Webライティングの勉強におすすめ講座

【厳選】Webライターにおすすめのクラウドソーシング5選





Webライターにおすすめのクラウドソーシングってどこなの?

クラウドソーシングに登録したもののWebライティングの仕事に合格できない……
上記のようにお悩みの方に向けて、本記事ではWebライターにおすすめのクラウドソーシングを紹介していきます。

クラウドソーシングとは、仕事を発注したい人と仕事をしたい人が出会えるサービスです。

クラウドソーシングを利用すれば、Webライティングなどの在宅ワークを探すときの手間を減らせます。

たじみゆ

Webライターを募集している企業を1社ずつ探す必要がなくなるので、便利です
仕事を受けるときには、クラウドソーシングのシステムを介して契約するので仕事をしたのに料金を支払ってもらえないという事態を回避しやすくなります。

日本国内にクラウドソーシングは100社以上あり、Webライター初心者はどれに登録するべきか迷ってしまうのではないでしょうか。

本記事では、実際にクラウドソーシングを活用して仕事を受注している筆者がWebライター向けのクラウドソーシングを紹介していきます。

この記事がおすすめな方
  • Webライター向けのクラウドソーシングを探している人
  • Webライターになりたい方
  • クラウドソーシングに登録したものの仕事を受注できない方




Webライターにおすすめのクラウドソーシング5選

パソコンをしている女性

まずはWebライターにおすすめのクラウドソーシングを5つ紹介していきますね!

クラウドソーシング
  1. クラウドワークス
  2. ランサーズ
  3. ママワークス
  4. サグーワークス
  5. Wantedly

それぞれ特徴を紹介していきますね。

クラウドワークス

クラウドワークス

クラウドワークスは、日本最大級のクラウドソーシングです。

たじみゆ

案件の数や質はトップクラスです
Webライター向けの求人も多いので、ジャンルや文字単価など自分に合った仕事を選びやすいです。

注意
一方で登録しているワーカーの数も多いので、Webライター初心者の場合は、仕事に応募してもなかなか合格できない可能性があります。

たじみゆ

その場合、提案文やプロフィールの書き方に工夫をしてみるのがおすすめです!

ランサーズ

ランサーズ

ランサーズもクラウドワークス同様、日本最大級のクラウドソーシングです。

たじみゆ

良い案件に出会う確率を上げるために、両方に登録しておくのがおすすめです
クラウドワークスとサービスの質や手数料はほぼ同じなので、実際に登録してみて仕事を受注しやすいと感じるサービスをメインで利用するのが良いでしょう。

私の場合、クラウドワークスの方が自分に合うWebライティング案件を見つけられるので、ランサーズはあまり利用していません。

たじみゆ

執筆ジャンルによっても、変わってくるはずなのでまずは試してみてください!

ママワークス

ママワークス

ママワークスは、クラウドソーシングというよりも求人サイトに近いイメージです。

とはいえ、完全在宅の求人が数多く用意されているので、在宅ワークやWebライティングの仕事を探したい方の利用に向いています。

一般的な求人サイト同様に、仕事を受注しても手数料が取られないのが魅力です!

たじみゆ

クラウドワークスやランサーズの手数料20%と比較すると、かなりお得に感じます!
「ママ」と名前がついていますが、主婦でなくても男性でも利用できるので、ご安心ください!

ソラ

ママワークスはWebライティング以外にも、以下の仕事を見つけやすいです。
  • Webディレクター
  • Webデザイナー
  • オンライン事務

Webライティングから業務の幅を広げたい方の利用にも向いています。

個人的にはママワークスの以下の部分に魅力を感じています。

  • 継続案件が多い
  • 時給単価の仕事も見つけやすい
  • Web制作会社ではなく企業が直接募集している仕事が多い

「立ち上げたばかりのオウンドメディアのWebライター募集」などの仕事も掲載されているので、受注できれば収入が安定しやすいです。

サグーワークス

サグーワークス
サグーワークスは、Webライティングに特化したクラウドソーシングです。

Webライティングに特化しているだけあって、文字単価や求めるスキルレベルの幅が広いのが魅力的です。

たじみゆ

サグーワークスの仕事を通じて、徐々にWebライターとしてスキルアップしていけます
MEMO
サグーワークス内で行われているプラチナライターテストに合格できれば、文字単価1円以上の高単価案件も受注可能です。

