Webライティングの勉強におすすめ講座

Webライティングでペルソナ設定が重要な理由!設定方法も紹介





Webライティングのペルソナ設定って何?

ペルソナを意識するのが大事っていうのが実感できない
上記のようにお悩みの方に向けて、本記事ではWebライティングにおけるペルソナの重要性や設定方法を解説していきます!

Webライティングにおけるペルソナとは、記事を読む読者像です。

ペルソナとはそもそも心理学やマーケティング用語であり、サービスや商品を利用するユーザー増を指す言葉です。

記事を書くときにペルソナを意識しておくと、読者の悩みにピンポイントで寄り添った記事を書けるようになります。

たじみゆ

結果として、読者に最後まで読んでもらいやすい、問い合わせ訴求などに繋がりやすい記事に仕上がります
本記事では、Webライター歴6年目の筆者がペルソナ設定の方法や設定時の注意点と共に解説していきます。

プロフィール

この記事でわかること
  • Webライティングでペルソナを意識すべき理由
  • Webライティングでペルソナを設定する流れ
  • ペルソナ設定をする際の注意点




Webライティングでペルソナを意識すべき理由

本とパソコン
ペルソナを意識してWebライティングをすれば、質の高い記事に仕上がります。

【Webライティングでペルソナを意識すべき理由】
  1. 読者に必要な情報のみをまとめた記事を書ける
  2. 読者の悩みに共感しやすく感情を揺さぶりやすい記事を書ける
  3. クライアントと記事のイメージや目標を共有しやすい

それぞれ解説していきます。

読者に必要な情報のみをまとめた記事を書ける

ペルソナを意識すれば、読者に必要な情報のみをまとめた記事を書けます。

例えば、読者が女性か男性かによっても必要な情報は異なるはずです。

「ダイエット 筋トレ」というKWで記事を書いた場合、女性と男性では鍛えたい部位が異なることが予想できます。

さらに、読者の年齢や普段運動をしているかなどによっても書くべき内容が違うはずです。

このように、ペルソナを意識すれば読者にピンポイントで必要な情報をまとめられるので以下を回避した良い記事に仕上がります。

  • 不要な情報がないので読者に最後まで読んでもらいやすい
  • 記事を読んで納得感を得やすいので、サービス利用や商品購入に繋がりやすい

読者の悩みに共感しやすく感情を揺さぶりやすい記事を書ける

ペルソナを詳細に設定すれば、読者の悩みにも寄り添いやすくなります。

例えばペルソナを「女性」とした場合と「20代後半で仕事が忙しく運動する機会のない女性」にした場合では、後者の方が読者の悩みを予想しやすいです。

先ほど解説した「ダイエット 筋トレ」で上記のペルソナに向けて記事を書く場合、以下の悩みが考えられます。

  • 短時間で効率よく鍛えられるダイエットメニューを知りたい
  • 見た目で効果が出やすい筋トレ部位を知りたい
  • 普段運動しないので、あまりきつすぎない筋トレメニューを知りたい
  • 筋トレやダイエットの効果を高める食事を知りたい

さらに記事の導入部分であるリード文でも「水着を着て海やプールに行きたい」「友人の結婚式に呼ばれたものの去年のドレスがパツパツ」など具体的なエピソードを書きやすいです。

たじみゆ

「あるある!」「私も同じ!」と読者に思ってもらえれば、記事の間独立も上がります

クライアントと記事のイメージや目標を共有しやすい

記事を書く際にペルソナ設定をしておけば、記事の構成、内容の根拠にもなります。

MEMO
「なぜ、この情報を盛り込んだのか」「なぜ、この表現をしたのか」などの根拠をクライアントに示しやすくなります。

記事の完成イメージや記事の目標(サービスや商品購入など)もペルソナ設定と共にクライアントと共有できれば、記事だけでなく掲載サイトの質も上がりやすいです。

Webライティングでペルソナ設定をする流れ

パソコンをしている女性
続いて、記事執筆時にペルソナ設定をしていく流れを下記の3STEPで紹介していきます。

【ペルソナ設定をする流れ】
  1. 読者の属性(性別や年齢)を決める
  2. キーワードから読者ニーズを推測する
  3. 読者とクライアントそれぞれの最高の結果を考える

読者の属性(性別や年齢)を決める

まずは、読者の属性を決めていきます。

掲載先のメディアで読者の属性やターゲットが決められている場合には、それを流用します。

MEMO
決められていない場合には、SNSやヤフー知恵袋などのQ&Aサイトでキーワードを検索してみて、属性調査を行います。

ペルソナ設定をどこまで細かく行うかはクライアントの方針にもよりますが、最低でも以下を決めておくと記事を書きやすいです。

  • 性別
  • 年齢
  • 家族構成
  • 職業(ざっくりとでOK)
  • 顕在ニーズ(後述)
  • 潜在ニーズ(後述)
  • 記事を読んだ後の最高の結果(後述)
  • 顕在ニーズや潜在ニーズ、最高の結果はこの後で詳しく解説していきます。

