Webライティングの勉強におすすめ講座

Webライティングの勉強におすすめの本5選【ノウハウコレクターにならない方法】





Webライティングの勉強をするのにおすすめの本ってあるの?

Webライターになるためには本を読んだ方が良いの?

本記事では上記のようにお悩みの方に向けて、Webライティングの勉強をするのにおすすめの本を解説していきます!
  • 今までネット上で文章を書いたことがない方
  • SNSの場くらいでしか文章を書いた経験のない方
このような方は、本を読んでWebライティングの勉強をするのも良いでしょう。

Webライティングについて書かれた初心者向けの本であれば、体系的に知識を身につけられるので効率が良いですよ。

早くWebライターとして稼げるようになりますよ。

ソラ

本記事では現役Webライターの筆者が初心者のときから今も読んでいるおすすめの本を3つ紹介していきます。

たじみゆ

合わせて最近読んだ本も紹介していきますね。
この記事がおすすめな方
  • Webライティングの勉強におすすめの本を知りたい方
  • Webライティングの勉強を効率よくしたい方
  • Webライターになりたい方




Webライティング初心者が読んでおきたい本3冊

本とコーヒー
まずは「いちからWebライティングの勉強を始めたい!」って方にもおすすめの3冊を紹介していきます。

もちろんすでにWebライターとして稼げるようになりつつある方が、知識を整理するために読むのにも良いですよ。

新しい文章力の教室

【おすすめポイント】
  • Webでの文章の書き方を知りたい方にぴったり
  • 読みやすくて完読しやすい文章の書き方を学べる
  • 構成の作り方も少しだけ学べる
新しい文章力の教室では、読みやすい文章の書き方を勉強できます。

この本では「良い文章=完読される文章」と最初に定義をして、本の終わりまでひたすら完読される文章を書く方法を教えてくれます。

本の中身は、完読される文章を書くためのコツを77個にわけてそれぞれを数ページで解説している構成です。

短時間でも何個かのコツを読むことができますし、自分にとって必要な部分のみ拾い読みもできます。

たじみゆ

文章力が上がってから繰り返し読んでも再び発見を得られるお気に入りの1冊です。

沈黙のWebライティング

【おすすめポイント】
  • SEOライティングの勉強に最適な1冊
  • 構成の作り方から読みやすい文章の書き方まで網羅している
  • コミックス+解説の流れで進むので読みやすい
多分ほとんどのWebライターが1度は読んだことがある本ではないでしょうか。

SEOに対する考え方や構成作成のコツを勉強できます。

初版は2016年と少し古めなのですが、本の中に書かれているSEO知識は古さを感じさせません。

たじみゆ

読者ファーストというSEOの本質部分を丁寧に書いているからこそ、情報の新鮮さを保てているのだと思います。
ページ数は631ページもあり「分厚い……」と思ってしまうのですが、コミックス部分が多いので読みにくさは感じません。

ドリルを売るには穴を売れ

【おすすめポイント】
  • マーケティングについて勉強したい方にぴったり
  • Webライターだけでなくブログ運営をしたい方にもおすすめ
  • 商品やサービスの売り方を学べる
Webライターとして、読みやすい文章をある程度書けるようになったら読んでいただきたい本です。

マーケティングに関する基礎知識をストーリー形式で学べます。

  • CV(お問い合わせや商品購入)を増やす文章を書きたい方
  • 自分でブログやメディア運営をしたい方
  • Webライターとして仕事をたくさん受注したい方
このような方は読んでみても良いと思います。
初心者向けに書かれていても、1度に全ての内容を理解し実践するのは難しいはずです。

ソラ

たじみゆ

手元に置いて何度も読んでセールスライティングや営業のブラッシュアップに活用するのがおすすめです。
created by Rinker
¥1,572 (2022/12/10 01:26:05時点 Amazon調べ-詳細)

Webライターとして稼げるようになってから読むといい本

本とパソコン

続いてWebライターとしてある程度(月5~10万円くらい)稼げるようになったら読んでおくと良い本を紹介していきます。

どちらもWebライターとして安定して稼ぐ、自由な働き方を追求していくために読んでおくと良い本ですよ。

お金のこと何もわからないままフリーランスになっちゃいましたが税金で損しない方法を教えてください!

