Webライティングの勉強におすすめ講座

Webライティング案件の体験談の書き方【読者が体験談に求めるものとは?】

体験談書き方





たじみゆ

クラウドソーシングで体験談の仕事をやってみたい
Webライティングで体験談ってどんな記事を書けばいいの?
とお悩みの方向けに、本記事では体験談の書き方を紹介しています!

「Webライティングの仕事をしよう!」と考えたときに、最初にクラウドソーシング経由でお仕事を受注する方も多いのではないでしょうか。

クラウドソーシング内のライティング案件で初心者向けとされているものは体験談記事です。

体験談は自分の経験をそのまま記事にできるので、Webライティング初心者にもおすすめです。

たじみゆ

記事を書くこと自体に慣れてきたら、他の仕事や案件へのステップアップも狙えます!
本記事ではWebライティング案件の体験談の書き方を紹介していきます。

本記事を読めば、体験談の書き方や読者が体験談に求めるものがわかるようになりますよ。

この記事がおすすめな方
  • Webライティングで体験談記事を書きたい方
  • 体験談の書き方に悩んでいる方
  • Webライティングの仕事を始めたい方




読者が体験談を求める理由

スマホを持つ女性

まずは読者が体験談記事を求める理由を考えてみましょう。

私たちが体験談や口コミ、評判を読みたいと思う理由は以下の2つです。

  1. 失敗を避けたい
  2. 商品購入・サービス利用の背中を押してほしい
それぞれ解説していきますね。

失敗を避けたい

何かサービスや商品を購入するときって、誰でも失敗を避けたいと思いますよね。

失敗を避けるために公式サイトには掲載されていない

  • 商品やサービスのデメリット
  • 商品やサービスを使う前に知っておいた方が良いこと
  • 商品やサービスが合わない人
を知りたいはず。

これらの意見は実際にそのサービスや商品を利用した人から聞くのが参考になります。

たじみゆ

ネットショップで口コミを参考にした経験、皆さんもありますよね

商品購入・サービス利用の背中を押してほしい

体験談を読む読者の中には、既に商品やサービスを購入する気持ちはあって背中を押してほしいと考えている人もいます。

無意識のうちに、背中を押してほしくて自分にぴったり合う口コミや評判を探しちゃうことってよくある……

ソラ

  • 商品やサービスが向いている読者
  • 読者が求めている理想の未来やイメージ
を体験談の中で伝えられれば、読者は背中を押されてあなたが紹介した商品やサービスを購入する可能性が高くなります。

あなたの書いた記事を読んで、読者が商品やサービスを購入してくれるようになれば、自分でアフィリエイトやブログを運営して収入を得ることも可能です。

初めてのWebライティング案件に体験談がぴったりな理由

ネイルをした手とパソコン

続いて、初めてのWebライティング案件に体験談がぴったりな理由を解説します。
 

【初めてのWebライティング案件に体験談が合う理由】
  1. クラウドソーシングには体験談のタスク案件が多い
  2. あなたの経験に関することなので記事が書きやすい
それぞれ解説していきますね。

クラウドソーシングには体験談のタスク案件が多い

初心者ライターはクラウドソーシングを活用して、仕事を受注するのがおすすめです。

クラウドソーシングには初心者から上級者までの仕事が用意されています。

そして初心者向けのタスク案件には体験談を書く仕事が多いです。

たじみゆ

他には要約やあらすじを書くタスク案件も多いです。
クラウドソーシングを始めたばかりの方が、高単価案件や人気の案件を受注するのは難しいです。

まずは体験談などのタスク案件を受注し、実績を積んでから高単価の案件受注を目指しましょう。

あなたの経験に関することなので記事が書きやすい

体験談はあなたの経験に関する記事なので、Webライティング初心者でも記事にしやすいです。

  • 何を書いたらいいかわからない
  • 書いた記事の内容が薄くて、指定された文字数に届かない
上記のように悩む方でも、体験談記事なら自分に関することなので濃い内容の記事を書けます。

体験談を書く中で濃い内容の記事の書き方をマスターすれば、他のジャンルの記事も書けるようになりますよ。




体験談を書くときのコツ

PC

最後に体験談を書くときのコツを紹介していきます。

【体験談を書くときのコツ】
  1. 自分の年齢・プロフィールを簡潔に紹介
  2. 5W1Hを意識して具体的に書く
  3. 「〇〇な人にはおすすめ」と書いて読者の背中を押す
詳しく解説していきますね!

