Webライティングの勉強におすすめ講座

【Webライターになりたい人必見!】勉強方法5つと必要なスキルまとめ





Webライターになるためにはどんな勉強をすべき?

Webライターに必要なスキルや知識を知りたい
上記のようにお悩みの方に向けて、本記事ではWebライターになるための勉強方法について解説していきます!

Webライターは資格職ではないので、誰でもなれます。

ただし、フリーのWebライターは自分で仕事を獲得する必要があるので、安定して稼ぐためにはスキルが必要です。

初心者がスキルを身につけるためには、日々Webライティングや関連知識の勉強をしなければなりません。

本記事では、Webライターになるための勉強方法や必要な知識、スキルを紹介していきます。

プロフィール

この記事でわかること
  • Webライターになるための勉強方法
  • Webライターになるために勉強すべきこと(初心者から上級者まで)




Webライターのになるための勉強方法5選

勉強をしている女性
Webライターになるためには、自分で仕事の獲得方法や記事の執筆方法を勉強しなければなりません。

おすすめの勉強方法は、主に以下の5つです。

【おすすめの勉強方法】
  1. Webライティングの本を読んでみる
  2. Webライティング講座を受講する
  3. Webライティングに関するYouTubeを観る
  4. クラウドソーシングで仕事を受注してみる
  5. ブログを運営してみる

それぞれ詳しく解説していきます。

Webライティングの本を読んでみる

初心者が一からWebライティングを学ぶのであれば、まず本を読んでみるのがおすすめです。

本でWebライティングを学ぶメリットは以下の通りです。

  • 体系的に学べる
  • 数冊の本を購入しても1万円以下の費用ですむ

私が運営しているこのブログやYouTubeなど、Webライターになるための知識は無料で公開されています。

しかし、必要な知識を体系的に学びやすいのが読書です。

WebメディアやYouTubeだと情報が飛び飛びになっている、重複している解説があるなどで本と比べると学習効率が下がってしまう場合があります。

Webライティング講座を受講する

オンライン、オフライン問わずWebライティングについて学べる講座はいくつかあります。

講座を受講すれば、勉強した内容をもとに執筆した記事の添削を受けられる場合が多いです。

  • 教材や講師からの指導によってインプットする
  • 記事を書いてアウトプットする
  • 書いた記事の添削を受ける

上記の流れで勉強できるので、効率よく知識を身につけられます。

たじみゆ

自分の文章のクセや苦手な部分も指摘してもらえるので、短期間で成長できるはずです
また、読書やYouTubeと違い講座によっては一緒に受講する仲間ができるので、挫折しにくにもメリットです。

Webライティングの講座で特におすすめなのは、【SHElikes】です。

Webライティングだけでなく、WebデザインなどWeb関係の知識含む全31のコースの中から自由に選んで受講できます。

たじみゆ

一緒に勉強する仲間もできるので、挫折しにくくモチベーションも上げやすいですよ

Webライティングに関するYouTubeを観る

最近はYouTubeでも、Webライティングや在宅ワークに関する情報が多く発信されています。

Webライティングのノウハウ動画は、動画を見なくても学習しやすいジャンルなので、家事や育児、移動中などに聞き流しながら学習可能です。

たじみゆ

スキマ時間で効率よくWebライターになるための知識を身につけられますよ
無料で学べるのもメリットですが、最近のYouTubeは情報過多なので信頼できて質の高い動画を探すのが大変です。

