Webライティングの勉強におすすめ講座

Webライターが経費にできる費用・できない費用まとめ!【処理時の注意点とは】





経費を計上すれば節税になるみたいだけど、Webライターはどんな費用を経費にできるの?

電気代とか通信費みたいに家庭と兼用の支出も経費にできるの?
上記のようにお悩みの方に向けて、本記事ではWebライターが経費にできる費用とできない費用を紹介していきます。

給料を得ていない専業主婦の場合、Webライターの利益が年間48万円を超えると確定申告が必要であり、利益に応じて所得税と住民税が課税されます。

なお、利益は売上から経費を引いた金額です。

そのため、経費を少しでも多く計上し利益を下げられれば、節税につながります。

もちろん、仕事に関係ない経費を無理やり計上するのはNGですが、仕事に必要な支出は漏れなく経費として計上しておきましょう!

経費に関しては税務署が「これも経費にできますよ」と教えてくれることはなく、自己申告制です。

Webライターの皆様が少しでも節税できるように、本記事ではWebライターが経費にできる費用とできない費用を紹介していきます。

この記事でわかること
  • Webライターが経費にできる費用
  • Webライターが経費にできない費用
  • Webライターが経費の計上をするときの注意点

なお、筆者は現役のWebライターですが税理士等の資格を持っているわけではありません。

本記事に書かれた内容は、あくまでも一般的なアドバイスであり、会計処理や確定申告は自己責任で行うようにお願いいたします。




Webライターが経費にできる費用


まずは、Webライターが経費にできる費用を確認していきましょう。

本記事の冒頭でも書きましたが、所得税や住民税は「利益=売上−経費」にかかります。

漏れなく経費を計上すれば、節税につながりますのでよく確認しておきましょう。

【経費にできる費用】
  1. パソコン代
  2. パソコン関連機器代
  3. チャットツールやソフトの会費
  4. 仕事に関連した書籍代
  5. セミナーへの参加費用
  6. 事務用品代
  7. カフェで仕事をしたときの飲み物代
  8. 仕事の打ち合わせをしたときの飲食費用
  9. レンタルオフィス費用
  10. 仕事で出掛けたときの交通費

パソコン代

Webライターの商売道具でもあるパソコンは経費にできます。

MEMO
仕事でしかパソコンを使用しないのであれば、全額経費に算入してしまって良いでしょう。

ただし、10万円を超えるパソコンを購入した場合には、費用ではなく資産として計上します。

資産として計上した後、減価償却を行い決められた年数で費用を分割し経費として計上可能です。

なお、青色申告をしている人は、30万円までは一括で減価償却できます。

たじみゆ

ざっくり言うと、青色申告してるなら30万円までのパソコンは一括で経費になります!

