Webライティングの勉強におすすめ講座

Webライターがテストライティングに合格するコツ5つ





テストライティングになかなか合格できない……

テストライティングに合格するコツを知りたい
上記のようにお悩みの方に向けて、本記事ではWebライターがテストライティングに合格する方法を解説していきます!

新規でWebライティングの仕事に応募するとテストライティングが行われることも多いです。

テストライティングとは名前の通り、採用前に1本書いてみてWebライターの実力や仕事のやりやすさなどをチェックすることです。

クライアントにとってもWebライターにとっても、テストライティングを行えば採用前に仕事の詳細や納品物の質などをチェックできます。

たじみゆ

本来、Webライターにもクライアントにもメリットがあるのが、理想的なテストライティングです
とはいえ、Webライターにとってはテストライティングって合格できないと落ち込むし、ちょっと嫌な存在ですよね。

本記事では、Webライターがテストライティングでチェックされる内容や合格するためのコツを紹介していきます。

この記事がおすすめな方
  • テストライティングに合格したいWebライター
  • 継続案件を受注したいWebライター
  • Webライターとして稼げるようになりたい人




テストライティングを行う理由

子供とパソコンをしている女性
まずは「そもそもなぜクライアントはテストライティングを行うのか」を簡単に確認していきましょう。

【テストライティングを行う理由】
  1. Webライティングのスキルチェック
  2. レギュレーションを守れるかの確認
  3. Webライターのコミュニケーション力チェック
  4. 納期を守れるかの確認
  5. レスポンスの早さの確認

それぞれ解説していきますね。

たじみゆ

クライアントがテストライティングを行う目的を把握しておけば、期待に応えやすくなりますよ!

Webライティングのスキルチェック

テストライティングを行う最も大きな目的は、応募者のライティング力チェックです。

注意
本採用してから「納品物の質が低いなぁ」と思っても、別の人を探すのには時間や労力がかかります。

少ない労力で良いWebライターを見つけるためには、テストライティングを行うのが手っ取り早いです。

たじみゆ

逆に過去の納品物などを見て、ライティング能力をチェックできる場合にはテストライティングをしない場合もあります

レギュレーションを守れるかの確認

テストライティングではWebライター自身のライティング力だけでなく、レギュレーションをきちんと守れるかも確認されています。

たじみゆ

レギュレーションはWebライターにとっては大変だけど、メディア全体の質を左右する重要な要素です
いくら質の高い記事を納品してくれても、レギュレーションに沿っていない文章は修正が多くクライアントの手間を増やしてしまいます。

Webライターのコミュニケーション力チェック

テストライティングに関するやり取りの中で、Webライターのコミュニケーション力をチェックしているクライアントも多いです。

MEMO
Webライターはオンライン上のやり取りで仕事が完結することも多いので、文章のやり取りのみで信頼関係を築ける人が評価されます。
  • メールやメッセージのやり取りが丁寧
  • 納期を守ってくれる
  • 質問や回答の仕方が上手い

こんなWebライターであれば、本採用した後もやり取りが上手くいきそうと判断するクライアントが多いはずです。

納期を守れるかの確認

テストライティングを通じて、納期を守ってくれそうなWebライターかの確認もしています。

対面でやり取りしないで受注できるからか、Webライターを始めるハードルが下がっているかが理由かわかりませんが、納期を守らないWebライターって多いです。

  • 納期過ぎているのにライターからの連絡がない
  • 特に理由や謝罪なく1~2日程度、納期に遅れる
  • 何も言わずにバックレてしまう

残念ですがこういうWebライターも一定数いるのが現状です。

注意
本採用後にWebライターと連絡がつかなくなると、記事の更新速度やメディアの運営目標に大幅な影響が出る恐れもあります。

たじみゆ

リスクを少しでも避けるために、テストライティングで納期を守れるかチェックする場合も多いです

レスポンスの早さの確認

クライアントの中には、レスポンスの早さを大切にしている人もいます。

レスポンスの早さをそれほど意識していなくても、同じ条件の応募者がいた場合、早く連絡をくれた人をそのまま採用してしまうクライアントも多いです。

そのため、応募からテストライティングに入るまでのレスポンスの早さ、やり取りのスムーズさも納品物同様に確認されると考えておきましょう。

Webライターがテストライティングに合格するコツ

パソコンに向かう女性
Webライターがテストライティングに合格するコツは、シンプルで「クライアントが求める納品やコミュニケーション」をすればOKです。

具体的には、以下のポイントを意識してみましょう。

【合格するコツ】
  1. 報連相はていねいに行う
  2. レギュレーションはすべて守る
  3. 推敲で誤字脱字をなくす
  4. 読みやすい文章を執筆する
  5. キーワードに対する答えを書く

とりあえず、上記すべてを守れていれば合格率はグッと上がるはずですし、落ちた場合には「縁がなかった」「ライバルが強かった」と納得できます。

それぞれ詳しく解説していきますね。

報連相はていねいに行う

テストライティングのときには、普段よりも意識的にていねいな報連相を行いましょう。

MEMO
テストライティングの段階では、クライアントと応募者はほとんど信頼関係を築けていないからです。
  • 作業予定日や納品予定日を最初に伝えておく
  • 疑問点はすぐに質問する
  • メールやメッセージも誤字脱字に気を付ける

