Webライティングの勉強におすすめ講座

Webライティングで使えるテンプレート7選【今すぐマネしよう】





Webライティングの仕事を始めたけど、記事を書くのにすごく時間がかかる……

文章の型とかテンプレートがあれば良いのに
上記のようにお悩みの方に向けて、本記事ではWebライティングで使えるテンプレートを紹介していきます。

Webライティングでは、読者にわかりやすい表現で解説する必要があります。

読者が記事の内容に納得し行動に移すためには、論理的な記事にする必要もあるでしょう。

論理的な流れになる文章の型はある程度決まっており、Webライター初心者のうちは型に従って書くことを意識してみるのがおすすめです。

本記事では、Webライティングで使えるテンプレートを文章例や練習方法と合わせて紹介していきます。

プロフィール

この記事でわかること
  • Webライティングの構成・流れ
  • Webライティングのテンプレート
  • Webライティングの練習方法

なお、本記事で紹介するWebライティングとは、インターネット検索で上位表示を目的としたSEO記事を想定しています。




Webライティングの構成・流れ


Webライティングは、以下のように構成が決まっています。

3,000字の記事であっても、10,000字の記事であっても構成要素は同じです。

【Webライティングの構成・流れ】
  1. タイトル
  2. 導入文(リード文)
  3. メインコンテンツ
  4. まとめ

それぞれの特徴や目的を解説していきます。

タイトル

タイトルは、そのまんま記事のタイトルです。

たじみゆ

この記事なら、「Webライティングで使えるテンプレート7選【今すぐマネしよう】」ですね
タイトルの持つ役割は、主に以下の通りです。

  • 検索結果表示画面で読者に興味を持ってもらう
  • 読者に記事を読むメリットや記事の内容を伝える

魅力的なタイトルの付け方は、以下の記事もご参考ください。

導入文(リード文)

検索結果に表示されたタイトルをクリックすると、最初に導入文を目にするはずです。

導入文

たじみゆ

ここの部分です

導入文もタイトル同様、読者に記事の内容や読むメリットを伝える役割を担っています。

Web上の文章はとにかく離脱されやすいので、導入文の段階で読者を引き付ける必要があります。

導入文に書くべき内容については、以下の記事で解説しています。

メインコンテンツ

メインコンテンツは、その記事で伝えたい内容です。

記事によってボリュームは異なります。

例えば、「英単語のappleの意味」がメインコンテンツなら記事は短いはずですし「2022年時点でiPad買うならどれがおすすめ?」という内容なら記事も長くなるはずです。

MEMO
メインコンテンツは、想定読者の悩みや疑問を解決し、必要な情報を全て解説するのが目的です。

まとめ

Web上の文章の多くは最後にまとめを設定しています。

まとめでは、名前の通りメインコンテンツの内容をまとめることもしていますが、それ以上に読者に行動を促すことを目的としています。

  • 商品やサービスの購入
  • 来店予約や問い合わせ
  • 内部リンクで他の記事を読んでもらう
  • SNSでシェアしてもらう

具体的には上記の行動などを狙っている場合が多いです。

まとめの部分で読者に行動してもらうためには記事を読んで読者が納得しなければなりません。

次の章では、読者を納得させるWebライティングのテンプレートを紹介していきます。

読者を納得させるWebライティングのテンプレート

マウスを持つ手
先ほど解説したように、Webライティングでは読者に納得してもらい何らかの行動を起こしてもらうことを目的としています。

読者を納得させるための文章や論理展開は、ある程度形が決まっています。

本記事で紹介したいWebライティングのおすすめの型は以下の7つです。

【Webライティングのおすすめテンプレート】
  1. PREP法
  2. SDS法
  3. PASONAの法則
  4. AIDAの法則
  5. ストーリーフォーミュラ
  6. PPC法
  7. 5w1h法