Webライターにとって魅力的なサービスではあるのですが、

  • 案件数が少ない
  • タスク案件が多く継続的に安定して稼ぎにくい

上記の点がデメリットです。

たじみゆ

単発でお小遣い稼ぎするのであれば良いですが、パート感覚で安定して稼ぎたい方にはあまりおすすめできません

Wantedly

wantedly

Wantedlyは、正式にはクラウドソーシングではなくビジネスSNSです。

  • 求人募集している企業
  • 仕事を探しているフリーランス

上記のマッチングを目的としています。

あくまでもSNSなので、企業側は求人情報を細かく掲載するのではなく、やりがいや自社の魅力などを前面にアピールしているのが特徴です。

  • 企業の投稿を見てやりがいや社風に魅力を感じる
  • 企業と求職者でチャットや面接を通じてやり取りをする
  • お互いの理念や価値観に共感できれば採用

上記の流れで仕事を見つけていきます。

自分の好きな仕事をしたい方、自由な働き方を実現したいフリーランスの方にはおすすめのサービスです。

注意
しかしパートのかわりに在宅ワークやWebライターをしたい主婦にとっては、労働条件を最初に確認できないので、ちょっと使いづらいかもしれません。

たじみゆ

私も登録しているものの、あまり利用していません……
とはいえ利用者数も年々増加していますし、とりあえず登録しておいて、Webライターとしてのブランディングに活用するのはアリだと思います。

Webライティングの仕事を受注するコツ

パソコンを見ている女性

クラウドソーシングに登録したものの仕事を全然受注できない……

たじみゆ

すでに稼いでいるライバルも多いので、難しいですよね……
クラウドソーシングにはWebライターがたくさん登録しているので、高単価など条件の良い案件には応募が殺到し、初心者では合格しにくい場合もあります。

Webライター初心者でも仕事を受注するコツを5つ紹介しますね!

プロフィールにこだわる

クラウドソーシングに登録したてのWebライターは、プロフィールにとにかくこだわってください。

発注側は応募者を選考するときに、主に以下の内容を確認しています。

  • 応募者のプロフィール
  • 応募者の提案文
  • 応募者の過去の実績
注意
Webライターなりたての方が、Webライティング歴数年以上とかの中・上級者に過去の実績で挑んでも負けるだけです。

それに対して、プロフィールと提案文は初心者でもこだわり抜いて作成できます。

  • 記入できる項目は漏れなく埋める
  • 経歴はどんな業界で何年どんな仕事をしていた書く
  • 取得している資格やスキルは全て書く
  • 執筆したいジャンルや得意ジャンルを書いておく
  • 執筆時に気を付けていることを書く
  • 稼働状況を書く
  • 実績を作れたら随時追加していく

具体的にはこんな内容を意識して書いてみるのが良いかと思います。

書くことは何となくわかったけど、書き方に悩んじゃいそう……

ソラ

たじみゆ

先輩Webライターのプロフィールを参考にするのがおすすめです
例えばクラウドワークスは自分が閲覧している仕事に応募したワーカーの数やプロフィールを閲覧できます。
クラウドワークス
受注実績が多いワーカーさんのプロフィールを参考にすれば、質の高いプロフィールを作りやすいですよ。

たじみゆ

完全にマネするのはNGなので、ご注意くださいね

提案文は採用担当者目線で書く

クラウドソーシングで仕事に応募するときには、発注者に提案文を提出するパターンが一般的です。

たじみゆ

タスク案件の場合は、早い者勝ちなので提案文は必要ありません
とはいえ高単価案件や継続案件に応募する際には、提案文の提出が必要です。

MEMO
提案文を提出する際には、とことん採用担当者目線になって文章を書きましょう。

自分がインターネットを通じて、顔も素性も知らない相手を採用するのであれば、どんなことが不安になりますか?