    キーワードから読者ニーズを推測する

    クライアントから依頼されたキーワードから、読者ニーズを推測しましょう。

    MEMO
    読者のニーズを推測するときには、顕在ニーズと潜在ニーズの両方を予想します。

    例えば「ダイエット 筋トレ」のキーワードだと、顕在ニーズや潜在ニーズは下記のようになります。

    • 顕在ニーズ:ダイエットに役立つ筋トレを知りたい
    • 潜在ニーズ:体重だけでなく見た目も引き締めたい、痩せておしゃれになりたい

    読者は顕在ニーズの情報を知りたいわけではなく、潜在ニーズの悩みを解決したいわけです。

    潜在ニーズまで考えることで、追加であった方が良い情報の洗い出しや読者の悩みに寄り添う表現を見つけやすくなります。

    読者とクライアントそれぞれの最高の結果を考える

    続いて、読者とクライアントそれぞれの最高の結果を考えます。

    MEMO
    読者の最高の結果は、先ほど考えた潜在ニーズを満たした状態です。

    一方で、クライアントの最高の結果は読者が潜在ニーズを満たし、自社の商品やサービスの利用をしてくれることです。

    例えば「ダイエット 筋トレ」の場合のクライアントの求める最高の結果を考えてみましょう。

    • パーソナルジムのオウンドメディア:パーソナルジムの入会体験
    • プロテインのECサイト:自社のECショップで商品購入

    上記のように、クライアントが求める内容は掲載先のメディアやクライアントの事業によって変わります。

    たじみゆ

    可能であれば、掲載予定サイトやクライアントの事業内容も確認しておきましょう




    ペルソナ設定をするときの注意点

    パソコン
    最後にペルソナ設定をするときについ忘れがちな注意点を紹介します。

    【ペルソナ設定時の注意点】
    1. Webライターやクライアントに都合の良い人物像にしない
    2. 詳細を絞り込みすぎない

    上記を忘れてペルソナ設定をしてしまうと、独りよがりのペルソナになってしまい記事を読んだ読者の共感を得にくくなるのでご注意ください。

    Webライターやクライアントに都合の良い人物像にしない

    ペルソナ設定をするときには、都合の良い人物像にするのではなく根拠が必要です。

    • アンケート調査の結果
    • 統計結果
    • SNSの投稿
    • Q&Aサイトの投稿内容

    特に読者の属性を考えるときには、上記をチェックして記事内容に関する悩みを持つ読者像を洗い出します。

    注意
    Webライターやクライアントに都合の良い人物像にしてしまうと、記事を書いても読者の心に響きにくいです。

    たじみゆ

    最後まで読まれない、目標を達成できない記事になってしまう恐れがあります

    詳細を絞り込みすぎない

    詳細を絞り込みすぎると、独りよがりのペルソナ設定になる可能性も上がりますし、ペルソナ設定自体に時間がかかってしまいます。

    どこからがペルソナ設定のやりすぎになるかは難しいところですが、記事の内容によっては趣味や家族構成、学歴は必要かと思います。

    一方で「最近の悩み」や「好きな食べ物」などはいらないケースが多いです。

    ただ、Webライター初心者で記事を書くのが不慣れであり「たった一人の読者を意識したい」と思っているのであれば、詳細すぎるほどにペルソナ設定をするのも良いでしょう。

    ただし、>記事執筆に慣れてきた段階で決めるべきペルソナ要素の取捨選択をしていくのが効率的です。

    【まとめ】ペルソナが決まれば記事の質も上がります!

    適切なペルソナ設定を行えば、記事の質も上がります。

    クライアントの事業内容や掲載サイトに合った内容の記事も書きやすくなるので、発注元から喜ばれる記事を掛けるようになります。

    Webライティングでペルソナ設定をする流れは、下記の通りです。

    【ペルソナ設定をする流れ】
    1. 読者の属性(性別や年齢)を決める
    2. キーワードから読者ニーズを推測する
    3. 読者とクライアントそれぞれの最高の結果を考える

    ただし、詳細すぎるペルソナ設定は余計な工数を増やし作業効率を下げてしまいかねません。

    記事執筆に慣れてきたら、必要なペルソナ要素だけを決定するようにしていきましょう。

    マーケティングを意識した記事執筆をしたい人へ
    「自分のメディアでアフィリエイト収入を得たい」「クライアントの成果に直結する記事を書きたい」と考える際には、Webマーケティングに関する知識が必要不可欠です。
     
    読みやすい文章を書くWebライティングと読者の行動を促すWebマーケティング力を身に着けられれば、月10万円以上の収入を得られるようになります。
     
    WebライティングとWebマーケティングを効率よく学ぶのであれば、【SHElikes】がおすすめです。
     
    SHElikesでは、全31のコースから自由に選んで受講できるので無駄がありません。
     
    必要な知識を効率よく学べるので、在宅ワークや副業に活かせる知識を身につけられます。
     
    \ 無料体験レッスン開催中 /




    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です