パソコン関連機器代

パソコンだけでなく、マウスやハードディスク、キーボードなどの関連機器も経費として計上できます。

注意
Webライターとして稼ごうとすると、パソコンに向かう時間がどうしても長くなりがちです。

肩こりや腰痛、目の疲れなどを緩和するためにも、パソコン関連機器に投資をして作業しやすい環境を整えるのも大切です。

たじみゆ

私もゲーミングチェアやマウスモニターや外付けキーボードなどを用意して、大分肩こりが改善されました

チャットツールやソフトの会費

クライアントと連絡をする際に使用するチャットワークなどのツールやクラウド会計などのソフト費用も経費として計上可能です。

MEMO
ソフトに関しては買い切り型のソフトではなく、サブスク型のソフトも経費にできます。

たじみゆ

経費計上できるのであれば、事業効率化のためのツールも積極的に導入しやすくなりますね

仕事に関連した書籍代

Webライティングや関連知識などの勉強に使用した書籍代は、経費として計上できます。

なお、最近は本を買うときに書店ではなく、Amazonなどインターネットショッピングで購入する人も多いはずです。

Amazonで購入する際にクレジットカードを使用するのであれば、経費専用のクレジットカードを用意しておくと便利です。

セミナーへの参加費用

Webライターやフリーランスのセミナーなどに参加した費用も、経費として計上できます。

MEMO
フリーランスとして稼ぎ続けるためには、自分のスキルを常に磨いていかなければなりません。

たじみゆ

セミナーなどにも積極的に参加して、新しいビジネスチャンスやスキルの習得を目指してみてはいかがでしょうか

事務用品代

Webライターはオンラインで完結する仕事も多いので、文房具などを購入する機会は少ないです。

それでも、仕事で使う文房具や細かい事務用品代も経費として計上できます。

税務調査で突っ込まれないように、仕事用とプライベートで購入したものをきちんと分けて管理しておくのも重要です。

カフェで仕事をしたときの飲み物代

Webライターの場合、パソコンさえあれば仕事ができるので自宅ではなくカフェをする人も多いです。

MEMO
カフェで仕事したときは、飲み物代のみ経費に入れられます。

なお、仕訳は自分1人で作業した日も「会議費」でOKです。

ただし、仕事をした際に頼んだ食べ物代は経費にならないので、フードメニューを頼んだときには経費処理に注意が必要です。

たじみゆ

飲み物代のみ経費に入れましょう

仕事の打ち合わせをしたときの飲食費用

自分1人で仕事をしたのではなく、飲食店などで打ち合わせなどをした場合には代金を経費として計上できます。

MEMO
会議費もしくは接待費等で仕分けするのが一般的です。

プライベートの支出ではないかという税きむしょの指摘を避けるためにも、打ち合わせに関する記録も領収書やレシートと一緒に取っておくことをおすすめします。

レンタルオフィス費用

自宅ではなくレンタルオフィスなどで作業した場合、その費用も経費になります。

ただし、レンタルオフィスで作業するのがメインとなっている場合には、後述する電気代や家賃などの費用計上が認められない恐れがあります。

判断に迷った際には、税理士などに相談すると安心です。

仕事で出掛けたときの交通費

仕事の打ち合わせやセミナーに参加したときの交通費も、経費として計上できます。

こちらもプライベートとの境目をハッキリするために、何のための交通費かを記載しておくことをおすすめします。

経費にできるが按分が必要な費用

電気
家賃や電気代、自宅のWi-Fi費用など、仕事用とプライベート用が合わさっている費用もあるはずです。

このように、仕事とプライベート両方で支出した費用は仕事に使用した分のみ経費として計算できます。

なお、支出を仕事用とプライベートに分けて経費計上することを家事按分と呼びます。

家事案分して経費に含められる支出を確認していきましょう。

【按分が必要な費用】
  1. 家賃
  2. 電気代
  3. 通信費(Wi-fiやスマホ費用)
  4. 仕事兼プライベートの支出

家賃

自宅で仕事をしている場合、家賃も家事按分で経費計上できます。

ただし、経費にできるのは家賃であり、住宅ローンの返済費用ではありません。

MEMO
厳密に言うと、住宅ローンの返済費用は利息分のみ経費として計上可能です。

住宅ローンの返済利息を経費にしたい場合には、計算が複雑になるので個人で行うのではなく、税理士への相談もご検討ください。

家賃を経費として計上する際には、家事案分が必要です。

  • 仕事場の面積
  • 仕事をしている時間

上記のように、根拠を持って家事案分を決定するのが大切です。

私の場合には、仕事部屋があるので、仕事部屋の面積/住宅の総面積で家事案分を決定しています。

電気代

電気代も家事按分して経費に計上可能です。

MEMO
電気代に関しても、仕事の時間や住宅面積の割合などに応じて決定するのが良いでしょう。

私の場合は、家事案分は全て住宅面積の割合に応じて決定しています。

なお、会計処理の原則として「一度決めた家事案分の割合や会計処理方法は変更してはならない」というものがあります。

たじみゆ

変更の際には根拠が必要です
今年は10%経費として算入、来年は20%経費として算入などはできないので、ご注意ください

ソラ

通信費(Wi-fiやスマホ費用)

