Webライティングの勉強におすすめ講座

Webライターにおすすめのパソコン5つ!【選び方や購入時に気を付けたいこと】





Webライターの仕事に使うパソコンはどれがおすすめ?

高スペックなパソコンじゃないと、やっぱりだめ?
上記のようにお悩みの方に向けて、本記事ではWebライターの仕事に使用するおすすめのパソコンを紹介していきます。

Webライターの仕事をするには、パソコンが必要です。

たじみゆ

スマホのみでもできなくはないですが、作業効率が落ちてしまいます
ただ、動画編集やWebデザインと異なり、Webライティングに使用するパソコンはそれほどスペックが高くなくても問題ありません。

文字入力ができてインターネットに繋がれば、仕事できます

ソラ

本記事では、これからWebライターになる人向けにおすすめのパソコンを5つ紹介していきます。

プロフィール

この記事でわかること
  • Webライターを始めるのにおすすめのパソコン
  • Webライターの仕事に必要なパソコンスペック
  • Webライターがパソコン購入前に考慮したいこと




Webライターを始めるのにおすすめのパソコン5選

早速、Webライターの仕事におすすめのパソコンを5つ見ていきましょう。

それぞれ詳細を解説していきます。

MacBook Air

【MacBook Airのおすすめポイント】
  • 人気機種なので売却価格が下がりにくい
  • 見た目が良くモチベーションが上がる
  • Webデザインや動画編集も可能

MacBook Airは、言わずと知れた人気のパソコンのひとつです。

たじみゆ

Web関係やクリエイティブな仕事をしている人の多くが愛用しています
カフェでMacBook Airを使って作業をしてみたい!と考えている人も多いのではないでしょうか。

MacBook Airはスペック的にも申し分なく、Webライティングだけでなく動画編集やWebデザインにも対応できます。

Webライティング以外の職種や仕事もしてみたい人に向いています

ソラ

OS macOS
CPU M1チップ
メモリ 8GB
ディスプレイ 13.3インチ
ストレージ SSD 256GB
質量 約 1,290g
バッテリー 最大18時間

Surface Laptop Go

【Surface Laptop Goのおすすめポイント】
  • 人気があり中古価格が下がりにくい
  • タッチパネル付きで感覚的な操作もしやすい
  • ノートパソコンなのに軽い
MEMO
Surface Laptopシリーズも、Macbook air同様に人気のあるパソコンです。

中でも、Surface Laptop Goは1kg強の重さしかないので、持ち歩きもしやすくなっています。

ディスプレイがタッチパネル対応なので、マウスがない環境でも使いやすい点が魅力です。

OS ‎Windows 10 home
CPU Corei5-1035G1
メモリ 8GB
ディスプレイ 12.4インチ
ストレージ SSD 128GB
質量 約1.11kg
バッテリー 約13時間

「Dell」New Inspiron 14 AMD

【New Inspiron 14 AMDのおすすめポイント】
  • 7万円台から購入可能!
  • 画面の大きさと重さのバランスが良い
  • Webライティング作業は問題なくこなせる

コスパの良さや価格を重視したいのであれば、Dell Inspironシリーズがぴったりです。

MEMO
セール開催時や購入場所によっては、7万円台で買えるときもあります。

初期費用を抑えてWebライティングの仕事を始めたい人に向いているパソコンです。

もちろんスペック的にも申し分なく、文章作成やブログ運営であればストレスなく行えます。

OS Windows 11 Home
CPU AMD Ryzen™ 5 5625U プロセッサー
メモリ 8GB
ディスプレイ 14.0インチ非光沢
ストレージ SSD 256GB
質量 約 1,540g
バッテリー 最大 10時間30分

「Lenovo」ThinkPad X1 Carbon

【ThinkPad X1 Carbonのおすすめポイント】
  • キーストローク2mmでタイピングしやすい
  • バッテリーの持ちが良く長時間の外出にも対応
  • 重さが1.13kgしかなく軽い

持ち歩きに適したパソコンをお探しなら、LenovoのThinkPad X1 Carbonが良いでしょう。

MEMO
ThinkPadシリーズはタイピングのしやすさに定評がありますし、スペック的にもWebライティング作業は問題なくこなせます。

重さが1.13kgしかないので持ち歩き時も負担になりにくいですし、バッテリーは最大15時間持つので半日程度の作業にも対応可能です。

  • 外付けキーボードを買うのはもったいない
  • 外で作業したいけどMacBook Airは高い

このように考えている人におすすめのパソコンです。

OS Windows 10 Pro
CPU Corei5-7200U
メモリ 8GB
ディスプレイ 14インチ
ストレージ SSD 256GB
質量 約 1.13kg
バッテリー 最大15時間

chromebook x360

【chromebook x360のおすすめポイント】
  • Googleアカウントと連携しているので使いやすい
  • chrome OSはセキュリティが高い
  • CPUはRyzen 3だが、OSが軽いので問題なく動く

普段、Googleが提供しているスプレッドシートやドキュメントを活用している人にぴったりのパソコンです。

MEMO
chrome OSはGoogleが提供しているので、自分のGoogleアカウントとも連携できます。

CPUは他のパソコンと比較して低めですが、chrome OS自体が軽いので文章作成や画像編集であれば問題なく機能します。

OS chrome OS
CPU Ryzen 3
メモリ 8GB
ディスプレイ 14インチ
ストレージ 64GB
質量 約 1,650g
バッテリー 最大12時間