自分の年齢・プロフィールを簡潔に紹介

体験談の冒頭で自分の年齢や簡単なプロフィールを書いておきましょう。

自分の年齢やプロフィールを書いておくと、記事の想定読者を絞り込めます。

記事の想定読者を絞り込むと、

  • 特定の読者の心に刺さる記事が書ける
  • 読者のイメージがしやすくなり記事を書きやすくなる
メリットがあります。

「記事の想定読者は過去の自分」と考えて記事を書くと、スムーズに記事を書けるようになりますよ。

5W1Hを意識して具体的に書く

体験談を読む読者は、商品やサービスを実際に経験した生の意見を知りたいと考えています。

生の意見を知りたい読者が記事を読んでイメージしやすくなるように、5W1Hを意識した具体的な文章を書きましょう。

5W1Hを意識して文章を書くと、記事の文字数を稼ぎやすくなるのもメリット。

少し上級者意見になりますが、記事を書く際には形容詞を使わないことも意識してみてください。

例えば自分も訪れたことのあるレストランのレビュー記事を書くときに、

  1. 店内は大きいです
  2. 4人掛けのテーブルが8つほどあり、カウンター席は6名分ありました
2つ目の文章の方が、実際にお店に行ったことがない人も店内のイメージをしやすいですよね。

「大きい」などといった形容詞は読む人によって判断が異なるので、記事を書く際には使いすぎないようにしましょう。

「〇〇な人にはおすすめ」と書いて読者の背中を押す

体験談を書くときには、「〇〇な人にはおすすめ」と書いて読者の背中を押してあげましょう。

体験談を読む読者は「この商品(サービス)って自分に向いてるの?」って悩んでいます。

記事の中でどんな人に向いているのかハッキリさせると、当てはまる読者は購入に踏み切りやすいです。

Webライターとしてスキルアップを目指すなら通信教育もおすすめ



体験談のWebライティング案件は、初心者ライターでも取り組みやすくおすすめです。

仕事を受注しながらWebライティングの勉強をすれば、収入を得ながらスキルアップを目指せます。

更に効率よくWebライティングのスキルを身につけたいのであれば、Webライティングのスクールや通信教育を受講するのもおすすめです。

乳幼児がいて学校に通うのが難しい方は、完全オンラインで学べるWebライティングスクールが向いています。

女性のためのWebスクール【SHElikes】なら、完全オンラインでWebライティングやWebデザインを学べます。

\ 無料レッスン開催中 /

体験談の書き方をマスターして初案件を受注しよう!

Webライティングの中でも体験談記事は書きやすく、初心者にもおすすめです。

本記事で紹介した体験談記事を書くコツは以下の通り。
 

【体験談を書くときのコツ】
  1. 自分の年齢・プロフィールを簡潔に紹介
  2. 5W1Hを意識して具体的に書く
  3. 「〇〇な人にはおすすめ」と書いて読者の背中を押す
体験談記事をスラスラ書けるようになれば、他ジャンルの記事も書けるようになりますよ!

たじみゆ

Webライターの初案件として、体験談記事にトライしてみましょう!
本ブログでは、未経験主婦がWebライターとして収入を得るためのノウハウを紹介していきます。

たじみゆ

他の記事も読んでいただけると嬉しいです!
タイトルの付け方Webライティングのタイトルの付け方!入れるべき内容や注意点について




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です