Webライティングの勉強におすすめ講座

【Webライター必見】サンプル記事の書き方まとめ!実績を今すぐ作れます

ノートと水色のペン





Webライターの仕事に応募しても採用されない……

実績がないと仕事に受かるのは難しいのかな
上記のようにお悩みの方に向けて、本記事ではWebライター向けにサンプル記事の書き方を詳しく解説していきます!

Webライターは仕事に応募するにあたり、過去の執筆実績を求められることが多いです。

執筆者として自分の名前が書かれている記名記事を持っている人は良いですが、それ以外の下記の人は執筆実績を出しにくいのが現状です。

  • 記名記事を書いた経験がない(ゴーストライター)
  • Webライターの仕事をこれから始める初心者

上記の人は応募時に「記名記事はありませんけど、頑張ります!文章書けます!」と案件に応募すれば良いのでしょうか。

結論から言うと、自分の記名記事がない人や実績を出せない人は、サンプル記事を書いて応募時に資料として提出するのがおすすめです。

たじみゆ

サンプル記事を書けば、自分のライティング力を証明できますよ
本記事では、Webライター向けにサンプル記事の書き方や公開方法をわかりやすく解説していきます。

プロフィール

この記事でわかること
  • Webライターがサンプル記事を書くメリット
  • Webライター向けのサンプル記事の書き方
  • サンプル記事を公開する方法




サンプル記事を書けば自分のライティング力を証明できる

サンプル記事を用意しておけば、仕事に応募するときに自分のライティング力やWebマーケティング力、SEOの知識を証明できます。

お金を出して記事制作を外注する以上、採用担当者はWebライターの能力を見極め採用したいと考えます。

たじみゆ

逆に、自分が採用する側だったら能力をわからない人にお金を払うのは不安ですよね……
サンプル記事を提出すれば、求めるレベルの質を納品してくれそうか、執筆ジャンルに関する知識などを採用担当者に伝えられます。

自分の記名記事がない人やまだ1度もWebライターとして仕事をしたことがない人は、ぜひサンプル記事を作ってみてください。




次の章で、サンプル記事の書き方をていねいに解説していきます。

サンプル記事の書き方

パソコン
サンプル記事の書き方は、簡単で実際にSEOライティングを行うときの工程とほぼ同じです。

【記事作成時の流れ】
  1. 記事ジャンル・キーワードを選ぶ
  2. 想定読者や読者の悩みを考える
  3. 記事の見出しとタイトルを考える
  4. 記事本文を執筆していく
  5. 文章の推敲・構成を行う
  6. 各プラットフォームにて公開する

各工程を詳しく見ていきましょう。

参考となる別記事のリンクも貼っておきますので、「ちょっとよくわからない」「もっと詳しく知りたい」と感じた人は、他の記事も読んでいただけると嬉しいです!

