Webライティングの勉強におすすめ講座

Webライティングの構成作成の流れ【マネできるテンプレートも紹介】





Webライティングで構成を作るのが難しい!

何を意識して記事の見出しを作れば良いのかな?
上記のようにお悩みの方に向けて、本記事ではWebライティングにおける構成作成の流れやコツを解説していきます!

Webライティングでは、長々と書いた本文は読み飛ばされる傾向にあります。

読者が「自分に必要な情報はこれだ!」と判断してもらうために、わかりやすい構成を作るのは大切です。

構成がわかりにくい、本文と合っていないと読者が「わかりにくい」「他の記事読もう」と離脱してしまうかもしれません。

本記事では、Webライター歴6年目の筆者が構成作成の流れや今すぐマネできる構成案を紹介していきます。

この記事でわかること
  • Webライティングで構成を作るときの流れ
  • Webライティングでよく使われている構成案
  • 構成作成時に合わせて決めておくと便利な情報




Webライティングで構成が重要な理由

SEOと書かれたブロック
本記事の冒頭で解説したように、Webライティングでは構成が非常に重要です。

本文を読んでもらうためにも、そもそもわかりやすい構成にしないといけないからです。

【構成が重要な理由】
  1. 検索エンジンに記事の内容を判断してもらうため
  2. 読者にとって必要な情報が書かれていることを示すため

検索エンジンに記事の内容を判断してもらうため

Webライティングの見出しはH2、H3などのHTMLタグを付けます。

MEMO
HTMLタグをつけることで、読者だけでなく検索エンジンにも記事の内容を把握してもらいやすくなります。

H2やH3タグは見た目が目立つだけではなく、SEO的にも重要なので必ず設定するようにしましょう。

読者にとって必要な情報が書かれていることを示すため

Web上の記事は、無料かつ他にも選択肢が無数にあるので、紙に書かれた記事と比較して読者が最後まで読まない場合が多いです。

注意
ほとんどの読者は本文まで細かく読み込んでくれません。
  1. 構成(目次)を確認する
  2. 自分の知りたい情報がありそうな見出しをクリックする
  3. 本文を読む

上記の流れで記事に目を通す読者がほとんどなので、本文の内容がわかる構成作りをしていきましょう。

Webライティングの構成を作成する流れ

パソコンをしている女性
続いて、Webライティングで構成作成をするときの流れを紹介していきます。

構成作成の流れを自分で決めておけば、作業を効率化できますし、読者ニーズの漏れも減らせます。

【構成作成の流れ】
  1. ユーザーの属性やニーズを予測する
  2. 読者に必要な情報を洗い出す
  3. 見出しの順番を最適化する
  4. 読者に行動を促す内容になっているか確認する

それぞれ詳しく見ていきましょう。

ユーザーの属性やニーズを予測する

クライアントからキーワードを渡されたら、まずはそのキーワードで検索するユーザーの属性やニーズを考えていきましょう。

  • 性別
  • 年齢
  • ニーズ(顕在と潜在どちらも)
  • 読者の理想とする状態

これらを決めていきましょう。

ユーザー属性やニーズを考えるときには、自分の頭の中で決めるのではなく、実際にそのキーワードで検索してみる、Q&Aサイトを見るなど調査を行うのが大切です。

記事の読者設定に関しては、以下の記事でも詳しく紹介していきます。

読者に必要な情報を洗い出す

記事の読者像が決まったら、読者に必要な情報を洗い出します。

MEMO
情報は過不足があってはいけないので、競合サイトの分析や読者ニーズを深堀して作業をしましょう。

最近のSEO記事は網羅性がかなり高まっているので、他の記事との差別化も考えられるとなお良いですね。

見出しの順番を最適化する

必要な情報をリストアップしたら、見出しの順番を最適化しましょう。

スムーズな記事の流れは、主に以下の通りです。

  • 読者が最も知りたいことから書いていく
  • 大きい情報から小さい情報へと流れていく
  • 問題提起から原因や解決策を解説していく
  • 過去から未来へと時系列に沿って解説していく

順番に悩んだら、作った構成を一覧にして流れに違和感がないか確認してみるのもおすすめです。

読者に行動を促す内容になっているか確認する

構成ができあがったら最終チェックとして、読者に行動を促す内容になっているか確認していきます。

MEMO
Webライティングの目的は読者に情報を伝えるだけでなく、読者の気持ちを動かし行動に繋げてもらうことです。

記事の後半部分で具体的に読者が行動しやすい情報を明記してあるか、確認してみましょう。

読者の行動としては、以下のものが考えられます。

  • 内部リンクで繋いだ別記事を読んでもらう
  • 商品やサービスの問い合わせ
  • その他、記事内でおすすめした行動を試してもらう

たじみゆ

情報を伝えて終わる記事ではなく、読んだ後の行動に繋がる記事が理想です!