Wi-Fi費用やスマホ費用なども、家事按分で計上可能です。

なお、スマホ代に関しては仕事用のスマホを持っている場合には、全額経費として計算できます。

たじみゆ

その場合、プライベート用のスマホは経費に含められません

仕事兼プライベートの支出

個人事業主の場合、仕事とプライベート両方の性質を兼ね備えた支出もあるはずです。

例えば、プライベートとセミナーの参加両方を兼ね備えていた旅行の場合、宿泊代や交通費は按分しなければなりません。

こちらの家事案分に関しても、税務署の職員を納得させるだけの根拠が必要です。




Webライターが経費にできない費用

水道
残念ながら、経費に算入できない費用もあります。

Webライターの経費として認められない費用を解説していきます。

【経費にできない費用】
  1. 完全にプライベートな支出
  2. 水道代とガス代
  3. 所得税や住民税
  4. 国家資格の取得費用

完全にプライベートな支出

当たり前ですが、完全にプライベートな資質は経費として認められません。

  • 個人の旅行
  • プライベートな飲み会
  • プライベートで読む漫画や本

上記は、経費になりません。

経費に含めてしまうと、税務調査などで指摘される恐れがあるのでやめておきましょう。

水道代とガス代

自宅で仕事をしている場合、電気代は家事按分して経費計上が認められていますが、水道代とガス代は原則として経費に算入できません。

ただし、自宅とは別にオフィスを借りている場合には、オフィスの水道代とガス代は経費に含められます。

所得税や住民税

所得税や住民税は、個人の所得に応じてかかる税金なので、経費にはなりません。

一方で、個人事業税や事業に使う家や車の固定資産税などは、経費にできます。

個人への税金か事業による税金かによって、経費計上できるかの判断が変わってきます。

国家資格の取得費用

国家資格は個人に属するものと判断されるので、取得した場合の費用は経費として認められません。

税理士や医者など独占業務があり資格を取得しないと事業ができない場合でも、資格を取るためのスクール費用は経費にならないのでご注意ください。

MEMO
国家資格以外の資格取得費用に関しては、事業に直接影響するものであれば経費として認められる場合があります。

判断が難しいので、税理士に相談してから経費に計上するのがおすすめです。

Webライターの経費処理・計算をするときの注意点

電卓とお金
最後に、Webライターが経費の処理や計算をするときの注意点を3つ解説していきます

【経費処理時の注意点】
  1. 領収書やレシートは保管しておく
  2. 一度決めた会計処理は変更しない
  3. クラウド会計を利用して処理を効率化する

それぞれ詳しく確認していきましょう。

領収書やレシートは保管しておく

経費として計上するためには、領収書やレシート等を保管しておく義務があります。

注意
確定申告後7年間は、領収書の保管義務があるのでご注意ください。

打ち合わせした際の飲食費用など、領収書やレシートのみで内容がわかりにくい場合には、打ち合わせの記録などを別途残しておくとより安心です。

一度決めた会計処理は変更しない

経費の仕訳で使用する勘定科目や家事按分割合など、会計処理をしていく上で自分で決めなければならない要素はいくつかあります。

これらの要素は、ある程度自由に決定できますが、一度決めた会計処理方法は原則として変更できません。

会計処理方法をその都度変更してしまうと、処理方法の変更で節税できてしまいますし、経営状況の分析もしにくくなってしまうからです。

  • 一度決めた会計処理は変更しない
  • 会計処理を決めるときには第三者に証明できる根拠を持つ

この2つを意識しておけば、自分で会計処理をする際の判断も迷わなくてすみます。

クラウド会計を利用して処理を効率化する

所得税や住民税を節税するために経費を漏れなく計上しようとすると、会計処理が非常に大変です。

注意
取引の数や種類が増えるほど、会計処理にかかる時間が長くなり、本業である執筆時間が減ってしまいます。

節税し手取りを増やすために会計処理をしているのに、本業の時間が取れなくなり収入が減るのは本末転倒ですよね。

経費を漏れなく計上しつつ、会計処理の時間を削減するにはクラウド会計の導入がおすすめです。

MEMO
クラウド会計とは、名前の通りオンライン上で会計処理ができるサービスです。

毎月もしくは年間の利用料はかかりますが、AIによる自動仕訳や銀行口座やクレジットカード情報との紐付けが可能です。

たじみゆ

入出金があったときも、自動で仕訳をしてくれ自分はその内容を確認するだけで良くなります

会計処理の時間を大幅に減らせますし、確定申告書の作成も必要事項を入力すれば自動で可能です。

たじみゆ

クラウド会計を利用すれば、収入につながる執筆時間を確保本業の執筆力も取れるので効率よく自分の収入を上げられます

【まとめ】経費を計上して節税しよう!

Webライターはパソコン代を始めとして、様々な費用を経費として計上できます。

Webライターが経費にできる費用の代表例は、以下の通りです。

Webライターが経費にできる費用
  1. パソコン代
  2. パソコン関連機器代
  3. チャットツールやソフトの会費
  4. 仕事に関連した書籍代
  5. セミナーへの参加費用
  6. 事務用品代
  7. カフェで仕事をしたときの飲み物代
  8. 仕事の打ち合わせをしたときの飲食費用
  9. レンタルオフィス費用
  10. 仕事で出掛けたときの交通費
  11. 家賃(按分が必要)
  12. 電気代(按分が必要)
  13. 通信費(Wi-fiやスマホ費用)(按分が必要)
  14. 仕事兼プライベートの支出(按分が必要)

経費を漏れなく計上すれば、所得を下げられるのでそれだけ所得税や住民税を節税できます。

経費の計上や仕訳はすべて自分でやろうとすると手間がかかるので、クラウド会計の導入もご検討ください。

会計処理の手間を減らしたい人へ
所得税や住民税は所得に応じてかかるので、経費を計上し所得を減らせばそれだけ節税できます。
 
しかし、Webライターの仕事に使用した費用を全て経費として計上するには、時間と手間がかかります。
 
会計処理にかかる時間と手間を減らしたい場合には、クラウド会計の導入がおすすめです。
 
AIによる自動仕訳や銀行口座、クレジットカードとの紐づけもできるので入出金の都度、自分で仕訳をする必要がなくなります。
 
これまで会計処理に使っていた時間を執筆時間や新しいスキルの勉強時間にあてられるようになりますよ。
 
クラウド会計にはいくつか種類がありますが、簿記や会計の知識が少しでもあるなら「マネーフォワードクラウド確定申告」、全くないなら「freee」がおすすめです。
 
\ 無料体験できる /




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です