記事ジャンル・キーワードを選ぶ

まずは、記事ジャンルとキーワードを選びましょう。

記事ジャンルの選び方は、とっても単純です。

  • 自分がこれから執筆したいジャンル
  • 自分が得意、好きなジャンル

上記のジャンルの記事を書けば問題ありません。

ちなみに、私は守秘義務や契約関係が厳しく実績を提示しにくい、かつ、専門性が問われる不動産関係や相続関係のサンプル記事を用意しています。

「執筆ジャンルを選んでいる最中だ」「自分の得意分野って言われても困る」と悩んだ人は、下記の記事もご参考ください。

たじみゆ

Webライターとして稼ぎやすいジャンルを詳しく紹介しています

記事ジャンルと合わせてキーワードも選びましょう。

キーワードは何でもOKですが、私は以下の点を考慮してサンプル記事のキーワードを選びました。

  • ニッチ過ぎないキーワード(検索上位表示は考えすぎずにある程度大きなボリュームを狙う)
  • 新しい情報を入れられそうなキーワード

サンプル記事は発注先に読んでいただき「この人、ライターとしてスキルあるな」と思ってもらえるのが狙いです。

注意
言ってしまえば、ニッチ過ぎるジャンルや内容だと発注先が読んでも内容を理解してもらえない恐れもあります。

たじみゆ

私は「住宅ローン 払えない」「2023年 税制改正」でサンプル記事を書いています

想定読者や読者の悩みを考える

キーワードを決めたら、想定読者とその読者の悩みを考えていきましょう。

  • 想定読者の年齢、性別
  • 想定読者の悩み
  • 想定読者の悩みを解決する方法

上記は最低限決めておくと記事を書きやすくなります。

MEMO
サンプル記事提出時に想定読者の情報を添えるためにも、記事の本文などと一緒に記録しておくことをおすすめします。

想定読者の決め方は、下記の記事でも詳しく解説しているのでご参考ください。

記事の見出しとタイトルを考える

記事の想定読者が決まったら、記事の見出しとタイトルを考えていきましょう。

記事の見出しは、キーワードでGoogle検索をしてみて上位表示された記事を参考にします。

たじみゆ

見出し抽出ツールを使うと、上位記事の見出しが一気に表示されるので便利ですよ
上位表示されている記事の内容や見出しを参考に、読者の悩みを言語化し、解決する方法をまとめていきます。

記事の構成作成方法については、下記記事で詳しく解説しています。

記事見出し作成と合わせて、タイトルも考えておきましょう。

タイトルを付けるときには、以下を意識します。

  • 32字以内に収める
  • 記事のキーワードを含める
  • 読者が興味をひくように数字や簡単そうとわかる単語を入れる

読者がクリックしたくなるタイトルの付け方は、下記記事で詳しく解説しています。

記事本文を執筆していく

記事の見出しとタイトルまで作成できたら、本文を執筆していきましょう。

本文を書くときには、下記を注意すると読みやすい文章になりやすいです。

  • 1文を長くしすぎない
  • 基本的にPREP法で書く
  • 文末表現は連続して同じものを使い過ぎない
  • 表や箇条書きも活用する
  • 漢字とひらがなのバランスに注意する
  • 「こと」「もの」「という」など冗長表現を使用しすぎない
MEMO
PREP法とは論理的でわかりやすい文章を書くときに、よく使用されるテンプレートです。

Webライティングの文章の型は、PREP法以外にもいくつかあり、下記の記事で詳しく紹介しています。

また、読みやすい文章を書くコツについては、下記記事で詳しく解説していますのでご参考ください。

文章の推敲・校正を行う

本文の執筆を終えたら文章の推敲と校正を行います。

MEMO
文章のミスや漏れはもちろん修正し、わかりにくい表現はないかなども確認していきます。

サンプル記事を書く目的は、発注先にあなたのライティング力を証明するためです。

注意
記事内に誤字脱字が多い、長々としていてわかりにくい記事になっているとサンプル記事を書いた意味がなくなります。

たじみゆ

推敲、校正はお金をもらう仕事と同じかそれ以上に気を配って行いましょう。
とはいえ、自分が書いた文章の推敲や校正は確かに難しいです。

  • 無料かつブラウザ上で使えるツール「Enno」
  • 有料ですが、表現の幅を増やしてくれる「文賢」
  • Wordの校正ツール

上記ツールも上手に使用して、自分の文章をブラッシュアップさせましょう。

\ 文章表現の幅を増やせる /

各プラットフォームにて公開する

せっかくサンプル記事を書いたのですから、WordやGoogleドキュメントなどに保存しておくだけでなく、公開してみるのもおすすめです。

MEMO
サンプル記事をインターネット上に公開しておけば、記事を読んだ発注者があなたに仕事を依頼してくれる可能性もあります。

ライティング力を証明する目的で作ったサンプル記事ですが、上手く活用すればあなたのかわりに営業をしてくれるかもしれません。

たじみゆ

サンプル記事を公開する方法、おすすめのプラットフォームはこの後詳しく紹介していきます

サンプル記事を公開する方法

パソコンを見ている女性
最後に、作成したサンプル記事を公開する方法を紹介していきます。

【サンプル記事の公開先】
  1. note
  2. 自分のブログ
  3. ココナラ

それぞれ詳しく紹介していきますね。

note

noteは、サンプル記事公開のプラットフォームとしてかなり優れている印象です。

たじみゆ

私も、サンプル記事はnoteに公開しています
  • ドメインパワーが強く有名
  • すでに先輩ライターたちがサンプル記事を公開してくれている
  • 自分のブログジャンルに適さないサンプル記事を投稿しなくてすむ

具体的には、上記の点が魅力的です。

noteはすでに文章や各メディアのプラットフォームとして育っていますので、サンプル記事を公開すれば多くの人の目に留まる可能性があります。

一方でデメリットとしてあげられるのは、すでに先輩ライターがポートフォリオやサンプル記事を公開しているので、記事を公開しても埋もれるかもしれません。

とはいえ、自分が発注者だったら「記事ジャンル+ライター」「記事ジャンル+サンプル」とかでnote内で検索するので、初心者だから全くヒットしないことはないとも思っています。