Webライターの仕事に必要なパソコンスペック

パソコン
続いて、Webライターの仕事をするのに必要なパソコンスペックを紹介します。

たじみゆ

パソコン選びの参考にしてみてください!
【必要なパソコンスペック】
  1. CPU:Core i5以上
  2. RAM:8GB以上
  3. 画面の大きさ:14インチ以上
  4. OS:macとwindowsどちらでもOK
  5. 重さ:持ち歩かないなら考慮しなくてOK
それぞれ理由とともに解説していきます。

CPU:Core i5以上

CPUはパソコンの情報処理の速度に影響します。

MEMO
Webライティングやブログを行うのであれば、Core i5以上はあると良いでしょう。

なお、Core iはIntel製のCPUであり、AND製のパソコンを選ぶのであればCPUはRyzen5以上が望ましです。

パソコンのCPUと動作、用途の関係性をまとめた表は、下記の通りです。

Intel製 AND製 用途
Core i3 Ryzen3 ネット閲覧や動画視聴向け
Core i5 Ryzen5 ブログ・Webライティング作業も可能
Core i7 Ryzen7 画像編集・動画編集も可能

RAM:8GB以上

RAMとはメモリとも呼ばれ「パソコンが同時作業するときの速度や大きさ」を表しています。

たじみゆ

RAMが大きければ大きいほど、そのパソコンは同時作業時をサクサクこなせるということですね
Webライティングは動画編集やWebデザインと異なり、一度に複数のソフトを動かす機会は多くありません。

しかし、インターネットで検索しながらストレスなく記事を書き進めるためには、8GB以上のRAMが備わっていると安心です。

画面の大きさ:14インチ以上

画面が大きければそれだけ目が疲れにくくなるので、14インチ以上のパソコンを選ぶのが良いでしょう。

ただし、カフェやコワーキングスペースで作業したい人は、持ち歩く際のパソコンの重さも考慮しておくことをおすすめします。

パソコンの画面サイズが小さい場合には、外部モニターを用意するのも選択肢のひとつです。

OS:macとwindowsどちらでもOK

Webライティングだけでなく、Webデザインや動画編集も行いたいのであればmacを選ぶのが良いかと思います。

MEMO
Webライティングしかやる予定がないのであれば、windowsでOKです。

たじみゆ

私もWindowsです
後からWebデザインや動画編集にチャレンジしたいからmacのパソコンがほしいと思ったときには、iPad airを買うという選択肢もあります。

重さ:持ち歩かないなら考慮しなくてOK

外で作業する人や頻繁にパソコンを持ち歩くのであれば、重すぎないパソコンを選びましょう。

MEMO
個人的には2kg近くあるパソコンは「重い……」と感じます。

ただ、私は外で作業するときも車で移動+ほとんど自宅で仕事をしているので、パソコンの重さはあまり気にしていません。

たじみゆ

画面サイズや価格など他の要素との兼ね合いで決めましょう

Webライターがパソコン購入時に知っておくべきこと

電卓と書類
最後にパソコン購入前に考慮しておきたいポイントを3つ紹介していきます。

【パソコン購入前に知っておくべきこと】
  1. パソコンを売却する可能性も考慮する
  2. パソコン購入費用は経費になる
  3. 作業効率を上げるならモニターや関連機器も用意する
それぞれ詳しく確認していきましょう。

パソコンを売却する可能性も考慮する

Webライターにとってパソコンは大切な商売道具です。

注意
「壊れたら買い替える」のではなく「定期的に買い換える」ことを検討しなければなりません。

パソコンを定期的に買い換える場合には、古いパソコンを売却するケースもあるでしょう。

売却予定があるなら、売却価格が下がりにくいMacBook AirやSurface Laptop Goなどの人気のパソコンを購入するのも良いでしょう。

パソコン購入費用は経費になる

パソコン購入費用は、Webライターの仕事の経費として確定申告時に計上できます。

MEMO
所得税や住民税は、売上から経費を引いた所得に応じて決定されます。

そのため、使った経費を漏れなく計上し、節税することが大切です。

パソコン購入時のクレジットカード明細書や領収書はきちんと保管しておきましょう。

ただし、10万円以上のパソコンを購入する場合には、減価償却が必要になり必要な会計処理が増えます。

たじみゆ

それでも、青色申告している人は30万円までのパソコンは一括で経費にできますよ
青色申告や確定申告に関しては、以下の記事でも詳しく解説しています。

作業効率を上げるならモニターや関連機器も用意する

新しくて動作がサクサクで使いやすいパソコンを購入すると作業効率が上がります。

ただ、パソコン1台で上がる作業効率には限界があるので、必要に応じてモニターやキーボード、マウスなど関連機器の購入もご検討ください。

例えば、私は自宅の作業スペースには以下の設備を用意しています。

  • モニター
  • ゲーミングチェア
  • キーボード
  • マウス
  • パソコンスタンド

上記のおかげで作業しやすく肩こりや腰痛などの負担も軽減されるようになりました。

作業時間が長くなってきた、もっと効率よく作業したいと考える場合には追加のガジェット購入をおすすめします。

【まとめ】新しいパソコンで作業効率をアップさせましょう!

パソコンは、Webライターにとって必需品です。

使用するパソコンによって仕事のしやすさも変わってきます。

とはいえ、高スペックのパソコンは価格も高くなってしまうので、Webライティングの仕事がしやすく購入しやすい価格帯のパソコンを選びましょう。

本記事で紹介したWebライターにおすすめのパソコンは、下記の通りです。

パソコンを購入後、もっと作業環境を整えたいと思ったらモニターやマウス、キーボードなどを揃えていくのもおすすめです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です