【おすすめポイント】
  • フリーランスに関する税金をわかりやすく学べる
  • ほとんど漫画形式なのでお金や税金に詳しくなくても読みやすい
  • 「どこまで経費になるの?」なんて人に聞きにくいことも書いてある
フリーランスになると自分で確定申告をして税金を納める必要があります。

たじみゆ

私も扶養内で稼いでいますが毎年確定申告をしています。
サラリーマンのときは会社の人事や経理の方が処理していくれた税金関係も、フリーランスになると自分で処理をしなければなりません。
税理士に依頼するのも選択肢のひとつだけど、お金もかかりますしね。

ソラ

この本ではフリーランスが納めるべき税金や節税方法を勉強できます。

たじみゆ

確定申告や日々の会計処理で迷ったときに、辞書感覚で読むのもおすすめです。

個人事業主1年目の強化書

【おすすめポイント】
  • フリーランスが1年目(もしくは準備期間)にすべきことを解説
  • 「1番大切=事業がずっと続くこと」と定義していてわかりやすい
  • 100項目に分かれているので必要な部分だけ読める
2022年2月に購入したばかりの本です。

個人事業主が1番大切にすることを「事業が続くこと」と定義し、それを達成するために必要な100個解説しています。

100個に分かれているので今の自分にとって必要な部分だけを拾い読み可能です。

例えばフリーランス3年目の私は、「第2章 仕事環境を整える」の部分はほとんどクリアできていました。

一方で事業の多角化や外注に関しては課題が残ります。

たじみゆ

本を読むことで今の自分が次に設定する目標を考えるのに役立ちました。
3ヶ月ごととか半年ごとに読んで、自分がフリーランスとして成長しているか確認していきたいです。

created by Rinker
¥1,650 (2022/12/10 01:26:06時点 Amazon調べ-詳細)




本でWebライティングの勉強をするメリット

本
最近ではYoutubeやブログなど様々な媒体でWebライティングについて学べます。

無料で学べる分、Youtubeやブログの方が良いんじゃないの?

こんな風に思う方もいるのではないでしょうか。

ただ本には本ならではのメリットがあるんです。
 

【本で学習するメリット】
  1. 知識を体系的に学べる
  2. 何度も繰り返し確認できる
  3. アウトプット時に手元に置いておける
  4. モチベーションアップ
  5. スキマ時間に勉強できる
私が個人的に実感しているメリットはこの5つです。それぞれ紹介していきますね。

知識を体系的に学べる

Youtubeやブログよりも、1冊にまとまっている本の方が知識を体系的に勉強しやすいです。

  • 本は勉強する順番がわかりやすい
  • 出版社を通している本はある程度、情報の信頼性が高い
本とYoutube、ブログの違いをまとめると以下の通りです。

ブログ・Youtube
体系的に学べる
情報の信頼性 高い 発信者により異なる
費用 1,000~2,000円 無料

自分にとって必要な情報がハッキリしているのであれば、ブログやYoutubeでも良いと思います。

「何からやって良いかわからない」くらいの初心者は、本を数冊読んで自分が勉強する分野の知識を広く浅く身につけておくのもおすすめです。

何度も繰り返し確認できる

本は1度購入すれば何度でも確認できます。

ブログやYoutubeは発信者が情報を消してしまえば、閲覧できなくなってしまいます。

  • 本当に自分にとって必要な情報
  • 何度も確認したいくらい重要な情報
これらについて書かれている本は購入して手元に置いておくと便利です。

アウトプット時に手元に置いておける

紙の本であれば、パソコンで文章を書くときに横に置いてすぐに確認できます。

好みによる差かもしれませんが、個人的にはモニター上で

  • 文章を書く
  • 電子書籍の情報を読む
と同時にやると目が滑ってしまいます。
  • インプットは紙の本
  • アウトプットはパソコン
こんな風に分けることで頭も切り替えやすくなりますよ。

モチベーションアップ

本を買うと、「仕事に関する本を買った」「お金を払ったからこそ、Webライターとして頑張らなきゃ」とモチベーションアップにも繋がります。

自分のデスクがあるならパソコンだけでなくWebライティングに関する本をデスクに置いておくとやる気アップに繋がるかもしれません。
 
「子供が寝たらWebライティングの本読む!」
「週末にまとまった時間が取れたら本で読んだこと試してみる」

 
こんな風に本の購入や読書をきっかけに自分のモチベーションを上げられたらすごく良いと思います。

たじみゆ

家事や育児とやらなきゃいけないことが多いママライターは、自分のやる気アップ方法をたくさん見つけておくと良いですよ!