自分のブログ

自分のブログがあるなら、ブログ内でサンプル記事を公開しても良いでしょう。

自分のブログにサンプル記事を掲載するメリットは、以下の通りです。

  • WordPressへの入稿スキルも証明できる
  • 自分のブログも合わせて発注先に見てもらえる
  • noteや他のプラットフォームへの会員登録が不要

noteの記事投稿システムはWordpressのグーテンベルク(ブロックエディタ)に似ているもののWordpressとは一部仕様が異なります。

MEMO
Wordpressの知識を証明したい、記事入稿まで一括で仕事を受けたい場合には自分のブログでサンプル記事を載せても良いでしょう。

また、ブログジャンルとサンプル記事のジャンルが共通している場合には、ブログで公開した方がメリットが大きくなるはずです。

  • ブログとサンプル記事が記事ジャンルへの知識、専門性の証明になる
  • ブログやSNSなどですでに集約できているなら記名記事の受注につながる可能性もある

要するに、ブログジャンルとWebライターとして書きたいジャンルが共通であれば、ブログやSNS、サンプル記事などすべてのツールを活用して仕事を取りに行った方が良いです。

Webライターがブログを運営するメリットは、下記の記事で詳しく紹介しています。

ココナラ

ココナラの発注者向けサービスには、「ブログ」という機能が用意されています。

MEMO
名前の通り、ココナラのブログ機能を使えばユーザー向けにサンプル記事を公開可能です。

ココナラではWebライティングの出品もできますので、出品作業とココナラのブログ投稿を並行して行えば、営業+サンプル記事の用意両方を行えます。

仕事獲得の間口を広げれば、それだけチャンスも増えますので、ぜひココナラの利用をご検討ください。

\ サンプル記事+仕事獲得チャンスアップ /

サンプル記事に関するよくある質問

最後に、サンプル記事の書き方についてよくある質問を回答とともに紹介します。

サンプル記事を書く目的とは?

サンプル記事であれば著作権を気にせず、自分の実績としてクライアントにアピールできます。
記名記事がない人やWebライターとして仕事をしたことがない人は、ぜひサンプル記事を作成してみてください。

サンプル記事の書き方は?

まずは、キーワードとジャンルを決めましょう。その後はペルソナ設定や見出し、タイトル作成などSEO記事を書く流れで執筆していきます。SEO記事の書き方については、コチラ

サンプル記事を公開する方法は?

noteや自分のブログ、ココナラがおすすめです。
Wordpressへの入稿業務まで仕事で行いたい場合には、自分のブログを作ってみるのも良いでしょう。Webライターがブログを作るメリットは、コチラ

【まとめ】サンプル記事を書けば実績を作れます!

Webライター初心者で仕事を受注したことがない人やゴーストライターばかりで記名記事を書いたことがない人は、サンプル記事を書いてみましょう。

サンプル記事を書けば、自分のライティング力を証明できますし、あなたの執筆したいジャンルや得意ジャンルへのアピールも可能です。

サンプル記事の書き方は、下記の通りです。

【記事作成時の流れ】
  1. 記事ジャンル・キーワードを選ぶ
  2. 想定読者や読者の悩みを考える
  3. 記事の見出しとタイトルを考える
  4. 記事本文を執筆していく
  5. 文章の推敲・構成を行う
  6. 各プラットフォームにて公開する

SEOライティングを行うときとほぼ同じなので、Webライティングの勉強を終えた人が力試しとして執筆してみるのも良いでしょう。

サンプル記事を公開したら、noteや自分のブログなど各プラットフォームに公開するのもおすすめです。

たじみゆ

サンプル記事を読んだ人があなたに仕事を依頼してくれる可能性もありますよ
Webライターの仕事を増やしたい人へ
Webライターとして受注を増やすには、実績を作る、サンプル記事を書くなどの努力と並行して仕事の間口を広げる必要があります。
 
より良い条件の仕事や自分に合う仕事に出会うためにも、多くの求人媒体に登録しておくことをおすすめします。
 
正直なところ、フリーランス向け求人サイトやクラウドソーシングごとに報酬相場はある程度決まっているので、自分の実力や目標収入に合う求人媒体を選ぶのも大切です。
 
Webライターとして収入を上げたい人におすすめの求人サイト・クラウドソーシングは下記の通りです。
 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です