Webライターで「稼げない」原因5つ!【副業・在宅ワークに挫折しそうな方必見】

Webライターで「稼げない」原因5つ!【副業・在宅ワークに挫折しそうな方必見】

電卓・お金



 


Webライターをしているけど稼げない

 

主婦がっかり

副業がうまくいかないし、もうやめちゃおうかな

 
本記事では上記のようにお悩みの方に向けてWebライティングで稼げない原因を5つ紹介していきます。

Webライティングの仕事は、パソコンさえあれば気軽に始められます。

始めやすい一方でやり方を間違ってしまうと「作業している割に稼げない」と感じてしまうかもしれません。
 

たじみゆ
たじみゆ

せっかく自分の時間と労力を使うなら効率よく稼ぎたいですよね

 
本記事では、Webライターをしているのに稼げない原因を紹介していきます。

本記事を読めば、Webライターとして稼ぐために何をすれば良いのかがわかります。

【この記事がおすすめの方】
・Webライターを始めたばかりの方
・Webライティングをしているものの稼げない方
・在宅ワークや副収入をしたい方



Webライターとして稼げない主な原因5つ

デスク

まずはWebライターとして稼げないときによくある原因を5つ紹介していきます。
 

【Webライターとして稼げない原因】
  1. 作業量が少ない
  2. 作業効率が悪い
  3. 仕事が雑・行き届いていない
  4. 低単価案件を受注している
  5. 読者・クライアントの目的を理解していない

 
それぞれ解説していきますね。

作業量が少ない

「稼げない」と言っている方は、根本的に作業量が足りていない可能性があります。
 

主婦

空き時間にちょこっと作業したら月10万とか稼げないかな

 


暇なときに作業したいから、1ヶ月でどれくらい作業できるかなんてわからない

 
上記のような人に合う仕事はなかなかありません。

ライティング案件を依頼してくれるクライアントさんの多くはWebサイトを運営しています。
 

  • 運営サイトの目標
  • 記事更新のスケジュール

 
上記が決まっているので、確実に仕事をこなしてくれる人を探しています。

作業量が少ない、作業量の見通しが立たないとなかなか仕事を受注するチャンスが回ってこないと考えておきましょう。

作業効率が悪い

作業時間を確保していても、作業効率が悪いと思うように稼げません。

Webライティングの仕事は時給制ではなく、納品物に対して報酬を受け取るケースが多いからです。

例えば1記事5,000円の案件を受注したとして、2時間で仕上げれば時給は2,500円となります。

それに対し5時間かけて完成させれば時給は1,000円です。
 

たじみゆ
たじみゆ

限られた作業時間の中である程度の金額を稼ぐためには、作業効率も意識していきましょう

 

仕事が雑・行き届いていない

仕事が雑な場合や細かい部分まで行き届いていなく品質が今一つの場合は、継続して仕事を獲得しにくく稼ぎにくいです。
 

【雑な仕事の例】
  • 誤字脱字が多い
  • 読者のニーズが考えられていない
  • 文章が読みにくい
  • リサーチ不足

 
「この人にまた依頼したいな!」と思ってもらえると、自分で仕事を探さなくても自然と仕事が増えていきます。

先ほど解説したように、Webライティングの仕事は時給制ではないので、ササっと仕事を終えたくなってしまいます。

それでも「クライアントが喜んでくれる」「次も仕事をお願いしてもらえる」レベルで納品できると、仕事が増えて稼ぎやすくなるはずです。

低単価案件を受注している

低単価案件の受注を繰り返すと、いつまでたってもWebライターとして稼げません。
 

【低単価案件の受注がダメな理由】
  • 稼げる上限が決まってしまう
  • クライアントからフィードバックをもらいにくい
  • 専門性がいつまでたっても身につかない

 
残念ながら、作業の効率化には限界があります。

なので高単価の案件を効率化した方が最終的に稼げる金額が多くなるでしょう。

また低単価の仕事はクライアントも「安かろう悪かろう」と思って発注している可能性が高いです。
 

サラリーマンお手上げ1

まぁ、この報酬じゃこの程度の質の納品でも仕方ない

 
クライアントにそう思われてしまいフィードバックをしてもらえない場合も多いです。

フィードバックがもらえないと、どうしてもスキルアップしにくく、結果としていつまでも稼げないライターになってしまいます。

読者・クライアントの目的を理解していない

 

