Webライティングの勉強におすすめ講座

Webライターの文字単価の相場とは?単価交渉って効果あるの?





Webライターの文字単価の相場ってどれくらい?

文字単価の単価交渉ってうまくいくのかな?
上記のようにお悩みの方に向けて、本記事ではWebライターの文字単価相場について解説していきます!

Webライターは業務委託契約で働くケースが多く、自分の納品物に対して報酬が支払われます。

報酬は記事単価で支払われる場合もありますが、文字単価で支払われる場合も多いです。

また、記事単価による支払いだったとしても、記事の文字数が決まっている場合がほとんどなのでおおよその文字単価の計算もできます。

自分が受けている仕事の文字単価を把握し、高単価の仕事の割合を増やしていくようにすれば、Webライターとしてもっと稼げるようになりますよ。

本記事では、Webライターの文字単価相場や単価の上げ方を紹介していきます。

この記事がおすすめな方
  • Webライターの文字単価相場を知りたい人
  • 文字単価を上げたいWebライター
  • Webライターの収入を上げたい人




Webライターの報酬形態

パソコン
まずはWebライターの報酬形態に関して、ざっくり確認していきましょう。

私は6年以上Webライターとして活動をしてきた中で、以下の報酬形態の仕事に携わった経験があります。

  • 文字単価
  • 記事・ページ単価
  • 時給単価

それぞれざっくり、どんなだったか紹介していきますね。

文字単価

文字単価は書いた文字分だけ報酬が支払われる形式です。

Webライターとして経験を積むにつれて、文字単価で契約してくれるクライアントが増えてきました。

例えば、文字単価契約であれば1記事約3,000字(文字単価2円)の仕事を受注して、3,200字書いたら6,400円支払ってもらえます。

たじみゆ

想定文字数より、オーバーしても支払ってもらえるのは嬉しい!
ただし、文字数稼ぎで冗長表現になるのはNGです

ソラ

文字単価の契約の場合、読者にとって必要な情報を過不足なく書くことに集中できるので、1番仕事をしやすいです。

記事・ページ単価

Webライター初心者の頃は、記事やページ単価で仕事をする機会も多かったです。

記事単価の仕事では、構成案やキーワードと想定文字数をいただき記事を執筆します。

例えば、以下の条件で仕事を受注したとします。

  • 記事単価5,000円
  • 想定文字数3,000字

上記の条件の場合、3,000字ぴったりで納品しても3,500字執筆したとしても支払われる金額は5,000円です。

たじみゆ

「想定文字数をちょっとオーバーするくらいで納品しないと、割に合わない」と感じてしまいます

読者より想定文字数を気にするようになってしまうので、苦手です。

また、ちょっと悪質なクライアントだといただいた構成案で想定文字数に収めるのが難しい場合もありました。

たじみゆ

そうなると、もっと「割に合わない!」「書いた分だけお金欲しい!」と思ってしまいます

時給単価

いちから新規記事を執筆するのではなく、すでに掲載されている記事のリライト作業等は時給単価で契約することもあります。

たじみゆ

Webライターってよりも、WebディレクターやSEOコンサルタントに近いイメージです
MEMO
「リライトは、記事によって作業量を判断するのが難しい」との理由で、時給単価になる場合も多いです。

他には企業に所属しているWebライター等も時給や月収で報酬を受け取っているかと思います。

このように、Webライターの報酬形態にはいくつかの形があります。

Twitter等ではわかりやすい文字単価を目安に語られることもありますが、文字単価が全てではないと考え、自分の労働や納品物に対して適切な報酬が得られているかを判断基準にできると良いですね。

Webライターの文字単価相場

電卓とお金
Webライターの報酬形態にはいろいろな形がありますが、文字単価は比較しやすい、わかりやすいといったメリットがあります。

比較しやすい分、文字単価とWebライターの経験の関係性も何となく相場化されています。

今までWebライターをやってきてわかったWebライターの文字単価相場は、下記の通りです。

【文字単価相場】
  1. 0.1円~0.4円:そもそも応募しなくてOK
  2. 0.5円~1.0円:初心者におすすめ
  3. 1.1円~3.0円:中級者を目指す方にぴったり

