルの知り合いでは先輩的なポジションの人を見つけにくいかもしれません。

自分の進むべき方向性や仕事の目標を見つけられずに悩んでいる場合には、Twitterで自分の理想とする働き方や暮らしをしている人を見つけてみるのも良いですね。

仕事仲間や気の合う人を見つけられる

Twitter上では憧れの人や仕事だけでなく、自分と似た境遇や価値観が合う人も探せます。

注意
Webライターは自分一人で作業することも多いので、横のつながりを作るのが難しいです。

Twitterを利用すれば、仕事仲間を作りにくいWebライターでも同業者の仲間や友人を見つけられます。

たじみゆ

Twitterでなら自分のペースでゆるい付き合いもしやすいですよ!

noteやポートフォリオを紹介できる

Twitter上で掲載できるプロフィールやツイートには、リンクを貼れます。

MEMO
リンクを貼れば、Twitter上では表現しきれない自分の意見や過去の執筆実績も紹介できます。
  • note
  • 自分のブログ

たじみゆ

上記のリンクを貼れば、興味を持ったクライアントが出てくるかもしれません

Webライターのポートフォリオの作り方は、以下の記事で紹介しています。

短い文章でまとめる練習になる

Twitterは140字という文字数制限があります。

制限内で発信内容をまとめるには、スキルが必要です。

  • 短い文章で言い換える
  • 短い文章で共感を得る
  • 短い文章でわかりやすく伝える

どれも難しいことですし、身につければクライアントとのやり取りやWebライティングでも役立ちます。

たじみゆ

発信の練習としてTwitterを活用するのもおすすめです!

WebライターがTwitterをやるデメリット

時計
WebライターがTwitterをやるにはメリットだけでなく、デメリットもあります。

【デメリット】
  1. 他人と比べて落ち込むときがある
  2. Twitterに時間を取られる
  3. 情報の真偽を確かめる必要がある

メリットだけでなく、デメリットも把握した上でTwitterと向き合うのがおすすめです。

たじみゆ

詳しく解説していきますね

他人と比べて落ち込むときがある

Twitterにはすごい人があふれています。

そのため、自分の調子が悪いときにTwitterを見ると、キラキラしている人や経歴と自分を比較して落ち込むときがあります。

たじみゆ

比べても仕方ないとはいえ、たくさん稼いでいる人やすごいこと言っている人見ると焦ります……
注意
ただ、後述しますがTwitterでの発言=全て真実ではありません。

そのため、Twitterで書かれている実績や経歴を全てうのみにせず、ほどほどの距離感で付き合うのが良いかと思います。

Twitterに時間を取られる

Twitterって簡単に知り合いを作れて楽しいですし、自分の発言に「いいね」や「リプ」をもらえたら嬉しくなります。

注意
しかし、その一方でTwitter上の知り合いとの交流や発信内容を考える時間がかかってしまいます。

Twitterをやり過ぎてしまい、本業やライティングの時間、家族との時間等を減らしてしまうのは本末転倒なので、ご注意ください。

情報の真偽を確かめる必要がある

Twitterに書かれている情報には間違った情報や嘘の情報も多いので、真偽は自分で確かめる必要があります。

注意
また、真偽のつけようがない個人の意見もTwitter上では多く見つかるので、情報の受け取り方には注意しておきましょう。

例えば、TwitterのWebライター界隈ではたびたび「文字単価」や「実績報告」についての投稿が炎上しています。

  • 文字単価1円未満の仕事なんてありえない
  • Webライティングは無料で学べる。有料教材を使うなんて無駄
  • 実績報告って自慢?マウント?やる意味がわからない

こんな風に乱暴な言葉をTwitterで発信した人がいる場合、賛成や反対意見でとにかく炎上しがちです。

ただTwitterの140字以内の投稿で自分の価値観を正しく表現するのは難しいですし、個人の意見に正しいも間違いもない場合もあります。

過激な意見や発言を見かけることがあっても、あまり振り回されずに傍観していた方がストレス溜めずにTwitterを活用できます。

たじみゆ

きつい発言や言い方があっても「この人はこういう意見なんだ」くらいに思っておくのが楽ですよ




WebライターがTwitterで仕事を獲得するコツ

twitter
続いてWebライターがTwitter経由で仕事を獲得するコツを3つ紹介していきます。

【仕事を獲得するコツ】
  1. ブログやポートフォリオのリンクを貼っておく
  2. 得意ジャンルや文字単価をプロフィールに書いておく
  3. Webディレクターやメディアのアカウントをフォローしておく