  • そもそもこの人は、十分なスキルがあるかな?
  • 仕事を途中で投げ出さないかな?
  • 修正指示とか聞いてくれるかな?
  • 一緒に仕事しててコミュニケーション取りやすいかな?
  • 突然、連絡が取れなくなったらどうしよう
  • 長く働いてくれるかな?(継続案件募集の場合)

お金を払って仕事をしてもらう採用担当者からしたら、不安になってしまう要素がたくさんあるはずです。

提案文ではこれらの不安をひとつずつ解消することを、意識してみてください。

  • そもそもこの人は、十分なスキルがあるかな?
  • →過去の執筆実績やブログ記事のURLを添える
  • →執筆ジャンルに関する知識を示す
  • 仕事を途中で投げ出さないかな?
  • 修正指示とか聞いてくれるかな?
  • 一緒に仕事しててコミュニケーション取りやすいかな?
  • →提案文の文体の柔らかさや仕事への意気込み、取り組み姿勢を伝える
  • 突然、連絡が取れなくなったらどうしよう
  • →作業予定時間や連絡が取れる時間帯を明記しておく
  • 長く働いてくれるかな?
  • →在宅ワークをいつまで続ける予定なのか明記する

こんな風に小分けで不安を解消していき、最後に作成した提案文を読み返し、採用担当者にとってわかりやすく信頼できる内容かどうかを確認してみましょう!

受注できなくても落ち込みすぎない

クラウドソーシングに登録してる在宅ワーカーやフリーランスの方は、大勢います。

そのため当たり前ですが、応募した仕事に必ず合格できるわけではありません。

注意
特に人気の仕事や条件の良い仕事には、応募者が殺到する傾向にあります。

不合格になったとしても落ち込み過ぎず、自分が次に応募する仕事を見つければOKです。

ダメなのは不合格になって落ち込んで、行動することをやめてしまうことです。

Webライター歴5年以上の私でも、仕事に応募して合格しないことは普通にあります。

ただ不合格になった仕事のことなんか、すぐに忘れちゃう場合が多いです。

たじみゆ

「私を落としたことを後悔させる!」なんて考える方もいるようですが、それすら思わないです

合格した仕事に対して誠意をもって取り組めば、おのずと実力や人脈がついていきますよ。

複数のクラウドソーシングに登録する

自分に合った仕事に出会う確率を上げるためにも、複数のクラウドソーシングに登録しておきましょう。

MEMO
Webライターが登録すべきクラウドソーシングは、クラウドワークスとランサーズの2つです。

この2つは、業界最大手であり案件数も多く、質も高いです。

仕事を探すだけでなく、Webライティング案件の流行ジャンルや文字単価相場を把握できるようになります。

ただライバルが多いので、初心者でなかなか仕事を受注できないのであれば、

  • ママワークス
  • サグーワークス
  • Wantedly

など他のクラウドソーシングやサービスも利用しておくのが良いでしょう。

最初のうちは高単価案件を狙い過ぎない

Webライターの仕事は、文字単価(記事単価)×執筆速度×作業時間によって収入が決まります。

そのため、できるだけ高単価の案件を受注したいと考える方がほとんどのはずです。

しかし高単価案件は応募者も殺到しますし、経験豊富なWebライターに仕事を取られてしまうことも多いです。

MEMO
実績が少ない初心者のうちは高単価案件を狙い過ぎず、まずは実績作りに集中するのが良いでしょう。
  • 1円未満の案件に合格する
  • クラウドソーシングで良い評価を獲得する
  • 獲得した実績や評価で1円以上の案件に応募する

上記の流れで徐々に文字単価を上げていけば、無収入の期間を少しでも短くできます。

とはいえ文字単価0.5円未満など明らかに報酬が低すぎる案件は、クライアントの質も低くスキルアップに繋がらない可能性が高いです。

たじみゆ

0.5~0.8円程度の仕事を1~2回やってみるのを最初の目標にしてみましょう




クラウドソーシングと直接契約はどちらが良い?