それぞれ詳しく解説していきますね。

0.1円~0.4円:そもそも応募しなくてOK

文字単価0.1~0.4円の仕事は安すぎるので、そもそも応募する必要性が薄いです。

MEMO
まだ仕事を受注した経験がない初心者Webライターだったとしても、0.5円以上の仕事の受注を目指しましょう。

文字単価が安い仕事を受注してしまうデメリットは、以下の通りです。

  • 単純に儲からない
  • クライアントも「安かろう悪かろう」と思っているので技術を磨けない
  • クライアント自体のWebディレクション力も高くない可能性がある

要するに「単価の低い仕事でも経験してみてスキルを身につけよう」と思っていたとしても、0.4円以下の仕事では経験にすらならない恐れがあります。

0.5円~1.0円:初心者におすすめ

文字単価0.5円~1.0円程度であれば、仕事を始めたばかりの初心者Webライターにもおすすめです。

たじみゆ

私もWebライター歴1年未満のころは単価1円以下の仕事を受けてしました
ただ、最近は副業や在宅ワークブームに伴い、単価1円以下の仕事に応募者が殺到しているケースも増えてきています。

単価が安い仕事=受注しやすい仕事というわけでもなくなってきた印象なので、できるだけ早く文字単価1円を超える仕事を受注し、脱初心者を目指すのが良いでしょう。

1.1円~3.0円:中級者を目指す方にぴったり

文字単価1円を超えると、初心者Webライターではなく中級者を名乗っても良いかと思います。

たじみゆ

中級者は文字単価3円くらいまででしょうか
個人的な意見になりますが、文字単価3円くらいまでであれば、以下のようなWebライターとしての基礎能力だけでも受注可能です。

  • Webライティング力
  • SEOに関する知識
  • Webディレクション力(サイト設計や記事のリライトアドバイスもできる)
  • 画像選定やWordpressに関する知識
  • 記事ジャンルに関する知識

たじみゆ

特別な資格等がない私でも、上記のスキルで文字単価3円の仕事を受けたことはあります
ただ後述しますが、文字単価3円を超える場合にはWebライティング以上の知識や経験が求められる場合が多いです。

3.0円以上:Webライティング+αの知識が必要

文字単価5円や10円などの仕事を受注するには、単純なWebライターとしてのスキルや経験だけで勝負するのは難しいです。

高単価の仕事になればなるほど、以下のスキルが求められる傾向が多いからです。

  • 看護師、医師、弁護士等の国家資格
  • 書いた記事の発信力も期待できる個人のブランド力

例えば、Webライティングもできる弁護士や医師であれば、ライターとしてだけでなく記事の監修もできるので高単価の仕事を受注しやすいです。

記事の拡散力を持つインフルエンサー等も、記事の質+自身の発信力を見込まれて高単価の記事執筆を依頼してもらえる可能性があります。

なので、文字単価3円を超える仕事の受注は、個人の努力で今すぐにどうにかならないと思っています。

文字単価2~3円の仕事を受注できるようになった段階で自分のこれからの稼ぎ方を模索した方が良いでしょう。

  • 個人の発信力を伸ばすのか
  • Webライター+SEOコンサルなどのように複数のスキルの組み合わせで稼ぐのか
  • アフィリエイトや投資など不労所得を増やしていくのか
  • 文字単価2~3円の仕事を大量にさばき自分の時給を上げるのか