それぞれのテンプレートの特徴や書き方を紹介していきます。

PREP法

PREP法は論理的かつ相手に納得してもらいやすい文章を書くための型です。

MEMO
短い文量で相手を納得させられるので、Webライティングや論文で多く使用されています。

PREP法は、以下の要素で構成されています。

  • Point(結論)
  • Reason(理由)
  • Example(具体例)
  • Point(結論)

PREP法の具体例もみていきましょう。

  • Webライティングの上達を目指すならブログ運営もおすすめです。
  • ブログ運営では文章力を始めとしてWebライティングに必要な知識を習得できるからです。
  • 私もブログを始めてからWebライティングの文字単価が上がりました。
  • 仕事の幅を増やしたい、収入を上げたいWebライターはブログ運営をしてみてはいかがでしょうか。

たじみゆ

記事の書き方に悩んだときはPREP法を試してみましょう

SDS法

SDS法とは、以下の要素で構成されている文章のテンプレートです。

  • Summary(要点)
  • Details(詳細)
  • Summary(要点)

文章例は以下の通りです。

  • SDS法とは文章のテンプレートのひとつです。
  • SDS法では要点、詳細、要点と文章が展開していくので読者にわかりやすく情報を伝えられます。最初に要点を伝えることで読者に記事の内容を理解してもらいやすいメリットもあります。
  • このように、SDS法は相手に何かを伝えるときに適した文章構成です。

PREP法と異なり、SDS法は具体例を説明しなくても良いので主張を避けたいニュースや解説の際に役立ちます。

PASONAの法則

PASONAの法則とは、マーケティングでも用いられる法則のひとつです。

読者が悩みを抱えているときの行動手順として知られていて、要素は以下の通りです。

  • Problem (問題)
  • Agitation(煽り)
  • SOlution(解決策)
  • Narrowing Down(絞り込み)
  • Action(行動)

何か買いたいものがあるときや悩みがあって解決したいときには、無意識に上記のようにアプローチしている人も多いのではないでしょうか。

PASONAの法則は文章の型というよりも、記事全体の構成を考えるときに使用することが多いです。

AIDAの法則

AIDAの法則もPASONAの法則同様に、読者が行動するときの心の流れを表しています。

  • Attention(注意)
  • Interest(興味)
  • Desire(欲求)
  • Action(行動)

上記の流れで構成されていて、商品やサービスの購入を促すセールスライティングでよく用いられます。

たじみゆ

こちらも文章そのものより、記事全体の構成作成時によく活用します

ストーリーフォーミュラ

ストーリーフォーミュラは、物語性のある文章で読者に記事を読ませる手法です。

以下の7つの要素で文章を作っていきます。

  1. 似ている状況
  2. 失敗や挫折経験
  3. 失敗や挫折から抜け出せるきっかけを紹介
  4. 成功体験を紹介
  5. 成功の理由を分析し解説
  6. 他の人の成功体験で客観性を持たせる
  7. 「次はあなたです」と行動を促す

ちょっと長いセールスレターやテレビの通販広告などで目にする機会もありますよね。

たじみゆ

SEO記事で使用する機会は少なめですが、覚えておいて損はありません

PPC法

PPC法とはセールスライティングでよく用いられる手法であり、相手の行動を促す文章を書ける型です。

以下の要素で構成されています。

  • Promise(約束)
  • Proof(証拠・証明)
  • Call to Action(行動の呼びかけ)

最初に〇〇すると〇〇できます!と読者に向けて宣言をすることによって、読者の共感や「私もこうなりたい!」という憧れを得ることができます。

たじみゆ

感情を動かしやすく行動につながりやすい文章を書けますよ

5w1h法

何かの手順を解説するときには、5W1Hを意識して情報を漏れなく伝えることを意識してみましょう。

注意
読者に必要な情報を網羅しないと、読者が記事から離脱し、別のWebサイトの記事を読んでしまう恐れがあるからです。
  • When(いつ)
  • Where(どこで)
  • Who(だれが)
  • What(何を)
  • Why(なぜ)
  • How(どのように)