スキマ時間に勉強できる

本ならちょっとしたスキマ時間にも勉強しやすいです。

子供の前でスマホをいじりたくないときにも、紙の本なら読めますよ。

  • 病院や子供の習い事中の待ち時間
  • 子供が勉強やお絵描きしているとき
こんなときにも紙の本なら気軽に読めそうですよね。

後は紙の本はスマホと違って通知もないので、読書に集中しやすいのも魅力です!

【注意】ノウハウコレクターにならない方法

本棚
Webライティングの勉強を本でするのは確かにおすすめですが、ノウハウコレクターにならないように注意が必要です。

ノウハウコレクターとは、知識を集めることや勉強自体が目的になってしまい行動に移さなくなってしまう状態です。

たじみゆ

Webライティングの勉強をするのは、あくまでも文章力を身につけてWebライターとして仕事を得るためですよね。
ノウハウコレクターにならないための方法を3つ紹介していきます。

冊数を限定して読む

Webライティングの勉強に使う本は冊数を絞り、同じ本を何度も読み返すようにしましょう。

同じ時間を読書に費やすのであれば、複数の本を1回ずつ読むよりも1冊を複数回読む方が学習効果が高いからです。
 
複数の本を1回ずつ読む勉強法だと、すでに身についている知識を何度も確認することになり効率が下がります。

それに対して1冊の本を繰り返し読むと、

  • 前回に覚えた内容の再確認ができる
  • 前回読んだときはわからなかった(忘れていた)内容を勉強できる
上記のメリットがあります。

書店に行くと文章術やフリーランスに関する本などが多く、ついつい目移りしてしまいますよね。

それでもまずは、自分が最初に決めた1冊を完璧になるまで読み返すのがおすすめです。

インプットとアウトプットを繰り返す

本を読んで勉強した後は、実際に文章を書いてみてインプットとアウトプットを繰り返しましょう。

  • インプット:本での学習
  • アウトプット:仕事や自分のブログの文章を書く
本を読んだだけだと、何となく身についた気持ちになって終わってしまいます。

自分で実際に頭を使って手を動かしてみると自分の理解も深まりますし、逆になんとなく身についていたと思っていただけの知識が浮き彫りになりますよ。

完璧を目指しすぎない

ノウハウコレクターになってしまう人の中には、失敗を避けたがるタイプの人がいます。

  • できるだけ失敗を避けたいから知識がほしい
  • 完璧な状態で仕事をしたいから知識を集めたい
考え方は立派ですが、Webライティングの仕事で常に完璧な仕事をするのは難しいです。

自分では「100点満点の良い文章書けた!」って思ってもクライアントや読者の好みの文章に沿っていない場合には修正依頼が出されます。

更にWeb業界やSEOアルゴリズムの移り変わりは激しいので、現時点で完璧な記事も1年後や半年後には時代遅れの記事になっている可能性もあります。

大切なのは完璧な状態になるまで知識を集め続けることではなく、まず動いてみて状況に応じて修正をしていくことなはずです。

たじみゆ

勉強を続けるより「とりあえず動いてみる」で解決することって意外と多いですよ。

Webライティングを独学で学ぶなら本を活用しよう

Webライティングの勉強をいちから始めるのであれば、知識を体系的に学べる本を使って勉強するのもおすすめです。

本記事で紹介した初心者の方におすすめしたいWebライティングの本は以下の3つです。

しかし本を読んで勉強をするときには、ノウハウコレクターにならないように注意が必要です。

何冊も本を読むだけで仕事に応募しない、文章を書かないのではいつまでたってもWebライターとして稼げるようにはなりません。

本を読んで勉強するなら自分に合う1冊を選びましょう。

ソラ

たじみゆ

勉強と実際に文章を書いてみるアウトプットを繰り返すことを意識してみてくださいね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です