  • 何のためにこのキーワードで記事を書くのか
  • 記事を読んだ読者にどんな行動をとってほしいのか
  • クライアントの目標・目的は何か

 
上記を意識していないと、読者の行動を促す記事を書けないので、質の高い記事にもなりません。

例えば「20代 電話占い おすすめ」で記事を書くのであれば、20代におすすめの電話占いサービスを紹介するのが目的なはず。
 

  • 読者にとってほしい行動:紹介したサービスの利用
  • クライアントの目標:電話占いのアフィリエイト成果発生

 
上記を意識して、読者がついつい電話占いを利用したくなる記事を書く必要があります。

文字数を稼いだり読みやすい文章を書くだけではなく、読者の行動を応援する文章や記事が書けると、クライアントからの評価も上がるかと思います。

稼げるWebライターになる方法

電卓

続いて稼げるWebライターになる方法を5つ紹介していきます。
 

【稼げるWebライターになる方法】
  1. 作業を習慣づける
  2. クライアントの信頼を勝ち取る
  3. スキルアップを怠らない
  4. 1文字1円以上の案件受注を目指す
  5. 掲載記事・サイトのゴールを考える

 
それぞれ解説していきますね。

作業を習慣づける

「なかなか副業の時間を作れない」という方は、毎日の生活の中で作業に取り組む習慣作りから始めましょう。
 

  • 1日〇文字以上、記事を書く
  • 1日〇時間作業する

 
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

上記のように時間や書く文字数を目標にすると達成しやすいですよ

 

逆に稼ぐ金額(1日3,000円)を目標にしてしまうと、自分の努力だけでは達成が難しいときもあります。
 

主婦困惑

目標を達成できなかったからやめよう……

 

主婦がっかり

急にやる気がなくなった

 
上記のようにならないように、自分の努力次第で達成できる目標設定にするのが良いと思います。

クライアントの信頼を勝ち取る

納品物の質を上げて、クライアントの信頼を勝ち取ると、継続して仕事がもらえるようになります。

継続案件を受注するメリットは以下の通り。
 

  • 自分で営業しなくても仕事がもらえる
  • 慣れた案件の仕事が増えて効率が上がる
  • 収入が安定しやすい

 
安定して一定額稼ぎたいWebライターは継続案件の受注をとにかく目指しましょう。
 

たじみゆ
たじみゆ

複数のクライアントから継続案件をもらっておくのがおすすめ

 

スキルアップを怠らない

Web業界は情報が更新されるスピードが速いです。

ある程度、仕事に慣れてきたとしてもスキルアップをし続けましょう。
 

  • 仕事を通じてWebライティングの勉強を続ける
  • 記事の内容に関する専門分野の勉強・資格取得を目指す
  • Webライティングに関連する知識(Webデザイン・プログラミング)を学ぶ

 
上記などがおすすめです。

1文字1円以上の案件受注を目指す

低単価の案件を受注し続けていると、いつまでたっても稼ぎにくいので1文字1円以上の案件受注を目指しましょう。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

記事の執筆速度や作業時間にもよるけど、1文字1円案件なら月10万も可能だと思います

 
1文字1円以上の案件を受注するためには、以下もできておくと良いですね。
 

  • 不動産、美容、金融、投資など特定の専門分野に関する記事のライティング
  • 画像選定や簡単な加工、Wordpressへの直接投稿
  • 本文の執筆だけでなく見出し作成もできる

 
自分ができる仕事の幅と専門性を高めていけば、初心者ライターさんでも1文字1円以上の案件を受注できますよ。
 

たじみゆにっこり
たじみゆ

少しずつ頑張っていきましょう!

 

掲載記事・サイトのゴールを考える

読者のニーズやクライアントのニーズを考えるようにすると、質の高い記事を書きやすいです。
 

  • 掲載サイトはどんなサイトか
  • クライアントが設定している記事の目標は何か
  • 読者が記事を読み終えたときにどんな行動をとるのが理想か

 
ただ情報を伝えるだけでなく、上記を意識した一貫性のある記事を書けると、クライアントもきっと満足してくれると思います。


Webライターとして月5万稼ぐ5STEP

子供とパソコンをしている女性

最後にWebライターとして月5万稼ぐための5STEPを紹介していきます。
 

【Webライターとして月5万稼ぐための5STEP】
  1. クラウドソーシングに登録
  2. タスク形式の仕事で実績を積む
  3. 継続案件の受注を目指す
  4. 直接契約も増やす
  5. 作業効率を上げる

 
以下の記事で、もっと詳しく解説しているのでよろしければご参考ください。
 

【合わせて読みたい】

 