たくさんの種類の動画を見て学ぶよりも、信頼できる人が発信する動画の身を繰り返し見て勉強することをおすすめします。

クラウドソーシングで仕事を受注してみる

Webライターの仕事はピンからキリまであります。

MEMO
初心者向けの仕事であれば、パソコンなどで文字が打てて簡単な文章が書けるだけで開始できるものも見つかります。

本や講座、動画などで学びながら、クラウドソーシングで初心者向けの仕事を探すのも良いでしょう。

初心者向けのノウハウや執筆ルールを用意しているクライアントもいるので、仕事を通じてスキルを身につけられます。

ブログを運営してみる

「Webライターになりたいけど、仕事に応募するのが怖い」とお悩む場合には、ブログを運営してみるのもおすすめです。

MEMO
ブログは自分が書きたいジャンルやテーマで記事を書けますし、書いた記事は自分の資産として残ります。

自分のブログをポートフォリオにすれば、Webライティングの仕事に応募しやすくもなります。

Webライターがブログを運営するメリットは、以下の記事でも解説しています。

Webライターになるために初心者が勉強すべきこと

勉強
Webライターになるために「勉強しよう!」と思っても、そもそもどんな知識が必要かわからない人も多いのではないでしょうか。

正直言って、Webライターとして月1万円稼ぐためには以下の知識さえあれば大丈夫です。

【Webライター初心者が勉強すべきこと】
  1. 中学生レベルの文章力
  2. メールやチャットでのコミュニケーション
  3. 基本的なPCスキル

中学生レベルの文章力

Webライターというと、誰もが感動するエモい文章や何やら難しい記事を書いている印象を持つ人が一定数います。

MEMO
Webライターが書く記事のほとんどは読者にわかりやすく情報を伝える、まとめている記事です。

情報を伝えることが目的なので、誰もが読みやすくわかりやすいと感じる文章が好まれます。

なお、Web上で読みやすいとされる文章は、中学生が書く作文レベルや中学生でも理解できる文章とも言われています。

難しい表現は必要ないので、論理的にわかりやすく読みやすい文章を書く練習をしていきましょう。

メールやチャットでのコミュニケーション

Webライターの仕事のほとんどは、メールやチャットのみのコミュニケーションで完結します。

MEMO
オンライン上、文章でのやり取りがほとんどになるので、これらのツールを使いこなせるようにしましょう。

具体的には以下のスキルを身につけておくのがおすすめです。

  • メールやチャットツールの操作
  • メールやチャットでわかりやすく伝えるスキル
  • 相手に不快感を与えない穏やかな文章を書くスキル

操作方法ともかく文章術は一朝一夕では身につかないので、自分がやりとりした際に「良い!」「わかりやすい」と思った表現をマネしていくのが良いと思います。

基本的なPCスキル

Webライターの仕事はパソコンを使うので、基本的なPCスキルは勉強しておきましょう。

具体的には、以下のスキルが求められます。

  • 文章作成ソフト(WordやGoogleドキュメント)の操作
  • インターネットで検索する能力
  • メールやチャットでファイルやデータをやり取りする能力

これまでオフィスワークをしていた人でれば、問題なく身についているかと思います。

これまで接客業などパソコンを使用してこなかった人は、サクッと覚えていきましょう!




中・上級者のWebライターになるために勉強すべきこと

パソコン
Webライターで月1万円稼げるようになってきて、今後は月5万円、10万円とステップアップしていきたい人は、関連知識の習得も必要になります。

具体的には、以下の勉強をしていくのがおすすめです。

【中・上級者が勉強すべきこと】
  1. SEOの知識
  2. Webマーケティングの知識
  3. 会計知識
  4. 執筆ジャンルに関する知識
  5. WordPressに関する知識

SEOの知識

Webライティングの仕事の中には、検索上位表示を目的としている記事も多いので、SEOの知識も身につけておくと良いでしょう。

MEMO
SEOとは、検索エンジン最適化のことであり、狙ったキーワードで検索上位表示させることを目的としています。

SEOはサイト設計やデザインなど様々な要因が絡み合っていますが、記事の内容や構成もそのひとつです。

たじみゆ

SEOを意識した記事執筆や構成作成ができるようになれば、仕事の幅が広がりますよ

Webマーケティングの知識

Web上で書かれた記事は、読んでもらい読者に何らかの行動を起こしてもらうことを目的としているものも多いです。

MEMO
読者の感情を促し、行動につなげてもらうためにWebマーケティングの知識を身につけておいて損はありません。

Webマーケティングはブログの運営や講座の受講などで身につけられます。

本記事でも紹介した【SHElikes】であれば、WebライティングもWebマーケティングも学べますよ!

\ 無料体験レッスン開催中 /

会計知識

Webライティングで年間20万円を超える収入を得た場合、確定申告が必要になる可能性があります。

注意
確定申告する際には、1年間の売上とかかった費用を計算しなければなりません。
  • どの費用が経費として認められるのか
  • Webライティングの売上と経費の会計処理
  • 確定申告書の作成

これらをスムーズに行うためにも、日商簿記3級程度の知識はあった方が良いです。

ただ、最近はクラウド会計など便利なサービスが用意されています。

クラウド会計を使用すれば、会計や簿記の知識がなくても、確定申告書を作成可能です。

執筆ジャンルに関する知識

Webライターとして月5万円、もしくは月10万円稼ぐためには文字単価の高い仕事を受注する必要があります。

文字単価の高い仕事を見つけるにはいくつか方法がありますが、稼ぎやすいジャンルの記事を書くのも選択肢のひとつです。

金融や不動産、美容、医療など専門的な知識が必要な記事を書けるようになれば、稼ぎやすくなります。

たじみゆ

Webライティングの勉強とあわせて、執筆ジャンルの勉強をして知識を深めていきましょう

WordPressに関する知識

記事投稿システムのひとつであるWordpressで記事の投稿が出来るようになれば、執筆だけでなく入稿業務も対応できます。

MEMO
Wordpressとは、世界中で使用されている記事投稿システム(CMS)です。

たじみゆ

自分のブログをWordpressで作ってみれば、Wordpressの操作もあわせて勉強できます

【まとめ】必要な知識をひとつずつ勉強していきましょう!

Webライターになるためには、Webライティングを始め様々な勉強が必要です。

月1万円稼ぐためには、最低限以下の知識を身につけましょう。

【Webライター初心者が勉強すべきこと】
  1. 中学生レベルの文章力
  2. メールやチャットでのコミュニケーション
  3. 基本的なPCスキル

なお、Webライティングの勉強をするには以下の方法がおすすめです。

【おすすめの勉強方法】
  1. Webライティングの本を読んでみる
  2. Webライティング講座を受講する
  3. Webライティングに関するYouTubeを観る
  4. クラウドソーシングで仕事を受注してみる
  5. ブログを運営してみる

Webライティングで稼げるようになっても勉強は必要です。

たじみゆ

仕事を通じて勉強する、新しい仕事に必要な知識を勉強するなど、仕事と勉強のサイクルを回していくのが理想的です
Webライターになりたい人へ
Webライターになるためには、記事執筆方法やWebマーケティングを学ぶ必要があります。
 
これらは独学でも学習できますが、講座で学ぶと効率よく短期間で勉強できます。
 
Webライター向けの講座にはいくつかありますが、特におすすめなのは【です。
 
Webライティングを始めとする全31のコースから自由に授業を選べますし、オンラインもしくは通学スタイルを選択可能です。
 
短期間でガッツリ学ぶこともスキマ時間で効率よく学ぶこともできますよ。
 
\ 無料体験レッスン開催中 /




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です