それぞれ詳しく解説していきますね。

ブログやポートフォリオのリンクを貼っておく

Twitterの固定ツイートやプロフィールには、自分が運営しているブログや過去の執筆実績をまとめたポートフォリオのリンクを貼っておきましょう。

ツイート内容だけを見てもライティング能力の判断はつきにくく、結局のところはポートフォリオやブログの記事を見て依頼するかクライアントが判断するからです。

MEMO
Twitterはあくまで仕事を獲得するための入り口です。

お客様が最初に目にする玄関を綺麗にしておくように、Twitterのプロフィールや固定ツイートも整えておきましょう。

なお「他のSNSにも誘導したい」「複数のブログを運営している」等といった人もいるかもしれません。

そんな人は「lit.link」というサービスを使用すれば、おしゃれなプロフィール画面を簡単に無料で作れます!

たじみゆ

lit.link」なら、複数のリンクを掲載できますよ
作成した「lit.link」のURLをTwitterのプロフィールに貼り付けておきましょう

ソラ

得意ジャンルや文字単価をプロフィールに書いておく

「この人に記事を依頼したい」とクライアントに興味を持ってもらうためにも、Twitterのプロフィールや固定ツイート上で得意の記事ジャンルや最低文字単価を書いておきましょう。

たじみゆ

書いておくことで、クライアントとのミスマッチを減らせるので、希望条件に合った仕事を見つけやすくなります

Webディレクターやメディアのアカウントをフォローしておく

仕事を獲得する目的でTwitterを活用するのであれば、WebライターだけでなくWebディレクターやWebメディアのアカウントもフォローしておきましょう。

たじみゆ

横のつながりだけでなく、縦のつながりも持つイメージです

Webライター用アカウントを運営するときの注意点

twitter
最後にWebライター用アカウントを運営するときの注意点をいくつか紹介していきます。

【注意点】
  1. ネガティブな発言や悪口はツイートしない
  2. 仕事内容やクライアント情報もツイートしない
  3. 個人情報の流出に注意する

それぞれ詳しく紹介していきます。

ネガティブな発言や悪口はツイートしない

Twitterの発言内容は誰でも観れてしまうので、ネガティブな発言や悪口はやめておきましょう。

注意
攻撃的な発言を繰り返している人に、仕事を依頼したいと考えるクライアントは少ないはずです。

たじみゆ

常に自分の発言内容がどうみられるかを考慮してTwitterと付き合いましょう

仕事内容やクライアント情報もツイートしない

当たり前ですが、受注している仕事の内容やクライアントに関するツイートもNGです!

  • 詳細がわかる仕事内容
  • 受注している仕事のレギュレーション
  • クライアントの詳細情報
  • クライアントの愚痴

上記のツイートを行うメリットは、ありません。

それどころか秘密保持契約に違反する恐れもありますし、クライアントを失う恐れもあります。

個人情報の流出に注意する

Twitterは誰でも見れてしまうので、個人情報の流出にも注意が必要です。

注意
ネットで情報が流出してしまうと、なかったことにするのはほぼ不可能だからです。

例えば、以下の情報を発信するときには注意しましょう。

  • 自分が住んでいる地域の情報
  • 自分や家族に関する情報
  • 写真や動画付きのツイートをするとき

知り合いが見たら「これ〇〇さんだ!」って気付く可能性はありますし、Twitterをやっている人の中にはツイート内容から個人を特定することを得意としている人もいます。

たじみゆ

何かあってからでは遅いので、本当に注意してくださいね
安心して楽しくTwitterを活用するのが大切です!

ソラ

Webライター仲間を見つけたいならTwitterおすすめです!

最後はちょっと注意をしてしまいましたが、デメリットやリスク以上にWebライターがTwitterをやるメリットは大きいです。

WebライターがTwitterをやるメリットは、下記の通りです。

【メリット】
  1. 仕事をTwitter経由で探せる
  2. 仕事のノウハウを探せる
  3. 記事執筆の情報収集にも役立つ
  4. メンターを見つけられる
  5. 仕事仲間や気の合う人を見つけられる
  6. noteやポートフォリオを紹介できる
  7. 短い文章でまとめる練習になる

Twitterは無料でできますし、情報発信の練習にもなります。

リスクやデメリットを考慮しつつ、まずはTwitterを楽しんでみるのがおすすめです。

たじみゆ

私もTwitterアカウントを持っています(@tajimiyu_writer
ぜひ、お気軽にフォローしていただけると嬉しいです!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です