クラウドソーシングに登録

まずはクラウドソーシングに登録してみましょう。
 

 
上記2社の大手クラウドソーシングに登録しておけば、案件がなくて困るといった事態は回避できると思います。

ただ大手クラウドソーシングはライバルが多いので「仕事に応募しても落ちてしまう」となったときには、少し小規模のクラウドソーシングも活用してみてください。

Bizseekシュフティなどは、比較的初心者でも仕事を探しやすいです。

タスク形式の仕事で実績を積む

クラウドソーシングに登録したら、まずは何件かタスク形式の仕事で実績を積みましょう。

 

たじみゆにっこり
たじみゆ

タスク形式の仕事は、早い者勝ちで選考がないので、初心者でもタイミングが合えば仕事を受注できますよ

 

Webライターとして稼げるようになりたいなら、体験談や自分が得意な記事ジャンルの仕事から始めるのが良いでしょう。

継続案件の受注を目指す

タスク形式の仕事で実績を積んだら、プロジェクト案件の受注を目指しましょう。

プロジェクト案件の中でも、継続案件を受注できればその後、仕事を探す手間が省けるので効率よく稼げます。
 

  • 応募書類の作成
  • テストライティングへの参加

 
上記をクリアしなければいけませんが、自分を初心者扱いせず、自信を持って臨みましょう。

応募書類の作成・テストライティングのコツは以下をご参考ください。
 

【合わせて読みたい】

 

直接契約も増やす

クラウドソーシングでは、仕事をするたびに報酬の一部を手数料として取られてしまいます。

稼げば稼ぐほど、支払手数料の金額も増えるので、なんだかもったいなく感じてしまうかもしれません。

「手数料もったいない」「もっと稼ぎたい」と思ったら、企業との直接契約にチャレンジしても良いかもしれません。
 

  • SNSで仕事を募集する
  • メディアに掲載されている採用ページから直接応募する
  • メディアのお問い合わせから、ライター募集していないのか聞いてみる

 
直接契約を探す方法は上記の通りです。

直接契約に関しては、以下の記事でも紹介しているので良かったらどうぞ。
 

【合わせて読みたい】

 

作業効率を上げる

良い仕事、続けやすそうな仕事を受注できたら作業効率を上げていきましょう。

Webライティングの仕事の多くは、納品物に対して報酬が支払われます。

 

たじみゆ
たじみゆ

自分の作業時間が短くなればなるほど、効率よく稼げるようになりますよ!

 

  • 記事執筆速度を上げる
  • 記事執筆のリサーチや見出し作成の速度を上げる
  • タイピング速度を上げる
  • 長時間でも作業しやすいように作業環境を整える

 
上記の工夫をしてみてください。

記事を早くコツや作業環境の整え方は以下の記事で詳しく解説しています!
 

【合わせて読みたい】

 

Webライターの収入を上げたいならオンラインスクールもおすすめ



Webライターとして稼げるようになりたい方は、関連知識も含めオンラインスクールで学ぶのが効率的です。

オンラインスクールなら仕事で使う知識や技術をピンポイントに短期間で学べます

Web系の知識が学べるオンラインスクールはいくつかありますが、子育て中の主婦におすすめしたいのはFammママwebデザイナースクールです。

Fammママwebデザイナースクールなら、授業中に子供の面倒を見てくれるシッターを派遣、もしくはシッター代を負担してもらえます!

授業を受ける同期も育児中のママばかりなので、一緒に励まし合いながら勉強できますよ。

Webライティングの勉強もしたいのであれば、【SHElikes】も良いと思います。

【SHElikes】は、WebライティングやWebデザイン、Webマーケティングなどの講座が受け放題となっているオンラインスクールです。
 

【合わせて読みたい】

 

【まとめ】原因を見極めて稼げないWebライターを卒業しよう

「Webライターとして稼げない」「もっと稼げるようになりたい」と思ったら、まずは自分が現在、稼げていない原因を見極めましょう。

本記事で紹介したWebライターとして稼げない主な原因は以下の通りです。
 

【Webライターとして稼げない原因】
  1. 作業量が少ない
  2. 作業効率が悪い
  3. 仕事が雑・行き届いていない
  4. 低単価案件を受注している
  5. 読者・クライアントの目的を理解していない

 
自分の原因を見極めれば、後はあなたに合った対策をしていくだけですよ。

Webライターとしての活動方法、仕事を受注する方法をイチから知りたいという方は、以下の記事もご参考ください。
 

【合わせて読みたい】

 



仕事獲得テクカテゴリの最新記事