文字単価3円あたりからは、必ずしも文字単価を上げ続けるだけが道ではないと知っておくのが大切だと思います。




Webライターが文字単価を上げるコツ

パソコンをしている女性
先ほども解説したように、文字単価3円程度までであればWebライターや関連スキルのみで受注を目指せます。

たじみゆ

極端ですが、文字単価3円までであれば全てのWebライターが実現可能です!
文字単価3円の仕事を受注できるまでは、単価アップを目指していくのが良いでしょう。

文字単価を上げるコツは、主に以下の3つです。

【文字単価を上げるコツ】
  1. 高単価案件に応募していく
  2. 単価交渉をする
  3. Webライティング周りの知識を身につける

それぞれ詳しく解説していきます。

高単価案件に応募していく

「めっちゃ高単価で自分に合った仕事」が向こうからやってくる機会って最初のうちは少ないので、まずは高単価案件にどんどん応募していきましょう。

私なんかが応募していいのかな

どうせ落ちるよね……

このように、不安に感じる必要はありません。

Webライティングの仕事は応募して落ちたとしても、失うのは時間だけです。

MEMO
10個や20個応募したとしても、1個良い案件を受注できれば収入を上げられます。

「落ちたらどうしよう」と悩んでいる間にも応募文を書いた方が良いです。

たじみゆ

Webライター歴6年の私も応募して落ちるときありますよ

単価交渉をする

今やっている仕事の文字単価を上げたいのであれば、単価交渉をしてみるのがおすすめです。

単価交渉も上がればラッキーですし、上がらなかったら高単価の仕事に乗り換えるか、今のまま続けるか考えれば良いだけです。

単価交渉は、過去に何度か行っていますが以下のタイミングで成功しました。

  • 依頼数を増やせないか打診されたとき
  • 記事の修正率が減ってきたとき
  • 自分の書いた記事がよく読まれるようになってきたとき

「もっとこの人に書いてほしい」「いなくなったら困る」とクライアントが思ったら、単価が上がるチャンスかもしれませんよ!

Webライティング周りの知識を身につける

Webライティングは記事を書いて終わりではなく、記事を公開するまでには画像選定や作成、Wordpress入稿等の作業も必要です。

また、本文を書く前にはキーワードの選定や構成作成等の作業も必要になります。

これまで本文を書くのみを担当していたのであれば、前工程もしくは次工程の作業もまとめて引き受けるようにすれば単価を上げられる可能性があります。

  • 本文のみ執筆で文字単価1.0円
  • 構成作成、本文執筆、Wordpress入稿までで文字単価2.0円

文字単価だけ見ると2倍になっていますが、作業量は2倍未満のはずです。

たじみゆ

単価交渉が難しいのであれば「クライアントの手間を減らすには何ができる?」と考えてみるのもおすすめです

収入を上げるなら文字単価を上げる以外の戦略もアリ

タブレットとパソコン2台
最後に、文字単価の話とは少しそれますが、Webライターの収入を上げるのであれば作業効率や作業時間を増やすのも有効です。

文字単価で契約しているWebライターの収入は、以下の計算式であらわせます。

MEMO
収入=文字単価×1時間あたりの執筆文字数×執筆時間

文字単価だけでなく、1時間あたりの執筆文字数や執筆時間を増やすのも収入を上げる方法のひとつです。

たじみゆ

詳しく紹介していきますね

作業効率を上げる

作業効率を上げれば、1時間あたりの執筆文字数を増やせます。

具体的には、以下の方法で作業効率をあげていきましょう。

  • マルチディスプレイで作業をする
  • タイピング速度を上げる
  • 音声入力を活用する
  • よく使用する固有名詞は辞書登録する
  • 継続依頼を増やして営業にかける時間を減らす

たじみゆ

単純に今までの半分の時間で記事を書けるようになれば、収入は倍になりますよ!

作業時間を増やす

1日の中で作業時間が少ない場合には、もっと増やせないか検討してみるのも良いでしょう。

具体的には、以下の方法がおすすめです。

  • 音声入力でスキマ時間に執筆する
  • 記事のリサーチはスマホでスキマ時間にすませる
  • 家事や育児を効率化する
  • 本業の休み時間や朝の時間を有効活用する

作業時間を増やし過ぎると、体調を崩すリスクもありますし、何より生活に潤いがなくなるのでその点だけはご注意ください。

【まとめ】初心者は1.0円以上の案件受注を目指しましょう!

Webライターが文字単価で契約する場合、まずは文字単価1.0円以上の仕事を受注することを目指してみてください。

Webライターの経験を積み、関連スキルを身につけていけば文字単価2~3円程度の仕事を受注できるようになるはずです。

自分が受注する仕事の文字単価を上げていきたいときには、以下の方法もお試しください。

【文字単価を上げるコツ】
  1. 高単価案件に応募していく
  2. 単価交渉をする
  3. Webライティング周りの知識を身につける

文字単価が上がれば、少ない執筆時間でも効率的に稼げるようになりますよ。

一緒に頑張っていきましょう!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です