Webライティングの構成案3つ

ノートと水色のペン
続いて、Webライティングでよく使われている構成案を3つ紹介していきます。

【おすすめの構成案3つ】
  1. 商品比較系
  2. 「〇〇とは?」系
  3. 「〇〇 できない」系

商品比較系

「おすすめPC5選」とか「今すぐ観たい映画7選」とか、商品やサービスを比較する記事の構成案は、下記の通りです。

  • H2:おすすめの〇〇5選
  • H3:商品①
  • H3:商品②
  • H3:商品③
  • H3:商品④
  • H3:商品⑤
  • H2:〇〇の選び方
  • H3:選び方①
  • H3:選び方②
  • H3:選び方③
  • H2:〇〇を選ぶときの注意点
  • H3:注意点①
  • H3:注意点②
  • H3:注意点③
  • H2:まとめ

注意点の部分は、Q&Aや費用相場など他にニーズが高そうな情報を盛り込む場合もあります。

商品比較系は読者が手っ取り早く情報を求めている場合が多いので、最初におすすめ商品を紹介してしまいましょう。

「〇〇とは?」系

「〇〇とは?」で検索上位表示を狙う場合、網羅性の高い構成にする必要があります。

具体例は、下記の通りです。

  • H2:〇〇とは?
  • H2:〇〇のメリット
  • H3:メリット①
  • H3:メリット②
  • H3:メリット③
  • H2:〇〇のデメリット
  • H3:デメリット①
  • H3:デメリット②
  • H3:デメリット③
  • H2:〇〇の活用事例
  • H2:〇〇の手続きの流れ
  • H2:〇〇に関するよくある質問
  • H2:まとめ

この他に、必要な情報があればさらに追加します。

多少記事が長くなっても1記事で必要な情報をまとめ、内部リンクで個別に解説した深堀記事に繋ぐのが理想です。

「〇〇 できない」系

何か悩みを解決するために、「〇〇 できない」「〇〇 失敗する」などで調べた読者向けの構成案は、下記の通りです。

  • H2:〇〇ができない理由と対処法
  • H3:理由①
  • H3:理由②
  • H3:理由③
  • H2:〇〇を成功させるコツ
  • H3:コツ①
  • H3:コツ②
  • H3:コツ③
  • H2:まとめ

まずはできない理由と対処法を解説し、読者の悩みを明確化します。

そして、続いて成功させるコツを解説し、読者に「自分にもできそう」という気持ちになってもらいます。

たじみゆ

もちろん、情報収集時に他に書いた方が良い情報があれば構成に追加しておきましょう

構成作成時にあわせて決めておきたいこと

雑誌とパソコン
構成作成はWebライティングの工程のひとつでしかなく、この後の作業には本文執筆や画像選定、Wordpressでの入稿などがあります。

構成作成時に次工程も見込んで作業や調査をしておくと、スムーズに記事を書けるようになりますよ。

【構成作成時にあわせて決めておきたいこと】
  1. 参考サイト
  2. 内部リンク構造
  3. 使用する画像や図解

参考サイト

記事執筆時に全く情報を見ずに書くことはほぼ不可能なので、参考サイトも構成作成時に用意しておきましょう。

たじみゆ

見出しの構成と参考サイトが決まっていれば、記事はスラスラ書けるはずです

内部リンク構造

1記事でSEO対策を行うのは難しいので、内部リンクで記事同士をつなぎ、検索エンジンからの評価を高めていく必要があります。

MEMO
構成作成時に内部リンク挿入できそうな記事がないか探しておくのが便利です。

内部リンクで飛ばすページを記事執筆時の参考にすることもできますし、投稿時に内部リンク先を探す必要がなくなります。

使用する画像や図解

投稿時に挿入したい画像や図解があれば「こんなイメージ」とだけでも考えておくことをおすすめします。

画像選定や図解作成は別の人がやるWebライティング案件だとしても、次工程の作業者に「こんなイメージの画像がほしいです」と伝えましょう。

たじみゆ

自分がイメージした記事に近いものに仕上がりやすくなりますし、次工程の作業負担を減らせます

読者の知りたいことは何?と考えるところから始めましょう!

記事の構成は、Googleなどの検索エンジンと読者の両方のために作成します。

以前のSEOでは、検索エンジンが求める構成と読者が求める構成にずれがありましたが、徐々にそのずれは解消されつつあります。

そのため、読者に役に立つ情報をまとめることを1番に考えて、構成を作れば検索上位表示されやすいです。

たじみゆ

常に読者ファーストを忘れずに構成作成や記事作成をしていきましょう
質の高いWebライティングをしたい人へ
読者にとって読みやすい有益な記事を書くには、本文だけでなく構成作成のスキルも必要です。
 
構成作成をする際には、SEOの知識やWebマーケティングの知識も必要になります。
 
Webライティングの仕事をしつつ、関連知識のスキルを身につけるためには、講座を受講するのが効率的です。
 
Web系の講座を受講するのであれば、【SHElikes】がおすすめです。
 
全31のコースから自由に授業を選んで受講できるので、自分に必要なスキルだけを短期間で身につけられます。
 
\ 無料体験レッスン開催中 /




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です