たじみゆ

こんなところに気を付けておくと「仕事を任せやすい」と思ってもらえるはずです

レギュレーションはすべて守る

クライアントがレギュレーションを用意している場合には、すべて守りましょう。

注意
レギュレーションを守った記事を納品するのは、Webライターにとって最低限求められていることです。

一方でレギュレーションに納得できない場合や間違っているのでないか、と思う箇所があるかもしれません。

確かにレギュレーションを作成しているクライアントも人間ですし、間違っている恐れもあります。

そんなときには、レギュレーションの意図を質問してみるのも良いかと思います。

推敲で誤字脱字をなくす

こちらも当たり前ですが、納品する記事は推敲をして誤字脱字をなくしておきましょう。

表現力や論理的なライティングは経験が必要な部分もありますが、誤字脱字に関しては中学卒業程度の国語力があれば完璧を目指せるはずです。

たじみゆ

逆に誤字脱字があるとそれだけで「雑な納品」と思われる恐れがあります

読みやすい文章を執筆する

Webライター初心者はついつい気を張って「良い文章」を書こうとしてしまいがちです。

しかし、Webライティングにおける良い文章とは小学生や中学生でも理解できる文章を指します。

たじみゆ

難しい表現やわかりにくい文章は必要ありません
小説やエッセイなど個性が必要な文章と混同しないようにしましょう

ソラ

誤字脱字のチェックをするときに、自分の文章を声に出して読んでみてわかりにくい部分を直すだけでも、読みやすい文章に近づきます。

Webライティングの書き方や読みやすい文章を書きたいのであれば、以下の記事もご参考ください。

キーワードに対する答えを書く

テストライティングのジャンルがSEOライティングであれば、必ずキーワードに対する答えを書くようにしましょう。

たじみゆ

自分で構成案も作成するのであれば、記事の前半部分で答えを書いてしまうのがおすすめです
MEMO
検索上位表示を目的とするSEO記事で評価される記事は、読者の悩みや疑問を解決する記事だからです。

そのキーワードで検索してくる読者は「どんな悩みを持つ?どんな情報が必要?」と想像して記事を書くようにしてみましょう。



経験豊富なWebライターでもテストライティングを求められる?

ネイルをした手とパソコン
ちょっと話題がそれますが、テストライティングを行うかはクライアントの意向が大きく影響してきます。

例えば、どんなに経験豊富なWebライターに対しても必ずテストライティングを実施するクライアントもいます。

一方で、過去の執筆実績を確認すれば、テストライティング抜きで本採用になる場合も多いです。

たじみゆ

納期がタイトな依頼の場合には、即採用になるケースもあります
なので「過去の執筆実績があるのにテストライティング必要って言われた」なんて落ち込む必要はありません。

注意
それよりも、後述するやりがい搾取や詐欺目的のテストライティングにはWebライターの経験問わず注意が必要です。

たじみゆ

応募すべきでないテストライティングの特徴を詳しく紹介していきますね

こんなテストライティングには応募しない

残念なことですが、クライアントの中にはテストライティングをやりがい搾取や詐欺目的で行っている人もいます。

悪質なテストライティングに応募してもデメリットしかないので、見抜けるようにしておきましょう。

悪質なテストライティングの特徴は、以下の通りです。

【応募すべきでないテストライティングの特徴】
  1. 仮払い前に作業を要求してくる
  2. 無報酬でテストライティングを要求される
  3. テストライティングの報酬が著しく低い

それぞれ詳しく解説していきます。

仮払い前に作業を要求してくる

クラウドソーシングを利用しているにも関わらず、仮払い前に作業を要求してくるクライアントに従う必要はありません。

注意
納品物だけ受け取り、報酬を支払ってくれない恐れがあるからです。

クラウドソーシングのメリットは、仮払いをしてもらうことによってクライアントもWebライターも安心して契約できるシステムのはずです。

クラウドソーシングのルールを守ってくれないクライアントのテストライティングを受けるのはやめておきましょう。

無報酬でテストライティングを要求される

テストライティングを無報酬で行うように要求してくるクライアントも避けておきましょう。

注意
テストライティング不合格扱いにして、納品物だけ持ち逃げすることを目的としているクライアントもいるからです。

テストライティングの報酬が著しく低い

採用後の報酬に対して、テストライティングの報酬が著しく低い仕事も応募しない方が良いでしょう。

注意
採用後の報酬をおとりにして、テストライティング受験者を集めることを目的としている場合もあるからです。

テストライティング受験者を全員不合格にしてしまえば、本採用後の報酬を支払うことなく執筆してもらった記事だけを集められます。

たじみゆ

どんなやり口にしろ、本採用する気がないクライアントを見抜くことが大切です

文章の読みやすさ+コミュニケーションを意識しましょう

テストライティングは、クライアントにとってもWebライターにとっても仕事のお試しができる良い機会です。

テストライティングを通じて続けられそうな仕事か、自分の条件に合った仕事かを確認していけると良いですね。

その一方で、テストライティングは当然ながらクライアントもWebライターの納品物やコミュニケーション能力をチェックしています。

少しでも合格率を上げるためには、以下のポイントに気を配ってテストライティングを執筆してみましょう。

【合格するコツ】
  1. 報連相はていねいに行う
  2. レギュレーションはすべて守る
  3. 推敲で誤字脱字をなくす
  4. 読みやすい文章を執筆する
  5. キーワードに対する答えを書く

上記をすべて意識しておけば、テストライティングの合格率を上げられるはずです!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です