クエスチョンマーク
Webライターの仕事は、クラウドソーシングを利用して探す以外にも直接契約でも探せます。

クラウドソーシングと直接契約はそれぞれメリットとデメリットがあるので、使い分けるのが大切です。

クラウドソーシングのメリット

クラウドソーシングのメリットは、主に以下の通りです。

  • たくさんの案件を確認、応募しやすい
  • 報酬を踏み倒される可能性が低い
  • プロフィール閲覧者が仕事にスカウトしてくれる場合がある

クラウドソーシングは、仕事を探しやすいのが魅力です。

希望条件を設定すれば、条件に当てはまる複数案件を一度に閲覧できるので、仕事探しの手間を省けます。

クラウドソーシングが仲介に入り、仮払い制度を活用することによって、報酬を踏み倒されるリスクも減らせます。

クラウドソーシングのデメリット

クラウドソーシングのデメリットは、仲介手数料がかかる点です。

例えばクラウドワークスやランサーズは、最大20%の手数料が発生します。

たじみゆ

10万円仕事をしても、手取りは8万円になってしまいます……
Webライターの仕事が軌道に乗り、収入が増えるにつれ、手数料取られ過ぎじゃない?と感じ出す方も多いはずです。

クラウドソーシングに支払う手数料がもったいない、と感じ出したら直接契約に乗り出すタイミングかもしれません。

直接契約のメリット

直接契約の主なメリットは以下の通りです。

  • クライアントと自分で契約内容の交渉ができる
  • 仲介手数料が発生しない
  • 継続案件を見つけやすい

直接契約の場合、クラウドソーシングのようにプラットフォームを挟まない分、自分で契約内容を交渉できます。

  • 文字単価
  • 今後の昇給予定
  • 納期
  • 1ヶ月の執筆本数
  • 業務範囲

これらを交渉できるので、より稼ぎたい方やスキルアップを目指す方にもおすすめです。

そして何といっても仲介手数料を払う必要がないのが、ありがたいです。

たじみゆ

税金を除けば、稼いだ報酬は全て自分のものになります
その他にはクラウドソーシングを利用しない場合、クライアントも採用時に時間や手間のコストがかかるので、雇った人は長期間働いてほしいと考えるクライアントも多いです。

半年~1年以上の長期の仕事を探している方も、直接契約の方が向いています。

直接契約のデメリット

直接契約で仕事を受注するデメリットは、以下の通りです。

  • 仕事を探すのに手間がかかる
  • 契約関連や請求書送付は自分で行う必要がある
  • トラブルが起きたら自分で解決する必要がある
  • 営業力が必要

直接契約で仕事を見つける場合、求人サイトやSNSを通じて仕事を探さなければなりません。

採用されるためには、営業力や自分の実績を示すポートフォリオも必要です。

自分が執筆したいメディアや企業の採用情報を確認するのも選択肢のひとつですが、手間がかかります。

また業務委託契約や秘密保持契約の締結、毎月の請求書送付などの事務作業も行う必要があります。

直接契約で仕事を探す場合、仕事を探す時間や事務作業の時間も含めたとしても魅力的だと思える仕事に応募するのが良いでしょう。

【まとめ】クラウドソーシングはやっぱり便利

引かれる手数料の金額に驚き、もったいないと感じるときもありますが、クラウドソーシングはやっぱり便利な部分も多いです。

「クラウドソーシングはダメ、直接契約がおすすめ!」と主張する方もいますが、私はどちよらも併用して仕事を受注するのがリスク管理もしやすいと思っています。

Webライターがクラウドソーシングを利用する際に、大切なのは以下の点です。

  • クラウドソーシングと直接契約のメリット、デメリットを把握しておく
  • 自分に合うクラウドソーシングを見つける
  • ひとつのクラウドソーシングに固執しない

これらを意識しておけば、自分に合う仕事や高単価の仕事を見つけやすくなるはずです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です