ただし、上記の要素をすべて文章で伝えようとすると長くなるので注意が必要です。

たじみゆ

読者が情報を整理しやすくするために、必要に応じて表なども活用ください




Webライティングの練習方法

ネイルをした手とパソコン
本記事で紹介したWebライティングのテンプレートを自然に記事内で使用できるようにするには、練習が必要です。

具体的には、以下の方法で練習しましょう。

【Webライティングの練習方法】
  1. 講座で学ぶ
  2. 本で学ぶ
  3. とにかく書いてみる

それぞれ詳しく解説していきます。

講座で学ぶ

Webライティングは書いた文章を添削してもらうと、効率よく学習できます。

仕事を通じて文章を添削してもらうのが理想ですが、Webライター初心者で「そもそも最初の仕事に受からない」と悩んでいる場合には、講座を受講するのも良いでしょう。

通信講座にしろ通学タイプの講座にしろ、教材で学んだ内容をもとに書いた文章をプロの講師に添削してもらえます。

たじみゆ

文章を添削してもらえれば、論理展開のミスや自分の文章のクセも見つけやすくなりますよ
短期間で効率よくWebライティングを学びたい、必ず稼げるようになりたいと考える人は講座の受講をご検討ください。

Webライティングの講座はいくつかありますが、特におすすめなのは【SHElikes】です。

全31のコースから自由に講座を選べるので、Webライティングと関連知識を一気に習得できます。

本で学ぶ

Webライティングに関する本や文章術に関する本を読めば、文章の型を学べます。

MEMO
信頼できる文章術の本を1冊でも購入しておけば、執筆時に手が止まったときに何度も見返して文章構成をマネできます。

Webライティング初心者におすすめしたい文章術の本は「新しい文章力の教室」です。

Web上で好まれる簡潔でわかりやすい文章の書き方がまとめられています。

Webライティングの勉強をするのにおすすめの本は、以下の記事でも詳しく紹介しています。

とにかく書いてみる

Webライティングは習うより慣れろです。

本や講座などで学んだ内容を自分なりにかみ砕き実際に文章を書いてみることが大切です。

  • 講座の添削課題を提出する
  • クラウドソーシングで仕事を受注する
  • 自分でブログを運営してみる

具体的には上記の方法で記事を執筆してみるのがおすすめです。

たじみゆ

本を読んでわかった気になった文章の型も、自分で書いてみると「難しい」と感じるときもありますよ
自然にWebライティングのテンプレートを使いこなせるようになるまでは、とにかく練習していきましょう!

まとめ

インターネット上で読みやすく論理展開もしっかりしている文章のテンプレートはある程度決まっています。

本記事で紹介したおすすめのテンプレートは、下記の通りです。

【Webライティングのおすすめテンプレート】
  1. PREP法
  2. SDS法
  3. PASONAの法則
  4. AIDAの法則
  5. ストーリーフォーミュラ
  6. PPC法
  7. 5w1h法

上記のテンプレートは文章作成時や記事の構成作成時に使用できます。

テンプレート自体は簡単ですが、自分が執筆する内容を文章の型に当てはめる作業にはある程度練習が必要です。

文章を書く機会を増やし、Webライティングのテンプレートを使いこなせるようにしていきましょう。

Webライティング力を上げたい人へ
Webライティングにはある程度テンプレートが決まっており、繰り返しの練習が必要です。
 
練習は独学でも出来ますが、自分が書いた文章を添削してもらう方法が最も効率がよく短期間で上達できます。
 
Webライター初心者で仕事になかなか採用されず、自分が書いた文章を見てもらう機会が少ない人は講座を利用するのも良いでしょう。
 
Webライティングについて学ぶのであれば、【SHElikes】がおすすめです。
 
全31のコースから自由に選んで受講できるので、Webライティングや関連知識を一気に学習できます。
 
\ 無料体験レッスン開催中 /




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です